いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:西荻窪 ( 75 ) タグの人気記事


2017年 07月 23日

天徳湯へGO!

西荻窪駅から東京女子大学に向かう途中、徒歩7分ぐらいのところにある天徳湯がこの7月30日でオシマイというので、大学時代に通ったという知人夫婦と出かけた。
c0155474_10344259.jpg
創業は昭和3年。もとは天徳温泉と称していたらしい。
浴室には清水昆のカッパの絵が! 知人は記憶にないといっていて、それもそのはず。カッパの絵になったのは、改装した昭和61年からで、その前は定番の富士山だったという。天井が高くて気持ちがいいのー!

写真を撮りたかったけれど、他のお客さんがいたので、googleのストリートビューからキャプチャ。
c0155474_10412389.jpg

女湯の脱衣場はこんな感じ。これまたストリートビューから。

c0155474_11301600.jpg
以下よりぐるり見渡せます。脱衣場や番台のコーナーも
https://goo.gl/maps/UhpZAXpJMj12 

ジャイアンツの写真が所狭しと飾ってあって、奥さんが他の球団のファンの人もいるんだからといってもきかないんだって。
もう店じまいで、カゴを500円で譲ってくださるというのでゲットして持ち帰ってきたよー。




by sustena | 2017-07-23 10:45 | まち散歩 | Comments(4)
2017年 03月 25日

和食 なない

昨日、久しぶりに西荻窪で飲んだ。金曜日とあって、いつも仲間と出かける店はどこもいっぱいである。
鞍馬の並びに「一水」というソバ屋があって、外からの雰囲気はなんとなくそそられたのだが、客が一人も入っていない。どうしたものか迷っていると、近くに「和食 なない」とひっそりと看板が出ているのに気づく。メニューも張り出してあった。あ、ここ!と思い2階に上がると、フツーのマンションのドアのようで看板も何もかかっていない。
ほんとにここでいいのかな・・・とおそるおそる入ると、コの字型の真新しいカウンターの向こうから、若いご主人が挨拶してくださる。聞けば昨年9月にオープンし、入りにくくすることで、呼応した客が入ってくればいいと考えてのものという。

カウンターは12人も座れるだろうか。もうひとつ4人掛けぐらいのテーブルか置いてあるだけ。カウンターの内側は同じ高さのステンレスの台やグリルなどで、そこでご主人が料理をつくる様子がわかる。
c0155474_17153813.jpg

ビールは、キリンハートランドや川越の地ビールのコエドなんかが置いてあった。
突出しに出てきたのは、この日の暦の「雀始巣(すずめはじめてすくう)」にちなんで、鶏のスープで炊いたお粥。
c0155474_1719176.jpg

刺身の盛り合わせ。スズキの昆布〆は立派な昆布を使っていたなぁ。モンゴウイカは厚みがあって甘みがほんのり。生シラスもおいしかった。
c0155474_17202773.jpg

続いて頼んだのが、八丈島のタラノメの天ぷらとおおふく豆の甘煮。どちらも満足。
またきたいなー。
ちなみに日本酒は、その都度季節にあったものを注文しているそうだ。
おすすめ。
c0155474_17223083.jpg

c0155474_17224171.jpg


by sustena | 2017-03-25 17:22 | 食べ物 | Comments(3)
2013年 06月 16日

西荻窪の不思議商店

中央線の西荻窪は、骨董品店が軒を並べ、ちょっと裏の路地に入ると、おいしい飮み屋や雑貨屋やカフェが並び、ギャラリーなどもそこここにあって、なんともまったりした、田舎臭いけどおしゃれな街なんだけど、きょう夕食のワインに合うパンを買ったあと、自転車で裏通りを行くと、妙に心ひかれる店があった。

まるで傘みたいなディスプレイで、どう見ても「ニヒル牛」としか読めない。めちゃヘンな店名であります。

あとで検索してみて驚いた。プロデュースしたのは、「さよなら人類」の「たま」の元パーカッション担当石川浩司さんで、オーナーは妻の石川あるさんであるらしい。この店は2のほうで、もう1店の「ニヒル牛」が、ボックス型のスペースを借り、その中で自分の作品を自由に展示、販売するコーナーを設けているのに対して、2のほうは、貸し出すのは、くり抜かれた地球儀だったり、古時計だったり、そこのスペースを見た上で、使いたい場所の相談をしていくシステムなんだって。

いろんな作家と出会う場所になるといいね。
c0155474_2149683.jpg

c0155474_21493225.jpg


by sustena | 2013-06-16 21:48 | まち散歩 | Comments(2)
2012年 12月 16日

イケメンシェフのご近所グルメ

西荻窪はおいしいお店がいろいろあるらしいんだけど、なかなか地元で飮んだりディナーを食べたりする機会がない。知り合いの知り合いがお店を開いたというので、先日芝居が思いのほか早くはねたので出かけてみた。

以前スナックだかバーだったところをそのまま使ったというので、ちょっとアヤシイ雰囲気。
c0155474_2265498.jpg

食べたのは次の4種類とワイン。
ゴルゴンゾーラチーズソースのサラダ
c0155474_2291614.jpg

じゃが芋とパルミジャーノのガレット
c0155474_2294928.jpg

かますのポワレ(キノコのリゾット添え、カシスソース)
c0155474_221084.jpg

カキと舞茸のペペロンチーノ
c0155474_22102686.jpg


イケメンシェフが一人でワインの減り具合を見つつ出してくれる。パスタ以外、自分ではつくらないタイプの料理であります。味は75点ぐらいかなー。ワインが高いのでコストパフォーマンスはいまいち・・、おっと私が飲んべなのがイケナイだけかも。

追伸 ウワサ通りにイケメンだったけれども、私はイケメンが苦手なので、暗い店なのにまぶしすぎてちゃんと見ることができなかったのでした。
GRD3

by sustena | 2012-12-16 22:16 | 食べ物 | Comments(10)
2012年 06月 08日

西荻窪の気になる看板

きょうは取材先から直退したので、まだ明るいうちに西荻窪に着いた。
蒸し暑くってヘトヘトだったから、大好きな「ぼぼり」のアイスクリームを食べようと向かったところ、いろんな看板が目についた。

まずは焼鳥屋。「本日の希少部位」だって。みなさん、ご存知でしたかー。
c0155474_22372656.jpg

その数軒先の喫茶店。「ウエウエテナンゴ」──グァテマラの都市の名前。コーヒーもとれるんですねぇ。(なんとなくそそられてしまった)
c0155474_22394493.jpg

とことこ行くと、これまた焼鳥屋が。こちゃこちゃといろんなものが貼ってあったけど、とくに目を引いたのが焼きとりをバットに見立てたイラスト。横にまわるとさらにでーんと・・・。
c0155474_22413014.jpg
c0155474_22413695.jpg

その向かいは、いつのまにか鉄鍋ギョーザの店がなくなって、世界一にと叫ぶ店にかわってる~
c0155474_22451941.jpg

西荻窪は食べ物やのレベルが高いので、ここでずっとやっていくのはなかなかタイヘンなんである。

駐輪場に向かうところで、あまりにもわかりやすい顔がいたのでついパチリ。
c0155474_22562023.jpg


by sustena | 2012-06-08 22:46 | まち散歩 | Comments(6)
2012年 03月 08日

会話

なんだかこの2つの椅子の会話がきこえてくるような気がしてぱちり。
c0155474_22135480.jpg


by sustena | 2012-03-08 22:14 | まち散歩 | Comments(6)
2011年 09月 23日

ヨコトリへ#3

息子と意見があわないのもある。
たとえば、次の作品は私はあんまり好きじゃない。
c0155474_0441379.jpg

逆に、レコードでろくろを回して音を出しているのが、私は結構好きだったりする。
c0155474_0452551.jpg

映像、オブジェ、彫刻、インスタレーション、写真か絵画かよくわかんないの、まぁイロイロであります。
c0155474_0463174.jpg

ポスターにもなっているこれは、白い砂みたいなところの上を歩きながら、前の人が歩いて足のカタチが残ったのをまたホウキで消していくんである。
c0155474_0474153.jpg

横浜美術館には国芳も出ていた。三股の図は、東京スカイツリーが描いてあるんだよー。
c0155474_0485491.jpg

あれやこれや眺めていたら閉館時間。西荻窪に戻って一瓢家で焼肉と冷麺にチャプチェ、ナムルを。ここの冷麺はおいしいよー。
c0155474_0502774.jpg


★旅行に出かけるので、しばしお休みしますm(_ _)m

by sustena | 2011-09-23 00:51 | Art/Museum | Comments(10)
2011年 07月 01日

ぬいぐるみ

西荻窪の駅の近くの飲み屋街。朝とおると、だいたいこのクマは、ビールケースの上で横たわっていて、夜はすっくと立っている。
けさは、どんな風の吹き回しか、お店番をしている。いつもは、背中はどうなっているんだろう?まさか氷をいれてるわけじゃないよねぇ・・・、と思っていたんだけど、なんのことはない、プチプチが押し込められているのだった。
それにしても、なーんかさみしげな表情。気になるヤツなんである。
c0155474_21465138.jpg


by sustena | 2011-07-01 21:38 | まち散歩 | Comments(2)
2011年 03月 14日

通勤難民の朝

月曜日から通常に復帰、なんてバクゼンと思ってたのは、とんでもない能天気な想定でありました。

本日は朝早くに池袋で取材・撮影があり、土曜日に担当者に確認したら予定通り実施するとのことだったので、朝早くに家を出た。それでも西荻窪駅はたいへんな混雑で、ホームへの入場制限をしており、ほんの数人ずつしか乗れないというありさま。やっとの思いで、取材先に到着したところで、中止の連絡が入った。おそすぎる・・・。おまけに、本日は会社に無理してこなくていいとの業務連絡。うそー、満員電車で窒息しそうになりながら来たのに。(テレビの報道を見たら、1時間後だと、もっとタイヘンだったことがわかった。吉祥寺駅の行列などすさわじい)

そこからえっちらおっちら銀座に行く。あちこちでお店が閉まっていて、いつもより閑散としている。
c0155474_22303988.jpg

こんなときは、ショーウィンドウを見ても、うそくさい感じ。
c0155474_2234125.jpg
c0155474_22341290.jpg


夕方早め、家でも仕事ができるので、本日は早々に退散することにした。

節電のため、エスカレーターは使用中止。駅も暗い。
c0155474_22314086.jpg

地元のドラッグストアではカイロが完売である。
c0155474_22325856.jpg

レンガブロックに、節電を呼びかける小さなポスターが貼ってあった。
c0155474_22363474.jpg

交通の混乱といいい、いかに電気に頼っていた生活かあらためて思い知らされる。この混乱も、あと数日ぐらいで、時差出勤なり、いろんな工夫で解消されていくだろうか?

by sustena | 2011-03-14 22:44 | つれづれ | Comments(2)
2011年 03月 06日

刀削麺

きょう午後に阿佐ヶ谷で知人のライブがあったので、D7000の静音シャッターと高感度を試す絶好のチャンス♪と思って出かける。ホントはちゃんとしたズームがいいんだけど、重たいのがイヤだったので、35mm F1.8のちびレンズをくっつけていく。

しかし、高感度に設定したつもりだったのに、なぜか最高がISO500しかなってなかった。うっかりISO自動にしちゃったのかなぁ・・・。
測光をマルチにしてたんだけど、いまいちしっくりこない。で、スポットにして、ホワイトバランスをオートの電球食を残すにしてっと。ライブの場所は暗いので、手元不如意(;o;) LX3のほうがよっぽど上手に撮れたなぁ、とトホホなのであった。

ところで、ライブに出かける前に、西荻窪駅前で、ずーっっと食べてみたかった刀削麺に初トライ。珍閣というお店(以前は違う名前だった。ここのお店の前の写真がよかったので、ずっと気になっていたのである)。
店内は料理人も含めて中国のひとばかり。異国に来た感じであります。

辛い麺にするか、サムラー系にするか迷って、ねぎたっぷりのシンプル麺を選ぶ(メニュー名は忘れました)。となりのひとが食べていた、カリカリのギョーザもちょっとおいしそうだったなぁ。

これです。あっ、これじゃ、どんな麺かわからないわね。行儀が悪いけど、もう一枚。
c0155474_238384.jpg
c0155474_2381327.jpg

刀削麺というのは、小麦粉をこねてカタマリにしたものを、シャッシャッと包丁で、ゴボウをささがきにする要領で切ってお湯に落とすんだとか。幅1センチぐらいで厚さは2ミリ~3ミリ。きしめんをワイルドにした感じ。なかなかもっちり歯ごたえがあってgoodなのでした。

ボリュームは多かったなぁ・・・。

日曜日ののんびり昼下がりの店内。
c0155474_23105215.jpg

D7000+35mmF1.8

by sustena | 2011-03-06 23:11 | 食べ物 | Comments(12)