いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:旅( 450 )


2018年 09月 20日

コインブラのイケメンファド----#ポルトガル3

月曜夜に戻ってきて、翌日は洗濯と写真の取り込み、きのうは壊れたカメラを秋葉原に持っていって(基板交換とレンズ交換が必要で、修理費用は上限の1万4000円ちょっと。夕方には修理が完了したんだけど、クレジットカードをお持っていくのを忘れてたので、また今度取りに行くことに)、忘れないうちに旅行のメモをまとめ、旅行の生産用にレシートなどを整理して、その他の打ち合わせをこなし、本日から通常営業。

とはいっても、仲間とシェアするために、集合写真をアップしたりしていて、もうお昼ではないか!
というわけで、それまでに、帰国後のご報告第一弾。

機中泊2日の足かけ10日間だから本当にあっという間で、リスボン3泊、コインブラとアマレスのポザーダで各1泊、最後ポルトで2泊の駆け足ながら、なかなか充実していました。印象に残ったところはいくつもあるけれど、リスボンの演歌みたいなファドと、コインブラの学生OBたちのファドの違いが興味深かったな。
どちらもメインは恋の歌なんだけど、リスボンで聴いたのが人生の酸いも甘いも経験して、ときにちょっと退廃的なムードもただよう大人のファドなのに対して、コインブラのファドは、コインブラ大学の学生たちが歌い継いできたという若い恋の歌。しかもギターラも歌い手もOBとはいえまだまだ若く、イケメンぞろい。

もっとも一緒に行った友人などは、好きでもないオトコに、窓の外でこんな歌を歌われたら水をぶっかける、などと言ってましたが。
料理もドリンクもなく、純粋に鑑賞のみ。約1時間の演奏と歌が終わって、店の外のポスターを見たら、おや、左にいたあのギターラの若いころの写真ではないか。まさか同じ人だとは思わなかったな・・・。

c0155474_11392273.jpg
c0155474_11394733.jpg
c0155474_11395670.jpg
c0155474_11400893.jpg
c0155474_11402118.jpg
このポスターの人が↓
c0155474_11402917.jpg


by sustena | 2018-09-20 11:41 | | Comments(0)
2018年 09月 13日

LUMIX壊れる

旅の友に持ってきたLUMIX100Xが壊れてしまった。電源オンしても、ジーコジーコというばかりで、システムエラーのアラートが表示され、レンズが出てこない。

GRDも持ってきたのでなんとかなるけど、すでに撮り終えた写真をWiFiで飛ばすこともできないので、でかいけど、たまにiPadで撮ることにしよう。

本日はコインブラから電車で宗教の街ブラガへ。その後アマレスのポザーダで宿泊。
この電車に乗った。今まで見た中で、一番大胆な落書き。
c0155474_19020462.jpeg


by sustena | 2018-09-13 19:02 | | Comments(4)
2018年 09月 12日

初めてのUber

地元の友人と4人でポルトガルを旅行中

もっかリスボンからコインブラへのバスの中。

宿泊先の選定や各種予約、交通手配などは当方が担当しているんだけど、最も悩ましいのがスーツケースなど荷物の扱い。駅近くのホテルなどに宿泊し、荷物を預けられればいいが、テロの影響もあって日本のようにあちこちにコインロッカーがあるわけじゃない。いろいろ問い合わせるうち、 カフェやレストランがangelとなって、荷物を1個5ユーロで預かってくれるbagnb なるサイトの存在を知った。便利ー

また宿が駅やバスターミナルなどから離れた場所にあるときも、Uberというネット白タクシステムがメチャ便利というので使ってみた。行き先を入力すると、現在地の近くにいるドライバーが表示され、車種や料金を事前にに確認して配車をクリックするだけで、2分程度で到着する。料金はカード決済でラクチン。

ネット時代の旅のスタイルはどんどん変わりつつあるなあ

c0155474_19001481.jpeg
c0155474_19012254.jpeg



by sustena | 2018-09-12 19:03 | | Comments(4)
2018年 08月 19日

パムッカレの白い風景---------#トルコツアー17

昨晩のBSプレミアムのグレイトネイチャーは、カッパドキアの奇岩風景はどのようにできたのか、という話で、とても興味深かった。
トルコ一帯は、テチス海がプレートテクトニクスによってアフリカが移動する際に圧縮され隆起してでき、カッパドキアは、今も活動している火山だけでなく箱根クラスの火山が大噴火によって平地となって、周囲に堆積した火山灰が侵食してできた。そしてテチス海が干上がってできた石灰華段丘からなる丘陵地が、白亜の絶景のパムッカレなんだそうだ。

というわけで、今頃になってナンですが、パムッカレの石灰棚の風景を。もう少し天気がよかったら、たまった水がブルーに輝いてもっとキレイだったんだけど。
c0155474_13435940.jpg
c0155474_13442438.jpg
c0155474_13444054.jpg
上の写真の中央部の水がいっぱいあるところも、憩いの場所になってました
c0155474_13432512.jpg
c0155474_13434617.jpg
c0155474_13452497.jpg



by sustena | 2018-08-19 13:47 | | Comments(4)
2018年 08月 03日

絨毯工房にて---------#トルコツアー16

カッパドキアは農業に適した土地が少なく、昔からブドウや麦やカボチャぐらいしかとれなかったということで、とくに冬の間、手織り絨毯や陶器づくりなどが盛んにおこなわれたという。
なかでも有名なのが手織り絨毯。ダブルノットといわれる二重結びが特徴で、何百年にもわたってトプカプ宮殿の床を飾ってきた。
絨毯工房でその手織りの様子を見ることができるというので見に行った。

こういうところに行くと、フラフラと買ってしまうおそれがあるけれど、我が家には絨毯を置くスペースなどないので、気迷いを起こる不安はない。見るだけだもんね、と、他の希望者数人がガイドさんに連れられて出かけた。

まずは織り機や、ダブルノットの織り方を見せてもらう。
そのあと、絹や綿と羊毛の混紡など、いろんな種類の絨毯が次々に出てくる。とくに絹の絨毯は、見る方向によって色が違って見える。店の人が、空飛ぶじゅたんのように、その場でクルッと180度回転させて見せる手際にはウットリするほどだ。
セールストークも半端ない。「部屋が狭いから絨毯が置けないと絨毯のせいにしてはいけない。そんな方のために、1畳に満たない玄関におけるサイズのものもあるし、壁掛けなども開発。平山郁夫の絵をモチーフにしたものもある・・・etc」

私の決意が固いので、売り子はほかのひとのところに行ってしまったが、売れないと織り手に収入が入らないこと、日本からの観光客が激減し、織り手が苦労していることなどを泣き落された人もいたらしい。

にしても、ヘレケの絨毯など、実にみごとだったな。
c0155474_15561342.jpg
c0155474_15570128.jpg
c0155474_15574830.jpg
c0155474_15580620.jpg
c0155474_15581570.jpg




by sustena | 2018-08-03 15:56 | | Comments(4)
2018年 08月 02日

カッパドキア---------#トルコツアー15

カッパドキアというと、キノコ型の奇岩の絶景というイメージしかなかった。

エルジエス山とハサン山の噴火によってできた柔らかい地層の上に固い地層が堆積し、その後数万年にもわたる風雨の浸食によってできあがった風景という。

たしかに絶景に圧倒されたんだけれど、印象に残ったのは、最初に訪れた洞窟スタイルのアドナンさんというお宅を訪問したこと。200年前から代々住んでいるそうで、ご主人はこうした洞窟住居やホテル等の修復を仕事としているとか。冬あたたかく夏涼しいが、奥さんは慣れるまでたいへんだったと言ってたな。床に敷かれた絨毯を織るのは、花嫁修業の一つなんだって。
c0155474_14353076.jpg
c0155474_14354124.jpg
c0155474_14355120.jpg
ローズバレーは、このあたり一帯の銅が含まれている岩に夕日があたると、岩肌がピンクに見えることから名づけられた観光地。
c0155474_14361872.jpg
下は崖、というようなブッソウな場所で記念撮影する人も何人もいた。こわ・・・
c0155474_14362768.jpg
カッパドキアでは洞窟ホテルに二泊
c0155474_14360831.jpg
c0155474_14355981.jpg

カッパドキア観光のハイライトは、ギョレメ野外博物館。ローマ帝国時代に迫害を受けたキリスト教徒たちが移り住み、洞窟の中にいくつもの教会をつくったという。写真はNGだったのだが、内部には見事なフレスコ画が残っていて感激。
c0155474_14363844.jpg
c0155474_14364771.jpg
その後、シメジみたいな岩が残るパジャパー地区、巨大な城塞のウチヒサールを回る。いかにも、カッパドキアでしょ。現地で第一報を送ったのもこの場所。
c0155474_14370005.jpg
c0155474_14370978.jpg
c0155474_14371929.jpg
c0155474_14372816.jpg
以下の4枚の写真は「カイマクル」。4500年前にヒッタイト人が作り、その後ローマ帝国の迫害から逃れたキリスト教徒が隠れ住んだ迷路みたいな地下都市のひとつ(発掘されているところは現在36か所あるんだそうだ)で、なんと地下8階まであるんだって。
c0155474_14373840.jpg

敵が来ると、この丸い岩の扉を閉めたという。重そう・・・
c0155474_10552384.jpg
天井は低い。腰をかかげてあるかなければならない通路も多かった
c0155474_10553297.jpg

この下に地下都市が広がっているなんて、ちょっと想像できない
c0155474_14380271.jpg





by sustena | 2018-08-02 15:15 | | Comments(2)
2018年 07月 31日

國破在山河---------------#トルコツアー14

ヒッタイトというと、世界史で鉄と馬によって、小アジアを中心に王国を建設し、その最盛期には、アナトリア中央部からシリア南西部、遠くメソポタミア北部までをおさめ、古代エジプト王国と互角に渡り合った王国だということをおぼろげに覚えているくらい。

今回は、BC18世紀ごろ、ヒッタイトの首都として発展した「ハットゥシャ」を訪れた。
いまだに発掘調査が十分になされていないそうで、発掘が終わった大神殿跡やライオン門、スフィンクス門、王の門などを回った。
城壁に囲まれた広大な土地だ。

入口に残る石。ライオンのようだ
c0155474_15215408.jpg

c0155474_15220507.jpg
眼下にツボが見えた
c0155474_15222054.jpg
ライオン門。右が本物、左がレプリカ
c0155474_15222909.jpg
王の門の前に犬がのそりとあらわれた
c0155474_15223822.jpg
その後、ハットゥシャの聖地で、ヒッタイト王国最後の王がその父を祀るためにつくったとされる「ヤズルカヤ(文字が刻まれた岩の意)」へ。レリーフが実にみごと。
c0155474_15224729.jpg
ガイドのギョクハンさん
c0155474_15230093.jpg
案内板の絵のほうがわかりやすいよね
c0155474_15230917.jpg
前日に訪れた「ゴルディオン」は、ヒッタイト王国崩壊後のBC750年ごろにフリギア人が建国した王国の都。ミダス王の墓があり、アレキサンダー大王が東方遠征の途中で立ち寄ったという(「ゴルディオンの結び目」の伝説が残る)。

c0155474_15232092.jpg
c0155474_15232926.jpg
ハサミとナイフ。和ばさみと同じような形。
機能がいっしょだと、合理的な形を追求すると同じになるのかな
c0155474_15234145.jpg
これが墳墓
c0155474_15235140.jpg
c0155474_15240094.jpg
c0155474_15241363.jpg
博物館の前庭では人なつこいネコがいた
c0155474_15242766.jpg
c0155474_15243605.jpg
c0155474_15244607.jpg
このあたりは小麦畑が広がっていた。バスの前の窓からぱちり
c0155474_15252367.jpg


by sustena | 2018-07-31 15:26 | | Comments(5)
2018年 07月 29日

アナトリア文明博物館がすごい!---------------#トルコツアー13

まだトルコの写真は全然整理ができていないんだけど、いくつか訪れた博物館の中でも、とくにすばらしかったのがアンカラにあったアナトリア文明博物館。
旧石器時代からギリシャ人やローマ人の入植時代のころまでアナトリアで暮らした民族の文化や歴史を物語る出土品が展示されていて、見ごたえたっぷり。1日いても全部見て回ることはできそうにないところを、1時間ちょっとで、ダダダっと回るので、ワーオ!と感嘆しているうちにあっという間に集合時間になってしまった。

c0155474_15482428.jpg
先史時代、岩などに描かれた動物。躍動感がすばらしい
c0155474_15483242.jpg
多産のシンボルの地母神いろいろ
c0155474_15485180.jpg
鹿のフォルムには見入ってしまう
c0155474_15490051.jpg
c0155474_15490959.jpg
c0155474_15492674.jpg
アクセサリーも、今だってイケそう
c0155474_15500662.jpg
弥生時代の土器って言われたら信じちゃうな
c0155474_15494240.jpg
ヒッタイト時代の粘土板。中には、夫に舅との不仲を嘆いたものもあった
c0155474_15495601.jpg
ヒッタイトのころはライオンが強さの象徴だったとか
c0155474_15501341.jpg
この絵は漫画チック
c0155474_15502310.jpg
キュベレ女神像。BC6世紀ころ。
c0155474_15503898.jpg
ヒッタイトコレクションの大ホールでは、世界史の教科書でみたようなレリーフがいっぱい
c0155474_15503148.jpg
c0155474_15504888.jpg




by sustena | 2018-07-29 15:50 | | Comments(2)
2018年 07月 10日

アタテュルク廟にて---------#トルコツアー12

アンカラでまず訪れたのが、トルコ共和国建国の父・ムスタファ・ケマル・アタテュルクの廟=「アタテュルク廟」である。アンカラ市内を望む丘陵に建設されていて、トルコ国内で産出した石材だけを使っているとか。完成は1953年9月。中には石棺がおかれているが、アタテュルクが埋葬されているのはその下という。
c0155474_10375640.jpg
c0155474_10380930.jpg
c0155474_10382012.jpg
c0155474_10383121.jpg
c0155474_10384066.jpg
第一次大戦中、トルコを植民地にしようと、オスマン帝国の首都イスタンブール占領を目指して進軍する英仏連合軍に対して、ムスタファ・ケマルは祖国解放戦争を開始。連合軍がダーダネルス海峡の西側のチャナッカレから上陸を図ったガリポリの戦い(チャナッカレの戦い)で勝利。次いで、アナトリアへ侵入したギリシア軍をサカルヤ河畔で破り、1923年10月にトルコ共和国を建国。初代大統領となった。

治外法権の撤廃、カリフ制の廃止、民法の改正、太陽暦、メートル法の採用、民族教育の普及、国家資本主義に基づく経済建設などさまざまな改革を行ったが、アラビア文字の廃止とアルファベットをもとにしたトルコ文字の制定もとても重要だったと思う。また、1934年12月には、トルコ人女性の選挙権と被選挙権を承認(当時、国会議員選挙での選挙権と被選挙権を獲得していた国は28か国で、実際にその権利が行使されていた国は17か国にすぎなかったとのこと)。翌35年2月の選挙では女性は18議席を獲得したという。日本よりずっとススんでいたのだ!

アタテュルクとは「アタ=父」、「テュルク=トルコ」で「トルコ人の父」を意味し、国民議会によって贈られた姓だという。

アタテュルク廟は石棺のほか、博物館もあって、アタテュルクが革命軍を率いて勝利したチャナッカレの戦いやサカルヤ川の戦いの様子を再現したジオラマ、トルコ共和国建国の歴史とアタテュルクの断行した数々の政策の説明、アタテュルクの蔵書(ものすごい量と質!)などが展示されていた。

ガイドさんからは、トルコは自分たちの手で、列強諸国と渡り合って独立を獲得したわけで、今も欧米+ロシアの干渉に苦しめられている他のアラブ諸国とは違うのだ!とたびたびコメントがあったけど、ナルホド、子供たちも大勢訪れて、民族の誇りを実感する場所なんだね。、
c0155474_10385038.jpg
タイミングよく衛兵の交代も見ることができた。
c0155474_10385867.jpg
c0155474_10390603.jpg


by sustena | 2018-07-10 10:40 | | Comments(2)
2018年 07月 09日

大衆食堂ロカンタ------------#トルコツアー11

イスタンブール2日目の夕食は、ロカンタと呼ばれる大衆食堂での食べ放題ということだった。
前菜、メイン、デザートに分けて、何種類もショーケースに並んでいて、その中から好きなものが注文できるとの触れ込みなのだが、ツアーメンバーが大勢いるので、前菜は添乗員が適当に選んだものを持ってきてもらい、メインを自分たちで選ぶという段取りとなった。

前菜はこの4種類(ほかにも数種類ある)。野菜たっぷりでとくにナスとオクラがおいしかったなぁ
c0155474_17083906.jpg
c0155474_17081343.jpg
c0155474_17085875.jpg
c0155474_17082402.jpg
このあと、8種類ぐらいあるショーケースの前で料理を注文するのだけれど、少しだけのつもりだったのに、なんと皿いっぱい盛ってくれる(私は肉団子一つとに豆をちょっとつけあわせてもらうつもりだったのだ)。
c0155474_17122561.jpg
c0155474_17121731.jpg
うーん、これでは一皿全部だって無理だな・・・
ということで、同じテーブルの人とシェアすることに変更。ただ、みんな似たようなものを注文してくるので、私の思惑通りにはコトが進まないのだった。隣の人がチョイスした煮込みを一口もらっただけでギブアップしてしまったな・・・
c0155474_17120852.jpg
デザートは甘いお菓子が10種類ほど。そちらはパスして、アイスを選ぶ。
アイスもいろいろあるけど、すっきりしてそうな、ピスタチオとレモンに。
ピスタチオはのびるアイスだった。
c0155474_17152750.jpg
これは比較的サッパリしていてマル。



by sustena | 2018-07-09 17:15 | | Comments(4)