タグ:酒肴 ( 76 ) タグの人気記事


2017年 03月 25日

和食 なない

昨日、久しぶりに西荻窪で飲んだ。金曜日とあって、いつも仲間と出かける店はどこもいっぱいである。
鞍馬の並びに「一水」というソバ屋があって、外からの雰囲気はなんとなくそそられたのだが、客が一人も入っていない。どうしたものか迷っていると、近くに「和食 なない」とひっそりと看板が出ているのに気づく。メニューも張り出してあった。あ、ここ!と思い2階に上がると、フツーのマンションのドアのようで看板も何もかかっていない。
ほんとにここでいいのかな・・・とおそるおそる入ると、コの字型の真新しいカウンターの向こうから、若いご主人が挨拶してくださる。聞けば昨年9月にオープンし、入りにくくすることで、呼応した客が入ってくればいいと考えてのものという。

カウンターは12人も座れるだろうか。もうひとつ4人掛けぐらいのテーブルか置いてあるだけ。カウンターの内側は同じ高さのステンレスの台やグリルなどで、そこでご主人が料理をつくる様子がわかる。
c0155474_17153813.jpg

ビールは、キリンハートランドや川越の地ビールのコエドなんかが置いてあった。
突出しに出てきたのは、この日の暦の「雀始巣(すずめはじめてすくう)」にちなんで、鶏のスープで炊いたお粥。
c0155474_1719176.jpg

刺身の盛り合わせ。スズキの昆布〆は立派な昆布を使っていたなぁ。モンゴウイカは厚みがあって甘みがほんのり。生シラスもおいしかった。
c0155474_17202773.jpg

続いて頼んだのが、八丈島のタラノメの天ぷらとおおふく豆の甘煮。どちらも満足。
またきたいなー。
ちなみに日本酒は、その都度季節にあったものを注文しているそうだ。
おすすめ。
c0155474_17223083.jpg

c0155474_17224171.jpg


by sustena | 2017-03-25 17:22 | 食べ物 | Comments(3)
2016年 12月 15日

インフルエンザ

c0155474_22442458.jpg
先週金曜日、 名古屋出張から夜中に戻るとなんだか寒けがする。翌日は、地元の仲間とやってるラジオ放送のあと、取材でお台場へ行き、熱っぽさをこらえながら撮影担当。夜中はうちで反省会と称する飲み会で盛り上がり、やっぱり寒けがひかないのは、こりゃ風邪をひいたかもと思い、翌日は念のため、I日じゅう臥せっていて、その翌日の月曜日、熱が下がったので会社に行き、念のため近くの内科で診てもらったら、インフルエンザだという。

エーッ、インフルエンザなんて、この歳になって初めてかかったような。。。。
それで、しばらく会社を休まなくてはならないのか聞いたら、決まりがあるのは子どもだけで、大人はそれぞれの勤め先次第なんだって。てわけで、そのまま仕事に追いまくられてる今日この頃。

写真は、仙台の息子が送ってきてくれた山形県産の秘伝豆を、煮たもの。ひたし豆かサラダがオススメらしいので、手製のダシにひたしてる。白菜3束と一緒に入ってたものだけど、母子が逆転してるような。。。白菜は取材で食べて感激したそうな。豆はなぜ買ったのか知らないけど、これも取材の一環なんだろうと思う








by sustena | 2016-12-15 22:50 | つれづれ | Comments(6)
2016年 10月 17日

塩江のシシ鍋

というわけで、昨晩の最終便で高松から戻り。代休はしばらく取れそうもないので、そのまま出勤したsustenaです。

塩江で泊まったのは魚虎旅館。その日の昼に電話に泊まれるか聞いて、ナベならできます。シシ鍋か寄せ鍋か鳥鍋、と言われて、ありつけるだけ御の字と思ってシシ鍋にした話はお伝えした通り。

そのシシ鍋とは、じゃーん!これです。これで二人前。
c0155474_16593020.jpg

そのほか、ズイキと青柳の含め煮や、ポテトサラダや刺身、それと鮎の塩焼きが出た。
c0155474_170553.jpg

一緒に行ったライターがノンべだったので、ビール大瓶のほか、お酒を冷で9合も飲んじゃった。

さて、翌日は8時にチェックアウト。
このあたりは、飛び出しを防ぐためか? こんなふうに行儀のよい足跡が各家の前やバス停の前など、あちこちに描いてある。
c0155474_1732045.jpg

宿を出たところで、ここでもネコちゃんを発見。
c0155474_1734441.jpg

c0155474_1735435.jpg
c0155474_174656.jpg

宿から見下ろした向かいのお店にもあったけど、通りのあちこちに、等身大の人形がある。
宿のひとに聞いたら、「限界集落で寂しいから、少しでもにぎやかなように置いてある。うちのはネコがぐちゃぐちゃにしてしまった。胴体は新聞で、顔だけ綿が入っていて、簡単につくれる」とのこと。限界集落のにぎわいのためって・・・・、
c0155474_17621100.jpg

行基が来たとかで、近くに行基の湯もあった。
c0155474_1765990.jpg

c0155474_1794952.jpg

奥塩江方面へずんずん歩く。コミュニティバスもあるんだけど、本数が少ないし、5kmぐらいの距離だから、どんな場所かちゃんと見たいし、何より昨晩食べ過ぎたので、ちょっと運動せねばと歩いたのだけど、遠かったなー
c0155474_17112922.jpg

途中にあった小学校、創業100周年の碑がたっていた。それが10年ぐらい前のものだったかな。歴史はあるのだ。

今回は廃校になった保育所裏手の川でマイクロ水力発電の環境学習。
昼は水車で皮をむいたサトイモがたんと入った芋煮汁がふるまわれた。
c0155474_17221832.jpg

c0155474_17142846.jpg

うどんを入れたのをおかわりしちゃた。またも食べ過ぎ。

おみやげは道の駅で買ったそば粉と新鮮な垢トウガラシ、空港でオリーブ漬け。

by sustena | 2016-10-17 17:16 | | Comments(4)
2016年 10月 08日

ピンチョス風

先週の夜に戻ってきて、目が回るような1週間だった。
本日は、地元の仲間とやってるラジオの公開放送でその反省会を我が家でやるので、ピンチョスもどきを作ってみた。
c0155474_21581894.jpg


by sustena | 2016-10-08 18:51 | 食べ物 | Comments(4)
2016年 08月 11日

初めての京都タワー

出張から戻っても、なんだかテンテコマイしていて、ようやくちょっと一息。
遅ればせながら京都の出張の写真をPCに取り込んだ。さてさて、最近関西方面の出張で、9割方ドタキャンがないと思われるケースは、経費節約のために、JR東海ツアーズのパックを利用している。

今回もそれで、なんと、京都タワー展望台がセットになっていたので、取材後にホテルにチェックインしたあとで、のぼってみた。京都タワーは京都に来るたび、外からはいつも見ているけど、のぼったことはなかった。
地上131メートル、世界一高い「無鉄骨建築」なんだって。
こんなゆるキャラもいた。
c0155474_22565131.jpg

平日夕方、外国の旅行者と日本人と半々ぐらいかな?360度ぐるりと見渡せて、気持ちイイ。
c0155474_2258291.jpg

京都駅を見下ろす
c0155474_22584486.jpg

イッキに暗くなっていく。
c0155474_2259116.jpg

夕食は、ここんところ探すのがめんどうくさくて、いつもの接方来にて。
長芋とろろのチーズグラタンが美味。今度家でもつくってみよう。
c0155474_2301531.jpg


by sustena | 2016-08-11 23:00 | | Comments(0)
2016年 07月 03日

桔梗を見に

伊藤若冲を見たあとは、とくにこれといった予定もなかったんだけど、帰りの新幹線にまだ時間があったので、京都駅の観光案内所で桔梗が見ごろとあった、2つの寺を訪れた。

ひとつは、妙心寺の退蔵院である。ここは、狩野元信が作庭した「元信の庭」や、池泉回遊式庭園「余香苑」が見どころとされていて、庭園内には四季折々の花が咲くというので、桔梗が咲き乱れているのかなと思ったら、陰陽の庭の陽のねうに一株、ひょうたん池のところに一株あるだけだった。これで見ごろにリストアップずくんじゃないよー(涙)。他に、アジサイとスイレン、蓮が咲いてました。
c0155474_1511645.jpg

c0155474_1513122.jpg

c0155474_1515859.jpg

c0155474_1514330.jpg

それじゃあ、同じ妙心寺の敷地内にある東林院で沙羅をみようと思ったら、入場するのに1600円だったか1800円かかるという。で、沙羅はどれくらい咲いているの、と聞いたら、もうほとんどオシマイだ、というので、ここはやめて、京都御苑の近くの、紫式部邸宅趾廬山寺へ。
c0155474_1521947.jpg

ここは、何かアピールポイントをつくろうと、源氏庭に桔梗を植えたに違いない。ちょうど見ごろ。でも、花がみーんなあっちを向いているのがちょっと悲しかったな。
c0155474_1523118.jpg

c0155474_1524563.jpg

白い桔梗もありました。
c0155474_153586.jpg

まったく関係ないけれど、前日に黒豚とパッションプルーツのサラダというのを食べた。パッションフルーツを入れるなんて、ぜいたくー。
c0155474_1544157.jpg


by sustena | 2016-07-03 15:04 | | Comments(3)
2015年 12月 24日

仙台光のページェント

イブは仙台に出張だった。17時に取材が終わったので、歩いて15分ぐらいの定禅寺通りで光のページェントがあるというので寄ってみた。
若い人がいっぱい!
コンデジの電池が切れてたので、iPadでとってみた。ちゃんと支えられないー。
c0155474_22281352.jpg

明日のクリスマスが満月。
c0155474_21482392.jpg

その後、駅近くの飲み屋でいっぱい。
★iPad経由でアップしたら、PCで見ると横たわっていたので、修正しました。EXIFを消すだけじゃ、こんどはiPadのSAFARI で横向きになっちゃうんだよね。どんなデバイスで見てもちゃんと表示するやり方があるそうなんだけど、めんどくさいので対応してませんー。
c0155474_21471299.jpg

いまは帰りの中央線の中ですー。

by sustena | 2015-12-24 22:23 | | Comments(9)
2015年 10月 05日

新世界方面そぞろ歩き

大阪では、上本町近くのホテルに泊まった。
ホテルの前からあべのハルカス行き循環バスが出ているのを発見し、物見遊山気分で、地上300mの複合高層ビルへ。ビルの下からではどれくらい高いかいまいちわからないので、向かいの商業ビルからぱちり。
c0155474_23203411.jpg

そこから新世界へは徒歩15分ぐらい。串カツの看板を横目で見ながらじゃんじゃん横丁を通りぬけて進む。
c0155474_23234674.jpg

c0155474_2324585.jpg

あちこちビリケンだらけ。
c0155474_23242421.jpg

観光客でごった返しているかと思いきや、いまいち場末感が漂い、人影もぽつりぽつり。呼び込みのお兄さんたちもゼンゼン活気がなくてぼけっとしてる。
c0155474_23253052.jpg

通天閣に登ってみると、ここからもあべのハルカスが見える。
c0155474_2327699.jpg

アメリカ映画やビートルズやマエケンやいろんなものをパロったビリケンが。
c0155474_2328576.jpg

エレベータをを降りると、通天閣の歴史や、コーニーアイランドとパリのエトワールを模した戦前の華やかなテーマパークだった時代を紹介する幻灯?やジオラマが。この展示がおもしろかったなぁ。
c0155474_23324277.jpg

c0155474_2333084.jpg

c0155474_2333144.jpg

c0155474_23332970.jpg

c0155474_23334550.jpg

c0155474_2334975.jpg

おなかがすいたけど、串カツ系はちょっと・・というわけで、難波まで出て、駅近くの居酒屋に入る。よし井とゆーお店。
すだれ貝というのを初めて食べた。
c0155474_2336791.jpg

〆にダシ茶漬けを頼んだら、アジ刺身がのってた。これがおいしかったな。
c0155474_2337352.jpg


by sustena | 2015-10-05 23:37 | | Comments(6)
2015年 07月 04日

仙台駅前の居酒屋

翌日取材を終えて、仙台メディアテークでガウディと井上雄彦がコラボした展覧会を見たあと仙台駅前の居酒屋でイッパイ。1時間ほどしかなかったので、できるだけ駅に近いところで・・・と歩いて、ふと目に入ったのが「味てつや」という店。ここが正解だった。

5時15分ごろに入ったんだけど、テーブル席はすでに予約の札が並んでいて、一番奥が空いていた。ラッキー。

お通しは、うざく。
c0155474_1794534.jpg

あいなめの刺身と、ヤナギカレイの塩焼き、完熟トマトのレモン煮、枝豆とえびのかき揚げのあと、お茶漬けをいただく。ほんとは、岩ガキやほかにも頼みたかったものがいっぱいあったけど、なにしろ時間がないので断念。
c0155474_1795318.jpg
c0155474_1710283.jpg
c0155474_17101084.jpg
c0155474_1710185.jpg
c0155474_17102823.jpg
c0155474_17103886.jpg

上喜元の大吟醸もまた、疲れた胃の腑にしみわたったのでした。おすすめです。

by sustena | 2015-07-04 17:10 | | Comments(2)
2015年 07月 04日

息子のアパートへ

木曜に仙台に出張が入った。息子に予定を聞くと、その日の朝から3泊4日の仕事が入っているという。そこで、前日仕事を終えたあとに仙台へ。東京駅から1時間半ちょっとで、改札口まで迎えに来てくれた息子と再会。

駅の近くの店はよく知らないというので、女性客でにぎわっていたワインバーに入る。
肉系が食べたい!ということで、豚しゃぶサラダ、三角揚げ納豆はさみ、穴子とアボカドのトルティーヤのピザ、仙台牛のステーキ、オマール海老のリゾットを頼む。息子は白ワイングラス一杯で、私はシャルドネどメルローともう一杯はなんだったかな。
c0155474_11413580.jpg

うれしいことにおごってもらって、歩いて息子のアパートへ。途中なぜか、こんな車が置いてあったりする道を通る。
c0155474_11434714.jpg

息子の部屋は思いのほかきれい。
c0155474_11443083.jpg

ベッドを奪って寝て、きゃつは寝袋。
翌朝、明太子スパゲティとトマトの朝食(つくってやった)のあと、ひとりで屋でのんびりしてから駅に向かって歩く。いい天気。30分近く歩いたら汗だくになっちゃった。
c0155474_11425561.jpg


by sustena | 2015-07-04 11:47 | つれづれ | Comments(2)