いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:酒肴 ( 79 ) タグの人気記事


2015年 10月 05日

新世界方面そぞろ歩き

大阪では、上本町近くのホテルに泊まった。
ホテルの前からあべのハルカス行き循環バスが出ているのを発見し、物見遊山気分で、地上300mの複合高層ビルへ。ビルの下からではどれくらい高いかいまいちわからないので、向かいの商業ビルからぱちり。
c0155474_23203411.jpg

そこから新世界へは徒歩15分ぐらい。串カツの看板を横目で見ながらじゃんじゃん横丁を通りぬけて進む。
c0155474_23234674.jpg

c0155474_2324585.jpg

あちこちビリケンだらけ。
c0155474_23242421.jpg

観光客でごった返しているかと思いきや、いまいち場末感が漂い、人影もぽつりぽつり。呼び込みのお兄さんたちもゼンゼン活気がなくてぼけっとしてる。
c0155474_23253052.jpg

通天閣に登ってみると、ここからもあべのハルカスが見える。
c0155474_2327699.jpg

アメリカ映画やビートルズやマエケンやいろんなものをパロったビリケンが。
c0155474_2328576.jpg

エレベータをを降りると、通天閣の歴史や、コーニーアイランドとパリのエトワールを模した戦前の華やかなテーマパークだった時代を紹介する幻灯?やジオラマが。この展示がおもしろかったなぁ。
c0155474_23324277.jpg

c0155474_2333084.jpg

c0155474_2333144.jpg

c0155474_23332970.jpg

c0155474_23334550.jpg

c0155474_2334975.jpg

おなかがすいたけど、串カツ系はちょっと・・というわけで、難波まで出て、駅近くの居酒屋に入る。よし井とゆーお店。
すだれ貝というのを初めて食べた。
c0155474_2336791.jpg

〆にダシ茶漬けを頼んだら、アジ刺身がのってた。これがおいしかったな。
c0155474_2337352.jpg


by sustena | 2015-10-05 23:37 | | Comments(6)
2015年 07月 04日

仙台駅前の居酒屋

翌日取材を終えて、仙台メディアテークでガウディと井上雄彦がコラボした展覧会を見たあと仙台駅前の居酒屋でイッパイ。1時間ほどしかなかったので、できるだけ駅に近いところで・・・と歩いて、ふと目に入ったのが「味てつや」という店。ここが正解だった。

5時15分ごろに入ったんだけど、テーブル席はすでに予約の札が並んでいて、一番奥が空いていた。ラッキー。

お通しは、うざく。
c0155474_1794534.jpg

あいなめの刺身と、ヤナギカレイの塩焼き、完熟トマトのレモン煮、枝豆とえびのかき揚げのあと、お茶漬けをいただく。ほんとは、岩ガキやほかにも頼みたかったものがいっぱいあったけど、なにしろ時間がないので断念。
c0155474_1795318.jpg
c0155474_1710283.jpg
c0155474_17101084.jpg
c0155474_1710185.jpg
c0155474_17102823.jpg
c0155474_17103886.jpg

上喜元の大吟醸もまた、疲れた胃の腑にしみわたったのでした。おすすめです。

by sustena | 2015-07-04 17:10 | | Comments(2)
2015年 07月 04日

息子のアパートへ

木曜に仙台に出張が入った。息子に予定を聞くと、その日の朝から3泊4日の仕事が入っているという。そこで、前日仕事を終えたあとに仙台へ。東京駅から1時間半ちょっとで、改札口まで迎えに来てくれた息子と再会。

駅の近くの店はよく知らないというので、女性客でにぎわっていたワインバーに入る。
肉系が食べたい!ということで、豚しゃぶサラダ、三角揚げ納豆はさみ、穴子とアボカドのトルティーヤのピザ、仙台牛のステーキ、オマール海老のリゾットを頼む。息子は白ワイングラス一杯で、私はシャルドネどメルローともう一杯はなんだったかな。
c0155474_11413580.jpg

うれしいことにおごってもらって、歩いて息子のアパートへ。途中なぜか、こんな車が置いてあったりする道を通る。
c0155474_11434714.jpg

息子の部屋は思いのほかきれい。
c0155474_11443083.jpg

ベッドを奪って寝て、きゃつは寝袋。
翌朝、明太子スパゲティとトマトの朝食(つくってやった)のあと、ひとりで屋でのんびりしてから駅に向かって歩く。いい天気。30分近く歩いたら汗だくになっちゃった。
c0155474_11425561.jpg


by sustena | 2015-07-04 11:47 | つれづれ | Comments(2)
2015年 06月 28日

函館土産──札幌・函館#1

2泊3日で札幌と函館に出張だった。
函館は初めてで、朝市の近くに宿をとっで朝食は朝市での海鮮丼。その後いろんなお店を回るうち、時シラズとか,[k ud i食材を圧語っているのみ背で見とれてしまう。観光客相手のセールストークとわかっていても、お店の人とおしゃべりするのは楽しくて、さんざん迷った挙げ句、土産に毛ガニとウニを買った。

翌日出社すると、デスクの上に、札幌支社から支社独自で発行した社内報への当方の応援メッセージがヨカッタとかで、なんとトウモロコシとアスパラとジャガイモと山部メロンのセットが送られてきていて、この週末は偶然にも、北海道づくしの料理と相成った。

毛ガニは生きていたのを茹でた。身がつまっていて、蟹味噌が美味~。
c0155474_21364373.jpg

とうもろこしはレンジで、アスパラはガス台で焼いてっと。
c0155474_21373057.jpg

年末につくった自家製のイクラを解凍し、ウニとカニの腕二本分でつくった丼に満足~♪
c0155474_21392560.jpg

巨大な富良野の山部メロンはちょうど食べごろだったなぁ。

c0155474_21402070.jpg

ところで、函館のランチのメニューで気になったのが、明太子スパゲティ、ガゴメ のせ。
ガゴメって何?と思ったら、ネバネバの強い昆布だった。

むくむくと好奇心がわいてきて、ガモメの食材がいろいろあるうち、納豆ガゴメ、ふりかけ、おぼろの3タイプを買い、そのうちのひとつ、「納豆ガゴメ」を翌朝スパゲティとあわせてみましたー。なかなかgoodでした。
c0155474_21465036.jpg


by sustena | 2015-06-28 21:47 | | Comments(4)
2015年 06月 18日

気仙沼へ#2

唐桑の西舞根はカキの養殖が盛んで、入り江になっているこの場所は、3.11で木々よりも高く津波が押し寄せてきて、甚大な被害に遭ったのだが、全国からの支援を得て再開できたという。
c0155474_23314034.jpg

ここは四半世紀以上前から岩手の室根山への植林活動を展開していたことでも有名なのだが、もともと1300年も前から室根山とのつながりがあったということを今回初めて知った。4年に一度、閏年の次の年の9月に行われる室根神社の特別大祭で、夜中の12時に神社の本宮と新宮から同時に神輿が出発して参道を駆け下り、ふもとの仮宮にどちらが先に安置できるかを競う一大イベントがあるのだが、神事の始まる前に、山に浄めの水を運ぶのが唐桑の人たちだったという。唐桑だけでなく、8つぐらいの集落にそれぞれ鍵をあける係とか、ちょっとした係が託されていて、山と海とはいろいろなかかわりがあったそうな。

また、唐桑ではクルミは採れないのに、郷土食にクルミ餅がある。これは秋になって上流からいっぱい流れてきたクルミ(しかも割れやすいのだ) を使ったものという。これまた、森の恵みを得ていた例のひとつ。

取材を終えたあと、気仙沼湾近くの魚市場をチェック。
腕ほどの大きさの生タコと、ボイルしたホヤ、新物のワカメを購入。ホヤは生のものしか食べたことがなかったんだけど、「これもおいしい」と勧められて生まれて初めて買ってみた。翌日皿に並べたのがこれです。
c0155474_2332289.jpg

見た目はちょっとグロテスク。もちろんナマのほうがおいしいけど、日持ちがするし調理の手間がはぶけるよねー。
(そういえば、ホヤぼーやサブレーというお菓子もあった。ホヤの粉末でも入ってるんだろうかと思ったら、なんのことはない、気仙沼のキャラクターの「ホヤぼーや」を焼き印し、ホヤは「海のパイナップル」なのでパイン入りのホワイトクリームをはさんだものだった)

帰りは新幹線のなかでビールと、「平泉うにごはん」のお弁当。社内販売でゲットしたんだけど、なかなかおいしかったなー。
c0155474_23304143.jpg


by sustena | 2015-06-18 23:31 | | Comments(5)
2015年 04月 05日

札幌で食べたおいしいもの

去年の夏と12月、そして今回とこの10カ月で3度も札幌に出張と相成った。
あれも食べたい、これも食べたいと思いながら、なかなか希望とおりのものにありつけないことも多いんだけど、今回はけっこう食べ物はマルだった。

まずは、到着美のお昼は、JR新札幌駅から改札を出てすぐの新札幌名店街の入り口にあった「龍竜」というラーメン屋。ネギしょうゆラーメンがそこそこいけましたー。
c0155474_2318349.jpg

夜は豊水すすきのの「たべこと屋ござる」で。店名は、見ざる・聞かざる・言わざる・持たざる・思わざるの「五猿」と「御縁」をかけているそうで、以前知人に紹介してもらったのだが、なかなか予約がとれず、今回はうれしいことにあいていた。

席に着くと、「今夜のご馳走帖」という半紙に印刷されたメニューが置かれていて、そこに日付と当方の名前が入っていた。

お通しは「百合根の茶碗蒸し」290円也。これがおいしかった! ふんわり卵の上に、百合根があんかけでかかっていて、ツブ貝(たぶん) が中に入っててとっても上品な味。

今回だ勤惰のは、カボスブリのお造り ポン酢のヌーヴェ、トマト味噌と生野菜(なんとトマト味の味噌だった)、タラバ蟹と帆立の彩りサラダ、本鮪とアボカドの生湯葉巻き、霜降りささみと木ノ子の山葵おろし。

このほか、生雲丹の焼き飯を頼みたかったのだが、オーダーが通っておらず、お腹がいっぱいになったこともあって、以上でおあいそ。
c0155474_23182160.jpg

翌日の昼は、きのうのウニのうらみがあって、駅近くの日本生命札幌ビルの地下の函館うに むらかみで無添加うに丼、Sサイズをいただく。ウニは40グラムでしたー。
c0155474_23183785.jpg


by sustena | 2015-04-05 17:00 | | Comments(6)
2015年 03月 17日

郡山の比内地鶏の店

取材が終わって郡山に着いたのが16時過ぎ。せっかくだからイッパイやっていこうと裏道をあちこち回ったが、まだ時間帯が早いのでどこも支度中である。会津郷土料理の店に電話したけど、「17時から」とつれない返事。むむむ。

「築120年の蔵を改造した」というリーフレットの一文に惹かれて電話して入れてもらったのが「比内や サスケ」でありました。郡山で比内地鶏の店ってのはどうよ? と思ったけど、会津料理の店がつれないのがいけないのであります。

店内は落ち着いた雰囲気。
c0155474_22143774.jpg

突き出しの鶏刺の握りがおいしかった!
c0155474_22145017.jpg

このあと、鶏刺しの3種盛りやヤキトリ、豆腐などイロイロ頼んだんだけど、驚いたのがモツ煮。イメージがまるで違ったなぁ。
c0155474_2215592.jpg

違ったといえば、野菜のカニ味噌オーブン焼きも、シンプルに焼いた野菜にカニ味噌がかかっているのかと思ったらだいぶ違ってこんな感じ。なかなかこってりしてました。
c0155474_22183570.jpg

なんのかんので食べ過ぎー。
帰りの新幹線のホームに上がるエスカレーターのところに、黄門サマが。
c0155474_22193130.jpg


by sustena | 2015-03-17 22:20 | | Comments(2)
2015年 02月 20日

銀座NAGANOでのイベント

銀座・有楽町あたりには、日本の各地のアンテナショップがかなりある。
昨年10月にオープンしたのが銀座NAGANOで、ここは数あるアンテナショップのなかでもかなりおしゃれ。

一昨日、ワインのつまみ用の味噌チーズと、ルヴァンのパン、ソーセージを買いに行ったら、ちょうど「北陸新幹線延伸各県の”うまいもの”と”うまい酒”」というキャンペーンをやっていた。覗いてみると、福井・石川・富山・新潟・長野の日本酒とおつまみを3点ずつ並べ、その中から好きなものを1種類ずつ選んで試食・試飲できるのだった。無料というので、トライずくことに。

メニューは以下の通り

福井県
加藤吉平商店 梵 吟撰
美川酒造 こしのひかり 無濾過生原酒
宇野酒造 一乃谷 純米吟醸稀覯

浜干し甘エビ
へしこほぐし
三年子らっきょ

石川県
手取川大辛口純米 ひゃくまんさん
宗玄 純米吟醸酒
加賀鳶 十枚大吟醸 藍

ふぐの子糠漬
焼き塩辛 能登いか
いつものピクルス(ミックス)

富山県
立山純米大吟醸 雨晴
満寿泉 生純米吟醸
成政 純米しぼりたて

ほたるいか沖漬
かまぼこ昆布巻/細工蒲鉾 小鯛
白えびかき揚げ

新潟県
加賀の井純米吟醸原酒
越乃雪月花 純米大吟醸
純米吟醸 銀ラベル「鮎」

幻魚の干物
しっとりする天
はりはり漬け

長野県
水尾 紅 純米吟醸 無濾過生原酒
北光正宗 純米スパークリング
聖山 特別純米 氷温熟成生原酒
カマンベールの野沢菜山葵漬添え
赤かぶ漬&とうがらし味噌
チロリアンソーセージ粗挽き

まぁ「飲め」っていうメニューだよね。

私が選んだのはこれです。
c0155474_2243593.jpg

お酒の試飲は1杯30~40ccずつぐらい? 1杯は少ないけど、5杯飲むと、それなりに「飲んだ」感があるのだった。

味噌チーズがこれ。ちょっと豆腐ようみたいなお味。
c0155474_2261422.jpg

試食会で、長野の部でおまけについてきたのが、市田柿の間にバターを挟んだ「市田柿ミルフィーユ」。 バターだとおでぶになりそうなので、間にカマンベールを挟んだ。ほんとはこれにクルミを加えるともっといいんだけど。粗雑に切ったので、ちっともおいしそうじゃないけど、ワインのおつまみにイケます。
c0155474_2281855.jpg


by sustena | 2015-02-20 22:08 | つれづれ | Comments(0)
2015年 01月 25日

映画「ドラフト・デイ」

c0155474_0121615.jpg知人に試写会の招待状をもらったので、一昨日、コレド日本橋2の東宝のシネコンでアイバン・ライトマン監督の「ドラフト・デイ」(Draft Day 2014年アメリカ 110分)を見てきた。

NFL(ナショナルフットボールリーグ)のドラフト会議。GMたちの駆け引きや心理戦、指名を願う選手や、チームづくりに口を出すオーナー、監督とGMの軋轢をなどをまじえ、ドラフト会議の開かれる朝から、その会議の息詰まる様子を描いたもの。

ところで、NFLのドラフトは日本のプロ野球のドラフト会議とは大きな違いがある。
まず、複数のチームが同じ一人の選手を指名することはない。最下位から順に選手を指名していくけれど、“指名権トレード”が可能だ。しかも、その年だけでなく翌年や翌々年の一巡目の指名権や、選手のトレードなどが交換条件となる。順番が回ってきてから指名するまでのタイムリミットは10分間。その間にも、それまでの指名状況や、チーム事情などを見極めて指名権のトレードができる。実にスリリングなのだ!

物語は──。
NFLに所属するクリーブランド・ブラウンズのGMサニー(ケビン・コスナー)は、ねらい通りのチームとするために今年のドラフトに賭けていた。指名順は7番目。その順番で指名する意中の選手も決まっていた。しかしオーナーは超大型新人、ボー・キャラハンの獲得を要請し、そうでないとクビだと脅す。ライバルチームに見透かされ、チームの未来を棒に振るような条件で1番目の指名権を得る。その決定にペン監督(デニス・リアリー)は大反対。いつのまにかツイッターで話が広がり、自分がお払い箱だと感じたチームのQBは、サニーの部屋で暴れる。しかも、調査を進めていくうちに、ボー・キャラハンは技術こそピカ一だが、性格的な欠点があるらしい・・・。恋人も、日陰の身ではイヤだとサニーに迫る。プレッシャーだらけの中で、サニーはどんな結論を下すのか?

ドラフト会議なんていったい映画になるのか?と、いささか疑問だったんだけど、脚本、うまいなぁ。恋人(ジェニファー・ガーナー )とのからみはなくてもいいような気もするけど、やはり女っ気は必要なんだろうなぁ。オーナー役のフランク・ランジェラがいい味です。
アメフトにもっと詳しい人なら、たびたび出てくる映像に、あっ、あの選手ねってハハーンと思うんだろうなぁ。

終わったあとはコレド室町2の「牡蠣場 北海道厚岸」の厚岸のカキでイッパイ。
c0155474_0123580.jpg


by sustena | 2015-01-25 00:12 | Theatre/Cinema | Comments(2)
2015年 01月 15日

ジェフリー・ディーヴァー『ゴースト・スナイパー』

c0155474_2214546.jpg2週間ぐらい前に読んだジェフリー・ディーヴァーの『ゴースト・スナイパー』(原題 /The Kill Room 池田真紀子 訳  文藝春秋2014年10月刊は、四肢麻痺の科学捜査の天才リンカーン・ライムシリーズ、邦訳の第10作。

アメリカ政府を批判していた活動家モレノが、バハマの高級リゾートホテルの部屋で殺害された。2000メートルの距離からの狙撃で天才スナイパーの仕業と見えた。地方検事補ローレルが、ライムとサックスのもとを訪れ、捜査への協力を要請する。実は関係者からタレコミがあり、アメリカの諜報機関に雇われた狙撃手が、反米主義のテロリストとしてモレノを殺したのだという。しかし、それは諜報機関のボスの勇み足でモレノは無実だというのだ。ローレルは、この事件を法廷に持ち込み、命じたボスを有罪にしたいという。
現場に残された手がかりはほんのわずかで、しかもニューヨークから遠く離れたバハマ。現地の警察は、麻薬がらみの案件として、捜査を早々と打ち切りにしているようだ。電動車椅子のライムはついに現地に飛ぶことに。一方、謀略を隠蔽しようと、暗殺者が次々に証人を抹殺してゆく。暗殺者は、ナイフの達人で、その手口は実に残忍でおぞましい・・・・

発端は魅力的だったんだけど、読み進むにつれて、だんだんゲンナリ。
たとえ反米主義者でも、無実の市民を国家が殺していいのか?という大胆なテーマかと思いきや、さにあらず。(やっぱり、結局はアメリカの「正義」を肯定してるしね。暗殺者が、料理上手なグルメでという設定はユニークだけど、これも作者が料理通をひけらかしたいだけみたい。

相変わらずのどんでん返しに次ぐどんでん返しだったけど、いささか駄作だったなぁ。
c0155474_22102064.jpg

写真は四ツ谷のDining Caretta2で食べたフォアグラの大根ステーキ。大根に味がよくしみてたけど、フォアグラはちょっと油っぽかった。

by sustena | 2015-01-15 22:12 | 読んだ本のこと | Comments(2)