いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 08月 31日 ( 1 )


2018年 08月 31日

8月納涼歌舞伎

c0155474_11023050.jpg今年の納涼歌舞伎は、3部全部観に行った(3階のA 席とB席なので、3つ見ても、一つ1等席で見るより安い)。

第一部は、北條秀司 作・演出の「花魁草」、幸四郎と染五郎の親子が踊る「龍虎」、落語をもとにした新作歌舞伎「心中月夜星野屋」、第二部は、ここのところ恒例、幸四郎と猿之助が弥次さん喜多さんを演じる「東海道中膝栗毛」、舞踊の「雨乞其角」、そして第三部が「盟三五大切」であります。

なかでも、芝居の輪郭がくっきりとしてホレボレしちゃったのが「盟三五大切」。

源五兵衛を幸四郎、源五兵衛から金を巻き上げるの芸者小万に七之助、その夫・三五郎が獅童で、源五兵衛が小万を殺す場面はめちゃくちゃキレイだった。そして小万の首を懐に入れた源五兵衛が花道から去っていくシーン、3階席から見ていたら源五兵衛の影が花道を次第に大きく覆っていって、凄みがあった。

第一部「星野屋」は、母親役の獅童が最高! 「おたかだけに高くついた」と下げたところで幕かと思ったら、まだ続きが・・・。
照蔵役の中車、けちんぼで虫も好かない・・と町衆のうわさに対して、「俺は虫が大好きだ」って決めるところ、客席が沸いてました。
「花魁草」は扇雀の演技、泣けますー。幸四郎がひょうきんな百姓の米之助。その女房お松が梅枝なのにはびっくり。地味な女房もうまいなぁ。若い役者の幸太郎に獅童。初々しい感じがよかった。
c0155474_11131537.jpg

c0155474_11030709.jpg
c0155474_11032654.jpg
「東海道中膝栗毛」は大阪松竹座の油地獄で打ちどころが悪くて死んでしまった喜多八(京都で見たもんね)を追って、弥次郎兵衛が地獄めぐりに・・・というストーリーで、弥次さんは泣いてばっかりで、しどころがなさげ。籠釣瓶などの引用があったりと趣向は凝らしてるけど、ちょっと単調だったなぁ。中村獅童と七之助・中車の意味なく早替りしているところが楽しかった。最後は松本幸四郎と染五郎・市川猿之助と團子が宙乗りで、3階席のすぐ脇を通っていったのは、やったね!

写真は第3部の幕間に食べた京都・佐近のお弁当。
c0155474_11033853.jpg
           


by sustena | 2018-08-31 11:08 | Theatre/Cinema | Comments(0)