いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:沖縄 ( 10 ) タグの人気記事


2017年 03月 12日

西表島なう

取材が終わり、カメラマンを紹介してもらった知人への挨拶を兼ねて石垣島へ。上原行きのフェリーが欠航となり、1時間近く後のフェリーで大原に行き、そこからえんえん1時間ぐらいバスで移動して、本日泊まるホテルへ。
翌日もとんぼ返りと言うと観光もしないなんて、と宿に人に呆れられてしまったけど、明後日も取材なので、最終便で帰るとバテちゃうので、仕方ないのだ。
でも、植生がまるで違い、バスから窓の外を眺めてるだけで気分転換になる。
宿から5分のところから夕日をぼけっと見てた。
本日の夕食はグルクンのあんかけ、豚足、マグロさしみ、ジーマミー豆腐ほか。泡盛飲み比べセットなんぞ頼んだけど、一人で飲めるかなー
c0155474_19461225.jpg
c0155474_19445775.jpg
c0155474_19435392.jpg


by sustena | 2017-03-12 19:49 | | Comments(4)
2017年 03月 12日

本日の取材終了

天気予報では曇りだったけど、それなりにいい天気。
白保の海岸。むかし、こんなところに、飛行場を作ろうとしたんだよなぁと思いながらパチリ。
c0155474_15255227.jpg
取材を終えて、昨日、石垣島産のコーヒーを飲んだ珈琲亭で、軟骨そばをいただく。肉がめちゃ柔らかい!
c0155474_15251931.jpg


by sustena | 2017-03-12 15:26 | | Comments(2)
2017年 03月 11日

カップ沖縄そば

本日泊まるホテルに、備え付け?のカップ麺があった。夜食、お土産にどうぞ、とあって、最初は予算の都合でこちらに来ることができなかった営業マンへの土産にしようと思っていたのだが、クライアントと飲みに出かけたものの、ちょっと物足りな気がしたので、こんな時間なのに食べてしまった。
太っちゃうよねぇ。。。
c0155474_22473850.jpg


by sustena | 2017-03-11 22:51 | | Comments(2)
2015年 02月 12日

「島思い」の夜──超久しぶりの沖縄#7

これはニシキヘビの皮。沖縄の蛇味線(三線)の玄工房を主宰する知念忠司さんからいただいたものだ。

知念さんは、さんしん屋を営んでいるが、那覇のゆいれーる旭橋近くの大城美佐子さんのお店「島思い」で、1ステージを終えたあと、ずっとおしゃべりをした。
c0155474_23284437.jpg

この日は、沖縄にしては寒い日ということで、お客さんはこちとらのほかだーれもいない。 (こういう日はみんなおうちにこもってるんだって)。8時半からのライブの時間を過ぎてもお客さんがくる様子がないので、あらら・・・と思ったんだけど、知念さんともう一人のネーネー(名前はうかがわなかった)の歌声を独り占め。
風邪で声をやられたから調子が悪いと言い訳してのステージのあと、三線のこと、沖縄復帰してからの変化やトゥバラーマ大会の話や嘉手苅林昌さんや登川誠仁さんのこと、民謡の担い手の話など、あれこれうかがったのだった。

今回は取材が第一目的だったので、あれも見たいここにも行きたいと思いながらも、そうそうあちこちに出向けなかったけど(これだけ回れば十分ではないかという声が聞こえる・・) 、帰りの飛行場では天龍で沖縄そばも食べたし、久しぶりに沖縄の空気にふれて大満足でありました。

by sustena | 2015-02-12 23:42 | | Comments(0)
2015年 02月 11日

マチグヮーでお昼──超久しぶりの沖縄#6

首里城のあとは、国際通りから市場本通りのアーケードをくぐって那覇市第一牧志公設市場へ。このあたり一帯はかつて闇市で、その後2階建ての精肉や鮮魚などの2階建ての市場と、その周辺に大小のお店がずらり並んで、いつも賑わってる。全部で700軒ぐらいあるんだって。古本屋のうららもあったよ。
c0155474_22404813.jpg

c0155474_2241437.jpg

c0155474_2331348.jpg

公設市場でなんたって楽しみなのが、鮮魚売り場で買ったお魚を、2階の食堂で調理してもらって食べられること。
魚は3品まで。魚の値段+調理代金と場所代で500円。それにごはんやビールを頼めば、その金額がプラスになる。さんざん迷って、ブダイ(魚の写真の右側の青いカラフルなお魚)とロブスター、大きなはさみの蟹( ノコギリガザミかな?)を頼む。
c0155474_2251278.jpg

2階の食堂はこんな感じ。いろんな食堂があって、もちろんここでもいろいろなものを食べることができる。
c0155474_22541472.jpg

c0155474_22513945.jpg

ブダイの半身はお刺身で、半身は唐揚げ。
c0155474_22521575.jpg

c0155474_22523331.jpg

ロブスター(半身)はバター焼き。
c0155474_2253106.jpg

ガザミはお味噌汁。
c0155474_2253291.jpg

おなかいっぱいだわー。
このあと、いろいろなお店を眺めながら、壷屋の窯もとの並ぶやちむん通りへ。ここでも猫ちゃん。この日は汗ばむほどの天気だった。
c0155474_23124518.jpg

c0155474_234307.jpg

c0155474_22563760.jpg

c0155474_2394327.jpg

c0155474_2364472.jpg


by sustena | 2015-02-11 22:36 | | Comments(8)
2015年 02月 11日

三度目の首里城──超久しぶりの沖縄#5

ひょっとしたら四度目かもしれない。首里城も好きな観光スポットのひとつで、下に那覇の町が広がるなかを、正殿へと石段をずーっとあがっていくこの場所が特に好き。
c0155474_17302860.jpg

c0155474_17304764.jpg

奥書院など今回初めて目にしたところもあったなぁ。まだ復元途中の場所もあって、完成まであと数年かかるらしい。
ところで首里城は2000年に今帰仁城跡などの他のグスクとともに世界遺産登録されたんだけど、復元されたお城ではなくて、この遺構があったから登録がかなったんだって。
c0155474_17311064.jpg

正殿に向かって右の石垣の向こう側は首里城発祥の地ともいわれ、「京の内」という信仰儀式の場。聞得大君(きこえおおきみ)や大アムシラレなどの神女が王家の繁栄や五穀豊穣などを祈った場所でいかにも沖縄らしい木々がワイルドだった。
c0155474_17312931.jpg

c0155474_17314741.jpg

c0155474_173214.jpg

展望台からの眺めの気持ちのいいこと!
c0155474_17322195.jpg

駐車場へと向かう途中には堂々たるガジュマル
c0155474_17323251.jpg

首里城近くでも、昨日の美猫ちゃんに似た猫が。
c0155474_17324446.jpg


by sustena | 2015-02-11 17:33 | | Comments(2)
2015年 02月 10日

備瀬のフクギ並木──超久しぶりの沖縄#4

今回初めて訪れたのが、美ら海水族館から車で5分ちょっと、今帰仁半島の先端にある備瀬集落のフクギ並木である。台風が多く、ことに海岸べりで風の強いこの地域では、それぞれの家のまわりが生い茂ったフクギの防風林に囲まれていて、遠くからみると、地域全体がこんもり緑に覆われている。古いものは樹齢300年もあるんだってー。
昔ながらの民家も多く、時が止まったかのようなたたずまいだった。
c0155474_2334585.jpg

c0155474_23341729.jpg

c0155474_23353838.jpg

ブーゲンビリアも咲いてた。
c0155474_2339072.jpg

猫ちゃんがウロウロしてたよ。
c0155474_23361313.jpg

昼食はこの地区のカフェ チャハヤ・ブラン cafe CAHAYA BULANという今ふうのオシャレなカフェで。伊江島をゆったり眺めることのできるロケーションで、ベトナムのフォー風に沖縄そばをアレンジした「アジアンそば」をいただく。(このほかにラフテー丼と、中華風鶏粥がありました)。 ほんとはスイーツもトライしたかったんだけど、ランチだけでおなかがいっぱいになってしまった。
c0155474_23364385.jpg

c0155474_2336588.jpg

カフェを出ると、階段のところで、さきほどの猫が別の猫にガンをつけられていた。すごい声でうなってる美猫ちゃん。
c0155474_2338080.jpg

この二匹はしょっちゅういがみあってた。美猫ちゃんが嫉妬深いようなのだった。
c0155474_23393984.jpg

沖縄ではここばかりではなく、猫をしばしば目にした。猫ちゃんたちもすみよいところなのかしらん。

by sustena | 2015-02-10 23:43 | | Comments(4)
2015年 02月 09日

なんたってぜんざい──超久しぶりの沖縄#3

沖縄で必ず食べるもののひとつが、「ぜんざい」である。
ぜんざいの看板を見ると、ついつい注文しちゃうんだけど、これまで食べた中でもイチ押しなのが、木部町役場の近くにある新垣ぜんざい屋である。
ここで念のためお伝えしておくと、沖縄で「ぜんざい」というと、冷たい「氷あずき」のことである。ここ新垣ぜんざい屋さんのものは、大ぶりの金時豆をじっくり煮込んで、それにキメの細かい氷がのってる。1杯250円也。
c0155474_234277.jpg

創業は1948年で、製造方法は昔と変わらないけれど、唯一、省力化したのが自販機の導入だそう。といってもメニューはぜんざいのみ。店内と持ち帰り用とにわかれており、それぞれ1 人前から20 人前までのボタンがついてる。といっても店内は10人も入ればいっぱいになりそうなんだけど。
c0155474_239443.jpg

それにしても人気である。2月上旬、この時期の沖縄にしては肌寒い日というのに次々にお客さんがやってくる。

20年ぶり?に新垣ぜんざい屋で食べることができて、大満足なのだった。

ぜんざい屋さんのとなりは仲宗根ストアー。ブーゲンビリアが2階をおおわんばかり。この近くは、いまだ昭和の香りが漂ってる。
c0155474_23133632.jpg

c0155474_23135394.jpg

c0155474_23143768.jpg

c0155474_23145449.jpg

交番の壁の絵に感動。
c0155474_23153297.jpg

c0155474_2316431.jpg


by sustena | 2015-02-09 23:16 | | Comments(4)
2015年 02月 09日

大好き、美ら海水族館──超久しぶりの沖縄#2

本部といえは、なんたって美ら海水族館である。前回訪れたのは13年ぐらい前だったかな・・・・。
とくに気持ちいいのが、ジンベエザメやマンタやエイが悠々と泳ぐ巨大な「黒潮の海」の水槽。
今回は、カフェオーシャンプルーでコーヒーを飲みながら、ぼけーっとスイミーみたいに群れて泳ぐ魚たちや、サメにちょっかいを出すイルカやエイの呼吸の様子などを見ていた。
c0155474_22442562.jpg

c0155474_22444142.jpg

こーゆーのが目の前にドアップであらわれる。
c0155474_22451620.jpg

一日中見ていても飽きないのだけれども、お次の目的地に向かったのだった。
c0155474_2246258.jpg


by sustena | 2015-02-09 22:45 | | Comments(0)
2015年 02月 08日

今帰仁城の緋寒桜──超久しぶりの沖縄#1

沖縄に出張で出かける用事があり、久しぶりだったので、休みを利用して延泊してきた。
取材先は本島中部の恩納村。そこからちょっと足をのばして、本部をまわったわけだが、この時期は、緋寒桜が見頃で、世界遺産の今帰仁城跡は満開だった。ラッキー♪
c0155474_23391969.jpg

平郎門をくぐり、大庭へと向かう旧道。風情があるけど、のぼりにくい。
c0155474_23393275.jpg

普通は隣のこの道を歩く。上から見下ろすと、゛遠くに海が見えた。
c0155474_23442043.jpg

天気予報ではずっと曇りマークで、どんより曜日を覚悟していたのだが、ところどころで薄日がさして、気持ちよかった。
c0155474_2345246.jpg

韓国や中国からの観光客もけっこういて、自分撮りでキメてました。
c0155474_23462675.jpg


by sustena | 2015-02-08 23:46 | | Comments(6)