いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:新橋 ( 25 ) タグの人気記事


2015年 10月 08日

「歳月の旅 - 張照堂写真展」

昼休み、虎ノ門まで遠征して、台北駐日経済文化代表処台湾文化センターで開催中の「歳月の旅-張照堂写真展」を見てきた。
c0155474_21211611.jpg

張照堂(ジャン・ジャオタン)のことは昨年春にkenさんに教えてもらって、二つの写真展に出かけ、さらにどんな人か知りたいと写真集を見て、クールな構図、物語性がただよってくる作風にすっかり参ってしまった。

今回は張照堂が1970年から1990年までに撮影した作品の中から、赤ん坊を背負い、幼い妹の手を引きながら海辺を歩く少年、海をバックに何かをじっと考えている少女、手相や占いの看板の前を通り過ぎる女性・・など、普遍的な記憶の一コマというべきモノクローム写真が23点並ぶ。

写真のほか、「張照堂 光と影」と題し、カメラを手にした少年時代から現在までを年代別に追い、何人もの証言で張の作品の特質を浮かび上がらせたビデオがとてもよかった。それにしても中学時代から、あんなカンペキな写真を撮っていただなんて。

シュールレアリスムを吸収しながら、早くから自分のスタイルを確立し、しかも、それに挑戦し続けた人で、最近ではカラーやデジタルを生かした写真もあるが、カラー写真でも、モノクロのような、色を抑えたタッチで夢の中のような雰囲気が漂う。ビデオの中で「記憶はモノクロなのか」のテロップのあとに紹介された写真は、どこかさみしげでものを問いたげで、謎めいていて、いつまでも心に残ったなぁ。

展示作品のうち6点と、解説、略歴が記された8ページのリーフレットが写真が大きくてウレシイのだった。
10月30日まで。おすすめ。

新橋で昼食をゲットして帰りながら。行きは風がやたら強かったけど、帰りは気持ちよかった。
c0155474_21234023.jpg
c0155474_21235032.jpg
c0155474_21235823.jpg

なんなんだー、このイラストと写真の組み合わせはー
c0155474_2124653.jpg
c0155474_21242282.jpg

椅子の色がかわいい。
c0155474_21243535.jpg


by sustena | 2015-10-08 21:28 | Art/Museum | Comments(2)
2015年 05月 20日

赤瀬達三『駅をデザインする』

c0155474_22415777.jpg図書館の新着図書をチェックしていたら、赤瀬達三さんの『駅をデザインする』(ちくま新書 2015年2月刊)という本が目に留まった。以前、息子が外国の駅はおもしろいけれど、日本の駅にはロクなのがない。もっと待っているときの期待感を演出したり、出会いと別れをしみじみ感じさせる駅があるといいとブーたれていたのを思い出して借りて読んだ。

駅をデザインするというタイトルだけと、実は駅のサインのお話なのだった。著者の赤瀬達三さんは、日本の交通系サインの第一人者。大学3-4年に大学紛争を経験し、自動車会社への内定を蹴り、デザインで世の中をよくしようと案内サインをデザインする事務所に就職。その後1972年に営団地下鉄のサインを担当して以来、営団民営化までの31年間、営団地下鉄のサインの基準設計を担当する。その後、みなとみらい線、つくばエクスプレス、高速道路などの交通施設やアークヒルズ、六本木ヒルズなどの大規模複合施設のサイン計画に従事。こうした経験を踏まえて我が国の公共サインの歴史と、サインの計画設計にかかわる理論を体系的にまとめたのが『サインシステム計画学——公共空間と記号の体系』で、それを一般向けにわかりやすく解説したのが本書なのだった。

先に、駅のデザインの本ではなく、サインの話だったと書いたけど、駅空間が誰にとってもわかりやすいものでなければ、サインがわかりやすくなるはずもないのであって、サインを考えることは、駅のデザインを考えることでもあるのだ。

第1章は、基本となる理論や概念が解説してあるんだけど、ここで退屈して脱落しちゃう人がいるかもしれない。ごたくのきらいな人はすっ飛ばして、具体例が載っている第2章から読むといい。

さて、著者がはじめて営団地下鉄のサインを手掛けたころは、サインはあってもバラバラで・・・たとえば文字の大きさも違えば、用語もまちまち、英文があったりなかったり、表示がほしいところにでかでかと広告があるなど未整備で、ひどい場合はどこに改札口があるかさえわからない状況だった。

そこで、緑の入口カラーと、黄色の出口カラーを設定し、路線カラーによる○印の路線シンボルを導入し、動線がわかれるところには必ず図解サインを入れる、地上の周辺街区と地下の駅構造を1枚の図面に描くなど工夫を重ねていった。その後、出口の黄色サインはJIS化されたという(私はこれまで出口が黄色だなんてまったく意識していなかった!)

著者が長年携わり、社会的にも高い評価を得た営団地下鉄のサインも、民営化し東京メトロとなった際に、2つの大きな変更があった。一つは新会社のロゴマークの紺色を、乗り場案内サインの地色としたこと、出口の案内で、駅周辺の著名なランドマークとなる施設と出口の位置関係をわかりやすく示していた情報を、広告扱いとしたこと。著者はこれを機に基準設計者から降りることになる。

著者はいう。
「日本の駅づくりの根本的な欠陥は、土木部門が構造を考え、建築部門が内装を仕上げるという、総合的な人間環境のイメージを欠いた検討体制にある」「本気で駅に集散する人々の快適さを考えたことがなかった」と。

こうして、パブリックデザインやトータルデザインがないまま、ツギハギできた結果、JR新宿駅などは世界一わかりにくい駅になってしまった。このほか、第5章で著者が挙げる渋谷、名古屋など、日本の駅デザインの現状と課題を述べた個所にはボーゼンとするばかり。複数の会社が集まるターミナル駅で、自社のマーケティングのことばかり考えていては、いくら優秀なデザイナーが入ったとしても、パブリックのためのサインになるはずがないのだ!

(出張先で知らない駅でサインにしたがって行ったら、途中でサインが消えていて、まごつくことがよくあるよなぁ・・・)

商業広告があるためにせっかく作り上げた空間秩序が台無しになっている例もよく見かける。
「パブリック空間というのは、金さえ払えば好き勝手にわめき散らしていい場所ではない。なぜなら、それはプライベートな要求だから。パブリック空間は、そこにいるすべての人が楽に気持ちよくできるようにつくる必要があって、そうした整備を支援したい人だけが、スポンサーとして氏名表示を許されるべきなのだ」

その通り!!!

これは、きょう通った新橋駅。こうでもしないと、朝は混乱するんだろうけど・・・。
c0155474_22424810.jpg

c0155474_2243167.jpg

c0155474_22431370.jpg

第1章 駅デザインとは何か
デザインの目的/まず、わかりやすくする/駅のデザイン課題

第2章 案内サイン
営団地下鉄———サインデザインの手本として/みなとみらい駅———建築家とのコラボレーション/つくばエクスプレス———新規鉄道のイメージ戦略/横浜ターミナル駅———はじめてのコモンサイン

第3章 空間構成
仙台市地下鉄南北線???鉄道の見える場面をつくる/国会議事堂駅前出入り口建物———”地下に光を!”/福岡市地下鉄七隈線———トータルデザインの試み/東京メトロ副都心線———色彩で駅を美しく

第4章 海外の駅デザイン
英国鉄道とロンドン地下鉄/フランス国鉄とパリ地下鉄/デンマーク国鉄とストックホルム地下鉄/ユニオン駅とワシントン地下鉄/グランドセントラル駅とニューヨーク地下鉄/台北地下鉄と北京地下鉄

第5章 日本の駅デザイン
JR新宿駅———わかりにくさ世界一/JR名古屋駅———ピントのずれた旅客サービス/JR京都駅———部分に留まった第一級の空間整備/東京メトロの駅———狭隘化と過剰表示の進行/東急東横線渋谷———誰のための駅デザインか

第6章 これからの駅デザイン
駅デザインに求められるもの/空間構成の方策/案内サイン計画の注目点

by sustena | 2015-05-20 22:55 | 読んだ本のこと | Comments(10)
2014年 08月 01日

九条ネギてんこもり

えー、口直しに、おいしかったおそばの話を。
昨日所用で西新橋方面に行ったときに、本日は夜に泰明庵で旧友たちとの飲み会があるから重たいものを昼に食べるのはよそうと思って入ったら、「どんこ椎茸と九条ネギのそば」という昼限定のメニューがあった。
c0155474_21381165.jpg

お好みで天かすをどうぞ、ということで、半分食べたところで入れてみたカリカリの天かすともマッチしてたなぁ。

何しろそばの香りがよくて、茹で方がマル。椎茸が甘すぎるのでは。。。と一抹の懸念があったけど、ほどよい甘さで、シャキッとして、でもキツすぎない九条ネギの新鮮な青みが加わり、夏らしいお味。
c0155474_21382377.jpg

昼にそばを食べたので、夜の蕎麦屋は〆を平打ちうどんの釜揚げにして、そのあと入った和蘭豆というコーヒー屋で、ダッチコーヒーのかき氷をいただく。これまたスッキリ。
c0155474_21375459.jpg


by sustena | 2014-08-01 21:39 | 食べ物 | Comments(0)
2014年 03月 09日

牛スジ肉のチャーハン

うーむ、久しぶりの投稿で食べ物の写真だけというのはいささか気が引けるが・・・・。
新橋の広島風お好み焼きやのHIDE坊で、人気が高いメニューの一つが牛スジ肉のチャーハンで、カウンターで見ているといつもリズミカルな手さばきでつくっているのに見とれていたのだが、先日同僚といったときに、みんなでシェアすることにして初めて頼むことができたのだった。
なかなか具だくさんでgoodでしたー。
c0155474_17254572.jpg


by sustena | 2014-03-09 17:25 | 食べ物 | Comments(2)
2014年 01月 03日

中村 小山三『小山三ひとり語り』

c0155474_1631689.jpg中村 小山三の『小山三ひとり語り』(演劇出版社 2013年10月刊)を読む。

小山三は大正9年(1920年)8月20日、東京鳥越生まれ。大正13年に4歳で三代目中村米吉(のちに十七代目中村勘三郎)に入門以来、中村屋三代に仕えてきた女形だ。このひとが舞台にいるだけで、ぐんと舞台に奥行きが出てくる感じ。その彼が、戦前から戦中戦後の歌舞伎界や名優の思い出、脇役としての暮らし、そして十八代目勘三郎とともにした舞台や別れなど、90年に及ぶ役者生活を語った本。

とにかく驚くのが、90を過ぎているのに恐るべき記憶力!よくまぁ、戦前の舞台で一緒だった役者の名前や配役が次々と・・・。そして話題の豊富なことったらない。先代勘三郎とのやりとりや、舞台でのエピソードなどとてもおもしろいのだが(勘九郎が子ども芝居で『白浪五人男』の赤星十三郎をやったとき、舞台でおもらしをしたが、動じないでセリフをそのまま言ったので褒めたとか、皇軍慰問に出かけたら、兵隊たちが写真を撮らせろと大騒ぎになり、「私は男なんです!」と追い返そうとしても男でもいいと大騒ぎになったとか)、私がなるほどと思ったのが、「小山三 十種」というべき脇役での工夫の数々(ことに「籠釣瓶花街酔醒」のお咲)と後見の仕事のむずかしさである。
それと、勘三郎との別れのくだりは、ほろりとしちゃったなぁ。

口絵写真も豊富なうえ、登場する名優たちの略歴も載っていて行き届いたつくり。巻末には「小山三さんへ三十三の質問」のコーナーもある。聞き手は矢口由紀子さん。


小山三思い出写真館

長いわよ、話はいっぱいあるんだから
四歳の歌舞伎役者
浅草の落第生
ごまかしの天才
半ぺん一枚のおつかい
東宝劇団の日々
林長二郎、現る
道頓堀芝居
即時帰郷。
戦地の女形
軍艦イルミネーション
歌右衛門の手料理
お咲の柱巻き
九十歳の地獄宿
襲名の儀
もしほとしほみ
会長からの贈り物
すみだ劇場の夏
みのり座騒動記
「若草座」の人々
ナイショの話
後見の二枚扇
瞼の女たち
茨木の糸針
ブロードウェイの大向う
勘三郎からの頼まれごと
野分姫、逃走!
女形の黒四天
天覧の歌舞伎
カフェと芝居茶屋
六十年目の恩返し
「小山三さんへ三十三の質問」

写真は暮れの新橋。
ネコに狙われやしないだろうか。
c0155474_16344571.jpg

c0155474_1638045.jpg


by sustena | 2014-01-03 16:36 | 読んだ本のこと | Comments(2)
2013年 07月 06日

『解錠師』

c0155474_1645460.jpg先日、スティーヴ・ハミルトン『解錠師』(原題 The Lock Artist 越前敏弥/訳 2012年12月発行 ハヤカワ・ミステリ文庫)を読む。
2011年12月にハヤカワ・ミステリから出て、評判になったので図書館に申し込んだがいっこうに順番がまわってこないうちに文庫本が出たので、オキテを破って買ってしまったのである。

主人公のマイクルは、8歳の時にある大事件に巻き込まれる。絶望的な状況下で助け出された「奇跡の少年」として有名になったものの、事件の精神的なショックで口がきけなくなってしまう。周囲になじむことができず、孤独な毎日を送るマイクだが、あるとき古いドアのシリンダー錠をあけるコツを知ってから、自分の特殊な才能にめざめる。高校生となり、絵の才能も認められ、親友と呼べる年上の知人もできたある日のパーティで、ひょんなことからライバル校の生徒の家のドアを開けることを強要され、捕まってしまう。そして彼の運命は急転していくのだ。やがてゴーストと呼ばれるプロの金庫破りに徹底的に特訓を受け、ポケベルで呼び出されては金庫を解錠する生活に・・・。

この小説は、そんなマイクルの生活を2つの時間を軸に展開する。ひとつは、犯罪者に呼び出されてはプロの解錠師としての技術を提供する流れ、もうひとつは、伯父にひきとられ、プロの金庫破りのてほどきを受け、一人前となっていく時間。この行きつ戻りつする構成の巧みなこと。錠の声を聴きとるシーンもすてきで、マイクに共感しつつイッキ読み。
文庫版の表紙イラストがんの雰囲気がいいなぁ。

c0155474_2128745.jpg


by sustena | 2013-07-06 16:47 | 読んだ本のこと | Comments(2)
2012年 12月 15日

『二流小説家』

c0155474_23495582.jpgデイヴィッド・ゴードンの『二流小説家』(原題:THE SERIALIST 青木千鶴訳 ハヤカワポケミス 2011年3月刊)。評判がよかったので、図書館で予約してかれこれ1年以上経ってやっと手元に届き、期待して読んだけど、ちょっとがっかり。

概要を知ったときには大いに触手が動いたんである。

主人公は、ニューヨーク在住の中年作家、ハリー・ブロック。ポルノ雑誌の相談コーナーのアバズレ調教師として読者からの悩みに回答したり、スラム街で生きる黒人探偵を主人公としたシリーズもののミステリ、ソフトコアのポルノじみたSF、はたまたヴァンパイア小説などでいくつかのペンネームを使い分けて食いつないできたものの、どうもパッとしない。長年つきあってきた恋人のジェインには愛想をつかされ、家庭教師をしている女子高生クレアにも頭が上がらない。

そんなハリーに、一通の手紙が舞い込んだ。4人の女を惨殺し、一切の自供を拒んだまま、死刑執行を3カ月後に控えた連続殺人鬼、ダリアン・クレイから告白本の執筆を依頼されたのだ。

このチャンスをものにすればベストセラー間違いなし。しかし、その殺人鬼の出した条件は、服役中のダリアン宛にファンレターを送ってよこした女性に順番に会い、彼女らを主人公にしたポルノ小説をダリアンのために書いてくれたら、一話ごとに告白をするというものだった。ハリーは女たちに会うが、何回かのダリアンとの面談のあと、女たちが同じ手口で殺されてしまう・・・・。

女子高生のクレアとのやりとりや、ときどき挟み込まれるハリーの書いた小説など、半分ぐらいまではテンポよく、イキのいい会話につるつると読み進むのだが、ハリー自身が謎を解くべく探偵をはじめて、ついに犯人がわかってからがかったるい。

最近のミステリでよくあるパターンで、犯人判明後も、「実は・・・」と新たな発見があって意外性もあるんだけど、どんどんリアリティがなくなっちゃうし、なんだかご都合主義だし、ダリアンの告白も猟奇度マックスで、気色悪~。

ゴードン自身の小説論が展開されたり、興味深い展開だったのに、残念。
c0155474_2314112.jpg


by sustena | 2012-12-15 23:14 | 読んだ本のこと | Comments(2)
2012年 08月 01日

新橋のマネキン

ここんとこめちゃ暑い。
本日もクライアント先から戻る途中でちょうどお昼だったので、広島風お好み焼きでも食べようと新橋駅近くを歩いていたとき、ふと、なんだか不思議なものが目のスミにいたような気がして立ち止まったら、正体はメニューを持った古びたマネキンだった。
c0155474_055447.jpg
c0155474_0551163.jpg

見る角度によっても印象はずいぶんと異なるのだった。

by sustena | 2012-08-01 00:55 | まち散歩 | Comments(8)
2012年 05月 24日

藤田洋三『世間遺産放浪記 俗世間篇』

c0155474_2216769.jpg拙ブログにたびたびコメントをくださるesikoさんの写真に出てくる土蔵やトタンに心惹かれる人や、藤森照信や赤瀬川原平らの路上探検に関心のある人なら、気に入ること請け合いの写真集が、藤田洋三さんの『世間遺産放浪記 俗世間篇』(石風社 2011年12月30日発行 A5判変型368ページオールカラー)である。

作者の藤田洋三さんは、1950年大分県生まれの写真家で、全国の土壁、石灰窯、藁塚の撮影と取材をライフワークとして続けている人。

取材の過程で見つけた日本各地の決して有名ではないけれどその地で地道な仕事を続けた、鏝絵アルチザンたちの魂のこもった痕跡、アヴンギャルドならぬ左官ギャルドな手技の数々、キッチュな壁etcを写真におさめ、ユニークなタイトルをつけて(たとえばミルフィーユな壁、そろばんドック、刺青天井、泥のバームクーヘン)、軽妙な解説とともに紹介しているのだ。とにかく楽しい遺産たち。

その数306遺産! しかもこの本は続編であるからして、第一弾がある。こちらは247遺産!

1 失われた土木を求めて
2 そこに壁があるから
3 それは「アート」ではない
4 上を向いて歩こう
5 世界は粉でできている
6 小屋はスロー風土。 
7 アルチザン・デコの窓辺 
8 炎と土のモダニズム 
9 われら世間遺産探偵団 

こんな風景がどんどん日本のあちこちから消えて、無味乾燥な、のっぺりした家だらけになっちゃうのは悲しい。この本に共感したひとたちで、世間遺産保存運動をしなくっちゃ。

藤田さんの著書はこのほか、書『近代建築史・ゲニウス・ロキ』『消え行く左官職人の技・鏝絵』、『小屋の力』『鏝絵放浪記』『藁塚放浪記』『世間遺産放浪記』

写真は、本日新橋駅近辺で収集。
c0155474_22152097.jpg
c0155474_22152695.jpg
c0155474_22153318.jpg


by sustena | 2012-05-24 22:16 | 読んだ本のこと | Comments(10)
2011年 10月 26日

暗記法

電話番号をごろ合わせで覚えさせる、というのはよくあるパターンである。
でもこの碁会所の看板、ちと強引かなー。
c0155474_22374811.jpg


by sustena | 2011-10-26 22:33 | 看板・サイン・ポスター | Comments(0)