いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 05月 05日 ( 2 )


2018年 05月 05日

GWは恒例ハイキング

毎年、GWは地元の仲間と、近くの山歩き+温泉の健康ツアーを計画する。

今年は、もう2度行ったけれど、埼玉県小川町の「花和楽の湯」を先に選び、そこに行くために手ごろなコースを設定することにした。
お弁当をつくるのは面倒だから、3時間ぐらい歩いて、お昼を温泉で食べる。基本的に、ほとんど運動をしていないメンバーなので初級コースが望ましい。
いくつか検討した中で、低い山ながら、急登もクサリ場もあるというので選んだのが、官ノ倉山。
東武竹沢で降りて、30分ほど歩いて三光神社に到着。ここは、武蔵七党の一つ・児玉党の一族竹沢氏の子孫が建立したとされ、もともと妙見様と言われていたが、明治の神仏分離によって、三光神社と改称したんだとか。神社の前の大スギは、高さ35.1m。目通り4.6m。
c0155474_15140909.jpg
このあと、近くの天王池から登山道に入り、官ノ倉峠を経て、官ノ倉山頂上。344mと低いけれど、まずまずの眺望。
c0155474_15141850.jpg
その後、10分ぐらいで同じく344mの石尊山へ。
c0155474_15142712.jpg
北向き不動を経て、小川町の花和楽の湯へ。昔訪れたときのほうがつまみが充実していたな・・とちょっとがっかり。でも。GW中だけどそれほど混んでいなかったので、ゆったりできましたー。天気の急変が心配されたけれど、雹や雷も近寄ってこなかったし。
c0155474_15143991.jpg



by sustena | 2018-05-05 15:21 | つれづれ | Comments(8)
2018年 05月 05日

『目に見えないもの-星の王子さまと10人の探究者たち』

c0155474_14502923.jpg『目に見えないもの-星の王子さまと10人の探究者たち』(講談社 2013年12月刊)はいっぷう変わった本だ。

これは、サン=テグジュペリが書いた有名な『星の王子さま』生誕70周年企画として企画されたものらしい。
「たいせつなことはね、目に見えないんだよ……」というのは、「星の王子さま」に出てくる有名なセリフだけど、この目に見えない大切なものについて、ちゃんと知るために、星の王子さまが10人の探究者を訪ね歩く。
テーマは時間、ゼロ、運、ユーモアなど全部で12で、各テーマにつき、3人の探究者に出会う。たとえば時間だったら、時計遺伝子の研究で有名な上田泰己さんと、東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構の村山 斉さん、宗教学者の釈 撤宗さんという具合。それぞれの専門家が時間について語るわけだけれど、一人4ページしかないので、ほんの導入のみ。(とはいえ、入門としてはなかなか手際よくまとまっていて、これで興味を持ったら、自分でさらにそれぞれの探究者の本を読めばよろしい)

登場する探究者は次の通り。それぞれのジャンルでの第一線の人たちだ。(脳科学者の泰羅雅登先生がなくなってしまったのは残念)
星の王子さまと似たタッチのイラストで描かれていて、けっこう凝っている。

中学生などにピッタリかなー

上田泰己(生命科学者)
村山 斉(物理学者)
釈 撤宗(宗教学者)
西内 啓(統計家)
名越康文(精神科医)
会田 誠(芸術家)
立川志らく(落語家)
泰羅雅登(脳科学者)
金田一秀穂(言語学者)
開沼 博(社会学者)

目次
時間…体のなかは時計だらけ/時間のはじまりは宇宙のはじまり/時間を長く感じるために
ゼロ…宇宙空間はゼロではない/すべての可能性はゼロではない/ぼくもあなたも空 肉体も心も空
運…心が晴れていれば運をつかめる/データを分析して運を上げる/作品になるか落書きで終わるかは運次第!?
ユーモア人を笑わせるのはむずかしい/ユーモアを育てるミラーニューロン/ユーモアは心の距離を近づける
放射線目に見えない放射線が生みだしたもの/宇宙からの放射線を見えない磁場が守る/目に見えないものを放射線で見る
神さまいろんな神さまがいろんなところに/生命科学者は神さまになれるのか?/宗教的な考え方が必要とされるとき
常識自分の常識はまちがっている?/常識は移ろいやすいもの/非常識を認めるのもたいせつなこと
うそ子どものころはだれもがうそつき!/人は毎日うそをついている/芸術家はうそを大切にしている
オバケオバケは脳にすんでいる・・・/オバケが怖くて何が悪い 恐怖心が生きる知恵を生む/オバケ粒子をつかまえた日本の技術
幸せ幸せは数字ではかることができる/幸せはひとりひとりちがうもの/いまこの瞬間に感じる幸せに注目しよう
記憶記憶力をきたえるトレーニング/師匠から弟子へ伝えられていく記憶/口づてに伝える記憶はぼくときみをつなげる
愛は危険だけど、愛の絵を描いてみたよ!/心の脳で愛を育てる/男女の愛、親子の愛を超えた愛とは
星へ帰る

公園ではコゲラがギーッてないて居場所を教えてくれる。でも、冬場に比べて見つけにくくなった
c0155474_14503914.jpg
c0155474_14505181.jpg
c0155474_14511537.jpg




by sustena | 2018-05-05 14:53 | 読んだ本のこと | Comments(4)