いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2014年 03月 29日 ( 1 )


2014年 03月 29日

上海我爱你#5──リノベしたアート基地「M50」

上海では立ち寄ってみたい現代アートの美術館や画廊がいろいろあったんだけど、1カ所ぐらいしか立ち寄れそうにないので、どこにしようか迷った挙句に出かけたのが、1930年代に建てられた紡績工場の跡地をリノベしてできたギャラリー街のM50。

2002年に登場したスポットで、現代アーティスト・丁乙がアトリエを構えたあと、仲間のアーティストなどが次々にやってきて、建築家のアトリエや上海アートを世界に広めた「香格納画廊」などの外国人オーナーのギャラリー、張恩利、施勇、曲豊国などのアーティストのアトリエなどが次々に誕生した。そうそうEPSONのギャラリーのEPSITEなんかもあったなぁ。

とにかく広くて、建物そのものがちょっとそそる感じ。
インスタレーションから、油絵、表現主義やキュビズムっぽいのとか、いろいろな作風のものがある。
c0155474_0104466.jpg

c0155474_0121576.jpg

c0155474_0105676.jpg

c0155474_0111134.jpg

c0155474_0112365.jpg

c0155474_0113444.jpg

ビルの壁やアプローチそのものがアートだなーと感じさせる場所も。
私が気に入ったのは、デジタルサイネージ風の動く絵と静止画を組み合わせたもの。
c0155474_011547.jpg

c0155474_0114466.jpg

この作品などは、屋上から飛び下りようとおじさんがウロウロしていたけど、さて、彼はこのあと飛び下りたのかどうか・・・?
c0155474_012386.jpg

c0155474_0122469.jpg

現代風の水墨画シリーズもおもしろかった。
巨大なスマホ画面に描かれたのは、ちょっとアブナイ感じの人物画の水墨画。
c0155474_0123518.jpg

c0155474_0124569.jpg

チェコのJan Saudekヤン・ソーデック)の写真展も心惹かれた。
c0155474_0143476.jpg

c0155474_0125732.jpg

莫干山路50号までの道沿いの工事中のフェンスなどには、グラフィティアートがびっしり。なかなかのテクニ ックのものもあって、見とれてしまった。(ここは元製粉工場があった場所らしい。かなりの広さがあったけど、何になるんだろう?)
c0155474_013738.jpg

c0155474_0153053.jpg

c0155474_0132073.jpg

c0155474_0134380.jpg

そうそう人民公園内の近代美術館では、草間彌生の展覧会をやっていたっけ。

by sustena | 2014-03-29 00:14 | | Comments(2)