いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 12月 27日

家庭料理

仙台出張の前日は天皇誕生日だったので、仙台に住む息子にドライブに連れていってもらい、ついでにクリスマスのおいしいディナーでもおごってもらおう!と考えていたら、昼メシはおごるから、夜は何か作ってほしいという。外食つづきだから家庭料理が食べたいらしい。

仕方がないので、ちょうど作りおきしておいたばかりのダシ汁をペットボトルに入れ、それとスダチ2個、お歳暮にいただいたカモのスモークのハムを持って行く。冷蔵庫の中を見ると、納豆とちりめん、ぽん酢。その他の調味料関係は、塩コショーと濃口醤油、みりん、沖縄の黒糖、サラダ油とゴマ油があるだけ。

11時頃に仙台に着き、菅野美術館と塩竈神社、宮城県図書館を見たあと、一緒にスーパーに行き、ベビーリーフとサラダ菜、レタス、トマト、スナップえんどう、ほうれん草、カボチャ、しいたけに舞茸、三角揚げ、豚ロース塊とニンニク、柿なふぉをゲットして、豚ステーキと鴨サラダ、きのこと油揚の煮物、カボチャ煮、ほうれん草のお浸しなどをつくる。
もらった柚子が7個あるのでジャムも作ってくれというので、夕食後に柚子マーマレードづくり。生まれて初めてつくったけぢ、めちゃ美味しくできたなー。

食器など一人分しか持たせなかったので往生したけど、そこそこ立派なディナーになったのでありました。スダチをかけるだけでもドレッシング代わりになるんだねーと、山盛りの野菜を、あっという間に平らげたのでありました。

塩竃にある菅野美術館は阿部仁史の設計。彫刻を9点常設展示するだけの小さい美術館だが、とてもおもしろい建築で、塩釜港を見下ろす高台にあった。内部の撮影がNGだったので、外観のみ。
c0155474_17422838.jpg

c0155474_16555683.jpg

猫ちゃんの位置からだとカッコよく撮れそうなのに。
c0155474_16562448.jpg

すし哲で特上にぎりをおごってもらった。
c0155474_16563831.jpg

塩竈神社
c0155474_1657056.jpg

高校生が階段を駆け上がってはきちんと挨拶してくれた。
c0155474_16571212.jpg

宮城県図書館は原広司。京都駅と東大の生産技術研究所を足して2で割ったような建物。
c0155474_16572475.jpg

c0155474_16573569.jpg

c0155474_16574743.jpg

c0155474_1658246.jpg

c0155474_16581477.jpg

ヘビも熊も出る。。。。。
c0155474_16582892.jpg

c0155474_16584342.jpg
r

by sustena | 2015-12-27 08:22 | | Comments(6)
Commented by iwamoto at 2015-12-27 18:15 x
塩竈料理という手もありましたよね。
面白い美術館ですね、知りませんでした。
Commented by Cakeater at 2015-12-27 23:02 x
なかなか母の手料理離れしない坊主ですねえ。haha
塩釜神社の石段といったら、一登りすると医師団が必要になるくらいの恐ろしいものでしたね。小学校の遠足で段数を数えながら登ってガタガタになった、数年後、ボーイスカウトのキャンプの時の羽黒山は、その10倍の段数でもういくつ数えたのかもわかんなくなるほど・・・・でも、大学一年のときの伊豆のだるま峠越えフルマラソンは、もっとタフでした。7キロの登りの後の11.5キロの下り、そのあとは、いつ終わるとも知れぬ、海岸カーブの連続、大西巨人と三島由紀夫の論争を思い出しながらゴールへたどり着いた・・・・いかぬ、また、老人の思い出話になってしまった。
Commented by sustena at 2015-12-29 21:59
iwamotoさん、塩竃料理はめんどくさすぎー。
美術館はおすすめです。ナビなしではたどりつけないところでした。細い道をジグザグにいくんです。でも仙台駅から30分ほどなので、ぜひどうぞ。
Commented by sustena at 2015-12-29 22:02
神社の石段をかけあがってくる子は野球部だったんですけど、ほかにもここを登るクラブがあるかと聞いたら、たまに柔道部が登ってるそうです。
Cakeaterさん、フルマラソンを走ったなんてすごい! うちの息子はいま10kgの防弾チョッキみたいな重りのベストをつけて走ってるそうです。誰に似たんだか。
Commented by esiko1837 at 2015-12-30 09:44
すし哲!!しばらく行ってません。
もうちょっと若いときは、わざわざでも行ったのに、今は気仙沼さえも遠くになりにけりです。
なんでこんなに腰が重くなったんでしょう・・・。
息子さん、お母さんの料理がやはり恋しいんですね。
これぞサステナさんが息子さんに長い間心をこめてやってきた食育の成果ですね。
羨ましいです!
Commented by sustena at 2015-12-31 00:53
母は恋人気分を味わいたかったのに、トホホでした。ところで、ペットボトルに入れてだし汁を持って行ったと知人に話したら、「ダシって水なの?」って質問されて、ビックリしてしまいました。別に若いコじゃなかったんだけど・・・・。


<< 仙台まち歩き      仙台光のページェント >>