いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:顔 ( 114 ) タグの人気記事


2013年 09月 09日

『漫画家たちの戦争』

c0155474_21555667.jpg先ごろ『はだしのゲン』の子供たちへの閲覧制限の問題が話題になったが、金の星社が戦争を知らない子供たちに戦争の悲惨さや戦争の正体を伝えたいと、2013年2月と3月に『漫画家たちの戦争』(全6巻)を発刊していることを知ってさっそく読んでみた。

作品を寄せているのは、手塚治虫、ちばてつや、石ノ森章太郎、赤塚不二夫、水木しげるなどの巨匠から、「こち亀」の秋本治、山上たつひこ、また、樹村みのり、今日マチ子などの女性漫画家、意外なところでは、「シティハンター」の北条司や「島耕作」の弘兼憲史まで多彩な顔ぶれ。

監修は中野晴行さんで、全6刊のラインナップは
1『原爆といのち』
2『子どもたちの戦争』
3『戦争の傷あと』
4『戦場の現実と正体』
5『未来の戦争』
6『漫画家たちの戦争 別巻資料』 解説や年表
1~5巻は1冊税込みで3360円、6巻は2100円。ちょっと高いけど、図書館の購入を前提にしてるんだよね、きっと。

収録作品ごとに初出誌の情報と読書の手引きがつけられ(この解説がなかなか行き届いている)、巻末には用語解説も。

まだ3冊した読んでいないのだが、その中でことに『戦場の現実と正体』は、正義とはなにか、命令に従うことが果たして正しいのかなど、極限状況における人間を考えさせられ、印象に残った。

『戦場の現実と正体』 の収録作品をのっけておく。

水木しげる『白い旗』
手塚治虫『大将軍 森へ行く』
楳図かずお『死者の行進』
古谷三敏『寄席芸人伝 噺家戦記 柳亭円治』(脚本協力・あべ善太)
松本零士『戦場交響曲』
比嘉慂『母について』
白土三平『戦争 その恐怖の記録』
秋本治『5人の軍隊』
c0155474_21582041.jpg


by sustena | 2013-09-09 21:58 | 読んだ本のこと | Comments(2)
2013年 09月 07日

九月花形歌舞伎『陰陽師』

c0155474_16514216.jpg歌舞伎座で九月花形歌舞伎を見た。新開場記念の新作歌舞伎「陰陽師」である。発売当日チケットをとろうとしたけど、ろくな席しか残っていなくて(発売即完売の人気ぶりだった)、毀誉褒貶の激しい新作だからいいやーとあきらめてたのだが、関係者用に確保してあった席が放出されたのか、意外や先日、前から4列目のセンター席がポコッと空いてたのを見つけてゲットしたのである。

ご存知、夢枕貘の原作である。(ワタシは岡野玲子のマンガが好き)

魑魅魍魎が跋扈する平安の都が舞台。ある夜、陰陽師の安倍晴明は、源博雅とともに百鬼夜行に遇い、その中にいた美しい姫に目が釘付けになる。それは、20年前に討伐された平将門の娘、滝夜叉姫だった。晴明が博雅やかつて将門を討った俵藤太とともに、都に起こる怪事件のナゾを探っていくうち、大きな陰謀に気付く。なんと将門の遺灰を盗み出し、朝廷の転覆を企む者がいたのだ・・・。

透明でカゲのある貴公子然とした晴明と、ちょっとトッポイけど明るくて性格のいい博雅、ひたすら美しくて純な心を持った滝夜叉姫、アゲハと一緒に登場するネクラの蘆屋道満・・と、登場人物の性格付けはめちゃシンプルでマンガ的、闇夜に登場する魑魅魍魎や平将門の首や、死者を食らうところなどちょっとエグくて、いかにも劇画的なんだけど、歌舞伎的な仕掛けがいっぱいあって、時系列でたんたんと話が進むのではなくて、20年前にさかのぼると・・・と時間の遡行もあったりして、存外楽しめた。

何より、各キャラがぴったりで楽しかった。海老蔵は声がこもるのがちょっと聞きにくかったけど。團蔵が気品のあるいい役だったのはちょっとびっくり。今回も福太郎が、滝夜叉姫の幼い頃で登場。いい子役だよねぇ。

新開場記念 新作歌舞伎「新作 陰陽師──滝夜叉姫」

  第一幕 都大路
      「晴明、百鬼夜行に遇いしこと」より
  第三幕 貴船山中
      「将門復活。最後の戦いと大団円」まで
  
安倍晴明・・・・・・染五郎
平将門・・・・・・海老蔵
興世王・・・・・・愛之助
桔梗の前・・・・・・七之助
賀茂保憲・・・・・・亀三郎
平維時・・・・・・亀 寿
大蛇の精・・・・・・新 悟
蘆屋道満・・・・・・亀 蔵
平貞盛・・・・・・市 蔵
雲居寺浄蔵・・・・・・権十郎
小野好古・・・・・・團 蔵
源博雅・・・・・・勘九郎
俵藤太・・・・・・松 緑
滝夜叉姫・・・・・・菊之助
c0155474_23143046.jpg


by sustena | 2013-09-07 11:43 | Theatre/Cinema | Comments(2)
2013年 08月 19日

顔1枚

最近あんまり出会ってなかったんだけど、撮ったときには気付かなかったのに、写真を整理していてギャッと思ったのでアップ。
人工心臓の耐久試験用のモデルです。
c0155474_23541638.jpg


by sustena | 2013-08-19 23:54 | つれづれ | Comments(9)
2013年 07月 16日

松緑のキリッとしまった顔にホレボレ「加賀見山再岩藤」

c0155474_22292376.jpg先日、歌舞伎座の七月花形歌舞伎の昼の部を見た。
演目は「加賀見山再岩藤」、別名、骨寄せの岩藤であります。これまで4、5、6と3か月間、大御所がそろっての杮落とし公演が続いていて、今月は松緑、染五郎、菊之助、愛之助をメインに、若手がイキのいいところを見せる花形歌舞伎。昼の部は松緑が岩藤と鳥井又助の二役。タイトルにも出てくる主役ですー。(ちなみに夜は、菊之助がお岩さんを演じる「東海道四谷怪談」)

ところで、「加賀見山再岩藤」は「鏡山旧錦絵」の後日談。前作で御家騒動で暗躍した局の岩藤は、悪事が露顕して殺されてしまうが、恨みイッパイで死んだだけに、野ざらしにされて骨だけになっても化けて出る。(この骨がヒューッと集まるシーンがあるので、「骨寄せの岩藤」って呼ばれるのね)。
さて、いつの時代にもお家乗っ取りを企むやつはいて、今回は、望月弾正が悪い奴なのであります。弾正は妻を妹だとウソをいって、お柳の方として多賀大領の側室にはべらせ、色仕掛けでたらしこむわけ。そのことを諫めた花房求女は、疎ましく思われただけでなく、家宝の香炉を奪われた咎で失脚。今は家来鳥井又助の家に厄介になっているんだけど、この鳥井又助も弾正に、お柳の方を殺せばまた求女を取り立ててやると言われてそれを信じ込み、謀略で提灯を取り替えられた正室の梅の方を殺してしまう。
その場に落とした刀の柄を手にした家老の安田帯刀(これはいいやつ)が、又助の家にやってきて、彼が主君の奥方を殺したことを告げると、大ショックで自害しちゃう。(まぁ最後には弾正一派の悪巧みが暴かれるんだけど、)ああ、しくじった・・と苦悶する律儀な家来と、かつての悪人の親玉的な局の霊、この二役を松緑がどれくらいがんばって演じるかがポイントだったのであります。

結論から言うと四幕目の鳥井又助内切腹の場、大いに泣いちゃったよー。

まずびっくりしたのが、松緑が去年見たときよりずいぶんと顔がキリッとしまって実にいい顔になっていたこと。動きがキビキビパキパキしすぎなのが気になるところはあるんだけど、目の不自由な弟の志賀市が弾く琴(このシーン、玉太郎エライッ)を聞きながら死ぬところは、めいっぱい感情移入しちゃったー。

もっとも、四幕以外はちょっと・・・。とくに、骨寄せのシーンは、ブラックライトで光った骨が少しずつ集まって、骸骨のカタチになっていくんだけど、ゴーストバスターズじゃなくて、なんだかの西洋の骨が踊るシーンみたいでちょっと興ざめ。そこから、一転、岩藤の亡霊が出て、だんまり、そして満開の桜を背景にした宙乗りとなるところも、いまいち段取が悪いというか、舞台転換がスムーズじゃなくてがっかり。(これは松緑が悪いんじゃないけどね)

菊之助は、お柳の方と、いい人のほうの二代目尾上の二役で、眉があるかないかで見分けるんだけど、変化に乏しくてあと一歩って感じ。悪人のお柳の方、最初の登場シーンで、もっといかにも主君を手玉に取る感じがあるといいのにって思ったよ。(後ろのひとなんて、発端のボートのシーンが終わったあと、お柳の方って、いい方?悪い方?って隣のひとに聞いてたくらいだしー)

染五郎は、安田帯刀のまっすぐな人の思い詰めた感じがマル。愛之助さんのミエはいつもカッコイイです。

発 端 多賀家下館奥庭浅妻舟の場
  序 幕 浅野川々端多賀家下館塀外の場
      浅野川々端の場
      浅野川堤の場
  二幕目 八丁畷三昧の場
      花の山の場
  三幕目 多賀家奥殿草履打の場
  四幕目 鳥井又助内切腹の場
  大 詰 多賀家下館奥庭の場
  
岩藤の霊/鳥井又助松 緑
二代目尾上/お柳の方菊之助
望月弾正愛之助
蟹江主税亀 寿
又助妹おつゆ梅 枝
花園姫右 近
奥女中関屋廣 松
又助弟志賀市玉太郎
松浪主計廣太郎
梅の方壱太郎
花房求女松 也
若党勝平松 江
蟹江一角権十郎
多賀大領/安田帯刀染五郎

新しい歌舞伎座の座席についてる字幕ガイド、たまにそれでお勉強してる人がいるけど、1000円もするので、フツーはつけない。
c0155474_22274644.jpg

芝居がはねて4丁目方面に歩いていると、遠くから「ツァラツストラはかく語りき」の音楽が聞こえてくる。なにかな、と思ったら、歩行者天国のはじっこで、マック赤坂が演説をしてたのだった。
c0155474_22285841.jpg


by sustena | 2013-07-16 22:29 | Theatre/Cinema | Comments(0)
2013年 07月 04日

村上春樹『サラダ好きのライオン』

c0155474_21212524.jpg村上春樹/文 大橋歩/画の『サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3』(2012年7月刊 マガジンハウス)を読む。

これは『anan』の1751号(2011年3月30日号)から1801号(2012年4月4日号)に連載していた「村上ラヂオ」と『GINZA』178号(2012年4月号)掲載のエッセイをまとめたもの。収録されているのは52篇。

前にも書いたけど、私は村上春樹の小説よりエッセイや工場見学などの軽いタッチの小品が好きで、この本も通勤の行き帰りであっと言う間に読んでしまった。
猫の話や食べ物の話、読んだ本から連想が飛んだもの、旅先での発見、家にごろごろしていてふとひらめいたことなど、話題は自在。しっかり閉じていてもつい口の端っこが緩んじゃうようなユーモアがそこここにあって、うん、その気持ちわかるよー、ウッソーなんて、心のなかでふんふん思いながらページをめくる。

弦楽四重奏団と麻雀の共通点、Soup or Saladと聞かれてスーパーサラダと思い込んじゃうミカ・カウリスマキの「GO! GO! LA」の映画の一場面の話・・・。

なかでもけっこう気に入ったのは、「秋をけりけり」と題した1篇。
木山捷平の「秋」という短い詩をひいて、・・おっと、その前にこの詩を書き写しておかなくちゃ。

新しい下駄を買つたからと
ひよつこり友達が訪ねて来た。
私は丁度ひげを剃り終へたところであつた。
二人は郊外へ
秋をけりけり歩いて行つた。

この詩を読んで,村上さんは、若い人のつくった詩だと感じたのだという。新しい下駄を買ったからといって友達がフラッとやってくるような状況、そしてそれを普通のこととして捉える感覚は20代の人のものだから。そして暇を持てあまして、海岸に行ってたき火をして何時間もあきずに炎を眺めていた高校時代を思い出す。
でも人生においてはそんな時間はそれほど長く続かないし、暇つぶしに付き合ってくれる人の数も次第に少なくなっていく。(・・うむむ、そうなんだよなぁ・・・・。)

ムンクの「叫び」についてのエッセイもあったなぁ。あれは叫んでるのでなくて「自然を貫く果てしない叫び」を聴いて耳をふさぎ恐れおののいてるんだけど、と説明したあとで、百年あまり経た今も人々はこの絵に強く心を惹きつけられてる。ネット検索をすると、「叫び」がらみの画像だけで13万7000件がアップされていたと続ける。

・・・ざっくり見ただけでも、実にいろいろと興味深いものがあった。たとえば「叫び」風にカットされたお弁当のソーセージだとか、、「叫び」そのままの顔をする犬とか、そっくりの図柄を描く板壁の節目とか、同じ表情で演技する浅田真央とか、よく似た衛星写真の地形とか、乳首がふたつとおへそで「叫び」を模写する男とか、ロンドン上空に浮かんだ「叫び」顔の雲とか・・・。いや、見ていて飽きないです。世界は「ムンクの叫び」で(あるいはその暗喩で)充ち満ちているみたいだ。

このまま引用すると残り1頁を丸写ししなきゃならなくなるのでやめるけど、ほほうなるほど、これはチェックしてみなきゃ・・と思うでしょ(私だけか??)

大橋歩さんのドライポイントの挿絵もすてきです。

ところで本日も2点をぱちり。
もういい加減にしなくちゃと思うんだけど、クライアントのところに出かける途中で目が合ってしまった。なんだってこんなところが都合よくヘコんでるんだー。
c0155474_21223735.jpg

c0155474_21224637.jpg


by sustena | 2013-07-04 22:20 | 読んだ本のこと | Comments(2)
2013年 07月 03日

なぜだ!!

ワタシが銀座を歩いていると、美容院の客引きにしばしば遭遇する話はこれまでも何度か書いた。

カットした日から2か月も3か月も経っている場合はそろそろ切り時なのかな・・と思うけれど、たった3日しか経っていないのに声をかけられたときはショックであった。それでも、髪の毛が乾ききっていないうちに寝てしまったからかなぁ・・・と理由はまぁ思い当たる。しかし!! 最近、帽子をかぶっていて、その下の髪が見えないにもかかわらず、たてつづけに2度も声をかけられた。なぜ???????? しかも切ったばかりというのに!

洋服のセンスを見ただけでヘアスタイルが想像できる?
ヒマそうに見える?
スキだらけ?
困ったときの好きの女神に見える? ・・・まさかねぇ・・・・・

チャイルドシートはバリエーションがいろいろ
c0155474_04575.jpg

慌てて撮ったので、わかりにくくてゴメンナサイ。バッグの表情にもいろんなのがあって、このときは、ポケットからのぞいてるハンカチが口みたいだった
c0155474_054021.jpg


by sustena | 2013-07-03 00:06 | つれづれ | Comments(8)
2013年 06月 29日

叫び

けさ、近くの公園の自然保護区の前に、椅子がうち捨てられていた。
c0155474_12102448.jpg

近づいてみると・・・。
c0155474_12103892.jpg


by sustena | 2013-06-29 12:10 | つれづれ | Comments(6)
2013年 06月 27日

ズロースの陳列

ズロースが並んでるように見えてしまった。いったん見えてしまったものは仕方がない。
c0155474_22152723.jpg

最近、iwamotoさんが顔写真をせっせとアップしているせいで、女の人の後ろ姿まで顔に見えてしまった・・・・。とほほ。目のクセみたいなものなので、伝染しちゃうんだよー。
c0155474_2217212.jpg

ついでに言うと、このコはひこにゃんに見える~。
c0155474_2243383.jpg


by sustena | 2013-06-27 22:17 | まち散歩 | Comments(8)
2013年 06月 24日

産直野菜のカレー

お昼、泰明庵にでもソバを食べに行こうとして、ふと見慣れない店に気づいた。「鶏とやさい 銀座 masuichi」と看板にあって、市場を通さずに仕入れる産地直送の新鮮な野菜を軽く蒸してカレーとともに提供するという「産直野菜カレー700円」の表示についフラフラっとなって入る。
ワタシは、山盛りの野菜にヨワイである。

出てきたのがこれ。
c0155474_2173485.jpg

c0155474_2175413.jpg

ちょっと生っぽいかなー・・・と思うけど、いまいちあてどのないカレーに加えると、そんなに気にならなくなる。他にそのまま野菜を食べる人用に、マヨネーズとオリーブオイルと塩もあった。

味噌汁もついていて、あっ!ぱちり。
c0155474_218713.jpg

今年の1月にオープンしたんだそうだ。

by sustena | 2013-06-24 21:09 | 食べ物 | Comments(8)
2013年 06月 20日

低レベで失礼

本日はやたら顔に出会った。でもおそろしく低レベで、どうでもいいのを撮りだすと止まらなくなる。いかん、いかん。
これはひょっとして前にも似たようなのを撮ったかも。
c0155474_21472470.jpg

同じ発想だなー。
c0155474_21481647.jpg

初歩の初歩・・・。
c0155474_21485720.jpg

c0155474_21493453.jpg
c0155474_21492536.jpg

c0155474_215031.jpg

ヤンチャなヤツ。
c0155474_22135037.jpg

ワタシはこの恨みがましいこの顔がけっこう気に入ったんだけど、顔に見えないという人は多いだろう。上のタテ穴ではなくて、はげはげののころが目なのー。
c0155474_21512632.jpg

雨で、アスファルトには葉っぱが。アッ!
c0155474_21521996.jpg

あわててるから、ピントが・・・。
c0155474_21524396.jpg

ビュッフェスタイルのレストランでコーヒーマシンでカフェオレを入れたら。
c0155474_21533281.jpg

オソマツでございましたm(_ _)m

by sustena | 2013-06-20 21:53 | つれづれ | Comments(6)