いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2018年 09月 30日

ソアレス・ドス・レイス国立博物館にて----ポルトガル#19

ポルト最後の日は午前中いっぱい空いていたので、ソアレス・ドス・レイス国立博物館に行くことにした。

10時開館だから1時間ちょっとは見ることができるとふんでいたのだが、ハーフマラソン大会とは知らずに、アパートの前でUberを呼ぼうとして、2台にキャンセルされたり、ようやくやってきたドライバーが美術館前を通り過ぎてしまい、stopと制止するのもきかすにどんどん川向うまで行ってしまうという事件があり、中を見る余裕が30分しかなくなってしまった。

でも陶芸のいろいろや南蛮屏風など、見どころも多いのだった。

美しいビオラ?
c0155474_22020898.jpg
c0155474_22021855.jpg
南蛮屏風。2000年から2002年にかけて東京文化財研究所でスクリーン部分の修復が行われ、九州国立博物館の開館時に展示されたことがあたとか。
c0155474_22022876.jpg
c0155474_22023965.jpg
c0155474_22024927.jpg
c0155474_22030655.jpg
陶器もいろんなタイプのものがある
c0155474_22031467.jpg
c0155474_22032330.jpg
c0155474_22033205.jpg
彫刻のほか、近現代のポルトガルのアーティストのものもあったけれど、鑑賞する時間がなかった・・・
c0155474_22034150.jpg
中庭
c0155474_22035712.jpg
c0155474_22040503.jpg
というわけで、ポルトガル報告もこれでおしまい。
ここ2~3年ほど、途中で立ち消えになってしまったものも多いので(トルコだってまだ途中だったし)、なんとか撮った写真を見返すことができてホッ。
あとは、立て替えたりした分のお金の計算が待っているだけだよ。



by sustena | 2018-09-30 22:17 | | Comments(2)
2018年 09月 30日

ポルトそぞろ歩き----ポルトガル#18

ポルトの町をぶらついたときの写真を何点かご紹介。泊まっているアパートから、サン・ベント駅に向かっては登りになるので、出発早々から疲れてはいけない。というので、まずは橋のたもとからケーブルカーに乗車。

c0155474_21212302.jpg
出発。少しずつ橋が小さくなっていく
c0155474_21213856.jpg
これを橋から見たのがこの風景
c0155474_21205970.jpg
勾配がゆるやかになって、そろそろ終点
c0155474_21215152.jpg
c0155474_21221847.jpg
やっぱり壁の落書きが気になって仕方がないワタクシ
c0155474_21223457.jpg
c0155474_21224658.jpg
おや、これは・・・?
c0155474_21230011.jpg
近くで見たら、スイミーのような墨絵のような・・・
c0155474_21231617.jpg
缶詰やさん。とにかくいろんな種類がある
c0155474_21233063.jpg
c0155474_21234151.jpg
ショコラタリア・エクアドルのチョコのパッケージがすばらしかった(味もおいしかった)。1枚がすごく持ち重りがするのだ
c0155474_21235523.jpg
ポルトでもトラムが活躍
c0155474_21241243.jpg
高台の教会の塔からドウロ川を見下ろす
c0155474_21243104.jpg
出発日の朝。アパートの目の前の通りからエンリケ航海王子の広場にかけて、ハーフマラソンのコースになっていた
c0155474_21244645.jpg
c0155474_21245966.jpg
トンネルでは大音声で音楽が流れていた。ときには生の演奏も
c0155474_21251626.jpg




by sustena | 2018-09-30 21:37 | Comments(0)
2018年 09月 30日

やっぱり市場が好き----ポルトガル#17


旅に出ると、機会があればその町の市場に出向く。どんな生鮮食料品が売られているのか、商いの活気が伝わってくるところがいい。

リスボンでは、リベイラ市場に出向いたのが夕方で、すでに生鮮食料のコーナーは閉店。最近、主要都市の市場でよくある、大規模なフードコートのTimeOutが営業中だった。

アマレスのポザーダの周りでは、まさに地元の人たち向けの朝市が開かれていたっけ。

最後の期待がポルトの市場だったが、最大のボリャオン市場が改装工事中でショッピングモールに仮店舗を出しているということだったからそれほど期待していなかったんだけど、仮店舗にしてはなかなかどうして、魚や肉、果物、チーズにオリーブなどいろいろあってうれしかった。

リスボンのリベイラ市場の横手の飲食店サイド
c0155474_20330207.jpg
広大なフードコート
c0155474_20324830.jpg
アマレスのポザーダの前で開かれていた朝市
c0155474_20315007.jpg
このキャベツは写真だとちょっとわかりにくいけど、四角錐というか三角錐というか・・・頭がとんがってるんだよ
c0155474_20320525.jpg
肉いろいろ
c0155474_20322251.jpg
塩豚かなぁ・・・・?
c0155474_20323601.jpg
ポルト、ポリャオン市場の仮店舗の入ったショッピングモール
c0155474_20301402.jpg
エスカレーターで地下に。お店の人たちのバナーがにぎやか
c0155474_20300343.jpg
c0155474_20295614.jpg
c0155474_20302559.jpg
この缶詰のパッケージがキュート
c0155474_20303739.jpg
c0155474_20304681.jpg
c0155474_20305881.jpg
この肉やで生ハムを200g購入
c0155474_20311190.jpg
おまけ。この建物はフェレイラ・ボルジェス市場(Mercado Ferreira Borges)。ドン・ルイス1世橋を設計したエッフェルの弟子のThéophile Seyrigの設計によるもの。
1885年に建設され、マーケットとして活用されていた時期は短く、その後軍事設備の倉庫などに転用され、取り壊しの話も出たがHard Clubの所有となり、現在はイベントスペースとして活用されているほか、最上階にはレストランがある。残念なことにな内部に入る時間的余裕がなかった。webで見たら、赤い鉄のラインがめちゃ美しかったのだが・・・。
c0155474_20312787.jpg
c0155474_20313856.jpg





by sustena | 2018-09-30 20:54 | | Comments(0)
2018年 09月 30日

世界一美しい書店とカフェ----ポルトガル#16

ポルトで訪れる場所は?とアパート管理のお姉さんに聞いたら、ドン・カルロ1世橋の次に教えてくれたのが、Livraria Lello e Irmao レロイ・イ・イルマオン書店だった。1869年に創業、1906年に現在の場所に移転して、アー0るヌーヴォーと、ネオ・ゴシックが融合したデザインで、世界で最も美しい書店ベスト100に名を連ねる場所。なんでも、ハリー・ポッターのロケ地となったことですっかり有名になったようで、「行くなら朝早くに!」というアドバイスを受けて朝いちで訪れた。
なんと、入るには5ユーロのバウチャーの購入が必要で、そこで本を買えばその分を差し引いてくれる。もしほしい本がない場合は、書店の歴史を記した2冊のリーフレットの最近の話題を紹介したものか、創業のころのリーフレットがもらえる。お店の記念グッズなんかも売ってるんだけど、これはバウチャーでは買えない。

たしかに雰囲気のある書店だったけど、人が多すぎー! リスボンにも世界で一番古い書店があって、そちらにも行きたかったんだけど、観光コースからちょっと離れていたので断念。

ファサード
c0155474_16554627.jpg
赤い螺旋階段を上って2階へ
c0155474_20140117.jpg

天井にはステンドグラス
c0155474_20141800.jpg

上段は、作家の顔の彫刻ごとに分類されている(のだと思う)
c0155474_20143082.jpg

2階から見下ろす
c0155474_20144569.jpg

この青年がスマホで撮っていたのは・・・
c0155474_16571827.jpg
著名人のイラストの本

c0155474_16573959.jpg
ページが3分割されていて、次々に別の人の顔になっていく。ダイアナの上は茶プリンで真ん中がサッチャーじゃないかなー
この本はたしか12ユーロちょっとだった。私はアズレージョの小さな本を購入
c0155474_16574917.jpg
もう1か所のオススメが、かつて芸術家たちが集ったという老舗カフェのマジェスティック・カフェ。映画監督のマノエル・ド・オリヴェイラもせっせと通ったという。創業は1921年。たしかに古いヨーロッパって感じの内装なんだけど、ここもはっきり言ってごった返してました。テーブルの間隔もちと狭いしー。でもカフェオレを飲んで落ち着いたよー
c0155474_16582291.jpg
c0155474_16583883.jpg
c0155474_16585520.jpg




by sustena | 2018-09-30 17:20 | | Comments(4)
2018年 09月 30日

アズレージョを探して----ポルトガル#15

今回のポルトガルへの旅で魅せられたのが、装飾タイルのアズレージョの数々である。
リスボンやコインブラでもよく見たのだが、なんといってもポルトでその迫力に圧倒された。

まず到着したサン・ベント駅。この駅舎は20世紀初頭にルネサンス様式で建てられたそうだが、入口ホールの壁面は2万枚ものアズレージョで飾られている。ポルトの歴史やポルトガル北部の農村風景などが描かれていているほか、乗り物の変遷なども多彩色のタイルで描かれているんだって。

まちなかの教会の壁面や内部にもアズレージョ。リスボンやコインブラでは、どちらかというと幾何学模様のものが多かったけれど、ポルトでは青で描かれた絵が多い感じ。

このアズレージョ、もともとは14世紀ごろにイスラム教徒がスペインに持ち込みスペインで流行したのを、ポルトガルのマヌエル1世がスペインから帰国した後の16世紀にスペインから輸入し、その後、優れたアズレージョ画家が輩出したそうな。

ポルトにはブラガから普通列車で到着
c0155474_09031203.jpg
アズレージョpがいっぱい!
c0155474_09032660.jpg
c0155474_09033868.jpg
c0155474_09035374.jpg
c0155474_09040523.jpg
教会の外壁にも。これはサンテ・イルデフォンソ教会
c0155474_09042025.jpg
マーケット近くのアルマス聖堂
c0155474_09043460.jpg
c0155474_09044744.jpg
c0155474_09050005.jpg
c0155474_09051621.jpg
教会内部にももちろんアズレージョ
c0155474_09060240.jpg
これはどこの教会だったかな・・
c0155474_09063525.jpg
写真ではよくわからないけど、このカテドラルの中庭の上の回廊の外壁にもアズレージョがびっしり
c0155474_09064953.jpg
こんな感じの絵が四方を取り巻いてました
c0155474_09070010.jpg
まちなかには巨大なネコ!
c0155474_09071521.jpg



by sustena | 2018-09-30 09:13 | | Comments(2)
2018年 09月 30日

ドン・ルイス1世橋とドウロ川クルーズ----ポルトガル#14

ほんとは違う話をアップするつもりだったのだけど、ドン・ルイス1世橋は何度か行き来したので、似たような写真ばかりだけど、もう一度書き留めておく。

橋の上層部は、歩行者とトラムで、下層部はクルマと歩行者が通れるようになっている。
滞在したアパートからは、下層部を渡るほうがはやいのだけど、一度は上を渡ってみたい、ということもあってロープウエーに乗った。

西側はけぶってるし、おひさまがいるのでまぶしい
c0155474_08452035.jpg
記念撮影するカップル
c0155474_08452912.jpg
すきまから下を覗いてみる
c0155474_08454066.jpg
トラムも通る
c0155474_08455571.jpg
川の両側は崖だ
c0155474_08460403.jpg
c0155474_08461798.jpg
c0155474_08463943.jpg
ここからクールーズ船が出発する
c0155474_08470354.jpg
もう夕方。ここから河口に向かってはどんどん霧が深さを増して、寒くなっていく
c0155474_08471206.jpg
このお姉さんはずいぶんガンバッテいたけど、途中で屋根のあるところに移動しました
c0155474_08472709.jpg
c0155474_08473790.jpg
旧市街の建物、船から見ると、パッチ箱が並んでいるみたいだよ
c0155474_08474518.jpg
カモメが群れてました
c0155474_08475488.jpg
クルーズを終えて、もう一度ドン・ルイス1世橋を渡って対岸のレストランへ
c0155474_08480779.jpg
下層から上を見上げる
c0155474_08482774.jpg
そろそろ灯りが
c0155474_08481594.jpg

c0155474_08483531.jpg
c0155474_08484803.jpg



by sustena | 2018-09-30 08:58 | | Comments(2)
2018年 09月 29日

ポルトの宿----ポルトガル#13

ポルトでは、ドン・ルイス1世橋のたもとのアパートに2泊した。
1階と3階がベッドルームで2階がキッチンとリビング、3階のベランダ(椅子もある)からは橋がよく見えて、各階にトイレとバスルーム(3階はシャワー)があって、ゆったり過ごせる。玄関のドアはフツーの鍵のほかに、4桁の数字キーもあり、それも便利だった。

なんといっても、眺めがいいし、まわりにはレストランがいっぱい。

もっともこうしたアパートの場合、常駐の管理人がいるわけではないので、いちばん悩ましいのがチェックイン。今回は事前に依頼しておいたチェックイン時間をポザーダでもうちょっとのんびりしたいというので前々日に変更連絡。当日、SMSで係の人から連絡が入っていたのに直前まで気づかず、ちょっとあたふたしてしまった。でも、宿の近くの川を見下ろすレストランで昼食をとっている間に、私がアパート管理している人とやりとりして、無事に部屋に入ることができた。ヨカッター。

1階のベッドルーム。かわいいクッションがいっぱいあった
c0155474_10232476.jpg
2階のリビング
c0155474_10234147.jpg
部屋から眺めるドン・ルイス1世橋。ギュスターヴ・エッフェルの弟子のテオフィロ・セイリグが設計。開通したのは1886年。幅8mの2階建構造
c0155474_10235688.jpg
朝は2日とも霧がかかってた
c0155474_10240584.jpg
c0155474_10241322.jpg
川辺からアパートを見上げたところ。3階は見えない
c0155474_10242298.jpg
対岸から見た。黄色い矢印で示した建物がアパートで、さきほど1階と書いたのは、川側から見ると2階で、川側の1階部分以外のまるまる1棟が宿泊先だったのー
c0155474_10243410.jpg


by sustena | 2018-09-29 10:32 | | Comments(4)
2018年 09月 28日

やっぱり甘かったポルトワイン----ポルトガル#12

リスボン3泊-コインブラ1泊-アマレスのポザーダ1泊のあと、最後はポルトで2泊。
ポルトは大西洋にそそぐドウロ川の河口にあるポルトガル第二の都市。大航海時代は貿易の拠点として栄えた。

ポルト初日は、まず、アパートの目の前を流れるドウロ川のドン・ルイス1世橋を渡って、対岸のワイナリーに行くことになった。

ポルトのワインというと、昔飲んだ甘いポートワインしか印象にないが、本場でそんな甘いワインばかりのはずがないよねと、Taylor'sという老舗のワイナリーに出向いたのである(アパートの管理をするお姉さんは、河畔のワイナリーと奥のワイナリー少なくとも2か所を回って味の違いを見るのがオススメとアドバイスしてくれたけど、ドウロ川下りもしたいので、英国王国御用達のワイナリーをチョイスしたのだ)。

ところで、ポルトワインが有名になったのは18世紀以降だ。18世紀初頭にイギリスがフランスと戦闘状態に入ったことから、フランスからのワインが輸入できなくなったイギリスに向けて、ドウロ川上流でつくられたワインが大量に輸出されたのである。そして、Taylor'sが醸造の途中でブランデーを添加することによって発酵を中断して甘味を残す製法がイギリスで人気を呼び(度数を高くしたことで長期保存にも適するようになった)、現在の地位を確立するに至ったという。とくに年代物のワインがすばらしい!と、日本語の音声ガイドは強調してたっけ。

で、楽しみに試飲したんだけど・・・・出てきたのは食前酒と、食後用。いやはや、やっぱり甘すぎ―。
もっとも、レストランで飲んだドウロ地方のワインはけっこうおいしかった。いわゆる「ポルトワイン」を避ければ、大丈夫なのだそうだ。
c0155474_15383744.jpg
日本語の音声ガイドを手に、見学コースを順番に回る。タルがいっぱい
c0155474_15385213.jpg
途中でワインの製法のビデオもある
c0155474_15390204.jpg
ドウロ川のワイン畑は棚田みたいだね
c0155474_15390906.jpg
大きな樽!
c0155474_15392123.jpg
人が入ると大きさがわかるでしょ
c0155474_15393410.jpg
ワインの樽づくりの解説。樽づくりのさまざまな道具が興味深い
c0155474_15394442.jpg
いよいよ試飲
c0155474_15395356.jpg
帰りはこのケーブルカーロープウエーに乗る
c0155474_15400237.jpg
c0155474_15401162.jpg
橋は下側と上側に歩行者用通路がある。帰りは上を渡って戻ったよ。いい眺めだったー
c0155474_15402268.jpg





by sustena | 2018-09-28 15:53 | | Comments(4)
2018年 09月 28日

ポルトガルの世界遺産・コインブラ----ポルトガル#11

世界遺産のひとつ、コインブラ。
先日紹介したスタジアムのあるブラガが「宗教の町」だとすれば、コインブラは「学問の町」である。ヨーロッパで最も古いのはボローニャ大学だとされているか、コインブラ大学も1290年にポルトガル王ディニス1世によって設立された、なかなか由緒ある大学なのであります。ちなみに、コインブラは1139年から1255年までポルトガルの首都だった。大学は、当時の最先端の文化都市に建てられたんだね。

コインブラ大学は見晴らしの良い丘の上にある。ホテルは駅のすぐそばの川沿いにあったので、まがりくねった坂道を登っていかなくてはならない。

中世、貴族と聖職者はアルメディーナ門として残る城壁の内側に住んだんだって。
大学はこの上をずっとのぼっていく。

c0155474_14431248.jpg
カテドラルを経て大学へ。新学期のサークルなどへの学生勧誘か?現役学生たちでにぎわってました。
c0155474_14145815.jpg
コインブラ大学の最大の見どころは図書館だが、入るには博物館と王宮などがセットになったAプログラムのチケットを買わなければならない。

科学博物館→王宮→サン・ミゲル礼拝堂、そしてジョアン5世図書館への入場は16:40と3時間ほどあとだったが、あちこち回っているうちにすぐに時間と相成った。
メインの閲覧室が撮影不可だったのはちと残念。

科学博物館の展示が楽しい。世界初の人工授精を施されたカエル
c0155474_14150754.jpg



c0155474_14152098.jpg
講義室
c0155474_14161241.jpg
骨格標本には見とれちゃう
c0155474_14162315.jpg
床や壁にはアズレージョ
c0155474_14163637.jpg
鉄の門をくぐって、王宮へ。広場を取り囲んで時計塔や礼拝堂、図書館などがある
c0155474_14164720.jpg
c0155474_14165871.jpg
サン・ミゲル礼拝堂は16世紀の建造。パイプオルガンが古そう・・、チャペル内部も豪華だった
c0155474_14170870.jpg
c0155474_14172051.jpg
図書館。ここの扉は出口専用。まずは別の入口から進み、時間まで学生牢などを眺めて待った。
c0155474_14172966.jpg
ここは撮影OK。ここだけを見ていたら、結構質素ね・・と思ったのだが・・・
c0155474_14174421.jpg
c0155474_14175371.jpg
このあと、大学を出てサングリアを飲んで、ファドを聴いて・・翌朝は霧だった。
c0155474_14180756.jpg
朝はやくは旧市街もがらーん
c0155474_14181935.jpg
c0155474_14403048.jpg


by sustena | 2018-09-28 14:37 | | Comments(2)
2018年 09月 27日

ポルトガルの世界遺産・シントラ----ポルトガル#10

ポストガルには14の文化遺産と1つの自然遺産の計15の世界遺産がある。今回訪れたのは、そのうちの4つ。リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔、シントラの文化的景観、ポルト歴史地区、ルイス1世橋およびセラ・ド・ピラール修道院、コインブラ大学-アルタとソフィアだ。

ポルトはこのあと紹介するとして、シントラは中世の町オビドスとともにまわった。シントラは、バイロンが「この世のエデン」とたたえたという深い森に囲まれた美しいところで、ムーア人が築いた城の跡や、ポルトガル王室の夏の離宮など見どころがいっぱいなのだが、オビドスとロカ岬とをセットで回ろうとしたので、ペーナ宮殿とムーアの城跡は諦めて、王宮とレガレイラ宮殿だけに絞った。それでも大慌て。ほんとは緑を楽しむのがいいらしいのだけど、アタフタしただけの印象で終わってしまった・・・・
c0155474_17071875.jpg
王宮はイスラム教徒が残した建物を増改築を行ったもので、いろんな建築様式が混在している。27羽の白鳥が違ったポーズの白鳥の間や、天井一面にカササギが描かれたカササギの間、狩猟の光景のアズレージョが美しい紋章の間などが印象的だった。
c0155474_17052792.jpg
白鳥の間
c0155474_17054289.jpg
c0155474_17055741.jpg
カササギの間
c0155474_17061114.jpg
紋章の間の狩猟のアズレージョ
c0155474_17063065.jpg
誰かの寝室。忘れちゃった
c0155474_17064375.jpg
床のアズレージョ
c0155474_17065705.jpg
レガレイラ宮殿は17世紀の貴族の館を20世紀に富豪のアントニオ・モンテイロが改築した起毛な仕掛けがいっぱいの宮殿という。こちらは若い人がいっぱいだったなー
c0155474_17101115.jpg
c0155474_17102645.jpg
c0155474_17104272.jpg
シントラに行く前に立ち寄ったオビドスは、ローマ時代に海からの敵の侵入を防ぐために築かれた城壁に囲まれた町で、13世紀から19世紀半ばまでは代々の王妃の直轄地だったところ、白い壁に青い枠がなんともハデ。サクランボのお酒のジンジャ、一口サイズのチョコレートカップに入れて売ってたけど、いちばんおいしかったジンジャを売っていた人は、ちょこれr-トに入れて飲むのは邪道だ、とキッパリ。

城壁からシントラの町を見下ろす
c0155474_17112379.jpg
サンティアゴ教会は本屋になっていたよ
c0155474_17113619.jpg
c0155474_17121643.jpg
これはチョコカップで飲むジンジャ
c0155474_17122617.jpg
こちらは正統派?ジンジャ
c0155474_17123851.jpg
正統派ジンジャを売ってた店はレストランも併設。おしゃれー
c0155474_17125211.jpg
c0155474_17130370.jpg
日本で城下町は刀を売っているのと同じね
c0155474_17131916.jpg
c0155474_17133286.jpg
オビドスの土産物屋で買った陶器がお気に入りで、このところ毎日使ってます。
コインブラ大学の話も書こうと思ったけど、別の記事としてアップしますー


by sustena | 2018-09-27 17:19 | | Comments(3)