いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 03月 30日

LIFE

c0155474_21323669.jpg桜が咲き始めたころに見たのが、「LIFE」という映画(2013年 アメリカ、114分 原題 LIFE)。

雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、平々凡々な人生を送る独身男。空想癖があり壮大な妄想をめぐらすが、現実はというと、同僚に声をかけることもできず、ネットの婚活サイトに登録している。

伝統の写真誌「LIFE」だが、経営危機に瀕し、ネットに移行するとともに、リストラを進めることになった。最終号の表紙を飾るのは、世界各地を冒険し、傑作をものしてきた写真家、ショーン・オコンネルの一枚。しかしミティに届いたオコンネルからの手紙には、そのネガが入っていなかった。
ネガの行方を探そうとオコンネルに会うべく、ミティは、グリーンランド、アイスランド、ヒマラヤへと旅を続ける。ヒマラヤで雪豹を追うオコンネルと会うが・・・・。

この映画のよかった点は、なんといっても配役。伝説の写真家のショーン・ペン、主人公の母親のシャーリー・マクレーン、パイロットや婚活サイトの管理人もいい味。
また、ミティが旅する土地がどこもフォトジェニック! 妄想シーンも楽しい。(パロディが笑える~)

行方不明のネガは、最初からそこだろうと思う場所で、まぁそれをいっちゃあ映画が成り立たないから仕方ないけどね。

で、映画での最終号の表紙はどうだったかは、映画を観てのお楽しみ。

実際の最終号の表紙は・・とネットで調べたら、ちょっとガッカリしたことを付け加えておきます~

音楽
セオドア・シャピロ

ベン・スティラー(ウォルター・ミティ)
クリステン・ウィグ(シェリル・メルホフ)
アダム・スコット(テッド・ヘンドリックス)
キャスリン・ハーン(オデッサ・ミティ)
シャーリー・マクレーン(エドナ・ミティ)
ショーン・ペン(ショーン・オコンネル)
パットン・オズワルト(トッド)
アドリアン・マルティネス(ヘルナンド)
c0155474_23124943.jpg


by sustena | 2014-03-30 22:50 | Theatre/Cinema | Comments(0)


<< 上海我爱你#7──上海博物館にて      上海我爱你#6──雨の外灘 >>