いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:つれづれ( 522 )


2018年 09月 03日

見世物小屋、雨に泣く

9月1日は、近くの小学校で夏祭り&盆踊りがあって、例年のごとく、仲間たちと見世物小屋を出店したのだけれど、前日から雨が心配されていて、気が気ではなかった。
予想に反して昼過ぎても、なんだか重たい空ではあったものの雨は降らず、本日決行と決まって、スタッフも集合。16時にぽつりと雨はあったものいの、雨雲が上手にこのエリアをよけていたんだけど、1回通しをやったと、さぁ開会宣言するかというところでついに雨が襲来。
40分ほど待って雨がやみ、2回ほどやったところでまたまた本降り。その後、盆踊りは中止、濡れないものやお店は営業再開のアナウンスが流れ、4回ぐらいやったかな。いつもの花火大会で終了となった。

看板関係は防水はちょこっとしたけど、基本、紙なので、あわれ代々使い続けてきた看板もグショグショに。。。

ろくろ首が女性から男性に、久しぶりに 呪いのフランス人形が復活して、あとは例年通り。
c0155474_11264115.jpg
c0155474_11260169.jpg
江戸時代からある由緒ある大いたち
c0155474_11262990.jpg
動きののろいフランス人形
c0155474_11261840.jpg
腕の色が違いすぎなゴム人間
c0155474_11254906.jpg
c0155474_11252912.jpg
椅子をとっても4ほら、この通りフワフワと・・・
c0155474_11254032.jpg


by sustena | 2018-09-03 11:30 | つれづれ | Comments(4)
2018年 08月 04日

釣果

本日は、仲間と横須賀の猿島付近で海釣り。
小さい頃、海辺から釣ったことはあるけど、船に乗っての釣りは二度目。
釣り竿もリール、仕掛けも、全部借りられるから、初心者にも手軽。
今や電動リールなのね。。。

メインはアジで、一度に3匹も釣れたりするんだけど、
釣り針がからまったりして、ほぐしてるうちに、船酔いしてしまった。

でもじゃーん。釣果です。
大きいものは三枚におろして酢締めに、中くらいのは開いて一夜干し、小さいのは唐揚げにして南蛮漬けにすべく、もっか格闘中。
c0155474_16055718.jpeg
c0155474_19161698.jpeg
アジざんまい宴なう
c0155474_22461608.jpeg



by sustena | 2018-08-04 16:06 | つれづれ | Comments(4)
2018年 07月 23日

コミュニティデザイン

昨日青山学院亜スタジオの多目的ホールで、同大学総合部総合政策学部創設10周年記念事業関連企画として、「音風景→まちづくり 土地の記憶を発掘・継承・発信する!」というイベントがあり、出かけてきた。

1部は、総合政策学部の鳥越けい子ゼミが主宰する2つのプロジェクト、渋谷での「SCAPEWORKS円山町」と、私がかかわっているアートイベントのプログラムの一つ「池の畔の遊歩音楽会」について、ゼミ生がプレゼンテーションとインタビューを行うもの。

2部は鳥越教授といろいろなかかわりのあるゲストを迎えた討論で、私が聞きにいったのはここから。

登壇者は、建築家で水みちデザイナーでもある神谷博さん。水みち研究の過程で、多摩川の水源である小菅村にかかわるうち、上流と下流を結ぶプロジェクトや創作神楽などのイベントを実施しているひと。
福島で「100年後のまつりの支度」というアートプロジェクトを実施したダンサーであり演出家のトチアキタイヨウさん
富山大学芸術文化学部(そんな学部があることを初めて知った)准教授で、富山の獅子舞や曳山囃子などの民俗芸能を研究している島添貴美子さん
音楽による想起がもたらすコミュニケーションデザインを研究・実践、最近では足立区千住を舞台に、商いの声や住民のごく個人的な音風景を集めたレコードをつくる「先住タウンレーベル」なんて活動を展開しているアサダワタルさんの4名で、モデレータは鳥越教授。

いま全国いろんな場所で地域活性化が叫ばれ、さまざまな活動が展開されていて、そこでは土地の記憶や伝統、そこならではのものの発掘が求められるけど、お祭りや芸能や、豊かな自然や特有の食べ物、歴史といったわかりやすいもの、誇れるもの、ネタにできるものがない、見当たらない場所で、いったいどのようなコミュニティデザインができるのか、ってところに興味があったんだけど、アサダワタルさんの「土地の記憶は未来の記憶だ」という発言で、なんとなくナルホドね、と思った。

発掘というのもあるかもしれないけど、一種の編集作業。別にそこの地域ならではでなくても、テレビや音楽などをたよりに「共有できるもの」をもとにコミュニケーションしたり、まちに生きる人を発見していく、そんな個々人の生活に地続きになるような活動によって、そこに住まうことのおもしろさ、いとおしさ、大切さを実感できることが大事なんじゃないかなって。

最近では、なんのためのコミュティデザインかが逆転しちゃったようなものも多いけど、アートってとんがらなくたっていいしね。

何を書いているのかワカラナイゾって言われると思うけど、きのう「ああ大事だな」って思ったので、心覚えに打ち込んでおく。


by sustena | 2018-07-23 16:05 | つれづれ | Comments(0)
2018年 05月 05日

GWは恒例ハイキング

毎年、GWは地元の仲間と、近くの山歩き+温泉の健康ツアーを計画する。

今年は、もう2度行ったけれど、埼玉県小川町の「花和楽の湯」を先に選び、そこに行くために手ごろなコースを設定することにした。
お弁当をつくるのは面倒だから、3時間ぐらい歩いて、お昼を温泉で食べる。基本的に、ほとんど運動をしていないメンバーなので初級コースが望ましい。
いくつか検討した中で、低い山ながら、急登もクサリ場もあるというので選んだのが、官ノ倉山。
東武竹沢で降りて、30分ほど歩いて三光神社に到着。ここは、武蔵七党の一つ・児玉党の一族竹沢氏の子孫が建立したとされ、もともと妙見様と言われていたが、明治の神仏分離によって、三光神社と改称したんだとか。神社の前の大スギは、高さ35.1m。目通り4.6m。
c0155474_15140909.jpg
このあと、近くの天王池から登山道に入り、官ノ倉峠を経て、官ノ倉山頂上。344mと低いけれど、まずまずの眺望。
c0155474_15141850.jpg
その後、10分ぐらいで同じく344mの石尊山へ。
c0155474_15142712.jpg
北向き不動を経て、小川町の花和楽の湯へ。昔訪れたときのほうがつまみが充実していたな・・とちょっとがっかり。でも。GW中だけどそれほど混んでいなかったので、ゆったりできましたー。天気の急変が心配されたけれど、雹や雷も近寄ってこなかったし。
c0155474_15143991.jpg



by sustena | 2018-05-05 15:21 | つれづれ | Comments(8)
2018年 05月 03日

「えび千両ちらし」に感動

昨日は三島で取材があった。待ち合わせ場所が北口で、ここはかなり歩かないと食べ物やがない。
そこで、東京駅で駅弁をゲットして、新幹線のホームで食べることにした。
買ったのは、新潟・新発田三新軒の「えび千両ちらし」・
これです。ジャーン!
フタをとると、一面に玉子焼が敷き詰められていて(厚さ5~7ミリぐらいかな)、エビのおぼろがのっている。その下には、うなぎのかば焼きとコハダ、蒸しエビ、塩イカの一夜干しが隠れているのだ(おぼろ昆布の上に載ってる)。厚焼きたまごはだし入りで上品な甘さ。
お値段は1300円なり。超オススメです!
c0155474_10070166.jpg
c0155474_10072047.jpg
c0155474_10071286.jpg





by sustena | 2018-05-03 10:14 | つれづれ | Comments(4)
2018年 02月 11日

少しドタバタしておりました・・・

毎日のペースがつかめないうちに、フリーの悲しさでつい仕事を引き受けてしまい、しばらくがんじがらめになっておりました・・・
もっとも、その間も芝居を観たり、出先で展覧会を覗いたりはしていたんだけど、PCに向かうとまずは当面の仕事を片付けなくては、と、ブログから遠ざかっておりました。

最近のニュースとしては、秋田から研修で東京にやってきた息子が、研修初日に雪道で転んでしまい、右足のスネにヒビが入り松葉杖生活に。秋田でなくて東京で転ぶとはねぇ・・・
1週間経って、まだギプスが取れないと嘆きのLINEが入ったので、いまは雌伏のときだからガマンと書き送ったら、「メスブセって何?」。そのことにショックを受けた母でありました。

缶ビールの半ダースを買ったら、かわいい顔が・・
c0155474_17421366.jpg



by sustena | 2018-02-11 17:51 | つれづれ | Comments(6)
2018年 01月 01日

明けましておめでとうございます

昨晩は、中年―初老の男衆4人が我が家に集まり、紅白を見ながら年越し。老年ホームもかくやという支離滅裂な老人トークで盛り上がった。
いつもなら早起きして公園から初日の出を拝むんだけど、そのスポットがちょうど工事中のため、寝坊を決め込んで、8時過ぎから散歩。そして、ラジオ体操。元日から放送をやってるんだなぁ。
iのところ枝が好きなカワセミと、忙しいコゲラを存分に眺めたあと、八幡宮へ。
例年より2時間ばかり遅かったので、いつもより長い列。30分ばかり待っておまいり。おみくじは小吉だった。
朝というよりもブランチのおせちでイッパイ。
飲みながら、年賀状のコメントをじっくり眺める。終活や第2の人生、健康話が多いなー。
みなさま、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
c0155474_17243260.jpg
菊姫の大吟醸!荒ばしりです。
c0155474_17234055.jpg
アクロバティックなコゲラさん
c0155474_17235335.jpg
いたずらっ子のような顔をしてるんだよね
c0155474_17240185.jpg
カワセミもキュートだった
c0155474_17293768.jpg




by sustena | 2018-01-01 17:29 | つれづれ | Comments(2)
2017年 12月 31日

2017年の10大ニュース

大晦日。ようやくおせち料理を一通り作り終えて、これから蕎麦打ちをするんだけど、その前に今年のワタシの10大ニュースをまとめておく。
けっこういろいろあったのに、あとになると上手に?忘れてしまい、あれはいつのことだったっけ、みんな同じような1年に思えてしまうので。

1 32年間勤めた会社をやめた
2 北イタリア旅行。いっぱいおいしいものを食べて、音楽やアートや街並みを楽しんだ
3 肺がんは手術から5年経過し、無罪放免となるも、検査で別のリスクが発見され、引き続き病院に定期的に行くことに
4 本を出す これまで取材してきたものをまとめたもの
5 iwamotoさん、Cakeaterさんとのバーベキュー お世話になりました
6 取材で石垣島に。西表島に足をのばし、十数年前に仕事をご一緒した知人に会いに行く
  このほか、京都。逢坂6回、神戸2回、名古屋3回 静岡2回、札幌2回 大分、長野、群馬(桐生)に出かけた
7 富山で初めて麦屋まつりを見る 
8 暮れにアゴとノドをやけど、8月ぐらいから左の五十肩 トシか・・・
9 50cm~焦点の合う双眼鏡をゲット、見やすく、美術展や歌舞伎の3階席から、野鳥観察に大活躍
10 あと3回で歌舞伎座のゴールド会員になれたのに無念

その他iPadを新しくした、icomのスマートボックスを契約、炊飯器が壊れたり、とイロイロありました。
たいへんお世話になりました。2018年もどうぞよろしくお願いいたします。
c0155474_17150295.jpg



by sustena | 2017-12-31 17:26 | つれづれ | Comments(6)
2017年 12月 25日

西荻南北歌合戦

もう1か月以上前のイベントなんだけどご報告。
11月に実施した地元のアートイベントでは、今年の目玉として、JR高架下の店舗を借りて日替わりでさまざまな種類のイベントを西荻案内所の企画で展開したんだけど、最終日の23日に行われたのが「西荻南北歌合戦」。
仲間が出演するというので、応援かたがた出かけた。
c0155474_15451191.jpg
↓こういういかにも歌合戦の定番的な、姿勢のいいオジサマは少なくて、主催者と同じマンションに住む、フリーランスのメンバーとか、とにかく芸達者揃い!
c0155474_15452862.jpg
c0155474_15453781.jpg
c0155474_15455815.jpg
c0155474_15461015.jpg
c0155474_15462007.jpg
下の写真んは西荻案内所のみなさん。有志で街案内スペース西荻案内所をはじめて西荻の魅力を勝手に発信してきて、2016年3月31日に解散したんだけど、今回、その所歌をみんなで歌ってくれた。
大盛り上がりの夜だった。
c0155474_15462981.jpg



by sustena | 2017-12-25 15:59 | つれづれ | Comments(0)
2017年 12月 24日

粗忽もの

1週間前の日曜の夜、ヤケドをしてしまった。

夕食で何品かを同時並行で作っていて、肉団子を揚げたあとの油をオイルポットに移そうとしていた途中、油の流れが悪いな、濾し紙を取ったほうがいいかなとチラと考えた瞬間、ミトンが滑ったのか何のせいなのかよく覚えていないんだけど、中華鍋を床に落としてしまい、鍋に残っていた油が跳ね返ったのである。

唇の下からアゴと首、それと左手首と左腕の一部、胸のあたりにもザバッとかかったけど、厚手のベストを着ていたので、下にはしみなかった。

水で冷やしては、床に広がった油を拭き、また冷やし・・・と、あたふたと応急処置を取ったけれど、アゴは冷やしにくい。手ぬぐいをぬらし保冷剤を首にあてつつ、やはり医者に行ったほうがいいかしらん、でも日曜だし・・・と地域の医師会に電話をし、休日夜間対応の病院を教えてもらう。いずれも大きな病院ではあるものの、専門医がいるかどうかを問い合わせたほうがよいというアドバイスに従い電話すると、いずれもおなかを切る医者しかいないとか、整形外科の対応になるということで、リストの中の一番近い医者に出かけた。

手首は保冷剤をのっけてしばり、ジッパーに氷水を入れてアゴにあててタクシーをつかまえたら「歯が痛いんですか?}と運転手さん。「いえ、ちょっとヤケドしまして・・・」。緊急外来では、水でさっと洗って、ワセリンを塗ったあと、ミイラみたいにアゴと腕を包帯でぐるぐる巻きにして処置はオシマイ。
「翌日皮膚科に行ってくださいね。でもうちは混むから近くのクリニックがあったら、そちらのほうがいいと思います」

最初のうちはジンジンとした痛みがあったけれど、夜のうちに痛みは消えた。出かけたクリニックで、その日の午後からクライアント先で打合せがあるし、翌日は取材もあるから、薬を塗るぐらだけでもいいでしょうかねーと聞くと、「テレビに出るわけじゃないんだから、ちゃんとガーゼをあてるように!」とのこと。で、消毒液と抗生剤入りの軟膏を処方され、はがれないようにマスクでカバーして、1週間。みるみるうちにアトも薄くなってきたみたい。

その間、飲み会が二度。みんなに「トシなのだ」と言われて、そっちがショックなのでありました。

公園では、ホシゴイとゴイサギが陽だまりにたたずんでる。
c0155474_17064655.jpg
c0155474_17063292.jpg


by sustena | 2017-12-24 17:08 | つれづれ | Comments(4)