いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:鳥 ( 140 ) タグの人気記事


2016年 08月 13日

久々のカワセミ

久しぶりに公園を散歩。
羽化途中のセミ。何もこんな不安定なところでやらなくても・・。
c0155474_17281319.jpg

このごろとんと見かけなかったカワモミ。久しぶりにご対面。
c0155474_1731334.jpg

ホールドが甘いのでブレてしまう。 ISOを上げてこんどこそ・・・と構えたところで、飛んで行ってしまった。
c0155474_17295695.jpg

公園で咲いている花は、ミョウガとフヨウとクサギ、サルスベリ、オシロイバナぐらいかな。
c0155474_17304980.jpg


by sustena | 2016-08-13 17:30 | 小さな自然 | Comments(0)
2016年 07月 18日

だいぶ大きくなったカルガモのヒナ

カルガモのヒナがすくすく育ってる。
先日などは、2羽と親がそろって羽のお手入れ。
c0155474_214774.jpg

他の大勢のカルガモとともに、池をゆうゆうと泳いでいたり。
どのくらいまで親と一緒にいるものなのかしらん。
c0155474_2165572.jpg


by sustena | 2016-07-18 21:05 | 小さな自然 | Comments(0)
2016年 07月 03日

鳥たち

暑いー。台風1号がようやく発生したけれど、台風がこないので、海の水がかき混ぜられないため、いっそう暑いのだ、というような話を昨日の天気予報のオネエサンがやっていた。本当かしらん。

例年と同じように、公園では七夕飾りが。世界平和を願うもの、株が上がりますようにと現世利益を願うもの、家族の健康や、こどもたちの将来など、ま、いろいろであります。
c0155474_15183326.jpg

遠くにカワセミが。私のヨボヨボの肉眼ではよく見えず、双眼鏡で発見し、カメラで撮ったのをトリミング。いたぞという証拠写真ですね。
c0155474_15205416.jpg

出張前まで見かけていたカルガモのヒナの姿が、きのう、きょうと見えない。ちょっと心配(写真はだから数日前のもの)
c0155474_15193354.jpg

バンはもうすっかり大きくなった。今年は3羽が育った。親はもう近くにはいない。
c0155474_15245822.jpg

久しぶりにゴイサギの幼鳥が。よく見るとスルドイ目をしてる。
c0155474_15231099.jpg


by sustena | 2016-07-03 15:24 | 小さな自然 | Comments(16)
2016年 06月 22日

カルガモのヒナ

1週間前、近くの公園の上池近くを歩いていると、なんだか甲高い声で鳴いている鳥の声がする。
フト見ると池の真ん中でカルガモのヒナがピーピー騒いでいた。親がヒナを置いて、自分のおなかを満たしに遠出したのであろうか。
c0155474_2334392.jpg

しばらくして親鳥が飛んできて、ヒナはいそいそとそちらに泳いでいき、親と一緒に池のフチに上がった。
怖かったのか、親のお腹の下にもぐりこもうとするヒナたち。
c0155474_23341663.jpg

ほら、こんなにヒナの毛はふわふわ。
c0155474_2334476.jpg

親鳥のお腹の下に隠れてしまい、もう外からは見えない。これなら安心だね。
c0155474_23352852.jpg

その後、ヒナを見かけないなぁと思っていたら、1週間後の本日、また鳴いてるのを見かけた。いまのところ無事らしい。
c0155474_23364714.jpg


by sustena | 2016-06-22 23:37 | 小さな自然 | Comments(4)
2016年 06月 15日

朝の散歩とラジオ体操

梅雨に入ったけれど、雨の降っていない日は6時に起きて、手回しタイプのラジオを競って散歩に出かける。
ラジオを持っていくといいのは、みんなが集まってラジオ体操をしている場所でなくても、その日のペースで好きな場所でからだを動かせること。

もっとも最近は、5月に誕生したバンのヒナがそこそこ成長して、スイレンの葉の上を歩き回っているのを見ているのが楽しい。今年は少なくとも3組のヒナたちが生まれ、本日朝現在、少なくとも3羽は生き残っている。
最初は水の上を泳ぐのがこわごわだったけれど、もうへっチャラで、2週間前は、親?大きくなったきょうだい?と離れなかったんだけど、最近はこどもたちだけであっちへ行ったりこっちへ来たり。
c0155474_23125097.jpg

c0155474_23125839.jpg
c0155474_23136100.jpg
c0155474_23131510.jpg
c0155474_23132374.jpg
c0155474_23133118.jpg
c0155474_23134073.jpg


by sustena | 2016-06-15 23:13 | 小さな自然 | Comments(6)
2016年 05月 29日

3組のバンの親子

手回しの携帯ラジオを持って朝6時に近くの公園を散歩し、6時半になったところでラジオ体操をして、すたたび公園を回って帰るのを日課にすることにした。

ご褒美であろうか、ちょっと大きくなったバンのヒナたちがスイレンのあたりを散歩しているのに出会う。どうやら3組ほどいるようだ。ヒナたちは軽いので、スイレンの葉の上をトトトッと走る。
親のまわりにじっとしているヒナもいれば、あちこち遠出するチャレンジャーなヒナもいる。
誰かがパンくずを投げてやると、親鳥がサッとやってきて、ヒナに運ぶ。見飽きない、なんて思ってると、家に戻ると7時を回ってしまう。イケナイ、イケナイ。

少しずつヒナの数が減ってきたけれど、無事に大きくなるかなぁ・・・・。
c0155474_15273562.jpg

c0155474_1527426.jpg
c0155474_15275153.jpg
c0155474_1528280.jpg
c0155474_15281177.jpg
c0155474_15282461.jpg
c0155474_1528352.jpg


by sustena | 2016-05-29 15:30 | 小さな自然 | Comments(0)
2016年 05月 14日

ティーファクトリー『愛情の内乱』

c0155474_17354993.jpg吉祥寺シアターで、川村毅作・演出の『愛情の内乱』を観た。通常5000円、前売り4800円のところ、初日価格4000円というわけで、初日に出向いたのである。

地方の古い大きな家。 退去勧告の出ているその家に、母(白石加代子)と次男(兼崎健太郎)と、とらばあさんと呼ばれる100歳を過ぎた家政婦(蘭妖子)が暮らしている。 なぜ、退去しないのかと、TVのドキュメンタリーを撮っているという男(笠木誠)が、一家の母にインタビューしている場面から、この劇は始まる。母の弟と夫が行方不明となってしまい、3人の子を抱えて必死に生きてきた、この家を渡してなるものかと、カメラに語ってかかる母。

次男が母に隠れて小説を書いているときに、テロとの戦いで英雄となった長男(大場泰正)が帰ってくる。ほどなくして、新興宗教にいれあげていた三男(末原拓馬)も帰ってくる。

それぞれが何やら秘密を抱え、母の重圧から逃れたいと考えている。立ち退かないのも、何やら秘密があるようだ・・・・。
母の盲目的で身勝手な愛とエゴ、すさわじい生命力と存在感に息が詰まりそうになりながら屈服していく息子たちの姿と家族の姿を描いたもの。

なんたって白石加代子のリアリティがすごい。おとらばあさんを演じた蘭妖子の存在感にも、圧倒されちゃったなぁ。

母の愛をうとましく思い、しかも拒否できない息子たちを見て、むむむ、こうならないように・・とこっそり思ったことだった。

本日の散歩で、葦の奥にバンのヒナがいた。親がエサを運んでいて顔を出すのでそれとわかった。
c0155474_17123317.jpg
c0155474_17124297.jpg
c0155474_17125786.jpg

トウカエデのみずみずしい翼果。
c0155474_1713866.jpg


by sustena | 2016-05-14 17:13 | Theatre/Cinema | Comments(0)
2016年 05月 08日

今度はカルガモのヒナ♪

けさ、近くの公園に散歩に出かけたら、カルガモのヒナを発見。最初は遠くで何羽イルカわからなかったけど、きちんと数えたら7羽だった。無事に育ってくれるかしらん。
c0155474_11204953.jpg

c0155474_11205545.jpg
c0155474_112104.jpg
c0155474_1121563.jpg

もうちょっとズームがきくカメラがあったらな・・・。

by sustena | 2016-05-08 11:21 | 小さな自然 | Comments(2)
2016年 05月 05日

バンのヒナが!

本日は朝から暑い。
ニセアカシアが満開で、離れていてもいい香り。ハチがいっぱい飛び交ってたなぁ。
c0155474_13161841.jpg

もうひとつ、いい香りだったのが、ノイバラ。
c0155474_13171176.jpg

バンの鳴き声が聞こえた、と思って見ると、ヒナが三羽。
c0155474_13183063.jpg
c0155474_1318395.jpg
c0155474_13184935.jpg
c0155474_13185871.jpg

このあとヒナたちは゛親をおいて、ヨシの茂みにずんずん入って行ってしまった。
数年前には、このスイレンの上で遊ぶヒナの姿を見たんだけどなぁ。
c0155474_13203569.jpg

見かけない花、カラタネオガタマかなー。
c0155474_13224799.jpg


関係ないけど、ミニチュアカレンダーの見立てには感動したなー。
http://miniature-calendar.com/

by sustena | 2016-05-05 13:24 | 小さな自然 | Comments(5)
2016年 03月 27日

オオタカだっ!

けさ公園を散歩していたら、下池の林のところで、長玉や望遠鏡を持った人が、木の上の方を指さしながら、何か話している。なにごと?と思って近づくと、オオタカがいるんだという。
この公園でも見かけるということは、ウワラには聞いていたんだけど、見かけたことはない。この指の先のちょっと右・・・と教えてくださるのだが、悲しいかな、私の目ではまったくどこのことかわからず、双眼鏡でも全然ワカラナイ。そのうち、飛んで行ってしまったのだが、帰って写真をチェックしたら、指さす方にレンズを向けて撮った中に、たしかにオオタカがいた。

残念なことに、暗くてピンがいまいちなんだけど・・・これです。
c0155474_152229.jpg

木の葉がギッシリ詰まったところで、よくもまぁ見つけるものだと感心していたら、風もないのに木の葉がハラハラと落ちるので見たら、いたとのこと。

公園ではぼちぼちソメイヨシノが咲き始め、ヤナギが芽吹いてきれいな緑色。きょうは天気がいまいちだと聞いていたのだが、雨は降らないみたいで、早くも場所取りをしている人たちが。
c0155474_15232368.jpg

c0155474_15233461.jpg
c0155474_15234392.jpg
c0155474_15235197.jpg


by sustena | 2016-03-27 15:24 | 小さな自然 | Comments(8)