いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2014年 03月 28日 ( 2 )


2014年 03月 28日

上海我爱你#4──龍の9番目の子

上海の観光地のひとつ、豫園でウロウロと建物を眺めていたら、武(ウー)さんという日本語の上手なお姉さんがいろいろ教えてくれた。
c0155474_2302410.jpg

入場券を持っていたら、お茶処で無料でお茶が飮めるというのでノコノコついて行ったら、なんのことはない、お茶の売り子さんなのだった。
c0155474_2303012.jpg

茶藝師の免許を持っているとかで、人参烏龍茶や皇帝しか飮めなかったというお茶とか、ジャスミンティーとか、いすいろなお茶の効能を立て板に水トークで教えてくれる。一葉茶など、苦いけどあとくちが甘くて、肝臓にもメタボにも、高血圧にも花粉症の鼻炎にも、とにかくなんでもかんでも良さげである。肝臓は丈夫だし、血圧も低いし、花粉症でもないけど、その苦みが気に入って買うことにしたら、日本円でもOKで、値段は樋口一葉だという。よくできてるー。

ところで、ウーさんがお茶を入れているときに、ふと、気になる置物があった。この派手なヤツである。
c0155474_2311962.jpg

正面から見るとこんな感じ。
c0155474_231271.jpg

銭をくわえた「銭蛙」なんだそうだ。財運を招く力があって、自分の前後左右のお金を集めるので、足が3つなんだという。背中にお茶やお湯をかけるとサーッとこのハデハデな色になるのも、なんとも興味深い。
ウーさんは、この銭蛙は龍が贔屓にしている9番目の子どもで、ここ豫園の壁にもいるんだと、龍の顎の下にいる動物を示してくれた。へえ~。
c0155474_2313785.jpg

でも、日本に戻ってネットでいろいろ調べたら、龍の第9子というのには、いろいろな説があって、どうも銭蛙とは違うような気がする。
銭蛙ではなくて、貔貅(ヒキュウ)なんじゃないだろうか?? この子も天帝である龍の9番目の末っ子で、天帝から可愛がられたようだ。そして、主食が金の財宝で、しかもこいつにはお尻の穴がないので、食べても出ていかない、すなわちお金がたまるんだそうだ。。

竜生九子には、贔屓という第一子(亀に似ていて、重いものを背負うのが好き。贔屓の引き倒しは第1子の話から出てきたそうな)や饕餮(とうてつ)なんてのもいるんだってー。

イロイロ調べたけど、銭蛙については風水のアイテムということぐらいしかよくわからなかったけど、お茶を飲んでる間もじっとこっちを見てたよー。

by sustena | 2014-03-28 23:16 | | Comments(4)
2014年 03月 28日

リリアンバスマン写真展『Signature of Elegance リリアンバスマンの仕事』

c0155474_22443914.jpg2週間ぐらい前に、銀座のシャネルネクサスホールで開催中の、リリアンバスマンの写真展を見てきた。

リリアン バスマンは、1917年、ニューヨークのブルックリン生まれ。1941年に『ハーパーズ バザー』のディレクター、アレクセイブロドヴィッチのアシスタントとなり、写真が向いているという彼のアドバイスで1948年にバザーから初めて写真の仕事を受け、1951年には夫のポールヒンメルとともにスタジオを開設し、ファッション写真を撮る。

もともとアートディレクターだけあったというリリアン バスマンは、写真はこういううものという固定観念から自由で、写真の現像の最中に筆を使ってぼかしやにじみを加えたり、指で輪郭を曖昧にしたり、写真を素材に、大胆にイメージをつくり出した。

その優美なライン! 光と闇の衝突や、フォルムを囲む空間に関心があって、服の中に存在する女性の感性を捉えようと、さまざまに工夫を凝らしたことが伝わってくる。スタジオの湿気や、薄闇のなかにぼんやり浮かぶモデルのたたずまいが匂い立ってくるような写真が並んでいた。

写真は1948年から2008年のものまで、モノクロ47点。
c0155474_23155382.jpg


by sustena | 2014-03-28 22:46 | Art/Museum | Comments(0)