いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:西荻窪 ( 74 ) タグの人気記事


2009年 12月 27日

駐輪場

駐輪場にて。そっか、冬至は過ぎたんだよねってふと思った。
c0155474_22113854.jpg

c0155474_22112495.jpg

GRDIII

by sustena | 2009-12-27 22:10 | つれづれ | Comments(6)
2009年 12月 17日

ねじめ正一『ぼくらの言葉塾』

c0155474_23463781.gif学校の詩の授業は大嫌いだった。読み方を強制させられて、詩をつくれといわれて、全然思ってもいないようなことをさも感動したかのように装って、いかにも明朗な雰囲気で言葉をムリヤリ飾って、自分の気持ちが置き去りになっちゃったような感じだったから。

もちろん教科書の中には、たまにはおおお!と思う詩もあって、こっそりと詩集を買って読んだりするんだけど、トラウマのせいか、正確に言葉の意味をとらなくちゃならない気がして、なかなか素直に、いいじゃんって思えなかったりする。うーんうーん。

でも、ねじめ正一さんの詩は、そんなふうに構えなくても、カラダにひびいてくるし、読んでいるうちにリズムが楽しくなる。詩のボクシングで谷川俊太郎さんと対決したときなんて、おかしくって、テレビで見ながら大笑いしたっけなぁ。

そんなねじめさんの『ぼくらの言葉塾』(岩波新書2009年10月刊)を図書館で見つけたので、イッキ読み。

これは2004年にねじめさんが講師を務めたNHK教育番組「日本語なるほど塾」をベースに、「こどもの本」への連載と書き下ろしを加えて1冊にしたもの。

世の中の言葉はコミュニケーションで、人と人を結ぶもの。もちろんその役割も大切だけど、まずヘンな言葉に出合って「なんだろう?」と考えて、言葉の面白さに気づくことがまず大事だぞ、ということを、いろいろなすてきな詩を引用しながら、ねじめさんは訴える。常識と理屈と成熟は、こどもの本の敵だ。たましいのやわらかいこどもにこの3つを与えちゃいけない! もっと言葉とたわむれよう。

メッセージやコミュニケーション以上に、言葉そのものの持つパワーが好きなねじめさんが選んだ詩を見るだけで、ココロが軽やかになる気持ちがする。

1時間目 発見!自分の言葉
2時間目 言葉の関節を外す
3時間目 こわして作る―カゲキな言葉
4時間目 声で遊ぶ―朗読
5時間目 詩の秘密
6時間目 子どもの秘密

引用してあるのは、石垣りん、いとうひろし、伊藤比呂美、阪田寛夫、佐野洋子、竹内浩三、谷川俊太郎、長新太、辻征夫、町田康、まどみちお ほか。
c0155474_23462443.jpg

写真は西荻窪駅近くの商店のシャッターに描かれた絵。GRDIII

by sustena | 2009-12-17 23:48 | 読んだ本のこと | Comments(0)
2009年 12月 13日

骨董?

西荻窪には骨董品屋が多い。なんだか妙なものがいっぱい店頭に出ている。
おや、これは・・・・??
c0155474_21311928.jpg

この箱は何に使うんだろう。
c0155474_21315134.jpg

GRDIII

by sustena | 2009-12-13 21:32 | まち散歩 | Comments(8)
2009年 12月 12日

映り込み

たぶん喫茶店だと思う。
ジャケットがいいというだけで買ったLPがいっぱいあるなぁ。最近とんと聴いていないけれど。
c0155474_15513042.jpg

GRDIII

by sustena | 2009-12-12 15:51 | まち散歩 | Comments(4)
2009年 12月 05日

やまだないと『西荻カメラ』

c0155474_22572874.jpg図書館で本の検索をしていたら、『西荻カメラ』(2003年11月 杉並北尾堂 発行)というタイトルを見つけたので借りてくる。発行人の杉並北尾堂というのは、北尾トロさんのことだろうか? 西荻図書館にもしばしば出入りしているのを何度か目撃したことがある。

実はこの本を借りたのは、西荻窪の写真集だと思ったからだった。でも、手に届いたそれは、マンガ+エッセイの、とても奇妙な味の本だった。

著者のやまだないと氏は1965年10月19日佐賀県唐津市生まれ。1987年「ヤングマガジン」掲載「キッス」で連載デビュー。1998年には『フレンチドレッシング』が映画化されたこともあるという漫画家で、フランスに住んでいたこともあるとのことだけど、現在は西荻窪に在住とのこと。

で、この本、「ナイトーさん」という西荻在住の男性漫画家が語り手で、女友だちとの、静かーな会話や、日比の淡々としたつぶやきをマンガにしたもので、マンガの背景に西荻窪のあちこちの写真(善福寺公園とか、自動販売機とか、お風呂屋さんだとか)が水彩でにじんだようにはめこんであって、マンガと実にマッチしている不思議な作風。で、ところどころ挿入されたエッセイというか西荻窪住民ならワカルワカルと思うような、コーヒー屋さんの話などの雑文が載ってる。そして、おまけとして、表紙見返し部分に日光写真がついてる!すでに感光ずみだったけど。

全体の雰囲気がいかにも中央線・西荻窪の雰囲気。というわけで写真も、西荻窪の鍛冶屋さん。
c0155474_23565970.jpg
GRDIII

by sustena | 2009-12-05 22:57 | 読んだ本のこと | Comments(6)
2009年 12月 05日

美容院へ

本日、久しぶりに持ち帰った仕事がなかったので、なんだかホッとして、そうだ、今年の夏以来?行ってない美容院に行かなくちゃと思い立ち、これまでのところは、いつも何も言わないでもテキトーにカットしてくれていたひとがやめちゃったので、別のところにしようとネットで探し、20%引きのクーポンを出力して、行ってみた。

初めてのところだから、どんな髪型にしたいか説明しなくちゃいけない。でもとくにないんですよねー。ほんとはショートカットにしちゃえば気分はかわるんだけど、短くしたら、せっせと行かないとすぐみっともなくなるので、今の長さはキープしたい。

自分でブローなんかしなくてもなんとかサマになって、多少クシャクシャでも、意思のあるひとに見えて、デカイ顔が小顔になるならなんだっていいんですけど。

そんなこと言われたって、そりゃ困るよねぇ。これまでの髪型を説明しようとしてもうまく伝わらない。結局「どれか選んでください」と、本を3冊ばかり渡されたんだけど、若いきれいなモデルさんばかりが写ってるのなんて、全然参考にならないなぁ。でもほかに手はないので、モデルとの落差なんてかまわず、お手入れラクチン、というのを指さした。

パーマをかけてる間、図書館から借りてきたアサヒカメラ10月号を眺める。アサヒカメラをちゃんと読むのは初めてである。なんだか目の毒・・・。帰りは大雨。チャリなのに! おまけに後輪はパンク(;o;) 浦和レッズの赤いレインポンチョをかぶって必死に帰る。似合わないことをすると、ろくなことがないのであった。
c0155474_22265736.jpg


by sustena | 2009-12-05 22:02 | つれづれ | Comments(8)
2009年 11月 18日

新しいレンズ

いい標準レンズがほしいと前から思っていて、Nikonの20万もするようなのは、私にはあまりに贅沢というものだなぁと思っていたら、タムロンのSP AF17-50mm F/2.8 XR Di II VC LD Aspherical [IF] (Model B005NII) とゆーのが、賢いテブレ補正がついているというではないか。

これなら私の持ってる重たい35-70mm F/2.8とも共存できそうかも、ということで、なみすけ商品券を握りしめて、荻窪さくらやで買って来てしまった。ホントは、中野に遠征したら2000円安かったんだけど、フィルターをつけてくれるというので、視察だけのはずだったのに、エイヤッと・・・。

でもメチャデブ!タンクタンクローみたい。18-135よりさらにひとまわり大きい。なので、取材には持ち歩けそうにない。とほほ。

でも、本日はカメラバッグに入れて通勤途中と昼休みにぱちり。
悲しいことに、フードをさかさまにつけてたら、小さいカメラバッグから出し入れしてるうちに、どこかに落っことしてしまった。えーんえーん。まぁ私はほとんどフードは使わないひとだから、いいんだけど。

とゆーわけで初撮り。まだ、加減がわからないし、通勤途中ということだけで、セレクトも支離滅裂です。
c0155474_22481254.jpg

c0155474_22482543.jpg

c0155474_22483732.jpg

c0155474_22484894.jpg

c0155474_224978.jpg

c0155474_22492164.jpg

ああそうそう、ズームなのだった。
c0155474_22494392.jpg

テブレ補正の威力は、昨晩試してみて感動。

by sustena | 2009-11-18 22:49 | カメラ・レンズ・写真レッスン | Comments(13)
2009年 11月 07日

三輪車

自転車を撮るのはズルい気がする。自転車そのものが旅の時間を内包してるようで、ただ置いてあるのを撮っても、ワケアリに見えるからという意味のコメントを昨日書いたんだけど、そんなふうに思いながらも、いい色合いだったりするとついカメラを向けてしまう。
c0155474_21411721.jpg

アーティストの工房?の入口に三輪車がぽつんと置いてあった。
c0155474_21425855.jpg

上は銀座 下は西荻窪

by sustena | 2009-11-07 21:43 | つれづれ | Comments(2)
2009年 11月 03日

鳥の学校

さすが文化の日は特異日でよく晴れ渡った。でもめちゃ寒かった。
このところなんだか忙しかったので、午前中は家でウダウダしてたんだけど、あまりにもいい天気がもったいなくて、D40にカラスコをつけて、川に沿って図書館まで散歩に出ることにした。
まずは公園から出発。寒くても子どもたちは元気。いつもはジジババがぶら下がっているジャングルジムでも子どもたちが遊んでいるのを久しぶりに見た。
c0155474_22183881.jpg

途中の川沿いの小学校に「鳥の学校」というポスターが貼ってあった。
c0155474_2218652.jpg

なぜ?と思ったらわかりました。こんなにイッパイの野鳥が来るんだそうです。カワセミもね。
c0155474_2220917.jpg

今月の生活目標は「ことばを大切にしましょう」。
c0155474_22211257.jpg

 おお、明るい光だー
c0155474_2221572.jpg

おや、こんなところにピーターラビットが。
c0155474_22221733.jpg

どうしても真ん中のあの家が顔に見える・・。
c0155474_22231488.jpg

ブロック塀に打ちつけた木切れなども犬の顔に見える・・・。
c0155474_22242955.jpg

このあたりに来るとどうしても水面のキラキラが撮りたくなってしまう。
c0155474_2225991.jpg

あっ、シラサギと思ったら飛んでってしまった。
あわててシャッターを押したんだけど、その直前に別のものをマニュアルで撮ってて、設定を変更するのを忘れてこんなにくらい(;o;)
c0155474_22302750.jpg

もう図書館に近い。公園からすでに2.3kmという表示があった。
このあたりはマンションが目立つ。
c0155474_22271942.jpg

なぜか右側の部分だけに洗濯物がどどっ。
c0155474_2227362.jpg


by sustena | 2009-11-03 22:28 | まち散歩 | Comments(8)
2009年 09月 03日

小声でていねいに

チャリで保育園の前を通ったときにふと目についた案内。

職員用専用の自転車置き場だから外部の人はご遠慮をということをアピールしているわけだけど、実に丁寧に一文字一文字記されていて、しかも2台の自転車がとてもやさしげである。いかにも保育園の先生が描いたんだなぁと思わせる。ひっそりとしたものいい。だけど、声高に××禁止だなんて押しつけられないぶん、こちとらも、「はい、わかりました」と素直になって、ここにコッソリ停めちゃおうという気はあまり起きない気がする。
c0155474_0244239.jpg


by sustena | 2009-09-03 00:24 | 看板・サイン・ポスター | Comments(7)