いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 05月 03日

小田野直武「不忍池図 」を見る----#秋田7

秋田への旅の〆は、横手市の秋田県立近代美術館のこの4月のリニューアルオープンを記念してのコレクション展。「うけつがれてゆくもの~秋田県立近代美術館所蔵・名作セレクション~」。同館が所蔵する約2700点の中から、代表作41点が、第一期展として、6階の展示室に並んでいた。(うれしいことに無料である!)
c0155474_16044154.jpg
今回のお目当ては、秋田蘭画の名品、小田野直武の「不忍池図 」。ちょうど、角館の青柳家の解体新書記念館で、小田野直武の生涯について親しんだあとだったので、いっそう興味がわく。
c0155474_16072027.jpg
画面手前の花にはアリが3匹描かれているんだよ。手前ははっきり、背景はおぼろな感じも遠近感がよく出ていて、ふむ、西洋画の絵画表現を学び始めて間もない人とは思えないよね。これは青柳家にあった小田野直武像。
c0155474_16060867.jpg
小川芋銭の「草汁翁作海坊主」がめちゃユーモラス。
c0155474_16055201.jpg
下村観山の「三保富士」、横山大観の「雲中富士」もあった。
c0155474_16060377.jpg
c0155474_16055807.jpg
というわけで2泊3日の旅はおしまい。このあと空港から飛行機で帰宅。


by sustena | 2018-05-03 16:15 | Art/Museum | Comments(2)
Commented by Cakeater at 2018-05-03 22:59 x
解体新書は現物を本郷の図書館でアルバイトした時に見せてもらった。貴重図書所蔵庫は、電線の配線がまったくないから、工事用ランプみたいなのを引きずって入った。同じ経験を東京駅の地下構造物巡回の時にしたんだけどね。
図書館の方は、DDTの匂いがまだふんぷんとしてたけど、あの粉、あれから46年たったけど、まだ健在かなあ。
Commented by sustena at 2018-05-05 15:34
小田野直武が模写した解体新書の絵、表紙の絵などはそのままではなくて、手で秘所を隠しているんですってね、知らなかったー


<< 『目に見えないもの-星の王子さ...      人形道祖神----#秋田6 >>