いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 01月 31日

東野圭吾『聖女の救済』

c0155474_23111360.jpgムスコから東野圭吾の『聖女の救済』(文藝春秋 2008年10月刊)を借りてイッキ読み。 探偵ガリレオこと湯川の登場するシリーズ。

離婚を切り出されたパッチワーク作家の妻は、知人を招いてのパーティの翌日、旅に出る。 夫は妻の弟子と関係を持っているのだが、ケータイ電話に出ないことを不思議に思って弟子がかけつけると、すでに死んでいた。亜砒酸で毒殺されたのだ。
妻には鉄壁のアリバイがある。そんな彼女に草薙刑事は、惹かれていく。女性刑事・内海薫は湯川にアドバイスを求めるが・・・。

今回は冒頭から犯人が読者にもわかっている。でも、いったいどんな手口で毒殺したのか? 完全犯罪に思えるが、どこから解決の糸口が見つかるか湯川と一緒にあれこれ思い悩むことになる。

これが伏線だな,と思う箇所はあるものの、いやはや、びっくり~。

(1)私は湯川よりも草薙刑事のファンなんである。いいキャラだわー。
(2)子どもを産む・産まない、といったカラミの話が、ワタシが読んだ5作中3作も。何かこだわりがあるのかしらー。
(3)女性刑事が福山雅治のCDを聴く場面があるのには、笑った。

c0155474_2313513.jpg


by sustena | 2009-01-31 23:06 | 読んだ本のこと | Comments(3)
Commented by Elizabeth at 2009-02-01 05:10 x
私も、息子がらみで、読みましたが、トリックは抜群なんだけど、動機がなんともいえずなあ?と、深夜、頭ひねりました。女が、離婚前提に、結婚するだろうか?それとも、自分に絶対的自信を、持っているとしたら、
聖女どころか、いやみな女に、成り下がるのではと?つまり、東野圭吾は、女の気持ちのわりきれなさを、理解できていないのでは?だから、こだわりが見え隠れするような気が、するけれど。浅草歌舞伎は、夜の部
行ってきましたよ。勘太郎の、駒形茂兵衛が、みたかったの。なーんて、
うまくなったんでしょう、おとうさんより風格あります。亀様のお蔦も、あだっぽくて粋で、ほんとに、初浅草で至福の瞬間、ありがたかったです。
何だか、役者の好みが、sustenaさんに、似通ってきたような?
Commented at 2009-02-01 05:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sustena at 2009-02-01 14:34
去年の5月に吉右衛門の茂兵衛を見た、その記憶がいまだ鮮明だったので、勘太郎の駒形茂兵衛が想像できずに、昼の部にしちゃいました。あーあ、両方観たかったな・・・。こんど、ご一緒しましょうね。
東野圭吾は、ドラマ化/映画化するときは、誰に何をやらせると好みかなー、なんて感じで読んでます。


<< こおり餅      森永純写真展『瞬~揺』 >>