いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2018年 04月 30日

憧れの乳頭温泉郷 鶴の湯温泉---#秋田2

1泊目は、乳頭温泉郷でも最も古い鶴の湯温泉に泊まった。
茅葺き屋根の本陣は満室だったので、新本陣でガマン。

まだかなり雪が残っていて、冬場だったら雪に閉ざされてるような感じが迫ってくるに違いない。
c0155474_16110728.jpg
本陣は、二代目藩主・佐竹義隆公が湯治に訪れたときに警護の者が詰めた建物として有名。茅葺きは今もおよそ6年ごとに葺き替えているんだって。
c0155474_16112118.jpg
c0155474_16132813.jpg
日本秘湯を守る会会員。秘湯ビールもあったよ
c0155474_16113699.jpg
廊下を渡って部屋へ
c0155474_16115026.jpg
部屋からの眺め。川の流れる音が心地よい
c0155474_16121283.jpg
囲炉裏を囲んでの夕食
c0155474_16141051.jpg
温泉は4種類の泉質の異なる源泉があるんだそうで、いずれも乳白色をしている。
これは混浴の露天風呂で、女性は別の中の湯から裏手を通って(写真右手奥のほう)入れるので、裸を見られずに湯につかることができる。
c0155474_16142783.jpg
何度でも来たくなる温泉なのだった


by sustena | 2018-04-30 16:24 | | Comments(4)
2018年 04月 30日

満開の角館---#秋田1

秋田で働いている息子が、仕事がひと段落したので休みが取れそうだという。
天気もまずまずだし、こちらの仕事も調整できそうなので、思い切って2泊3日で秋田に行ってきた。

「自分が骨を折って一番大変な時には来てくれなかったくせに」とブツブツ言ってたけど、クルマであちこち案内してくれた。

東京7時40分発の秋田新幹線で、11時18分、角館駅着。息子と合流し、まずは、ソバで腹ごしらえをしたあと、シダレザクラで有名な武家屋敷通りを歩く。
平日でもさすがに人通りが多い。
c0155474_15213329.jpg
c0155474_15220167.jpg
c0155474_15242567.jpg
比較的質素な家が多い感じ。ここは、「たそがれ清兵衛」のロケ地ともなった岩橋家。
c0155474_15223456.jpg
こんな感じで、外縁がぐるっと部屋の周りを取り囲んでいるようなつくりが多い。
c0155474_15224585.jpg


3000坪の敷地内に6つの資料館がある青柳家の庭にはカタクリが咲いていた。
c0155474_15231373.jpg
資料館のひとつではレコードのコレクションがあった。ん??火の用心レコードだって??
c0155474_15232437.jpg
c0155474_15225999.jpg

武家屋敷通りのシダレサクラとともに、桜の名所100選に指定されているという桧木内川堤ではソメイヨシノが満開。
ここは1934年に今上天皇の誕生記念として、400本の桜が植樹されたんだって。
c0155474_15233798.jpg

c0155474_15245438.jpg
c0155474_15243897.jpg
c0155474_15252695.jpg
c0155474_15253688.jpg


by sustena | 2018-04-30 15:41 | | Comments(0)
2018年 04月 23日

きんらん・ぎんらん

今年も公園にきんらん・ぎんらん(ひらがなで書くときんさん・ぎんさん みたいだね)が咲いたというので、いつもの散歩のコースをちょっと変更して、咲いているところを見に行く。
5年ぐらい前に、府中市の浅間山公園に見に行って、その後、近くの公園で1本だけキンランが咲いているのが見つかって、でもそれが翌年だったか翌々年に,掘り起こされるか何かでなくなって、ウラメシく思っていたら、昨年、散歩途中に見つけたと、植物に強い知人が教えてくれて、今年ももうそろそろ咲くころだな、と愉しみにしていた。
その知人が、ギンランもあったと教えてくれて、7cmぐらいの丈なのに、よくぞ見つけたものだと感心してしまい、2日後にもう一度行ったら、ギンランがさらに4輪ほど増えていたのだ。

こんなに小さいのにしっかり花を咲かせていて、とーーーっても可憐。
どちらも絶滅危惧種らしいが、いったいどうしてこの公園に咲くようになったものか。
c0155474_17120376.jpg
c0155474_17121103.jpg
c0155474_17132074.jpg
何やら、パッチリした目の鯉が。子どもの顔みたい
c0155474_17133330.jpg


by sustena | 2018-04-23 17:14 | 小さな自然 | Comments(2)
2018年 04月 16日

エルンスト・ルビッチ『生きるべきか死ぬべきか』

c0155474_16532166.jpg銀座のメゾン・エルメスで、エルンスト・ルビッチ監督の『生きるべきか死ぬべきか』(原題 To Be or Not to Be 1942年/アメリカ/99分/モノクロ)を見る。

第二次世界大戦直前の1939年、ワルシャワ。俳優のヨーゼフとマリアのトゥーラ夫妻は、「ハムレット」で主役を演じる看板役者。マリアの楽屋に、連日花が届く。前列2列目に座って、熱いまなざしでマリアを見つめる空軍中尉・ソビンスキーからの花だった。ぜひ一度会いたいというメッセージをよこした中尉に、マリアは「To Be or Not to Be」のセリフを合図に楽屋に来るように伝言。ハンサムな中尉に、マリアは逢瀬を重ねる。
そしてついにナチがワルシャワ侵攻。トゥーラ夫妻も地下組織の一員として、ナチへの抵抗を続けることに。一方、中尉は、イギリスでドイツへの反撃の準備を進めていた。そんななかシレツキー教授がワルシャワに赴く密命を帯びていることを知った中尉は、教授の態度にナチのスパイではないかと疑う。ゲシュタポにワルシャワの地下組織のリストが渡ってはたまらない。このピンチから逃れるために、役者たちは大芝居を打つ・・・

と、あらすじを書いていっても、この映画のおもしろさは到底伝わりそうにない。
とにかく、ナチやヒトラーをめいっぱいおちょくっているとともに、男女の三角関係、ハムレットやユダヤ人のシャイロックのセリフが絶妙にブレンドされていて、最高におもしろかった。

こんな映画を第二次大戦まっただ中に作るなんて、エルンスト・ルビッチ、すごいなぁ。ルビッチは、1892年ベルリン生まれ。典型的なユダヤ人の風貌から劇団のコメディアンとなり、その後映画監督として成功を収める。1922年に渡米。1935年には、ナチによってドイツ市民権を剥奪されたひと。コメディは得意中なんだって。。
c0155474_16510039.jpg
c0155474_16514521.jpg
監督:エルンスト・ルビッチ
脚本:エドウィン・ジャスタス・メイヤー
撮影:ルドルフ・マテ
音楽:ウェルナー・R・ハイマン
出演:
キャロル・ロンバード:マリア・トゥーラ
ジャック・ベニー:ヨーゼフ・トゥーラ
ロバート・スタック:ソビンスキー中尉
ライオネル・アトウィル:ラウィッチ
フェリックス・ブレサート:グリーンバーグ
シグ・ルーマン:エアハルト大佐
トム・デューガン:ブロンスキー
スタンリー・リッジス:アレクサンダー・シレツキー教授



by sustena | 2018-04-16 16:53 | Theatre/Cinema | Comments(0)
2018年 04月 16日

座喜味城跡など---#2018沖縄7

恩納村から那覇に行く途中、座喜味城跡にも立ち寄った。
ここは、琉球王国が、日本、中国、東南アジア諸国との交易を通して繁栄した15世紀初頭に、読谷山の按司、護佐丸が築いたとされる。
いちばん高いところからは読谷村のほぼ全域を眺望でき、なかなかきれいなグスク。前回、OIST取材にきたときに立ち寄った今帰仁城跡より、アットホームな感じ。
c0155474_15590446.jpg
c0155474_15591764.jpg
c0155474_15592675.jpg
c0155474_15593645.jpg
c0155474_15594545.jpg
c0155474_15595654.jpg
これは近くの残波岬。断崖絶壁が2kmも続く絶景ポイント。ゴツゴツした岩場から下を覗くとちょっと足がすくむ
c0155474_16011354.jpg
これは、取材の前日に立ち寄った古宇里島から、橋を眺めたところ
c0155474_16020718.jpg
東村ふれあいヒルギ公園。慶佐次のヒルギ林にあり、国指定の天然記念物でもあるメヒルギ・オヒルギ・ヤ工ヤマヒルギの3種類のマングローブがはえている。
シオマネキをはじめ、いろんな甲殻類も観察できるんだそうだ
c0155474_16000827.jpg
c0155474_16003902.jpg
c0155474_16004975.jpg
c0155474_16005619.jpg
今回の沖縄の報告はこれでオシマイ。ホントに取材してきたのかという声が聞こえそう。。


by sustena | 2018-04-16 16:12 | | Comments(0)
2018年 04月 15日

浜比嘉島のシルミチュー---#2018沖縄6

斎場御嶽も木々に覆われてうっそうとしていたけれど、浜比嘉島のシルミチューも、霊があちこちにひそんでいるような場所だった。
浜比嘉島は、海岸道路を渡って、さらに両側に海が広がる橋を渡っていく。
c0155474_08433214.jpg
シルミチューには森の中をわけいっていく感じ。
c0155474_09003903.jpg
c0155474_08414325.jpg
c0155474_08415929.jpg
c0155474_08421313.jpg
c0155474_08422180.jpg
このうっそうとした森の中にある大きなガマ(洞窟)<写真は撮らなかった>が、琉球開闢の祖神、アマミチュー、シルミチューの住んだ場所と伝えられていて、毎年、旧正月の年頭拝みに、比嘉のノロ(祝女)と旧家の有志が中心となって、豊穣、無病息災、子孫繁栄を祈願するんだって
c0155474_08423178.jpg
シルミチューの近くにある兼久ビーチ。岩がゴツゴツして、鳥のさえずりが聞こえてた
c0155474_08424095.jpg



by sustena | 2018-04-15 08:57 | | Comments(4)
2018年 04月 15日

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」

c0155474_08071023.jpgスティーヴン・スピルバーグ監督の「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」(原題:THE POST 2017)を見る。

ベトナム戦争の反対運動が次第に高まる1971年、ニューヨーク・タイムズがベトナム戦争が失策だったことを分析した政府の極秘文書「ペンタゴン・ペーパーズ」をすっぱ抜く。政府のおひざ元のワシントン・ポストも、ニューヨーク・タイムズに対抗し、文書をリークしたランド研究所の調査員で、文書作成にかかわったダニエル・エルズバーグからコピーを入手。ポストの編集主幹であるベン・ブラッドリー(トム・ハンクス)は、ニューヨーク・タイムズが連邦地裁から発行差し止め命令を受けているときに、記事を掲載しようと考える。

そのころ、ワシントン・ポストは、家族経営から脱却し、経営の安定を図ろうと株式上場に踏み切ったばかり。社主のキャサリン・グラハム(メリル・ストリープ)は、夫が自殺したあと新聞社を引き継いでいたが、男性の役員たちからは経営手腕を疑問視されていた(当時、アメリカの全国紙の中で唯一の女性の発行人だった)。発行差し止めのリスクをおかして、記事を掲載すべきか? 株式上場をめぐる契約書には、上場後1週間、「非常事態」があれば、契約を破棄できるという条項も含まれていたのである。発行差し止め命令を受ければ、非常事態にあてはまり、経営はたちゆかなくなる。役員が反対するなか、キャサリンは掲載にGOを出す・・・。

メリル・ストリープの演技がすばらしい。掲載をめぐって悩み揺れ動く表情、しかし決断したあとは、ゆるぎない自信と風格を漂わせる
トム・ハンクスもすっかり貫禄がついちゃって。先日、93年の「フィラデルフィア」での若々しい彼を見たばかりなので、四半世紀の歳月を思ったよ。

活版時代の輪転機や、原稿の送稿スタイルがなつかしい。

国務長官を務めたマクナマラと友人関係にあったキャサリンが、マクナマラに相談したとき、「ニクソンはクソだ。どんな汚い手を使ってでも、新聞社を潰しにかかる」という意味のことを言う。うーん、どこかの国の総理みたい。

報道の自由を守るのは報道を通じてのみ。
そんなまっとうな戦いに、いまのニッポンの政治を思って、ちょっとタメ息。

メリル・ストリープ・・・キャサリン・グラハム
トム・ハンクス・・・ベン・ブラッドリー
サラ・ポールソン・・・トニー・ブラッドリー(ベンの妻)
ボブ・オデンカーク・・・ベン・バグディキアン(エルズバーグから文書をゲット)
ブルース・グリーンウッド・・・ロバート・マクナマラ
マシュー・リス・・・ダニエル・エルズバーグ

公園では緑がやさしい色!
c0155474_08071912.jpg
c0155474_08072951.jpg


by sustena | 2018-04-15 08:19 | Theatre/Cinema | Comments(0)
2018年 04月 14日

ナイロン100℃『百年の秘密』

c0155474_16313171.jpgナイロン100℃の『百年の秘密』を観る。
15分の休憩をはさんで、1幕と2幕で3時間25分。でもちっとも長いと感じさせない。
もっともっと、この空間にひたっていたい。そう感じる。

舞台中央に大きな楡の木がそびえている。庭と部屋が一体になったちょっと不思議な舞台だ。
この木のあるベイカー家に住むティルダとその親友のコナを中心に、三世代にわたる家族の歴史が、時系列を行きつ戻りつしながら綴られる。
愛、友情、裏切り、家族それぞれの想いのすれ違いや愛憎・・そのすべてを老木は見つめてきた。

主人公のティルダとコナを演じるのは犬山イヌコと峯村リエ。なんと4歳の幼児から老年までを演じ分ける。すごいなー
(もちろん、そのほかの役者も。とくに感心したのは松永玲子演じるパオラが年老いてからの背中)。

いつもながら、ケラのホン、そのセリフの素晴らしいこと。ひとつひとつのセリフが滲みる。なかでも老年のティルダとコナが再会し、長い年月を思いひっそりと笑う場面、泣けて泣けてたまらなかった。

大倉孝二はいつもあんな役だけど、はまり役だよね。
長田奈麻の語りも。最初の長セリフも、俳優たちのちょっとした手の動きで、ちっともあきることなく、聞きほれてしまった。

ナイロン100℃ならではの完成度なのだった。おススメです。
c0155474_16314178.jpg
ベイカー家
犬山イヌコ ティルダ・ベイカー(主人公)/ニッキー(フリッツの孫)
大倉孝二エース・ベイカー(兄)
松永玲子パオラ・ベイカー(母)/老年のポニー
廣川三憲ウィリアム・ベイカー(父)/老年のフリッツ
長田奈麻ベイカー家の女中
-----------------------------
ベイカー家の隣人
山西惇フォンス・ブラックウッド
小園茉奈ブラックウッド家のメイド

ティルダの同級生
峯村リエコナ・アーネット(ティルダの親友 主人公)/ドリス(ポニーの孫)
みのすけチャド・アビントン
村岡希美リーザロッテ・オルオフ

エースの友人
萩原聖人カレル・シュナイダー
菊池明明ヴェロニカ(エースの恋人)

第二世代
泉澤祐希フリッツ・ブラックウッド(ティルダとフォンスの息子)
伊藤梨沙子ポニー・シュナイダー(コナとカレルの娘)

猪俣三四郎不動産屋
安澤千草家を買いに来た客・妻
藤田秀世  家を買いに来た客・夫/リーザロッテの夫
伊与勢我無家を買いに来た客の息子・ロビン
木乃江祐希家を買いに来た客の恋人・ケイト


スタッフ
■作・演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
■音楽:鈴木光介
■美術:BOKETA
■照明:関口裕二
■音響:水越佳一
■映像:上田大樹
■衣裳:宮本宣子
■ヘアメイク:宮内宏明
■演出助手:山田美紀
■舞台監督:竹井祐樹 福澤諭志
■宣伝美術:はらだなおこ


by sustena | 2018-04-14 16:33 | Theatre/Cinema | Comments(0)
2018年 04月 14日

広瀬 友紀『ちいさい言語学者の冒険―子どもに学ぶことばの秘密』

c0155474_15275044.jpg東京大学大学院総合文化研究科准教授の広瀬 友紀さんの『ちいさい言語学者の冒険―子どもに学ぶことばの秘密』(岩波科学ライブラリー 2017年03月刊)を読む。

幼い子どもが「これ食べたら死む?」なんて言う。単に大人が話している言葉を聞き間違えてそんなふうに言うのかな?と思っていたら、どうやら違うみたい。
言葉を身につける真っ最中の子どもたちは、耳にする言葉を聞きながら、自分で法則を見つけ言語獲得の冒険に出ているのだ!

この本で広瀬先生は、自身のお子さんや、他の言語学者の子どもの例、ネットで散見する例や、海外の事例をいろいろ紹介しながら、子どもの言語習得の秘密に迫っていく。

最初に出てくるのは濁点=テンテンの問題。
ひらがなに関心を持ち始めたころの子どもに
「●」にテンテンつけたら何ていう?
と聞いてみよう。
「た」にテンテンなら「だ」、「さ」にテンテンなら「ざ」とすぐ答えられる子どもでも、「は」にテンテンと聞くと、「わからない」とか、なぜかga(が)って答えてみたり、ha(は)を力みながら出すようなヘンテコな発音をしたりするんだって。

これはなぜか。
子どもがヘンなのではなくて、実は「ば」が特殊なのだ。
「たーだ」「さーざ」「かーが」のペアでは、口の中で発音に使う場所は同じで空気の流れが異なるだけなのに対して、「はーば」は、喉の奥と唇という、口の中のまったく異なる場所を使って発音されているのである。

子どもはテンテンの機能を、「発音の方法は同じまま、有声音に変化させるもの」としてその一貫性を見抜いているから、「は」にテンテンはとなると、まごついてしまうのだという。
実際、歴史的にみると、かつて「は」は「p」の音で(ひかりが「ぴかり」と光ったり、ひよこが「ぴよぴよ」と鳴くのはそれに関係がある)、その後「ふぁ」みたいな音に変化していき、最終的に現在の「は」になった。このような「は」の特殊事情について、大人は気づきもしないけれど、字をマスターする前の子どもだから気づいたというわけなのだ。

子どもが「死む」「死まない」なんていうふうに「死ぬ」を活用させてしまうのも、
「はさむ」「かむ」「飲む」「読む」という言葉をよく聞くなかで、
「飲んだ」→「飲む」「読んだ」→「読む」という規則を見つけてそれを一般化し、
「死んだ」→「死む」と推測しちゃう、つまり「過剰一般化」してしまうせいだという。

そう、子どもたちは過剰一般化が大好きなのだ。日本の子どもだけじゃない。英語圏の子どもでも、たとえばgoの過去形を「goed」なんて言っちゃう例がたんとあるらしい。

そんなとき、大人が正しい言葉遣いを教えようとしても、彼らはなんとしても自分で法則を見つけたり、自分でナットクしないと、正すことはないらしい。
ふむ。実に興味深い。

自分の子ども時代のことや、息子がどうだったか、もうすっかり忘れちゃったなー。
覚えているのは、息子が「エレベーターにお乗りください」を「エベレーターに乗りくらせー」って言ってたことぐらい。

もったいないことをしたなー。

第1章 字を知らないからわかること
第2章 「みんな」は何文字?
第3章 「これ食べたら死む?」―子どもは一般化の名人
第4章 ジブンデ!ミツケル!
第5章 ことばの意味をつきとめる
第6章 子どもには通用しないのだ
第7章 ことばについて考える力

いつのまにか終わっちゃったハナカイドウ
c0155474_15324498.jpg
c0155474_15325465.jpg
c0155474_15330185.jpg


by sustena | 2018-04-14 15:28 | 読んだ本のこと | Comments(0)
2018年 04月 14日

斎場御嶽と知念岬---#2018沖縄5

栄町市場をぶらついたあと、足をのばしたのが、琉球王国の創世神であるアマミキヨがつくったといわれる斎場御嶽。
琉球国王や聞得大君の聖地巡拝の行事である「東御廻り」(アガリウマーイ)が今も行われているのだとか。

入り口の御門口(うじょーぐち)から進むと、ルートのあちこちに拝所があり、最奥部の三庫理(さんぐーい)からは遠く久高島を遥拝することができる。
世界遺産になってから、観光客がどっと増えたという。
c0155474_14024167.jpg
石畳の道は滑りやすい
c0155474_14025243.jpg
ここも拝所のひとつ
c0155474_14030275.jpg
沖縄戦で砲弾が撃ち込まれてできた穴が今も残っている
c0155474_14031122.jpg
c0155474_14032444.jpg
c0155474_14033678.jpg
三角形の空間の突き当たり部分が三庫理と呼ばれる拝所
c0155474_14034531.jpg
c0155474_14035787.jpg
   ここから久高島が見える                       
c0155474_14042124.jpg
斎場御嶽までは駐車場から歩きになる。暑い日で、帰りに途中のお店で黒みつきなこぜんざいを
c0155474_14052399.jpg
何という名前の鳥かな・・
c0155474_14044381.jpg
帰りに知念岬公園に寄った。東の海がいちぼうできて気持ちいい!
c0155474_14045910.jpg
c0155474_14051366.jpg





by sustena | 2018-04-14 14:33 | | Comments(0)