いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:見立て ( 14 ) タグの人気記事


2015年 09月 21日

奥田英朗「ナオミとカナコ」

c0155474_1371981.jpg奥田英朗の「ナオミとカナコ」(2014年11月 幻冬社刊)を読む。

言ってみれば、日本版のテルマ$&ルイーズだね。

小田直美は、百貨店の個人客向けの外商担当の女性。大学で西洋美術を担当し、学芸員の資格もとったので、ホントは百貨店の美術館の仕事をしたかったのだが、美術館縮小のあおりもあって、なかなか希望通りにはいかない。あるとき、顧客向けの内覧会で、華僑の重要人物が知り合いの中国人を何人も連れて押し寄せてきた。このため混乱のなか、高価な時計がなくなってしまう。おそらく、それをほしがっていた李朱美のしわざに違いない。直美は、朱美に返すよう交渉する役まわりになり、それを機に、朱美のハッキリした気性に惹かれる。

一方直美には服部加奈子という親友がいる。大手電機メーカーに勤めていたが、銀行員と結婚して今は専業主婦だ。その加奈子は、 夫のDVに遭っていた。離婚するしかないと勧める直美だが、加奈子は首をタテにふらない。ならば排除するしかないと、二人は夫の「クリアランスプラン」を計画していく。

こうして、その計画を実行するのだが、なにしろ現代は防犯カメラがいたるところにある。あっ、そんな計画ではやばいんじゃない。読みながらおいおい、もう少し慎重にしなくちゃいけないのに・・・と、ついつい二人に加担してしまう。

案の定、完全犯罪のはずが、犯罪がばれて・・・・。

前半は、直美の視点から描かれ、後半は加奈子の視点から描かれる。果たして二人は無事サバイバルできるのかー。

なんといっても朱美のキャラがよかったなー。イッキ読みですー。
c0155474_13541095.jpg

あっ、ワンちゃんみたいと思ってパチリ。

by sustena | 2015-09-21 13:52 | 読んだ本のこと | Comments(0)
2015年 09月 10日

昨日、羊みたいーと思ってぱちり。
c0155474_14204550.jpg


by sustena | 2015-09-10 14:20 | つれづれ | Comments(4)
2013年 06月 27日

ズロースの陳列

ズロースが並んでるように見えてしまった。いったん見えてしまったものは仕方がない。
c0155474_22152723.jpg

最近、iwamotoさんが顔写真をせっせとアップしているせいで、女の人の後ろ姿まで顔に見えてしまった・・・・。とほほ。目のクセみたいなものなので、伝染しちゃうんだよー。
c0155474_2217212.jpg

ついでに言うと、このコはひこにゃんに見える~。
c0155474_2243383.jpg


by sustena | 2013-06-27 22:17 | まち散歩 | Comments(8)
2013年 02月 16日

国立劇場小劇場「2月文楽公演 第2部」

c0155474_22292716.jpg先日久しぶりに、文楽に出かけた。

第2部の演し物は「小鍛冶」と「曲輪文章(文と章が一文字になっている) 吉田屋の段」「関取千両幟 猪名川内より相撲場の段」。2月は3部まであってどれに行くか迷ったのだが、曲輪文章は以前歌舞伎で仁左衛門と藤十郎が演じたのを見たことがあって(ちなみに、歌舞伎座の5月の杮落とし興行では仁左衛門と玉三郎という組み合わせ)、文楽とどう違うか興味があったこと、勘十郎と簑助が出ることなどから第2部に決めたのである。

最初の小鍛治は能の演目。刀匠として名高い三條小鍛冶宗近は、勅命により剣を打つよう命じられるが、自分と同じ技量をもった相鎚を打つ者がいないから無理~と言うんだけど聞き入れられない。困り果てて稲荷明神に祈りを捧げると老翁があらわれ、翁の言う通りに祭壇をつくって祈ると、稲荷明神が相槌を打ってくれ、めでたく銘剣が完成してめでたしめでたし。剣をとんてんかんてん打つと剣が赤くなるところなど芸コマ~。

曲輪文章は勘十郎の扇屋夕霧が美しいッ。吉田玉女の伊左衛門が寝たふりをしたり、炬燵をもってウロウロするのにあわせてのクドキの場面など息もぴったりであります。嶋大夫のねとつくようなしゃがれた声が最初は違和感があったんだけど、次第に廓の世界にどっぷり。

最後の関取千両幟は、なんといっても簑助がすばらしい。同じように遣っていて、どうしてあんなにも違うのか、人形に命がふきこまれて、目が吸いよせられてしまう。
もっとも、猪名川の女房おとわが、勝ちを譲ってやるつもりの夫の心を思いながら髪を整えてやる場面のバックの胡弓がうるさかったのはちょっとなー。
そのあとの、取り組み前の櫓太鼓の場面では、藤蔵、清志郎の三味線による曲弾きが楽しい。バチを三味線の上にのせたり放り投げたり、逆さにして弾いたり。ヤンヤの喝采。

この日は6列目のセンターだったので、曲弾きが見やすくてよかった~。2月は演目が多いせいということもあるのか、大夫が全体にいまいちだったような気がする。休演した源大夫のかわりの呂勢大夫はけっこう頑張ってたとは思うけど。住大夫が聴けないのはやっぱり寂しいのだった。
c0155474_2233515.jpg

近くの公園ではようやく梅が咲き始めた。
c0155474_22205361.jpg
c0155474_2221217.jpg

これってタコみたいじゃない?
c0155474_2222015.jpg


by sustena | 2013-02-16 22:22 | Theatre/Cinema | Comments(0)
2009年 11月 10日

本日の「!」

銀座の東芝ビルの向いに建築中だったビルのほろが取れて、ガラス張りになったがらーんとした室内。あっ、おジャマ虫を発見!なんて思う私は、よほど顔に毒されてるんだろうか。
c0155474_23343216.jpg

何カ月か前に、泰明小学校の近くの路地にあんみつやさんがオープンした。なんでこんな場所に?目立たないのに……と思っていたら、道路にこんな看板がお目見え。このスタディ模型のような建物はちょっと・・・。
c0155474_23361655.jpg


by sustena | 2009-11-10 23:36 | 看板・サイン・ポスター | Comments(18)
2009年 09月 29日

銀座の犬

それにしてもイタリアの犬ってぐーたらだったなぁ・・・と思い出しながら銀座通りを歩いていると、8丁目をとことこ犬が歩いていた。すこぶる美犬であります。首輪ナシ。いったいどこから抜け出してきたものやら。
悠然と新橋方向にとことこ歩いていったよ。
c0155474_1811461.jpg

その近くの舗道に、あら、女の子が。奈良美智みたい。えっ、見えないって?
c0155474_1813116.jpg

GRDIII

by sustena | 2009-09-29 18:15 | まち散歩 | Comments(9)
2009年 08月 28日

新幹線ホームで

新神戸の新幹線ホームで。これまで新幹線は何回も利用しているけど、こんなに消火器がずらり並んでいるのは見たことがなかったな。
c0155474_0503590.jpg

あ、ガイコツが。
c0155474_0505777.jpg

神戸出張でこんなものを撮っている私は本当にオバカだ。

by sustena | 2009-08-28 00:51 | | Comments(14)
2009年 06月 30日

あっ、カニっ!

なーにを撮ってんだか。
c0155474_22573047.jpg

GRDII

by sustena | 2009-06-30 22:57 | つれづれ | Comments(10)
2009年 06月 05日

またまた顔

本日、三田で。
c0155474_21392716.jpg

こっちは京都
c0155474_21395111.jpg


by sustena | 2009-06-05 21:40 | つれづれ | Comments(2)
2009年 05月 30日

じーっ

思わず、目が合ってしまったの。
c0155474_22202010.jpg


by sustena | 2009-05-30 22:20 | つれづれ | Comments(6)