いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 04月 20日

「太陽の塔」の中に入ったよ

1泊2日で大阪へ、取材がお昼で終わったので、前から見てみたいと思っていた万博公園の太陽の塔の内部を見てきた。

1970年の大阪万博は、家族で行ったことがあるのだが、やたら暑くて、前に並んでいたおじさんが、人類の進歩と調和じゃなくて辛抱と長蛇だといったことに、うまいこと言うなぁと感心したことしか覚えていない。アメリカ館の月の意志を見たかどうかも記憶にない。もっとも、太陽の塔のインパクトだけは別で、なんだか、全然異質なものがそびえていたことだけは鮮烈だった。

その後、阪大に取材に行く途中、モノレールから太陽の塔が見えるたび、あの暑かったことだけを思い出していたのだが、去年3月に一般公開されることになって、機会があったら見てみたいものだと思っていたのだった。

前回の大阪出張では全然予約が取れなかったのだけど、ようやくすいてきて、今回のご対面となったのであります。
c0155474_11195550.jpg
c0155474_11200578.jpg
裏側にある黒い太陽
c0155474_11201522.jpg
受付を終えて、根元の開口部から見上げたところ
c0155474_11202587.jpg
スケッチが何枚かあった
c0155474_11203425.jpg
c0155474_11205193.jpg
c0155474_11210044.jpg
テーマ館の地下展示にあった地底の太陽。行方不明のため、図面から復元したんだって。
黄金の太陽は。この3倍強の大きさ。色は赤や黄、緑などに「かわっていき、バックに映像が流れてた。
c0155474_11210961.jpg
生命の樹が上にのびている。生命の進化の歴史をたどっていく
c0155474_11211758.jpg
この後ろの階段を上っていく。最上部には、霊長類がいたよ。写真撮影は1階部分のみOK
c0155474_11212795.jpg
見学時間は30分弱。岡本太郎は、ひたすらパワフルなのだった。


by sustena | 2019-04-20 11:30 | | Comments(2)
Commented by iwamoto at 2019-04-22 05:50 x
原始的というのか原初的というのか、このようなものを作る人は、絶えず存在して欲しいですね。
万博は行ってないので、何やら遠くに感じられます。
Commented by sustena at 2019-04-22 16:34
いかにも岡本太郎で、若い人たちも大勢見入ってました。東京オリンピックはその後も何度も映像が流れたので、記憶が更新されてるけれど、万博は暑くて疲れた思い出だけ。まぁ、そんなものですね。


<< 国立民族学博物館が楽しい!      「荒木悠展 : LE SOUV... >>