いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:酒肴 ( 77 ) タグの人気記事


2013年 02月 13日

西荻窪のcozyなお店

西荻窪には、すてきな飮み屋がたくさんあるのだけれど、わざわざ外でイッパイやることは滅多になく、以前から前を通るたびに入ってみたいなーと思っていたお店に、きのう初めて入った。

NORABOというお店であります。野菜の 野良坊菜からとったみたい。
昭和の香りを残しながら今風テイストにしつらえたインテリア、アンティークな食器、地元の野菜を中心とした家庭料理をちょっとおしゃれにしたメニューが並ぶ。メニューはたとえば、揚げ物だったら、蕗の薹とチーズの揚げ春巻き、紫いもと銀杏のがんもどき、秋じゃがとわかめのかき揚げといった具合。片っ端から頼みたくなるけれども、そんなにいっぱい食べることはできないので大いに悩む。

コースターはこんな感じ。
c0155474_22325549.jpg

日本酒は頼むたびにいろいろな片口が出ていて、最後に出てきたのはこれ。酒の象形文字?が描かれた木の器。そそぎやすかったなー。
c0155474_22304714.jpg
ちょっとかけてるけれど、私、このお猪口が大好きなんです、と言って出してくれた感じのいいお店のお嬢さん。
c0155474_2231855.jpg

地野菜とお豆腐のサラダには、キウイやイチゴも入っていて、ごまだれがドレッシングがgoodでした。
c0155474_22312713.jpg

海老、木耳、銀杏入りの蓮蒸し。
c0155474_22314484.jpg

おしまいは牡蠣と牛蒡の土鍋ごはん。ぷりぷりの牡蠣がいっぱい入っていて、食べきれないぶんはお土産に詰めてもらって大満足。
c0155474_2232140.jpg


by sustena | 2013-02-13 22:32 | 食べ物 | Comments(0)
2013年 02月 04日

食べ過ぎ飲み過ぎの一夜

先週末、知人の編集者やカメラマン4人で、銀座のおばんざいのお店で飲む。
初めての店で、知人が食べログで評判がよかったからと予約したのである。

8時からは別の予約が入っているというので5時半に繰り出す。
会社から3分ぐらいの距離だったので、ちょびっと遅れただけで駆け込みセーフ。
カウンターに京野菜やおばんざいがズラリ並んでいて、テーブル席ひとつのほかはカウンターのみ。

メニューがなかなか出てこない・・・と思ったら、おかみさんが筆で書いてるのだった。おばんざいの値段は不明だけど、おつくり、揚げ物、焼き物けっこうお高い・・・。

とりあえずおばんざいの盛り合わせをおまかせで頼む。
出てきたのは・・・。アジフライ。聖護院大根の塩揉み、ブリ大根、たたきゴボウ、菜の花のおひたし、えび芋と京ニンジンの炊き合わせ、カニ入りポテトサラダ。大きな皿にアルミホイルで仕切って出てきてちょっとお正月みたい。

そのあと、白子ポン酢、ヤリイカと寒ぶりのお造りウルイ添え。
c0155474_22901.jpg

c0155474_227694.jpg

ポテトサラダのおかわりを頼もうとすると、それを揚げたコロッケもあるというので、一人一つずつ頼む。
c0155474_2272527.jpg
続いて九条ネギのマグロぬた、アスパラとブロッコリーの明太子マヨネーズあえ、桜海老とユリネのかき揚げ・・・次から次へと頼んで、お酒も2合徳利が次々にあいて、あー食べすぎちゃったー。

素材がいいのでまぁおいしかったけど、この程度のおばんざいなら自分で作ったのとたいして変わらないなーとこっそり思ったのでした。食べすぎ飲み過ぎでフトコロがいたんだせいかもしれない。

by sustena | 2013-02-04 22:11 | 食べ物 | Comments(2)
2013年 01月 16日

石見銀山の宿~石見・出雲#1

石見銀山にある企業に取材に行った。滅多に行けないところなので、連休を利用して延泊したが、そこが圧巻だった。

他郷阿部家。石見銀山にある1789年創建の武家屋敷で、初代の阿部清兵衛は石見銀山の初代奉行だった大久保長安に召し抱えられ甲斐の国から銀山入りしたとのこと。1975年に島根県文化財の指定を受けたが松場登美さんが買い取ったときはボロボロで、それを10年かけて改修して自身の住まいとし、5年前から宿として活用をはじめたのだという。
c0155474_23335364.jpg

朝食のときに、改修前と工事中の映像を見せていただいた。古民家再生どころではない。廃屋再生というのがぴったりではないか?と思えるほど。登美さんと夫の大吉さんは、めぼしい古民家を見つけては借金を背負って再生させ、立ち上げたファッションブランドの店舗にしたり、社員寮にしたり、ろうそくの灯で飲むためのスペースを設けたりと暮らしの中で活かし続けてきた。
c0155474_2331290.jpg

そのメッセージがこうである。
c0155474_23303670.jpg

おしゃれな宿~と思ってきたらとんでもない。「生活者としての有り様が問われる」宿なのであった。

とにかくものすごーーーーく手がかかっている。窓ガラスひとつとっても、かつての民家で使われていたガラスをパッチワークしていたり。
c0155474_23344437.jpg

部屋のたたずまいは「陰翳礼讃」といえばいいかなー。ちょっとした部屋の片隅の置物なども美しかった。
c0155474_2343299.jpg
c0155474_23353599.jpg

すばらしかったのがお風呂である。
懇意にしているデザイナーにつくってもらった浴槽に、鉄のアーチストがつくったストーブがあって、これにお湯をかけて湯気がわんとたちこめる。柚子が浮かんで、ろうそくの灯だけでのんびり。別の時間が流れているようだった。(写真は最初に案内していただいたときに撮ったもの)
c0155474_2341392.jpg

c0155474_23411868.jpg

台所はこんな感じ。
c0155474_23382418.jpg

夕食は登美さんと一緒に。ていねいにつくられた家庭料理が並ぶ。
c0155474_23533377.jpg

c0155474_23424273.jpg

メニューはこれをご覧あれ。このほかに自家製のゆべしとチーズ、あと一品はなんだったかなぁ・・・。(追記・麩のステーキのねぎのっけだった。レシピの正式名は不明。私が勝手に名付けたのー)
c0155474_2343177.jpg

古代米の揚げもち、見ただけでは何かわからないでしょ。
c0155474_2345771.jpg

おむすびもたいそうおいしかったけど、もうそれまでにさんざん飮んでしまったので一個しか食べられなかったのが無念。
c0155474_23461420.jpg

デザートはアイスに年代物のコーヒー酒をかけて。このほかいろいろな手作りの果実酒がいっぱい並んでいた。
c0155474_2347027.jpg

この料理を担当したのは2代目料理長の明子さん。ごちそうさまでした。
c0155474_234759100.jpg

ああ、私ときたら、いつも食べ物の話ばかり・・・。

by sustena | 2013-01-16 23:50 | | Comments(8)
2013年 01月 01日

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

昨日は、おせちをつくったあとに、お世話になったご挨拶をしようと思っていたのに、料理に思いのほか時間がかかって、そのままそば打ち→宴会に突入。年がかわってしまった・・・。
c0155474_14233045.jpg
c0155474_14234164.jpg

朝は近くの公園に初日の出を拝みに。
c0155474_14214139.jpg
例年、大勢が拝んでいるところを脚立持参で撮ってるひとがいて、やはりそうでなくちゃ雰囲気は出ないよねー。せめて後ろから撮ろうと思ってるうちにみな移動しはじめてこのていたらく。
c0155474_1422217.jpg

近くの神社で初詣をしたあと(吉だった)、家に戻って、お雑煮をつくるかたわら、昨日つくったものを詰める。美しさに欠けるな・・・。
つくったのは
数の子・黒豆・伊達巻き・八つ頭・豚の梅角煮・身欠きニシン・紅白なます風・三浦大根の煮物、がんもとしいたけ添え・栗きんとん・たたきゴボウのごま和え・蓮根のきんぴら・ゆでほうれん草。
それにできあいの甘エビの昆布〆。
c0155474_142352.jpg

そうそう、今回栗きんとんをつくろうとしてクチナシの実がなかったので、スーパーに買いに走ったら売ってなくて、残念がっていから、知人がうちに実がなってるからと分けてくれた。干すほうが色が出るような気がするけど(どうなんだろう)、きれいな色が出てホッ。そういえば、公園にもクチナシが・・と探したら、考えてみたら公園のは八重だから実がならないのだった。取ってきて比べてみたよ。
c0155474_14222185.jpg
c0155474_14223943.jpg

このように食い気にばかり走ってるワタシですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

by sustena | 2013-01-01 14:23 | つれづれ | Comments(8)
2012年 12月 24日

10年ものの紹興酒のまろやかさ

先日、仕事仲間と5カ月ぐらいかかって完成した冊子の打ち上げをかねて、以前一度だけいったことがある駒込の中華料理の店で忘年会をした。

5人、一人4000円でアレンジしてもらったメニューは次の通り

冷菜
冷製香菇(椎茸のうま煮)
炸帯魚(太刀魚の香味揚げ)

熱菜
糖醋肉(黒酢酢豚)
辣子蝦(大海老の四川風炒め)
牛肉籮蔔砂鍋(牛肉と大根の土鍋煮)
清蒸雉子羽太(雉子羽太の姿蒸し)
麻婆豆腐(麻婆豆腐)
鶏蛋炒西紅柿(卵とトマト炒め)

主食
水餃子(いり卵、しらす、豚挽き肉)

甜心
杏仁豆腐

雉子が出るのかと一瞬思ったら、よく見たらハタだった。
c0155474_23133833.jpg

c0155474_23131474.jpg

おいしかったのが紹興酒。「陳年紹興貴酒10年」と「塔牌紹興酒」。以前ここで飮んだ陳年は5年で、このときも感動したんだけど、さらに味がまろやかで深みがあって、口に含むやうっとりしてしまう。塔牌紹興酒は辛口でキリリとした味わい。2本ではおさまらずに、追加で陳年紹興貴酒5年をいただく。5年の差はこんなに大きいのかーと実感したのでありました。
c0155474_2313210.jpg


by sustena | 2012-12-24 00:10 | 食べ物 | Comments(4)
2012年 12月 16日

イケメンシェフのご近所グルメ

西荻窪はおいしいお店がいろいろあるらしいんだけど、なかなか地元で飮んだりディナーを食べたりする機会がない。知り合いの知り合いがお店を開いたというので、先日芝居が思いのほか早くはねたので出かけてみた。

以前スナックだかバーだったところをそのまま使ったというので、ちょっとアヤシイ雰囲気。
c0155474_2265498.jpg

食べたのは次の4種類とワイン。
ゴルゴンゾーラチーズソースのサラダ
c0155474_2291614.jpg

じゃが芋とパルミジャーノのガレット
c0155474_2294928.jpg

かますのポワレ(キノコのリゾット添え、カシスソース)
c0155474_221084.jpg

カキと舞茸のペペロンチーノ
c0155474_22102686.jpg


イケメンシェフが一人でワインの減り具合を見つつ出してくれる。パスタ以外、自分ではつくらないタイプの料理であります。味は75点ぐらいかなー。ワインが高いのでコストパフォーマンスはいまいち・・、おっと私が飲んべなのがイケナイだけかも。

追伸 ウワサ通りにイケメンだったけれども、私はイケメンが苦手なので、暗い店なのにまぶしすぎてちゃんと見ることができなかったのでした。
GRD3

by sustena | 2012-12-16 22:16 | 食べ物 | Comments(10)
2012年 12月 05日

楽庵でイッパイ──京都出張#1

1泊2日で京都に出張に出かけた。

この日はちょうど息子の大学院の合否の発表で、ここを逃すと院浪なので内心ビクビクしていたのだが、取材前に合格したとのメールが届き、心底ホッとして取材に臨めたのだった。

とゆーわけで、この日は祝杯。
取材が決まってすぐに予約した、烏丸駅から5分ぐらいの「楽庵」という居酒屋へ。6時に店に入るとがらーんとしている。あら、これだったら予約は必要なかったかと思ったら、カウンターの前も、奥の座敷も全部予約席の札が・・・・・・。人気なのね。

めちゃおいしかったです。天然ものの刺し身はぷりぷりしてたし、丸ダイコン煮や、かぶら蒸しなども品がよかったし、もうかなりおなかがいっぱいになってから食べたワカサギの天ぷらも、ふんわり揚がってました。コストパフォーマンスもよく、こりゃ予約で満席になるわけね。

日本酒もたくさんあってオススメです。
c0155474_22105256.jpg
c0155474_2211127.jpg
c0155474_22111373.jpg

料理の写真はやっぱりGRD3が手軽だわー

by sustena | 2012-12-05 22:12 | 食べ物 | Comments(0)
2012年 10月 30日

目的はどっち

先週木曜日に、銀座のシャネルの4階にあるネクサスホールで「シャネル・ピグマリオン・ディズ スペシャルコンサートシリーズ 指揮者 大山平一郎氏と若手音楽家たちによる室内楽」と銘打ったコンサートがあった。

抽選だけどタダで、手術前に申し込んでおいたら当選したので聴きにいく。
いかにもシャネル御用達という人たちばっかりかと以前はわけもなく敬遠してたけど、だんだんツラの皮が厚くなってきたというか、うやうやしくドアマンが招き入れるのを、くしゃくしゃの髪でおすましして通りすぎることができるようになったのであーる。

この日の曲目は
モーツアルト 弦楽五重奏曲 第5番 ニ長調 K593
瀧村依里(ヴァイオリン)
千葉清加(ヴァイオリン)
阿部真也(ヴィオラ)
大山平一郎(ヴィオラ)
門脇大樹(チェロ)

ドヴォルザーク 弦楽五重奏曲 第3番 変ホ長調 作品97
千葉清加(ヴァイオリン)
矢野玲子(ヴァイオリン)
大山平一郎(ヴィオラ)
阿部真也(ヴィオラ)
辻本玲(チェロ)

若手だけど、経歴を見るとそうそうたるもの。

最初のモーツァルトこそチョッピリ退屈だったけど゛2曲目のドヴォルザークの旋律はいかにもドヴォルザークで、3楽章なんてうるうるしちゃったなー。観衆は150人ぐらい? 中央に5人の演奏者、それを取り囲む形。(一心に弦を動かす千葉さんの腕の細さを後ろから見ていて、ひたすらびっくりしちゃった)

それにしても生の演奏というのは、からだの細胞のひとつひとつが大いに喜ぶ感じ。

終了後は、鳥清で一杯。鳥の刺し身と日本酒がおいしかった。この日は鶴齢と新政No6。
c0155474_0232370.jpg


by sustena | 2012-10-30 00:25 | Art/Museum | Comments(2)
2012年 06月 13日

ワインの友

コンサートのあとは優雅な気分で、銀座7丁目のたまにお昼を食べに入るラ・マリー・ジェンヌでワインを飮んだ。

つまみはフレッシュトマトのサラダ(なんとかさんの栽培などと形容詞がついてたけど忘れた)、若鮎のコンフィ、正式名称はよくわからないけれど、新鮮な内臓を内臓につめたの、金華豚のヴィネガーロースト。ワインは、ソムリエにおまかせの40ccずつ6杯という1800円のものにし、白と赤をそれぞれいただく。

ワインはおまけで、追加で2杯もサービスしてくれたので、めちゃトクした気分。
料理はどれもおいしく、うっとりの夜でしたー。
c0155474_21585290.jpg
c0155474_21585924.jpg
c0155474_2159563.jpg
c0155474_21591287.jpg


by sustena | 2012-06-13 21:58 | 食べ物 | Comments(10)
2012年 06月 05日

湯燗とっくり

先週末、取材が終わったあと、カメラマンとライターとともにイッパイやろうということになり、バスの窓から石臼挽きのそば屋を見つけて下車。

生ビールのあと、お酒のメニューを見ると、湯燗の文字が。
1合用と2合用があるらしい。暑かったので燗酒という気分ではなかったものの、どんなものか興味がわいたので2合用を注文すると、出てきたのがこれ。
なるほど~。
お湯の入った容器にすっぽり徳利がおさまるようにできている。2~3分待って、好みの温度になったところで飲む。
c0155474_016583.jpg

難点があった。軽くなったら中の徳利の安定がちと悪くなるのである。ひっくり返るわけじゃないからかまわないけど。

つまみはいろいろ頼んだけど、葉ワサビがおいしかったな。
c0155474_0164620.jpg

お蕎麦は田舎風のものを注文。
c0155474_0165835.jpg

日比谷線の入谷と三ノ輪の間あたりの「たごと」というお店です。

by sustena | 2012-06-05 00:19 | 食べ物 | Comments(2)