いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2018年 02月 27日

高麗屋3代襲名披露

c0155474_16531736.jpgc0155474_16532854.jpg1月2月の歌舞伎座は、歌舞伎座百三十年記念と、高麗屋3代-松本幸四郎改め 二代目 松本白鸚と、市川染五郎改め 十代目 松本幸四郎、松本金太郎改め 八代目 市川染五郎の3人の同時襲名披露で、新春にご祝儀が重なっての2か月間だった。

1月は、NHKで夜の部の勧進帳は中継していたのでパスして、昼の部を3階席からと、1階から見た。1階席のほうは、友達がタダ券があるからと誘ってくれたのだ。私の衰え切った視力では、3階席からは表情がよくわからないので、双眼鏡がなくとも、しっかとわかるのはうれしい限りなのだった。

七福神は正月らしいにぎやかさ。そのあとが、菅原伝授手習鑑。寺子屋の子殺しの話は正月早々、くらくないかー。
車引での新幸四郎の松王丸は、ちとニンではないように思うけれどもガンバッテました。
続いての寺子屋は白鸚。こういうドラマチックな役はこの人はほんと、うまいんだよね。梅玉の源蔵が、寺子屋の悪ガキたちを見て、田舎者ばっかりってトホホとなる場面。ぴったり。

ところで、寺子屋では、久しぶりの猿之助が涎くりで登場。この人が舞台に出ると、観衆の目が釘付けになってしまう。「襲名披露興行のために、頑張ってリハビリして出てきた」のセリフに客席からは大きな拍手。
c0155474_16512198.jpg
2月は夜の部へ。なんといっても忠臣蔵・祇園一力茶屋の場での玉三郎のお軽と仁左衛門の寺岡平右衛門が目当て。今回はなんと、偶数日は、菊之助と海老蔵になるというので、どちらも発売即売り切れだったなぁ。

この仮名手本忠臣蔵の前の「壽三代歌舞伎賑」では劇中に襲名披露を行うんだけど、両花道の場面では男伊達と女伊達が9名ずつズラリ並び壮観(といっても3階席では花道パートは大部分が見えないんだけど)。こんなに大勢の役者が並ぶのは初めてなんだって。
新染五郎のカッコよさに、女性陣、ため息。芝居はまだまだだけど、ホント、華がある。

熊谷陣屋では菊五郎の義経が情もあり、おっとりとして絶品。
そうそ、幕は2月は草間彌生だった。1月とは違うものを用意しなくちゃならないのか。たいへんなことだなー

c0155474_16531068.jpg
1月壽 初春大歌舞伎
昼の部
一、箱根霊験誓仇討  
箱根山中施行の場/同白滝の場

飯沼勝五郎 勘九郎
滝口上野/奴筆助 愛之助
女房初花七之助
刎川久馬吉之丞
母早蕨秀太郎     

二、七福神
恵比寿又五郎
弁財天扇雀
寿老人彌十郎
福禄寿門之助
布袋高麗蔵
毘沙門芝翫
大黒天鴈治郎     

三、菅原伝授手習鑑
車引/寺子屋

〈車引〉
松王丸染五郎改め幸四郎
梅王丸勘九郎
桜丸七之助
杉王丸廣太郎
金棒引藤内亀鶴
藤原時平彌十郎

〈寺子屋〉
松王丸幸四郎改め白鸚
武部源蔵梅玉
千代魁春
戸浪雀右衛門
涎くり与太郎猿之助
百姓  良作由次郎
同 田右衛門桂三
同   鍬助寿猿
同   米八橘三郎
同   麦六松之助
同  仙兵衛寿治郎
同  八百吉吉之丞
百姓  吾作東蔵
春藤玄蕃左團次
園生の前藤十郎

●二月大歌舞伎
夜の部 
 一谷嫩軍記
一、熊谷陣屋

熊谷次郎直実染五郎改め幸四郎
熊谷妻相模魁春
藤の方雀右衛門
梶原平次景高芝翫
亀井六郎歌昇
片岡八郎萬太郎
伊勢三郎巳之助
駿河次郎 隼人
堤軍次鴈治郎
白毫弥陀六左團次
源義経菊五郎

二、壽三代歌舞伎賑    
木挽町芝居前
幸四郎改め白鸚
染五郎改め幸四郎
金太郎改め染五郎

木挽町座元菊五郎
芝居茶屋亭主仁左衛門
茶屋女房玉三郎
男伊達 左團次/又五郎/鴈治郎/錦之助/松緑/海老蔵/彌十郎/芝翫/歌六
女伊達 魁春/時蔵/雀右衛門/孝太郎/梅枝/高麗蔵/友右衛門/東蔵/秀太郎
表方     廣太郎
役者     錦吾
高麗屋番頭     猿之助
町火消組頭     楽善
木挽町町年寄     我當
江戸奉行     梅玉
太夫元     吉右衛門
芸者     藤十郎

三、仮名手本忠臣蔵  
祇園一力茶屋の場

大星由良之助幸四郎改め白鸚
大星力弥金太郎改め染五郎
赤垣源蔵     友右衛門
富森助右衛門   彌十郎
矢間重太郎    松江
斧九太夫     錦吾
〈偶数日〉 
遊女お軽     菊之助
寺岡平右衛門   海老蔵
〈奇数日〉 
遊女お軽     玉三郎
寺岡平右衛門   仁左衛門


by sustena | 2018-02-27 17:04 | Theatre/Cinema | Comments(2)
2018年 02月 25日

中川 右介『海老蔵を見る、歌舞伎を見る』

c0155474_11183078.jpg中川右介さんの『海老蔵を見る、歌舞伎を見る』(毎日新聞出版 2018年1月刊)を読む。海老蔵ファン、スター主義万歳を公言する中川さんが、ここ数年の歌舞伎--勘三郎。團十郎がなくなり、歌舞伎座新開場のちょっと前あたりから、現在までーーについて、海老蔵を中心に、歌舞伎の演目や出演する役者がどんなふうに決まるのかや、後ろ盾のいなくなった役者の苦労などを交えながらまとめたもの。

ちょうど10年ぐらい前から、せっせと歌舞伎を見るようになったので、おお、これはあの舞台だったなと、いろんなシーンがよみがえってきて、ワカルワカル、と思いながら読み終えた。

もっとも、私は海老蔵についてはそれほどファンじゃないので、第一部はちょっとかったるかったけど、第2部以降は、そだよねー、とツルツルと読了。

渡辺保的な見方だけが歌舞伎の楽しさではないぞ、という人におススメ。

目次
第1部 海老蔵を見る―現代の貴種流離譚
喪失からの出発/二つの自主公演/歌舞伎十八番の復活/新橋演舞場という解放区/猿之助とのクールな友情/貴種流離譚/歌舞伎座凱旋

幕間 玉三郎スクール

第2部 歌舞伎を見る―春秋戦国役者列伝
猿之助挑戦記/歌右衛門襲名夢譚/雀右衛門奮闘記/音羽屋繁盛記/高麗屋三代記/中村屋兄弟漂流記/新作競作合戦記
付録 歌舞伎座の歴史

写真はぷっくらかわいいエナガさん
c0155474_11194041.jpg
c0155474_11201070.jpg
c0155474_11201986.jpg


by sustena | 2018-02-25 11:20 | 読んだ本のこと | Comments(2)
2018年 02月 23日

博多近くの世界遺産

先週、博多出張の帰りに、昨年「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」として世界文化遺産に指定されたうち、宗像市にある辺津宮に行ってきた。

博多からJRで約30分、東郷駅からタクシーで約10分と足を延ばそうと思えばすぐなんである。

宗像大社というのは、この辺津宮と、宗像市沿岸の神湊港から約11km離れた大島にある中津宮、そして玄界灘のほぼ真ん中、絶海の孤島という感じの沖ノ島にある沖津宮の三宮で、ことに沖ノ島は島全体が国の史跡で、大和朝廷による国家祭祀で重要な位置を占めていたらしい。
 この沖津宮祭祀遺跡からの約8万点の出土品は一括して国宝に指定されていて(だから「海の正倉院」とも呼ばれてるのだ)、辺津宮の神宝館でもイッパイ展示されていた。

ホテルの部屋の窓から、左のちょっと大きい島が大島。
c0155474_10141193.jpg
世界遺産といっても、メインの沖ノ島にはフツーの人は立ち入りできないし、周辺の辺津宮だとそんなに人気がないのではと思っていたけれど、さすが世界遺産効果で、平日だったけど、そこそこ観光客が。
c0155474_10142588.jpg
辺津宮の本殿と幣殿は重要文化財
c0155474_10143220.jpg
第二宮と第三宮。ここを参拝すれば、中津宮と沖津宮もあわせて3つ全部お参りしたことになる。
c0155474_10144847.jpg
高宮祭場は全国でも数少ない神籬(ひもろぎ)の古代祭場。社殿がなく、周りが木で囲まれているだけの平地が聖なる場所なんだよ。
c0155474_10145846.jpg
c0155474_10254610.jpg
神宝館に飾ってあった奈良三彩のレプリカ。この神宝館は発掘されたミニチュアに古代の祭祀を思い浮かべることができて、おススメ。
c0155474_10144270.jpg
博多に戻って、中洲周辺を歩く。
上川端商店街のぜんざい屋さんで、ぜんざいをいただく。店内に博多祇園山笠の八番山笠が。裏側はスターウォーズ!
c0155474_10152161.jpg
c0155474_10150667.jpg
c0155474_10151493.jpg
天神1丁目の旧日本生命保険株式会社九州支店)は、辰野金吾設計の赤レンガ。今は赤煉瓦文化館、福岡市文学館として活用されていて、中も見られる。
c0155474_10152754.jpg
あとの原稿書きさえなければ、空き時間にあちこちに行けて、取材は大好きなんだけどなー


by sustena | 2018-02-23 10:24 | | Comments(6)
2018年 02月 14日

会田誠「GROUND NO PLAN」展

表参道の青山クリスタルビル B1F、B2Fで、会田誠の『GROUND NO PLAN』展が開催されている。
これは、公益財団法人大林財団が「都市のヴィジョン-Obayashi Foundation Research Program」と題してスタートした助成プログラムの一環で、建築系の都市計画とは異なる視点から、アーティストに新しい都市のあり方を提案・提言してもらおうというもの。

会田はこれまでもたびたび「新宿御苑大改造計画」とか「人プロジェクト」といった、都市をテーマにしたアイロニーたっぷりの作品を発表してきたが、そういった旧作も含めて、ビルの2フロアを使って展開された会田の都市論は、意外にもまっとうすぎるほどで、日本には誇れるモニュメントがないこと、公園も皇居は別としてしょぼいので、新宿御苑を大改造しちゃおうとか、DIYで出来上がる快適なスラムの提案とか、首都高が醜いぞとか、遷都しちゃえなんて、もっともっとブッ飛んだ作品を期待していたから、ちょっとあっけなかったなー。

どこかの首相に扮して、グローバリズムに対抗して「鎖国」を国際会議で主張するビデオにはちょっと笑った。
無料です。大林組、太っ腹ー
c0155474_22481561.jpg
c0155474_22332776.jpg

c0155474_22483317.jpg
c0155474_22340305.jpg
c0155474_22342063.jpg
c0155474_22342936.jpg
c0155474_22334121.jpg
c0155474_22335209.jpg
c0155474_22344295.jpg



by sustena | 2018-02-14 22:49 | Art/Museum | Comments(3)
2018年 02月 13日

やっと完結したクリフトン年代記

昨晩ジェフリー・アーチャーの「永遠に残るは」クリフトン年代記第7部の下巻を読み終えた。
第1部の「時のみぞ知る」が新潮文庫から出たのが、2013年5月だったからおよそ5年。半年から1年に一度続編が出て、それぞれ上下巻。かなりのボリュームであります。

最後のほうは、善人のほうの登場人物がみな功成り名を遂げ、順風満帆でいまいち面白みに乏しいのだけれど、いったいこの長編にどう幕を下ろすのであろうかという好奇心で、そして少々もたれたとはいえ、稀代のストーリーテラーのアーチャーのことだから、悪役にもそれなりの花をもたせてて、満足感イッパイ。

寝食も忘れて読み耽っちゃうのは第3部ぐらいまでだけど、昔ながらのすれ違い、姦計、ワナ、機知と勇気と、運命のアヤがてんこもりで、アーチャーの術中にハマって、のせられるのを楽しむのが正解かな。

第1部 時のみぞ知る Only Time Will Tell 2013年5月
第2部 死もまた我等なり Best Kept Secret 2013年10月
第3部 裁きの鐘は The Sins of the Father 2014年4月
第4部 追風に帆を上げよ Be Careful What You Wish For 2015年4月
第5部 剣より強し Mightier than the Sword 2016年7月
第6部 機は熟せり Comes the Hour 2017年1月
第7部 永遠に残るは This Was a Man 2017年11月

この写真は2月3日のもの。日当たりの悪い場所で雪かきで山になったところ以外はもうほぼ雪はなくなった
c0155474_22104858.jpg


by sustena | 2018-02-13 22:12 | 読んだ本のこと | Comments(2)
2018年 02月 13日

「スリー・ビルボード」

c0155474_08432816.jpg3連休の最後の日、「スリー・ビルボード」(原題:THREE BILLBOARDS OUTSIDE EBBING, MISSOURI)を観に行く。

アメリカのミズーリ州の片田舎。さびれた道路に並ぶ3枚の看板に、娘をレイプされて殺されたミルドレッド(フランシス・マクドーマンド)が、地元の警察署長になぜ犯人がまだ捕まらないのかとなじる広告を出す。
ウィロビー署長(ウディ・ハレルソン )はすい臓がんを患っており、人望も厚い。その彼を名指しで捜査の怠慢を非難するミルドレッドに小さな町のみんなは当惑・憤慨し、なんとかその広告を出すのをやめさせようとするが、彼女はがんとしてひかない。

噂話があっという間に広がる小さな町での暮らし、マイノリティや黒人に対する差別、離婚、病気、息子を支配しようとする母・・

登場人物は多くはない。主人公のミルドレッドとその息子(ルーカス・ヘッジズ)、19歳の愛人を作って家を出た元夫(ジョン・ホークス)、署長とその家族、すぐカッとなるディクソン巡査(サム・ロックウェル)とその母親、地元の広告会社を仕切るレッド・ウェルビー(ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ)、ミルドレッドをかばう小人症のジェームズ(ピーター・ディンクレイジ)、ミルドレッドの友人。一人一人の存在感やキャラクターがきっちり描かれている。

戯曲家としてのマーティン・マクドナーしか知らなかったけれど、今回は脚本・監督・製作も務めていて、才能のある人だなー

とにかく冒頭から緊迫感いっぱい。映像にまずぐぐーっと惹きこまれてしまう。そのまま終盤までイッキである。
クライム・サスペンスというし、暴力の香りがあちこちにあって、いったいどうなるんだろうとドキドキしていたけど、エンディングは意外にもイヤな感じがしない。

署長の手紙、病院でのオレンジジュースのシーンが好き。カーター・バーウェルの音楽もよかった。

浜田山のお散歩会での写真から
c0155474_08433708.jpg



by sustena | 2018-02-13 08:44 | Theatre/Cinema | Comments(4)
2018年 02月 11日

少しドタバタしておりました・・・

毎日のペースがつかめないうちに、フリーの悲しさでつい仕事を引き受けてしまい、しばらくがんじがらめになっておりました・・・
もっとも、その間も芝居を観たり、出先で展覧会を覗いたりはしていたんだけど、PCに向かうとまずは当面の仕事を片付けなくては、と、ブログから遠ざかっておりました。

最近のニュースとしては、秋田から研修で東京にやってきた息子が、研修初日に雪道で転んでしまい、右足のスネにヒビが入り松葉杖生活に。秋田でなくて東京で転ぶとはねぇ・・・
1週間経って、まだギプスが取れないと嘆きのLINEが入ったので、いまは雌伏のときだからガマンと書き送ったら、「メスブセって何?」。そのことにショックを受けた母でありました。

缶ビールの半ダースを買ったら、かわいい顔が・・
c0155474_17421366.jpg



by sustena | 2018-02-11 17:51 | つれづれ | Comments(6)