いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:新潟 ( 25 ) タグの人気記事


2015年 09月 30日

十日町のバーを舞台にしたアート

大地の芸術祭では、もうひとつ、十日町の中心商店街でのいくつかの作品も、実にユニークだった。

まずは、国道117号に面したコインランドリーを舞台にした≪憶測の成立≫。アーティストは、昨年資生堂ギャラリーで開催された 『たよりない現実、この世界の在りか』であまりのブッ飛び方に大いにインパクトを与えてくれた荒神明香とwah-document(南川憲二、増井宏文)の3人組の現代芸術活動チーム・目。ネタバレになっちゃいけないので、期間中は内緒ね、と言われていたけど時効だろうから書くと、何の変哲もないコインランドリーの扉をあけると、別の空間につながっていて、そこの扉をあけると、あれれ、さっき入ったはずのコインランドリー!?と一瞬、ココハドコ、私は誰?となってしまう。文句なく楽しい。

もひとつ、楽しかったのが1975年台湾生まれの黄世傑(ホアン・スーチェ)さんが、かつてバーだったお店を使った作品≪合成ミクロコスモス2015≫。ドアをあけると、妖しい人工的な灯りがまたたき、宇宙人というか海中の軟体動物の足のようなビニール袋がゆらめく小宇宙!
c0155474_22503040.jpg
c0155474_22503793.jpg
c0155474_22504676.jpg
c0155474_2250557.jpg

昭和時代の香りのただよう電気屋さんで見た、イテビアンクルーの井手茂太さんが振付・演出した『越後妻有で100人に振付しちゃいました』 もほんわかしててよかった。
YouTubeでどんな雰囲気の映像なのかを見たい方はこちら



十日町じゃないけど、松代の蒲生集落で、かつて村でたたひとつの医院だった古民家を舞台にした、イ・ブル/スタジオ イ・ブルによる《ドクターズ・ハウス》も印象深かった。作品そのものより、古民家のたたずまいがおそろしく美しい。
お医者さんに来てもらうために、ここの土地の人が家を用意して迎えたのだとのことで、地震などがありずいぶん荒れていたのを、何カ月もかけて修復したのだという。
c0155474_225138.jpg


by sustena | 2015-09-30 18:41 | Art/Museum | Comments(2)
2015年 09月 28日

越後妻有で食べたおいしいもの

越後妻有では地元食材を使った料理に感動。

これは廃校の体育館を利用して、アート作品を保管するために開設された清津倉庫美術館に、期間限定で出現した「きよつや」で販売されていたお弁当。プロの料理人今井義浩さんと、地元のお母さんがた、東京電機大学と共立女子大学チームがつくったもの。
c0155474_22271991.jpg
c0155474_22272991.jpg

宿泊先の民宿サンベリーの夕食。ここは一日一組限定で、オーナーのご夫婦と一緒に食事をとる。
c0155474_2228262.jpg

十日町のキナーレにある「Dining Bar 越後しなのがわバル」では、飲み物のほかのデザートはなんと一品100円。トマトのシャーベット(うろ覚え)と、糸瓜のプリンをいただく。ほかのもおいしそうだったなー。
c0155474_22354544.jpg

c0155474_22362712.jpg

まつだい「農舞台」の里山食堂のビュッフェでは、地元産のいろんな料理をてんこもりにしてしまった。作品よりも食い気、だったなー
c0155474_2238873.jpg


by sustena | 2015-09-28 22:36 | | Comments(4)
2015年 09月 27日

「赤倉の学童」

9月13日に終わった「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」。日本有数の豪雪地の越後妻有を舞台にして3年に一度行われる国際芸術祭で、今年が6回目。2回目から出かけるようになり、これまで6回出向いた(2度出かけたときがある)。そのときどきの目玉のアートを見るというよりは、里山とカマボコ型の倉庫や独特の民家のある風景に会いたさに行く、というのが正直なところで、2015年も会期オシマイのころに、知人とともに赴いた。

いくつか印象に残る作品があったが、忘れがたかったのが、ナウィン・ラワンチャイクンとナウィンプロダクションによる《赤倉の学童》という作品である。

ナウィン・ラワンチャイクンは1971年タイ・チェンマイ生まれのアーティスト。現在チェンマイと福岡で活動し、町に生きる人々と美術が直接出会うような作品を通して、社会における美術のあり方を問いかけているという。

今回は、限界集落のひとつ、赤倉で住民全員にインタビュー。
里山での暮らしや古老の知恵、人々をつなぐ紐帯のありようを見つめる作品で、旧赤倉小学校の校庭の2本の桜の木の間に、バチカン宮殿のラファエロ作の名画《アテネの学堂》を模し、住民一人一人を描いた絵画を描いた。彼のインタビューと作品制作のプロセスを編集したビデオ作品が、体育館に流れる。そのビデオは、ナウィンさんから赤倉のみなさんへの手紙の形をとっていて、その手紙を、住民がかわるがわる読み上げるのだ。

ナウィンさんは、年老いたひとたちがいまでも赤倉小学校の校歌を歌えることに興味をもつ。このビデオでも、みんなの歌っている姿が印象的。そしてインタビューや村人との交流を重ね、祭りに参加するなかで、村人一人ひとりの姿をアテネの賢人たちと重ね合わせていく。

当初、体育館の中に設置する予定でいた作品を、校庭の桜の木の下に置き、満開の桜の下でみんなと酒を飲み交わすシーンのすてきなこと。

この芸術祭が続いてきた理由はいくつもあるだろうが、アーティストが住んでいるひとたちとかかわりながら、その地域のすばらしさを、ともに発掘していったことも大きいに違いない。
c0155474_20412617.jpg

作品の一部をアップにすると──
c0155474_2041378.jpg

赤倉小学校は2003年十日町市立十日町小学校へ統合された。旧赤倉小学校の入口の廊下に、1997年2 月、インドで開かれた日本文化紹介の催しに、10人に満たない児童たちが郷土学習で勉強した伝統芸能「赤倉神楽」を踊り、インドの伝統舞踊団と交流したときの写真が飾られていた。
c0155474_2041474.jpg

すっかり秋
c0155474_20415688.jpg


by sustena | 2015-09-27 20:52 | Art/Museum | Comments(2)
2015年 09月 26日

蔡國強展:帰去来

c0155474_15352648.jpg横浜美術館で開催中の「蔡國強展:帰去来」がすばらしかった。
蔡國強(ツァイ・グオチャン/さい・こっきょう)は1957年、中国福建省泉州市生まれ。マッチ箱に絵を描く父親のもと、これが絵画であり世界だと思ったという。

蔡といってもぴんとこないひとでも、火薬と導火線を使った《万里の長城を1万メートル延長するプロジェクト》(1993)や、2008年の北京オリンピック開会式で視覚特効芸術監督を務め、打ち上げ花火で《歴史の足跡》を演出したアーティストだと聞けば、ははんと思いあたるのではないだろうか。

戦争や爆破に用いられる火薬を爆発させてカンヴァスや和紙に画像を定着させたり、大空を背景にした花火などによって、壮大なアートを生み出す独自の手法を開発した。

日本とも関係が深い。上海戯劇学院で舞台美術を学んだのち1986年末に来日。筑波大学に在籍し、東京や取手やいわきに滞在しながら創作活動を開始するが、絵画の発表場所を求めて画廊をまわるも反応は鈍く、日本滞在中に火薬絵画を編み出し注目を浴びる。95年以降はニューヨークに拠点を移し、いまや世界的に活動を続けている。

今回の横浜美術館では、グランドギャラリーで、火薬絵画の《夜桜》と《人生四季、春夏秋冬》、そして展示室の中央から床につるに絡まりながら咲くテラコッタによるインスタレーション《朝顔》を横浜美術大学の学生らとの協働で制作。(そのメイキング映像も興味深い)

これが1階のエントランス奥の半円部部分に展示された《夜桜》なんだけど、8×24mもの大きさなので、半分ぶつしか写せなかった。
c0155474_15353355.jpg
c0155474_15354392.jpg

このほか、春夏秋冬それぞれの季節をいろどる草花や小さな生きものが浮き彫りになった白い磁器のパネル240枚に火薬をまいて爆発させた《春夏秋冬》h、土と火が一体となり生命のはかなさとつながりを感じさせてくれる作品だった。小屋を爆発させる様子を写したビデオ・インスタレーション《イリュージョンII》は、火を近くでみるときの、からだの芯が燃えていくような思いにとらわれる。

圧巻は、2006年にドイツで発表された《壁撞き》という作品。99匹の狼が群れをなしてガラスの壁に向かって空を飛ぶが、壁を超えることができず落ちてしまう。しかしひるむことなく立ち上がり、また挑もうと群れの後についていく・・・・。(99は道教で永遠の循環を象徴する数字なんだって)

狼たちがぶちあたるガラスの壁はベルリンの壁と同じ高さだという。壁が崩壊したあとも、別の壁が残っていることをあらわしているとのことで、狼は人間の自由なこころの象徴だろうか。鉄芯、藁、石膏、着色された羊の毛皮、合成素材でつくられた実物大のオオカミで、一瞬剥製かしらん、と思ったほど。
どの作品も大きいのだけれど、この《壁撞き》 は展示室いっぱいの大迫力!

蔡のこれまでのアート活動や、現在からさかのぼって見せながら、彼のアートに対する思いが語られる《蔡國強:巻戻》と題したビデオをみているうちに泣けてきてしまう。

展覧会は10月18日まで。おすすめです。

特設サイトhttp://yokohama.art.museum/special/2015/caiguoqiang/
蔡のオフィシャルサイトもすてき。http://www.caiguoqiang.com/

新潟県十日町市のキナーレ1階回廊では、かつて仙人が住んだという蓬莱山をイメージした蔡國強のインスタレーション《蓬莱山》が展示中。東の海はいま日中の間で摩擦がおこりかねないのだが、蓬莱山はあくまでゆったり浮かんでいる(逆をみるとハリボテの山であることがわかる。ハリボテというのはヘンだけど)。回廊に吊るされた藁細工約1000体は、越後妻有のお年寄りに学び、地域のこどもたちとともに作り上げたものという。龍のようでもあり、空を飛ぶ鳥のようでもあるのだが、なかには軍艦もある。こちらの展示は9月27日まで。
c0155474_15355162.jpg
c0155474_15355988.jpg
c0155474_1536881.jpg
c0155474_15361689.jpg


by sustena | 2015-09-26 16:49 | Art/Museum | Comments(2)
2015年 09月 14日

KERA・MAP#006 『グッドバイ』

c0155474_2212815.jpg世田谷パブリックシアターで上演中のKERA・MAP#006 『グッドバイ』がすこぶるおもしろい!

太宰治の未完の遺作をもとにして、二部構成にしたもの。

戦後3年ほど経ったころのお話。田舎に妻子を疎開に出したまま、東京で暮らしている男・田島周二。彼は、「オベリスク」という文芸誌の編集長であり、闇商売で儲け、愛人が100人を超えるというモテ男だった。しかし、そろそろ愛人と別れ、闇商売もやめて、妻子と一緒にまじめに暮らそうと決意する。
なんとかしてすっきり女たちと別れる手はないか。葬式帰りに初老の文士に相談すると、美人のニセの妻を伴って愛人宅に出向き別れを切り出せばいいという。そこで田島は、あちこち探し歩いた末に、担ぎ屋のキヌ子を妻役に雇うことに。しかしこのキヌ子、美人だが、ケチで大食らい。しかも、女と別れるといってもそう簡単にはいかない。キヌ子のがめつさも増すばかり・・・・。

田島の4人の愛人と元妻、元妻との娘・知恵遅れのサチコ、オベリスクの編集者など、いろんな登場人物がもつれ、からみあって、話は意外な展開に・・・。

途中までは太宰のグッドバイだけど、なにしろ、しり切れとんぼに終わってしまったお話。それをケラがどんなお話に仕立てるか。キヌ子と田島の関係やいかに?

大笑いしながらしんみりして、じわっとあたたかくなるお話で、顔はいいけど、オシが弱く、明るいけど、どっかぬけていそう。こんな役をやらせたら天下一品の中村トオルと、老文士役の山崎一の会話のテンポがいいし、愛人の一人、内科の美人女医の緒川たまきのクールさ、池谷のぶえの怪演(いったい何人に扮したんだろう)、場面転換も含めて、登場人物の計算されつくした動きといい、超オススメの舞台です。

[原作]太宰治「グッド・バイ」
[脚本・演出]ケラリーノ・サンドロヴィッチ

[出演]仲村トオル 小池栄子
水野美紀 夏帆 門脇麦 町田マリー 緒川たまき
萩原聖人 池谷のぶえ 野間口徹 山崎一
c0155474_2214874.jpg

写真は、中国のアーティスト、シ・ハイの新潟 市ノ沢地域の森の中の作品 ケラの芝居ってなんだかこんな感じ。

by sustena | 2015-09-14 22:08 | Theatre/Cinema | Comments(2)
2015年 09月 10日

晴れ女

8-9日と新潟に行ってきた。
天気予報ではずっと雨。しかも9日は台風まで来る!今回ばかりは悲惨なことになりそうと覚悟していたのだが、なんと8日は関越トンネルを抜けると雨はやみ、夕方ちょこっとぱらついたけど、ほとんどたいしたことはなかった。

翌9日は、朝から雨。とはいえ、おそれていたほどのどしゃぶりじゃなかった。それも10時過ぎにはやみ、お昼ごろにはなんと青空が見えるではないか! 午後も天気雨みたいな雨と、30分ほどちょこっと雨に降られたけれど、強い風にも大雨にも出遭わなかった。

帰るときにはなんと虹が! 高速で栃木のほうと東京西部の通行止めのj表示を見ながら、つくづくとラッキーだったなと思ったことだった。

朝、民宿の窓から
c0155474_14165033.jpg

お昼過ぎ
c0155474_14172780.jpg

夕方の虹。下の方に残っていたのをぱちり。
c0155474_14174833.jpg


by sustena | 2015-09-10 14:17 | | Comments(0)
2015年 08月 13日

『死のドレスを花婿に』

c0155474_1312611.jpg『その女アレックス』のピエール・ルメートルの『死のドレスを花婿に』(吉田 恒雄 訳 文春文庫 2015年4月刊)を読む。

この人は、なんとまぁとんでもない話を考えつくのてあろうか。『その女アレックス』に負けず劣らずエグイのである。

主人公のソフィーは、朦朧としているうちに、男児を殺してしまったようだ。逃亡先でも、記憶にはないものの、罪を重ねてしまう。そのソフィーをじっと観察している男がいた・・・。

人の精神を操ることは可能か、考え始めたら実にコワイ。
3章の途中まではおぞましいながらもグイグイ読ませるけど、そのあとがとっちらかって杜撰な印象。
c0155474_2111922.jpg


by sustena | 2015-08-13 17:09 | 読んだ本のこと | Comments(0)
2012年 08月 18日

ボルタンスキーがパワフル!

先日、越後妻有トリエンナーレ2012「大地の芸術祭」に行ってきた。3年に1回、越後妻有の里山と十日町を舞台に行われる現代アート展も今回で5回目。2回目から毎回出かけていて、そろそろマンネリかなぁと思いつつも、あの風景に出会いたくて、知人を誘って出かけた。

今回、圧倒的なパワーで迫ってきたのが、十日町の越後妻有交流館「キナーレ」の作品の数々。なかでも、同館の2階が越後里山現代美術館となったことを記念して、芸術祭の期間中に回廊1階中央に展示されているクリスチャン・ボルタンスキーの「No Man`s Land」のインスタレーションが圧巻。

古着16万トンが敷きつめられ、中央はうずたかい山となっており、その古着を、クレーンが無造作に持ち上げては、また落としていくその繰り返し。
c0155474_21294160.jpg
c0155474_21294716.jpg
c0155474_21295497.jpg

カールステン・へラーの「Rolling Cylinder, 2012」は床屋のくるくるの中に入り込んだみたい♪
c0155474_2138612.jpg

レアンドロ・エルリッヒ(金沢21世紀美術館の、レアンドロのプールの作品で有名)の「トンネル」は楽しい作品だった。
c0155474_21385757.jpg
c0155474_2139697.jpg

クワクボリョウタさんの「Lost #6」は、小さなあかりをくっつけた鉄道模型がゆっくりと走り、周囲の壁に幻想的な風景を映し出すもの。絵本の世界みたいだったなぁ。
c0155474_21393881.jpg

キナーレ以外にも気に入ったものはいくつもあるけれど、山本想太郎さんの「建具ノモリ」も気に入っちゃった。ここで飮んだ生姜サイダーがおいしかったよー。
c0155474_21425616.jpg
c0155474_2143229.jpg


by sustena | 2012-08-18 21:43 | Art/Museum | Comments(2)
2010年 04月 02日

『三低主義』『建築の危機を超えて』

c0155474_18562056.jpg最近、建築家の隈研吾の本を2冊読んだ。1冊はマーケッターの三浦展との対談集『三低主義』(2010年2月 NTT出版)、いま一冊が彼の20代~30代前半の若いころの批評をまとめた『建築の危機を超えて』(1995年 TOTO出版)である。

「三低主義」というのは三浦展の造語で、モテル男の条件がかつての「三高」(高学歴・高所得・高身長)から、今は低リスク、低依存、低姿勢の「三低」となっているわけだが、男だけでなく、都市や建築も、偉大で高圧的なものから、低層、低姿勢(かわいい)、低炭素(環境への負荷が少ない)であるべきだとして、昔から「負ける建築」なんてことを提唱していた隈と、これからの建築や住宅、社会のあるべき姿について論じ合ったもの。

といっても、二人ともやはり頭がよくて高ピーな発言が多いのであって、どこが三低だよってツッコミたくもなるんだけど、これまでの中心市街地活性化なんていっては、新しいハコモノを建てて風景の記憶を壊しちゃうような「記憶喪失型まちこわし」から、これからは死ぬための街、弱い人が幸せに暮らせる街に再編成する知恵とプロデュース力こそが建築家に求められている、建築とは場所のリノベーションなんだって話には思わずナットクしちゃうのだ。

そういう議論を思い浮かべながら、隈が1977-84年ごろに「SD」誌上に発表した論評をまとめた『建築の危機を超えて』を読むと、いやまぁ、なんと生意気な若造だったことだろうかとあきれかえりはするのだけれど、彼のそものもの志が、進歩主義を疑わない建築への違和感だったことがよくわかる。

10年ぐらい前に隈にインタビューしたとき、本棚にある本が、文系人間の読むような本が多いのにへーぇと思ったものだったが、ヴァレリーやシェイクスピアを引用しつつ、いま主流の建築や建築評論とは違う道をめざすのだという決意がはしばしにうかがえるのである。ま、ちょっとクサいけどね。

「三低主義」
第1章 三低の都市、建築って?
(進歩の終わりの時代;二〇世紀の都市の死と生;モール化する世界には耐えられない ほか)
第2章 移動と建築
(中古マンションをリノベして中古品だけで揃える;隈研吾の原風景;モダンはもっと陰影に富んでいる ほか)
第3章 借りる建築、借りる都市
(コーポラティブ賃貸住宅みたいなものがあるといい;古いものを活かす;東京の風土、バナキュラーとは? ほか)


「建築の危機を超えて」
I
犯人捜しからリミナリティへ/周縁の空間工作者たち/建築ジャーナリズムとピューリタニズム/グラスの底の近代/アテネのポセイドン/コンテクスチュアリズム/植物園の問題/食べる空間/文明/イギリス的転換/成熟のおかげ/衰亡の三形式
II
劇的なる公的表現者達/兵器産業としてのアーバンデザイン/救済としての村野藤吾/人生のメタボリズム/発注芸術論/女の時代/芸術家と批評家/出来・不出来/スクールの作り方/古典主義のみみっちさ/パラディオのマージャン/ドローイングの二戦略
III
知識人の挫折/作家・教師・知識人/観念のよろめき/小児性と自罰/結婚の反復/ドガ、あるいは建築家の言説/立役とつっころばし/ニヒリスト・女・建築/地方の孤独/大組織という弱者/いい加減の勧め/建築家気質

IV
恋愛論としての東京論/Hamlet or Macbeth?/ハムレットの胡桃/暴力/マクベス/軽薄/失敗作/懐疑主義/でっちあげられた過去/博物学とユートピア/夢遊病者としての建築家/白紙の誘惑/海・波浪・海底
c0155474_1955773.jpg

c0155474_196976.jpg


by sustena | 2010-04-02 01:04 | 読んだ本のこと | Comments(0)
2010年 03月 30日

佐渡で見た標語

忘れてしまいそうだから、やっぱりメモっておこう。
佐渡ではなかなか秀逸な?標語が目立って、見つけるたびに、おおお、と感動していた。あいにく車だったので、停めてもらって撮るわけにもいかず、それが無念ではあるんだけど。
一例を挙げると───
「シートベルトは締めてアタリメー」(スルメの絵とともに)

トキの登場も目立った。

「トキの島 交通マナーの よいところ」 (ウソだろうというマナーが多かったけれど、いやそれだからこその標語か)
「トキを撃たないでください」(おいおい・・・)
あっ、必死に覚えておこうと思ったのに、もう忘れてる~

トキの森公園で展示されていた最後のトキのキンの剥製をぱちり。
c0155474_21525784.jpg


by sustena | 2010-03-30 21:53 | | Comments(4)