いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 06月 11日

展覧会のハシゴ

大阪では展覧会をハシゴ。

まず、取材前に、ホテルモントレグラスミア大阪 22階にある山王美術館で開催されている「没後50年 藤田嗣治展」へ。同館の28点のコレクションで藤田の歩みをたどったもので、《家馬車の前のジプシー娘》や《自画像》など、藤田スタイルの絵のほか、初期の、カラフルなモジリアニみたいな《聖児キリスト礼拝》初めて見たなー。
すごく落ち着いた美術館だった。

翌日は、まずはあべのハルカスで開催中の「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信」。

c0155474_09115952.jpg
春信展は、600点以上の春信作品を持つボストン美術館のコレクションのうち、ビゲロー・コレクションからチョイスされた作品が並ぶ。春信のエピゴーネンの作品も含めて150点

春信の絵は幸福感にあふれている。とくに「江戸の恋人たち」と「日常を愛おしむ」とくくられたコーナーがすてき。Chapter 1で絵ごよみのどこに大の月と小の月の数字が隠されているかを真剣にチェックしていると、そこにたどり着くまでに疲れちゃうから注意♪
プロローグ 春信を育んだ時代と初期の作品
Chapter 1 絵暦交換会の流行と錦絵の誕生
Chapter 2 絵を読む楽しみ
Chapter 3 江戸の恋人たち
Chapter 4 日常を愛おしむ
Chapter 5 江戸の今を描く
エピローグ 春信を慕う Harunobu's Legacy

あべのハルカス近くの大阪市立美術館では、「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」(6月10日まで)。
c0155474_09113077.jpg
「鳥羽絵」を出発点に、その流れを組む江戸時代の戯画を紹介したもの。とくに歌川国芳の《金魚づくし》シリーズや《猫の当字》《化物忠臣蔵》《狸の小金玉》耳鳥斎の《地獄図巻》、河鍋暁斎の《風流蛙大合戦之図》が傑作!


by sustena | 2018-06-11 09:12 | Art/Museum | Comments(1)
Commented by Cakeater at 2018-06-12 18:24 x
ウーム、タフだなあ。
学生のころでも、美術館博物館のハシゴはしなかったなあ。まあ、東京だから、焦って回る必要もなかったせいかな。旅先で、美術館てのもあんまりやらないかな。スーパーと本屋とケーキ屋と酒屋と動物園・水族館は必ず回るけど。haha


     タコ三昧 >>