いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 08月 15日

八月納涼大歌舞伎 第一部

歌舞伎座8月は納涼大歌舞伎。肩の凝らない演目を並べて、気軽に歌舞伎に親しんでもらおうという感じの月であります。お目当ては第三部の野田歌舞伎なのでけど、一部の「らくだ」にも興味があったので出かけた。

女暫は福助が巴御前。なかなかドスのきいた発声でありました。八方のやり方を舞台番の勘三郎に教わる場面、北島が2冠を達成したのを観ないで芝居見物にやってきたお客さま・・・なんてアドリブが入って、客席が湧いてました。
三人連獅子の国生は橋之助の息子とか。まだへたっぴーだけど、最後3人揃って、獅子の長い毛をぐるんぐるん回すシーンはよかった。扇雀が母獅子の思いが出ていてマル。
なんたって楽しかったのは「らくだ」。三津五郎はホントにうまい。死人役の亀蔵さん、お疲れさま、女房役の彌十郎は、その存在だけでウケていました。勘三郎が酔っぱーになるところは、このひとにしてはおとなしかったな。
c0155474_14465066.jpg


一、女暫
             巴御前  福 助
          手塚太郎光盛  三津五郎
            轟坊震斎  勘太郎
     女鯰若菜実は樋口妹若菜  七之助
            木曽次郎  松 也
           木曽駒若丸  巳之助
             紅梅姫  新 悟
            猪俣平六  亀 蔵
            成田五郎  市 蔵
          清水冠者義高  高麗蔵
           蒲冠者範頼  彌十郎
             舞台番  勘三郎


二、三人連獅子
             親獅子  橋之助
             子獅子  国 生
             母獅子  扇 雀


三、らくだ
           紙屑買久六  勘三郎
         家主女房おいく  彌十郎
          駱駝の馬太郎  亀 蔵
          半次妹おやす  松 也
           家主左兵衛  市 蔵
           手斧目半次  三津五郎

by sustena | 2008-08-15 14:46 | Theatre/Cinema | Comments(0)


<< 五山送り火      光のかげん >>