いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:顔 ( 112 ) タグの人気記事


2015年 03月 10日

瀬戸内寂聴『死に支度』

c0155474_0405720.jpg瀬戸内寂聴の『死に支度』(講談社 2014年10月刊)がめちゃおもしろかった。

瀬戸内寂聴は1922年5月15日徳島生まれ。なので御年92歳。私と誕生日が同じで、同じくまーるい顔も親近感がわくんだけど、もうとてもマネできないほど自由奔放で、明るくてエネルギッシュなひと。

さてこの『死に支度』は、「群像」2013年8月から2014年7月号までの1年間連載された長編小説というか私小説とエッセイがないまぜになったようなお話をまとめたもの。

91歳の誕生日を前にしたある日、長年付き添ってきた寂庵のスタッフたちが辞めさせてくれという。自分たちがいるばっかりに、90歳を過ぎても、寂庵さまは働きづめである。仕事を絞り、からだをいたわりながら大事なことだけに専念してほしいと訴えたのだ。
そこで、作家は「春の革命」を決意。一番若い66歳年下のモナだけを残し、仕事を大胆に整理するはずが、東京都知事戦で細川護煕を応援するわ、宝塚の100周年の祝典歌の作詩をするわ、一向に仕事は減らない。

このモナとの会話が実にテンポがよくて、作家の一向に枯れないみずみずしい感性が伝わってきてすばらしい。モナとのやりとりを読んでいて、大笑いしながら泣けてきて、電車の中で読んでいてひどくバツが悪かったぞ。

初対面の面接で「初体験はいつ?」と尋ねられ、うっかり「高校二年生です」、と答えるモナは、エイプリルフールに「センセ、あたしもピンチなんです。生理がこないんです」とか、「大変なことが起っちゃったんですよう! 今朝、髪にドライヤあてようとしたら、禿が出来てたんですよ!三つも!これはストレスによる円形脱毛症だよう」なんて、作家をひっかけて喜ぶ現代っ子。

「臨終行儀」について考えていて、昔の偉いお坊様は、死ねば自分の死体は野に捨て獣の餌にしてやれって言ってるが、現代はそうもいかない。献体して役立てる方法もあるけど、自分の内臓を好きな人にあげるならともかく、どこの誰かも知らない人にあげるのは嫌。でもその考え方が出家者として恥しいと作家が悩んでると、モナはお姉さんにメールしてドナー選定基準を教えてもらい「心配しただけバカみたい。センセの内臓はもう賞味期限切れで何ひとつ役に立たないんだって」「さ、無駄な悩み捨てて早く原稿書いてください」と作家の尻をたたく、優秀な秘書でもある。

一方、ローンを組んで全身脱毛だ、マツエク(まつ毛のエクステ)だと、オトコを釣るために美を磨いているモナたちを見ながら、作家は思う。
「私が情熱をこめて書いてきた明治の終りから大正のはじめの「青鞜」の女たちは何と思うだろう。自分の身の廻りに張りめぐらされた厚い固い因習の壁を、自分の素手で爪をはがして血みどろの手で掻き落し破り落そうとしたあの新しい女たちの、悲壮な戦いを思いおこしたら、百年後の日本の女たちの意識や行為の変り様を何と見るだろうか。
(略)
百年前の彼女たちが思い描いていた女性の理想の自由の姿と、現代の若い娘たちが当然だと行動してこれが自由と信じているものとは、果して同じものだろうか。

時折ふとこういう思いはよぎっても、66歳も違うスタッフと、「なう語」を使ってやりとりするほど、のびやかな寂聴さんはステキだ。説法に遠くから大勢ひとが集まるのもむべなるかな。

寂聴さんの筆は実に自在で、寂庵での日常を描写しながら、一瞬にして寂庵のスタッフの独白や、縁者の視点での思い出話になる。自由に思いが飛んでいくのだろう。
そしてこれまで出会った男や姉、父母、文学者仲間、修行をともにした出家者・・作家より先に鬼籍に入ったひとの思い出や死をしみじみと語る。その思いの深さにしんとなる。

何度でも読み返したくなる本だ。

(それにしても、表紙はタイトルと似顔絵が金色に盛り上がった加工(箔押し??)で、これまた迫力であります)

春の革命
母コハルの死
春の雪
てんやわんや寂庵
点鬼簿
それぞれ
臨終行儀
負け戦さ
木の花
虹の橋
幽霊は死なない
c0155474_047318.jpg

c0155474_0474618.jpg


by sustena | 2015-03-10 00:47 | 読んだ本のこと | Comments(13)
2015年 02月 04日

マーク・ピーターセン『日本人の英語はなぜ間違うのか?』

c0155474_0192991.jpgン十年前の中学時代の英語の教科書で一番最初に出合ったのは、a pen / a desk / This is a pen. / This is a desk.だった。いったい、こんなフレーズをどこでだれが使うんだって思ったのはだいぶあとのことで、そのときは何もわからずひたすら教科書の英文を暗記していた。

その後、息子の英語の教科書を読んで、留学生に剣道の話をしたり、地球温暖化について議論したりと、ずいぶん中身が「進歩」したものだと思っていたのだが、マーク・ピーターセンの『日本人の英語はなぜ間違うのか?』(集英社インターナショナル 知のトレッキング叢書 2014年11月刊)を読んで仰天した(Cakeaterさんがコメントで紹介していたのを目にして手にとったのね)。英語の教科書が、ネイティブから見て、ヘンテコリンな用例に満ち満ちているとは!

マーク・ピーターセンは、アメリカ・ウィスコンシン州生まれ。現在、明治大学政治経済学部教授で、学生の英作文を教えていて、彼らに共通の不自然な英語に出くわす。最初は学生の不勉強、怠慢だと思って説教していたのだが、教科書が元凶だったと気づいたのだという。

学生たちが総じて陥る、そして教科書も同罪の「ヘンな特徴」とは

(1)代名詞を使わず、同じ名詞を繰り返して使う
(2)複数の短い文書に切って書く
(3)時制がめちゃくちゃ
   過去の話なのに未来形が突然登場したり、
   過去完了を使うべきとこや
(4)使うべきでないところにまで「the」をつける
(5)したがって、という意味で文頭に置く接続詞Soのあとにコンマを打つ
   また、因果関係がハッキリしていないところにまでsoを使ったり
   veryのかわりにやたらにsoを使う
(6)論理が飛躍してしまう
(7)最後の文がやたら壮大
えー、ほかにもいろいろありますが、あとは略。
   
たとえば、(3)など、英語には現在形、現在進行形、現在完了形、現在完了進行形、過去形、過去進行形、過去完了形、過去完了進行形、未来形、未来進行形、未来完了形、未来完了進行形と12の時制が使われるのに、中学の3年間ではその半分しか紹介されないため、意味不明な文章になってしまう。

もちろん、限られた語彙の中で、また、何年生はこの文法までと定められた中で、工夫が求められる苦労は認めつつも、ピーターセンさんは、なぜ物語の基本の過去完了を中学校で教えないのか、と疑問に思う。
時制がアイマイな日本語の観点から、まだ教えなくてもよさそうだ、と考えているか、はたまた、中学生には難しすぎるという先入観があるためではないか・・・?
また、非論理的で、やたら感動を売り物にするような幼稚な英文を強いられることにタメイキをつく。
「おそらく筆者はそう書けば(=海外旅行が夢だった父親の代わりにぬいぐるみが多くの国に行ったことで、「父親の夢はかなったのだ」と文章を終えることで)ふつうの中学生は感動するかもしれないと思ったのでしょう。
 いずれにしても、中学の数学や理科では高度な内容を教えるのに、なぜ英語の教科書の内容はこんなにも『幼稚』でないといけないのでしょうか?」

彼がたびたび引用する「かわいそうなゾウ」の英文など、たしかにあきれてしまう英文だ。いくらなんでも、ネイティブにチェックしてもらってるはずだけどな・・・・・。

そんなふうに驚き、あきれ、おお、私もSoのあとにコンマを打っちゃうなぁ、と赤面しながら(おそらくこれは、日本語の「それで、」という気分になっちゃうからだよね、ちょっと響きも似てるし・・・)イッキに読んだ。

ところどころ、じゃあ正しい使い方をちゃんと教えてよ!と机をドンドンしたくなるところもあるけれども、それぞれの指摘はいずれも興味深く、学生の例文や教科書の用例に大笑い。英語の教科書の編集者は、どう思ってるのかなぁ。ぜひ聞いてみたいところだ。

目次
第1章 英語教科書が抱える問題
第2章 時制が足りない日本人の英語
第3章 冠詞theと数への無関心
第4章 基本動詞・助動詞を使いこなす
第5章 仮定法の基本を理解する
第6章 人気者“so”の用法に関する誤解
第7章 itとthatを使い分ける
第8章 単語の無意味な「繰り返し」を防ぐには?
第9章 「論理の飛躍」が多すぎる
第10章 自然な英語を書くために
c0155474_02136.jpg


by sustena | 2015-02-04 00:33 | 読んだ本のこと | Comments(8)
2014年 08月 11日

びのこづさいぼー:ひびのこづえ+「にほんごであそぼ」のしごと

昼休みに会社の近くにあるギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)で開催中の、コスチューム・アーティスト、ひびのこづえさんの「びのこづさいぼー」展を見てきた。
c0155474_21491285.jpg

ひびのこづえさんといえば、たとえば野田マップの芝居の衣装とか、コマーシャルでAKB48が野菜になるコスチュームとか、NHK教育テレビ(Eテレ)「にほんごであそぼ」の衣装とセットデザインとか、とにかくカラフルで、すっとんきょうで、ふっくらして、生きる喜びに満ちた独創的な"ひびのワールド"を創り出してきた。

私もひびのさんのデザインは大好きで、オリジナルデザインのバッグや傘を持っている。

今回のggg の展覧会はひびのさんが2003年から担当している「にほんごであそぼ」でのユニークな衣装やセットを中心に構成。地下1階の会場では、ひびのが衣装を担当した広告や、人間の臓器や細胞をデザインし、コンケンポラリーダンサーの森山開次が踊った「LIVE BONE」、ひびのと森山の二人に焦点を当てた未来塾の番組の映像、実際にデザインされた服が飾られている。

ココロがひろがる展覧会であります。

ランチは、このgggギャラリーのすぐ近く、銀座ワンコインダイニング 「500BAL」のしじみうどん。
税込み500円というのがウレシイ。(このほか、丼や伝説のカレーなどが500円)
BGMはジャズ。夜も一律、一品500円なんだって。
c0155474_21513233.jpg

c0155474_21514367.jpg

c0155474_21515526.jpg


  

by sustena | 2014-08-11 21:52 | Art/Museum | Comments(6)
2014年 02月 19日

湿気の多い部屋で困った

昨日、メダカを飼育している部屋で撮影をしたかったのだけど、飼育のために室温が高く、しかもむわーっと湿気だらけ。カメラを出したらレンズが一瞬で曇って、まったく焦点かあわなかった・・。
こういうときは何かうまい手があるのだろうか。もっとも、もう遅すぎるんだけど・・・。
終わって入った喫茶店で、久々に顔を発見。
c0155474_9181558.jpg


by sustena | 2014-02-19 09:18 | カメラ・レンズ・写真レッスン | Comments(4)
2014年 02月 02日

平凡な発見

先日、ロケハンに出かけたときに、久々に顔に出会った。
ふだんは、自販機などの横にある飲み物の分別ごみ箱は、あまりに当たり前すぎて見向きもしないのだが、太陽光の強い光で、空き缶、空きビンの投函口が陰っていて゛半分消えそうになっている分別シールがなんともうまい具合である。
c0155474_21401626.jpg

するとその近くのごみ箱も
c0155474_21405710.jpg

ここばかりがクローズアップされて見えてきた。
c0155474_21411984.jpg

こうなると、アッ、これも・・・。なんて次々に顔に見えてくるんである。
c0155474_2142935.jpg


by sustena | 2014-02-02 21:42 | つれづれ | Comments(2)
2014年 01月 23日

松浦の太鼓

一幕見で、歌舞伎座の昼の部の「松浦の太鼓」を見てきた。
初代吉右衛門の当たり芸で、吉良邸の隣に住む松浦公は、其角を呼んで俳諧の勉強のおりも、赤穂浪士が仇討ちをしないことに八つ当たり。其角から笹竹売りをしている大高源吾に出会ったときの付句の話を聞き、この日に討入りがあることに思い至ったところへ、討入りを知らせる陣太鼓が鳴り響き、大喜びするというタワイのない話だけど、このいささかノーテンキな松浦鎮信のミーハーぶりを、吉右衛門が悠揚と演じていて楽しかった。家来どもがハハーッ、お説ごもっともと勢ぞろいして米つきバッタみたいにしきりに畳にひれ伏す様子もおかしかったなぁ。
4階なので、オペラグラスでないと表情がよくわからないんだけど、ココロがハレバレとする芝居だった。

そうそう、開幕当初と違い、いまはフラッといっても立ち見なら入れるみたい。もちろん、演目にもよるんだろうけど。

松浦鎮信吉右衛門
宝井其角歌 六
鵜飼左司馬歌 昇
江川文太夫種之助
渕部市右衛門隼 人
里見幾之亟桂 三
早瀬近吾由次郎
お縫米 吉
大高源吾梅 玉

けさの朝日新聞を見て、あっ、こんなところに顔が。
c0155474_2251257.jpg


by sustena | 2014-01-23 22:07 | Theatre/Cinema | Comments(2)
2013年 12月 03日

やりすぎだよー

きょうは、銀座松屋まで遠征する用事があったんだけど、ふとショーウィンドウを眺めて絶句。
バッグが顔に見えることはよくあるけど、これはあきらかにそれを狙ったもの。
やりすぎっ!
c0155474_21381398.jpg

c0155474_21382463.jpg

c0155474_21383416.jpg


by sustena | 2013-12-03 21:38 | まち散歩 | Comments(8)
2013年 09月 16日

「悪霊~下女の恋」

先日、下北沢の本多劇場で松尾スズキ作・演出の『悪霊―下女の恋―』を観る。初演は1997年、2001年に再演している作品だが、観たのは初めて。

松尾スズキの芝居は、劇中の笑いについていけないこともよくあるんだけど(芸人や売れてる役者などの名前をゼンゼン知らないうえに、いまふうの笑いのセンスとめちゃズレてる精神構造をしてるので)、それでも、このヘンさはなんなんだーと、見てしまうんだよね。

出演者は4人。ナイロン100℃の三宅弘城、賀来賢人、大人計画の平岩 紙、そして初演以来、この作品のキモとなる母と家政婦役を演じている広岡由里子。

ウネハラ家の息子タケヒコ(三宅)は売れない芸人で、幼なじみのハチマン(賀来)とコンビを組んでいる。不遇な時代が長く続いた二人だが、テレビ番組に出演が決まり、いよいよ明日が収録なのだ。

婚約者のナミエ(平岩)は、タケヒコを溺愛する母・キメ(広岡)と、タケヒコの誕生日を祝うためにコントの練習中。どうしたら笑いがとれるかについて、ハチマンに相談するうち、ハチマンはこれまでタケヒコの彼女を奪ってきたことをポロッと口にしてしまう(ハチマンはイケメンなのだ)。

話が進むうち、ハチマンとタケヒコは異母兄弟の関係であることが判明する。しかも、これから順風満帆というそのときに、タケヒコが事故で脊椎損傷になって、車いす生活に。なにくれとなくタケヒコの面倒を観ていた母のキメも不慮の事故で死んでしまう。そこに、母の遺言だとして、家政婦のオシダホキ(広岡)がやってくる・・・。

松尾のホンでよく出てくる、マザコン、裏切り、イジメ、嫉妬、といった負の感情が、シュールな笑いのなかで、じわーんと浮かび上がってくる。家政婦役の広岡が、突如ミュージカル風にハチマンへの恋心をうたい踊るシーンは最高におかしい。

広岡由里子は圧倒的な存在感。三宅弘城は、これまでたぶん三度ぐらい観ているけど、今回の役がいちばん力を感じたなぁ。
c0155474_23421671.jpg

c0155474_23422843.jpg

c0155474_23423983.jpg


by sustena | 2013-09-16 11:58 | Theatre/Cinema | Comments(6)
2013年 09月 09日

『漫画家たちの戦争』

c0155474_21555667.jpg先ごろ『はだしのゲン』の子供たちへの閲覧制限の問題が話題になったが、金の星社が戦争を知らない子供たちに戦争の悲惨さや戦争の正体を伝えたいと、2013年2月と3月に『漫画家たちの戦争』(全6巻)を発刊していることを知ってさっそく読んでみた。

作品を寄せているのは、手塚治虫、ちばてつや、石ノ森章太郎、赤塚不二夫、水木しげるなどの巨匠から、「こち亀」の秋本治、山上たつひこ、また、樹村みのり、今日マチ子などの女性漫画家、意外なところでは、「シティハンター」の北条司や「島耕作」の弘兼憲史まで多彩な顔ぶれ。

監修は中野晴行さんで、全6刊のラインナップは
1『原爆といのち』
2『子どもたちの戦争』
3『戦争の傷あと』
4『戦場の現実と正体』
5『未来の戦争』
6『漫画家たちの戦争 別巻資料』 解説や年表
1~5巻は1冊税込みで3360円、6巻は2100円。ちょっと高いけど、図書館の購入を前提にしてるんだよね、きっと。

収録作品ごとに初出誌の情報と読書の手引きがつけられ(この解説がなかなか行き届いている)、巻末には用語解説も。

まだ3冊した読んでいないのだが、その中でことに『戦場の現実と正体』は、正義とはなにか、命令に従うことが果たして正しいのかなど、極限状況における人間を考えさせられ、印象に残った。

『戦場の現実と正体』 の収録作品をのっけておく。

水木しげる『白い旗』
手塚治虫『大将軍 森へ行く』
楳図かずお『死者の行進』
古谷三敏『寄席芸人伝 噺家戦記 柳亭円治』(脚本協力・あべ善太)
松本零士『戦場交響曲』
比嘉慂『母について』
白土三平『戦争 その恐怖の記録』
秋本治『5人の軍隊』
c0155474_21582041.jpg


by sustena | 2013-09-09 21:58 | 読んだ本のこと | Comments(2)
2013年 09月 07日

九月花形歌舞伎『陰陽師』

c0155474_16514216.jpg歌舞伎座で九月花形歌舞伎を見た。新開場記念の新作歌舞伎「陰陽師」である。発売当日チケットをとろうとしたけど、ろくな席しか残っていなくて(発売即完売の人気ぶりだった)、毀誉褒貶の激しい新作だからいいやーとあきらめてたのだが、関係者用に確保してあった席が放出されたのか、意外や先日、前から4列目のセンター席がポコッと空いてたのを見つけてゲットしたのである。

ご存知、夢枕貘の原作である。(ワタシは岡野玲子のマンガが好き)

魑魅魍魎が跋扈する平安の都が舞台。ある夜、陰陽師の安倍晴明は、源博雅とともに百鬼夜行に遇い、その中にいた美しい姫に目が釘付けになる。それは、20年前に討伐された平将門の娘、滝夜叉姫だった。晴明が博雅やかつて将門を討った俵藤太とともに、都に起こる怪事件のナゾを探っていくうち、大きな陰謀に気付く。なんと将門の遺灰を盗み出し、朝廷の転覆を企む者がいたのだ・・・。

透明でカゲのある貴公子然とした晴明と、ちょっとトッポイけど明るくて性格のいい博雅、ひたすら美しくて純な心を持った滝夜叉姫、アゲハと一緒に登場するネクラの蘆屋道満・・と、登場人物の性格付けはめちゃシンプルでマンガ的、闇夜に登場する魑魅魍魎や平将門の首や、死者を食らうところなどちょっとエグくて、いかにも劇画的なんだけど、歌舞伎的な仕掛けがいっぱいあって、時系列でたんたんと話が進むのではなくて、20年前にさかのぼると・・・と時間の遡行もあったりして、存外楽しめた。

何より、各キャラがぴったりで楽しかった。海老蔵は声がこもるのがちょっと聞きにくかったけど。團蔵が気品のあるいい役だったのはちょっとびっくり。今回も福太郎が、滝夜叉姫の幼い頃で登場。いい子役だよねぇ。

新開場記念 新作歌舞伎「新作 陰陽師──滝夜叉姫」

  第一幕 都大路
      「晴明、百鬼夜行に遇いしこと」より
  第三幕 貴船山中
      「将門復活。最後の戦いと大団円」まで
  
安倍晴明・・・・・・染五郎
平将門・・・・・・海老蔵
興世王・・・・・・愛之助
桔梗の前・・・・・・七之助
賀茂保憲・・・・・・亀三郎
平維時・・・・・・亀 寿
大蛇の精・・・・・・新 悟
蘆屋道満・・・・・・亀 蔵
平貞盛・・・・・・市 蔵
雲居寺浄蔵・・・・・・権十郎
小野好古・・・・・・團 蔵
源博雅・・・・・・勘九郎
俵藤太・・・・・・松 緑
滝夜叉姫・・・・・・菊之助
c0155474_23143046.jpg


by sustena | 2013-09-07 11:43 | Theatre/Cinema | Comments(2)