いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 04月 16日

エルンスト・ルビッチ『生きるべきか死ぬべきか』

c0155474_16532166.jpg銀座のメゾン・エルメスで、エルンスト・ルビッチ監督の『生きるべきか死ぬべきか』(原題 To Be or Not to Be 1942年/アメリカ/99分/モノクロ)を見る。

第二次世界大戦直前の1939年、ワルシャワ。俳優のヨーゼフとマリアのトゥーラ夫妻は、「ハムレット」で主役を演じる看板役者。マリアの楽屋に、連日花が届く。前列2列目に座って、熱いまなざしでマリアを見つめる空軍中尉・ソビンスキーからの花だった。ぜひ一度会いたいというメッセージをよこした中尉に、マリアは「To Be or Not to Be」のセリフを合図に楽屋に来るように伝言。ハンサムな中尉に、マリアは逢瀬を重ねる。
そしてついにナチがワルシャワ侵攻。トゥーラ夫妻も地下組織の一員として、ナチへの抵抗を続けることに。一方、中尉は、イギリスでドイツへの反撃の準備を進めていた。そんななかシレツキー教授がワルシャワに赴く密命を帯びていることを知った中尉は、教授の態度にナチのスパイではないかと疑う。ゲシュタポにワルシャワの地下組織のリストが渡ってはたまらない。このピンチから逃れるために、役者たちは大芝居を打つ・・・

と、あらすじを書いていっても、この映画のおもしろさは到底伝わりそうにない。
とにかく、ナチやヒトラーをめいっぱいおちょくっているとともに、男女の三角関係、ハムレットやユダヤ人のシャイロックのセリフが絶妙にブレンドされていて、最高におもしろかった。

こんな映画を第二次大戦まっただ中に作るなんて、エルンスト・ルビッチ、すごいなぁ。ルビッチは、1892年ベルリン生まれ。典型的なユダヤ人の風貌から劇団のコメディアンとなり、その後映画監督として成功を収める。1922年に渡米。1935年には、ナチによってドイツ市民権を剥奪されたひと。コメディは得意中なんだって。。
c0155474_16510039.jpg
c0155474_16514521.jpg
監督:エルンスト・ルビッチ
脚本:エドウィン・ジャスタス・メイヤー
撮影:ルドルフ・マテ
音楽:ウェルナー・R・ハイマン
出演:
キャロル・ロンバード:マリア・トゥーラ
ジャック・ベニー:ヨーゼフ・トゥーラ
ロバート・スタック:ソビンスキー中尉
ライオネル・アトウィル:ラウィッチ
フェリックス・ブレサート:グリーンバーグ
シグ・ルーマン:エアハルト大佐
トム・デューガン:ブロンスキー
スタンリー・リッジス:アレクサンダー・シレツキー教授



by sustena | 2018-04-16 16:53 | Theatre/Cinema | Comments(0)


<< きんらん・ぎんらん      座喜味城跡など---#2018沖縄7 >>