いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 02月 20日

春節

中国の春節で、銀座がにぎわっている。今年は2月18日(水曜)から2月24日までなんだそうだ。

日本政府観光局(JNTO)によると、円安の影響もあって昨年の訪日外国人観光客は前年比約30%増の延べ1341万4000人でこのうち中国からの観光客は、延べ241万人。そして中国人観光客が昨年日本で消費した額は前年比の2倍を超す約5600億円に上ったんだって。なんでも1人当たり23万円を超えるという数字とか。
(ついでに言うと、一人当たりのお土産の額は14万円で、これまた韓国の観光客の2万円を大きく上回るという)

このため百貨店なども大歓迎のお客さま。たとえば10月以降の銀座の三越の免税品の売上は、なんと前年動機の3倍で、店の売上の十数%になるという。

というわけで、もっと来てよ!と日本橋高島屋の中国語の広告が、丸ノ内線の銀座駅下車すぐの地下の看板にでーんとあった。
c0155474_22161388.jpg


by sustena | 2015-02-20 22:18 | 看板・サイン・ポスター | Comments(2)
Commented by esiko1837 at 2015-02-21 09:03
おはようございます。
春節のお休みで中国の観光客が日本に大挙して観光に来るので、その対応に大忙しのデパートの様子等をテレビで見ました。
そのデパートというのがなんと超老舗の三越でした。
見てから買うのでは効率が悪いと、ネットでの予約を始めたのだそうです。
とんでもない金額の買い物を競争のようにしていくようで、インタビューに答えた中国の方は、「買い物は戦場だ」と言ってました。
Commented by sustena at 2015-02-22 22:40
esikoさん、そのNHKの番組は私もみました。日本ばかりでなく、香港にもフランスにも大勢が旅行していて、旺盛な消費力はたしかにすごい。もっとも中国文化を研究している某教授に取材したとき、かつての日本だって農協のパックツアーで土産を買いまくっていたのと同じという意見で、それも一理はあります。最近ベトナムを旅行した知人は、日本人とみて「ビンボープライス」と呼びかけられた、あまりお金を持っていないことを見抜かれている、とつぶやいてました。


<< ネーミング      銀座NAGANOでのイベント >>