いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 03月 30日

モノの優雅さ

銀座は、おしゃれなブティックだのスーパーブランドだのがいっぱいで、ウィンドウを眺めていて飽きることがない。カラフルなものも多いのだけれど、黒と白だけで、きわめて優雅な装いもある。
ことにシャネルのものは、そう。以前やっていた「アリユール」という写真展でも、その静謐で上質なセンスにひたすらタメ息。この春も、モノトーンのすてきなショーウィンドウがいくつもあった。

ところが、そんなところを写真に撮ろうとしても、いや、光ること光ること!ガラスにペタッとレンズを押し当てて・・・というふうにはいかない。なにしろ、マネキンが近すぎて、それじゃあ足先しか撮れやしない。

曇りの日だったらなんとかなるかな?と思っているうちに展示替えになってしまうのがいつものパターン。

c0155474_2291850.jpg

c0155474_2317359.jpg

c0155474_2293157.jpg

c0155474_2295056.jpg


by sustena | 2009-03-30 22:11 | カメラ・レンズ・写真レッスン | Comments(5)
Commented by nuts-co at 2009-03-30 23:36 x
ああ、なんて優美な。モノクロが優美さをひきたてますね。それにしてもどれも私に似合いそうもない。悲しいです。
Commented by Lucian at 2009-03-31 15:41 x
Great job!!
These are photo-blogger Sustena's masterpiece.
I was enchanted by the extremely beautiful monotoon.
お見事です。
Commented by sustena at 2009-03-31 21:41
一番したの写真はピンクの洋服でした。ストッキングの編み目もきれいだったんだけど、なんだかモワレってるみたいね。洋服も。
Lucianさん、おほめいただいて、涙が出るほどうれしいけれど、マネキンのスタイリングをしている人がいいだけです・・・。
Commented by higphotos at 2009-04-02 11:41
ウインドウ越しっていうのも良いですよ。
微妙な映りこみで緊張感がでます。

しかし、銀座でモノ。。。似合いすぎ。羨ましいです。
Commented by sustena at 2009-04-03 00:08
一番下、このストッキングが気に入ったんです。これはモノじゃなきゃって被写体にたまに出会います。こんなときは、すぐモノトーンにできるよう、マイセッティングに登録してます。


<< 多重露光?      空を想う >>