いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 12月 29日

仙台まち歩き

取材は午後からだったので、午前中にぶらついたのが、地下鉄五橋駅からすぐの荒町-南鍛冶町付近。
「政宗公が晩年に暮らした若林城の城下町としてつくられ、かつては奥州街道が通っていたこともあり、酒屋や味噌屋、箪笥屋などが軒を連ねる下町情緒いっぱいのまち」とあったので楽しみにしていたのだが、休みも多くて、なんだかガランとした印象だった・・・・。

「女にふたする」って、いったい・・・?
c0155474_1704826.jpg

毘沙門天を過ぎ、とことこ歩く。
c0155474_1705341.jpg

レンタルスペースの向こうは箪笥伝承館。
c0155474_1705996.jpg

かつての奥州街道が急カーブで南に折れた角にある三宝荒神社。鍛冶職人たちが崇敬した火の神様をまつってるんだって。
c0155474_171685.jpg
c0155474_1711276.jpg
c0155474_1711962.jpg

歩き回っておなかがすいたので、お昼は、五橋駅近くの居酒屋周平のエビ油そば。
c0155474_1712631.jpg

取材後に定禅寺通りまで歩く途中にあった魚屋で、身欠きニシンを一箱買う。干しハゼがあったのだが、値段に絶句。高いんだな・・・・。
c0155474_1713262.jpg


by sustena | 2015-12-29 17:01 | | Comments(3)
Commented by Cakeater at 2015-12-30 02:26 x
raspberry pi で最初の書き込みをと思ったら、画像認証で4度もはねられてあきらめました。
というので、Acerの方からです。haha
仙台もこのあたり、高校への通学路で自転車で走ってたはずなんですが、あんまり記憶も思い出もないみたいです。三宝荒神神社は記憶の底で、んんんあったような・・・・って感じがします。
一応、raspbian ラズビアンの設定はおわったんですが、この玩具、Linuxの経験がないと、相当苦労しそうです。もっとも、全くWindowsやMacの知識がなければ、本来のコンピュータ操作なんであっさりとクリアするかもしれません。
Commented by esiko1837 at 2015-12-30 09:47
仙台は数え切れないくらい行ってますが、このあたりは歩いたことがありません。
人がいなくて寂しい感じですね。
繁華街はたくさんいるのに、閑散とした雰囲気が溢れている気が。
干しハゼは、宮城県ではお雑煮のダシにすると聞きました。
ので、高価なのでしょうね。
Commented by sustena at 2015-12-31 00:57
はい。めちゃくちゃ寂しかったです。おいしそうな店は2軒ぐらいあったんだけど、定休日だったし。
干しハゼは、テレビで紹介されていたので、試しに買ってみたかったんですが、3800円ぐらいしたんです! でも、帰ってからネットショップを見たらやはり同じぐらいの値段でした。ここで買った身欠きニシンは、肉厚でマル。帰りの新幹線で魚臭かったのが、ちょっと難。


<< 母たちの忘年会      家庭料理 >>