いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 08月 16日

奈良美智 for better or worse

先月、どうしても行きたくなって、ふらっと新幹線に乗って名古屋の豊田市美術館へ。
開催中の奈良美智展を見るためである。奈良さんの展覧会は、以前原美術館で開催されていたのを見たことがあるきりで、最近の作品も多いというので出向いたのだった。

豊田市は、10年ぐらい前にトヨタの森を訪れて以来。うっかり名古屋と豊田市間の時間を深く考えずに帰りの切符をとってしまったので、滞在時間は3時間ぐらいしかない。絵を見るのに1時間半はかかるだろうから、お昼にさしかかっていたけれど、そのまま美術館にいくことにした。

豊田市美術館は駅から徒歩15分。地図で見たら比較的単純なコース。しかも、改札口を出たあとは、道路にもこんなふうに美術館への案内サインがわかりやすく、迷うことはなかった。
c0155474_11344873.jpg
c0155474_11354137.jpg
美術館へは坂を上っていく。
c0155474_11354944.jpg
まちなかを見下ろすとこんな感じ。
c0155474_11355624.jpg
この美術館の設計は谷口吉生。2階部分には広い人口池が広がっている。
c0155474_11360917.jpg
c0155474_11370504.jpg
入口近くにジョセフ・コース」の哲学者や思想家225名の名前が並んだ壁と、ジェニーホルツァーのLEDの電光掲示板のインスタレーションがあった。
c0155474_11372050.jpg
こちらはレストラン横の鏡を生かした作品
c0155474_11371364.jpg
さて、奈良さんの展覧会は1987年から2017年まで、100点が、各展示室にゆったりと配置されている。
最初の部屋には、作家の感性をはぐくんだ童話や壁一面のレコード。私が持っていたものも何点かあって、おお~と思いながら眺めた。

初期の《The Girl with the Knife in Her Hand》や《Harmless Kitty》や、奈良さんというとみんなが思い受かべるこちらをじっと見つめる女の子の絵と向かいあうと、決して天真爛漫ばかりではなかった、小さいころのチクチク、ヒリヒリした気持ちがじわーんとわいてきて心が痛む。

それが最近の《Midnight surprise》や《Midnight Truth》などの作品の少女からは、浄化された神々しい気配が漂う。宇宙に願いや想いを届けてくれそう。
c0155474_11364548.jpg
常設のコレクションはシーレやクリムト、ヨーゼフ・ヴォイスやフランシス・ベーコンなど、好きな作品もいろいろ。

ホントはもっとゆったりしたかったなーと思いながら、昼を食べ損ねたので、帰りの新幹線はビールと味噌串カツ。また行きたいなー
c0155474_11372740.jpg



by sustena | 2017-08-16 11:45 | Art/Museum | Comments(2)
Commented by Cakeater at 2017-08-16 22:20 x
ガーン、てっきりタマビかムサビ出の女子かと思ってたら男だったんだ。目を吊り上げてタバコ加えてる女の子はひょっとすると男の子か・・・
Commented by sustena at 2017-08-17 11:36
ムサビを中退して、愛知県立芸術大学に行って大学もここだったんですよね。だから今回の展覧会は、卒業制作の延長のようなものという意味のことが書いてありました。


<< 東京藝術大学創立130周年記念...      ヒトの恋路を・・・ >>