いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2009年 01月 31日 ( 5 )


2009年 01月 31日

東野圭吾『聖女の救済』

c0155474_23111360.jpgムスコから東野圭吾の『聖女の救済』(文藝春秋 2008年10月刊)を借りてイッキ読み。 探偵ガリレオこと湯川の登場するシリーズ。

離婚を切り出されたパッチワーク作家の妻は、知人を招いてのパーティの翌日、旅に出る。 夫は妻の弟子と関係を持っているのだが、ケータイ電話に出ないことを不思議に思って弟子がかけつけると、すでに死んでいた。亜砒酸で毒殺されたのだ。
妻には鉄壁のアリバイがある。そんな彼女に草薙刑事は、惹かれていく。女性刑事・内海薫は湯川にアドバイスを求めるが・・・。

今回は冒頭から犯人が読者にもわかっている。でも、いったいどんな手口で毒殺したのか? 完全犯罪に思えるが、どこから解決の糸口が見つかるか湯川と一緒にあれこれ思い悩むことになる。

これが伏線だな,と思う箇所はあるものの、いやはや、びっくり~。

(1)私は湯川よりも草薙刑事のファンなんである。いいキャラだわー。
(2)子どもを産む・産まない、といったカラミの話が、ワタシが読んだ5作中3作も。何かこだわりがあるのかしらー。
(3)女性刑事が福山雅治のCDを聴く場面があるのには、笑った。

c0155474_2313513.jpg


by sustena | 2009-01-31 23:06 | 読んだ本のこと | Comments(3)
2009年 01月 31日

森永純写真展『瞬~揺』

西新宿のepSITEで「瞬~揺」と題した森永純さんの写真展をやっている。
森永さんは1937年長崎生まれ。ユージン・スミスの助手を務めたこともあるという。
案内状は、くらい波間がわずかに泡立ったモノクロの写真で、なんだかざっざわっとココロが揺れる気がして、針術のクライアントでの打ち合わせの帰りに見てきた。
c0155474_22273496.jpg

「河」、「波」、「水滴の風景」の3部で構成されている。

「河」はドブ河らしいのだが、大きく引きのばされた写真は、鼻をつく臭いは感じられず、光を受けて、ビミョーにゆらめくのみ。

ゆく川の流れは絶えずして、しかも元の水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて・・・、なんてフレーズを思い浮かべながら眺めていると、水面しか写っていないのに、いろんな風景が思い浮かぶ。

「波」では、さらに光は細かさをまし、揺れる波に、なんだかだんだん現実感がなくなってくるような感じを覚える。「海の波は夢に似ている」というような意味のことを森永さんは、書いていた。「リアリティと幻影が交錯」し、「宇宙感覚」にも似た浮遊感を覚えるのだ。

「水滴の風景」では、空と地面の間にガラス板を起き、その下にカメラを設置し、ガラスの上に落ちた空いてきた水滴とともに空を撮ったら、「空に水滴が張りついた画面」になった、と記す。

この写真展では、まったくありふれた水の風景が広がっているだけなのに、禅寺の庭にも似て、なぜか哲学的なのだった。

昨日は雨。お台場に行く途中、ゆりかもめの窓から外をパチリ。
c0155474_22365970.jpg


by sustena | 2009-01-31 22:37 | Art/Museum | Comments(2)
2009年 01月 31日

アーツ&クラフツ展ポスター

いま上野の東京都美術館でやっているARTS&CRAFTS展のポスター。
「いちご泥棒と暮らしたい」
なんて、えっ?と思うコピーが並んでる。この漆の赤に見とれてしまった。たしかに出かけたら、ほしくなりそう。
c0155474_2204227.jpg


by sustena | 2009-01-31 22:01 | 看板・サイン・ポスター | Comments(5)
2009年 01月 31日

ベンツ

銀座にあるヤナセのショールーム。幼児用のホビーカーにもマークが。
c0155474_1142222.jpg


by sustena | 2009-01-31 11:42 | つれづれ | Comments(1)
2009年 01月 31日

よいしょ

汗をかいて、力一杯チェーンをひっぱってる。ちょっと近すぎたわー。
c0155474_11392213.jpg

新橋の赤レンガ通り。

by sustena | 2009-01-31 11:39 | つれづれ | Comments(3)