いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:食べ物( 249 )


2018年 08月 30日

グルメの夕べ

六本木の「中国名菜 孫」で「ゆく夏を惜しむ(祝う?)会」。

ここは、新国立美術館の帰りに何度もランチを食べたことがあるけれど、夜に訪れたことがなかった。ランチがいつもおいしいので、出かけたのである。

オーナーシェフの孫成順さんは25歳で中国料理最高位の「特級厨師」の資格を取得した料理名人で、宮廷料理の流れを汲む中国料理に西洋や日本料理をミックスさせたヌーベルシノワがウリ。

4人だからいろいろ注文しても楽しいかなと思ったのだが、メニューをみても何がなにやらわからない。孫さんが席までやってきて「アラカルトは店がトク。コースはお客さんがトク。好き嫌いを聞いてベストのチョイスでコースをつくる」というので、コース料理を注文することに。

前菜は、バイ貝・豆腐干絲・中国カブの辛し和え、紋甲イカ、焼き豚、胡瓜、冬瓜
c0155474_15504517.jpg
c0155474_15505926.jpg
続いて冬瓜とふかひれスープ、アワビの一夜干しの煮物。豆苗とカモ肉のササミ和え、巨大車エビのチリソース。黒鯛の清蒸魚。揚げ豚(本来はラムのところ、知人の一人がラムが苦手というので豚に変更)。追加で注文した白貝のヤキソバは白貝が大きい!麺もタリアテレ風。デザートは四角い杏仁豆腐。
c0155474_15503685.jpg
c0155474_15511646.jpg
c0155474_15512647.jpg
c0155474_15514058.jpg
「せっかく外食するなら、家庭で絶対に作れないものを注文すべし」と孫さん。
たしかに、家でつくるのは到底無理。いずれも上品で素材の味がしっかり楽しめて、味の変化が心地よく、うっかり紹興酒がいっぱい進んでしまった・・・。

大満足だったけど、フトコロは寒く・・・・





by sustena | 2018-08-30 16:08 | 食べ物 | Comments(4)
2018年 08月 22日

最近愛しているワインの友

週に1回か2回、録画しておいた映画を見ながらワインを飲んでる。
最近気に入っているのがイチジクで、バジルとの相性がけっこういいことがわかった。
よく冷やしたイチジクを皮のまま切って、バジルと、サラダオイル、バルサミコ酢+リンゴ酢を適宜入れて和えるだけ。
まだちゃんと熟れていないイチジクでも、それなりにおいしい。
おいしいイチジクのときはバジルとシンプルにワインビネガーをちょびっとだけにするほうが、イチジクの味を邪魔しないと思う。
オススメです!
c0155474_09355482.jpg



by sustena | 2018-08-22 09:36 | 食べ物 | Comments(7)
2018年 07月 29日

ままごとや再び-----------大阪18夏#5

歌舞伎を見たあとに訪れたのが、2か月前に訪れた、日航ホテルの裏にある「ままごとや」である。
一人でもコース料理ならいろんなものが食べられると思ったのである
(当初は、松竹座で弁当を食べようと考えていたのだが、昼がちょっと遅かったので、芝居がはねたあとでもいいかな、と考えなおしたのだ)

月コースで出てきたのは(料理名は正確ではありませんー)

今回感動したのが、「トウモロコシの冷やし茶碗蒸し」であります。
トウモロコシの甘みが口いっぱいに広がって、実になめらか!
真似しようと思ったけど、裏ごししたあと三度もガーゼで絞って、卵汁と7:3だったかな、で調整するらしいのだが、聞いただけで、「ムリ」って思っちゃった。
土佐酢のジュレぐらいならなんとかなりそう。こんどお刺身に添えてみようっと。

おいしいものを食べると、むくむくと創作意欲がわく。
前回も、パッションフルーツの白みそソースに感動して、家で3回トライしたみたんだよ。


●トウモロコシの冷やし茶碗蒸し じゅん菜 のっけ(写真なし)

●前菜(写真なし)
ワタリガニの土佐酢ジュレ  (ジュレがさわやかでGOOD)
ゴーヤの白和え (白雪が粉雪みたい)
熟成肉イチボの炭火焼
c0155474_11451708.jpg
●お造り
明石のタイ
ケンサキイカ+うに
カツオと松茸味のポン酢

●ハモ+早松茸のお椀
  ハモは梅風味 この時期に松茸??と思ったら、気温がいったん下がると勘違いして出てくるんだって。香りがややよわいかな。

●ノドグロ炭火焼 ほおずき添え
●つぶ貝と島根のハリもずく レンコンの薄切り 
 ハリモズクがしゃきしゃきしてて、とても スッキリー
●揚げ物
天然うなぎを何にはさんだのだったかなー、万願寺トウガラシ
●じゃこご飯、ナメコと豆腐、水ナスときゅうりの漬物
c0155474_11444658.jpg
李シャーベットに、ふわふわのクリームみたいなのは、ビールの泡!
日本酒は、而今、黒龍

今回もお仕事ですかって尋ねられてちょっとビックリ。よく覚えていらっしゃること。



by sustena | 2018-07-29 11:30 | 食べ物 | Comments(2)
2018年 07月 27日

暑いなか食べた「天然真鯛のゆずめし弁当」がgood-----------大阪18夏#4

私ときたら、食べ物のことばかりのっけてるけど、きのうのお昼に食べた弁当もなかなかマルだったのでご報告。
取材の待ち合わせがちょうとお昼時で、取材先の近辺には適当な食事場所がなさそうだったので、大阪駅から御堂筋線に行く途中のデリカでゲットして、大阪モノレール駅の改札近くの椅子の置いてあるスペースで食べた(めちゃ暑かった)のがこれ。
「天然真鯛のゆずめし弁当」(有楽調理食品/いかりスーパーマーケット)、950円也。
なんと、「お弁当・お惣菜大賞2018」で弁当部門の大賞を受賞したんだって。
開発担当者によると「良いサイズの天然真鯛の確保も然ることながら、真鯛の鮮度との戦いでした」。あついなか、酢の味が食欲をそそりましたー
c0155474_08513836.jpg


by sustena | 2018-07-27 08:52 | 食べ物 | Comments(4)
2018年 07月 26日

大阪空港なう-----------大阪18夏#3

予定より早く取材が終了し、そのまま大阪空港到着。出発まで2時間半以上あるので、3階の「大阪エアポートワイナリー」というバールに入った。
世界で初めての空港内ワイナリーなんだって。
空港ワイナリー産のワインのほか、日本全国のワイン醸造所から届いた樽詰めワインやヨーロッパを中心にコスパのよいワインと、カジュアルなイタリア料理を出すという。

お試しで、3種タップワインと前菜のセットを頼む。深川ワイナリーのコンコードと、カタシモワイナリーのアッサンブラージュ、大阪エアポートワイナリーのコンコードの3種。ぜんぶ、めちゃ軽い。

その後、イタリアのサンジョベーゼをグラスで追加し、南イタリア人に大阪の名物料理を空想のレシピで作ってもらったという触れ込みの「大阪たこ焼き風ゼッポリーニ」を注文。空想料理という触れ込みだけど、真似して作ったことは明らか。ほとんどたこ焼きであります。

計1時間半粘りましたー

見慣れない店だと思ったら、2018年4月18日にオープンしたんだって。
c0155474_17475866.jpeg
ほんとにワインを作ってるのね。。。
c0155474_17480945.jpeg
c0155474_17474760.jpeg


by sustena | 2018-07-26 17:21 | 食べ物 | Comments(2)
2018年 07月 25日

大阪なう-----------大阪18夏#1

取材で大阪に到着。
東京の暑さがひと段落したと思ったら、こちらは熱気が街全体を覆ってるみたいで、ムワムワしている。
空港から心斎橋に来て、日航ホテルの裏手にあるラ・ヴィーニョというお店でランチ。
写真は和歌山県産さわらのポワレ。これに、キノコのテリーヌと真鯛のカルパッチョ 自家製ピクルス添え、冷製ジャガイモのポタージュ、コーヒー/紅茶がつく。

付け合わせの小ぶりのモンサンミッシェルのムール貝が美味しかった♪
カウンターで、おひとりさまでも気軽ですー
c0155474_15104985.jpeg


by sustena | 2018-07-25 15:11 | 食べ物 | Comments(3)
2018年 07月 22日

仙台 「心づくし いなせ」

昨晩、取材を終えて、仙台駅近くの「いなせ」というお店でイッパイ。歩き回った挙句、見つけたお店だったけど、刺身の盛り合わせ(一人前 2000円。ウニがこんなに!)や、ホヤの柚子風味麹和えが絶品。刺身の盛り合わせは、ツマの代わりにシャリが付いていたのはgood ideaですー。
日本酒も美味しく、ついお酒が進んでしまい、うっかり予定時間を過ぎて、新幹線ホームまで走るハメに。。。。
c0155474_10544333.jpeg
c0155474_10545674.jpeg


by sustena | 2018-07-22 10:57 | 食べ物 | Comments(4)
2018年 06月 10日

タコ三昧

昨日は定例のラジオの公開放送で、夜は我が家で反省会と称した飲み会を実施。

この日は、仲間の一人が北海道小平町のタコ箱オーナーで、めでたく6.8kgのタコがゲットできたということで、お裾分けに預かったのであります。
タコ箱オーナーというのは一口1万円で、150箱のタコ箱を海に沈める。それで、6月に3回引き上げのチャンスがあり、タコが入っていたら、浜ゆでしたタコがクール宅急便で送られてくる。タコ任せの企画であって、3回ともスカだった場合は、タコの足とホタテを詰め合わせたものがお礼に送られてくるというもの。

友人は、夜中仕事をしているときに、この企画を知り、「小平町に寄付したつもり」で応募したというのである。
オーナーになるにも抽選があって、タコルーレットでオーナーになることが決まったら、クレジットカードで1万円なりが引き落とされる。
で、なんと1回目の引き揚げて、6.8kgのタコがかかったというわけなのだ。確率150分の8.強運~♪

というわけで、とても一人で食べきれる量ではないということで、届いたばかりのタコの足2本と頭をもってきてくれたのだった。
刺身とカルパッチョ、タコ飯、タコサラダであっという間になくなったのでした。
c0155474_10432742.jpg




by sustena | 2018-06-10 10:43 | 食べ物 | Comments(4)
2018年 05月 13日

ノビルとごまよせ豆腐

iwamotoさんのブログで、とても美しいノビルを見て以来、あの透明感が目の前に浮かびあがってくる。
ノビル、ノビル・・と唱えていたら、銀座NAGANOで見つけた。
やったー。
さっそく茹でて、ちょっと味見したら、酢味噌和えなんかにするのがもったいなくなって、だしと醤油だけでいただくことにした。
実に美味しい。
c0155474_16093112.jpg
酒のつまみに、ごまよせ豆腐を半分にしようとして、あらー、顔が・・・
c0155474_16091334.jpg


by sustena | 2018-05-13 16:09 | 食べ物 | Comments(4)
2017年 12月 26日

萬珍樓點心舗

先日、私の出所祝い?と忘年会をかねて、知り合いの編集仲間にごちそうになった。
横浜中華街の萬珍樓點心舗である。

師走の土曜とあって、かなりの賑わい
c0155474_17283478.jpg
c0155474_17284222.jpg
萬珍樓點心舗は点心が中心ではあるけれど、他のメニューもいろいろ揃っていて、上品な味。

たんと食べたのだけれど、印象に残っているのがツブ貝の炒め物。鶏肉の丸揚げとアスパラのカニあんかけも美味しかったな。もちろん、点心はいくらでも食べられそうなのだった。
c0155474_17285248.jpg
c0155474_17285948.jpg
c0155474_17290609.jpg
仕上げは杏仁豆腐とワンパターンに行こうかと思ったけど、亀ゼリーがおススメというので、亀ゼリーのカプチーノ仕立てをいただく。美容にはよさそうかも・・
c0155474_17291629.jpg
紹興酒をたくさん飲んで、ハッピーな夜。





by sustena | 2017-12-26 17:39 | 食べ物 | Comments(0)