いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:中国 ( 48 ) タグの人気記事


2015年 06月 21日

多田 麻美【著】/張 全【写真】『老北京の胡同―開発と喪失、ささやかな抵抗の記録』

c0155474_0214580.jpg胡同の写真や映画を見るたびに、北京にいったら胡同を訪れたいと考えていたのだが、中国がすさまじい勢いで近代化を推し進めるなか、庶民の暮らしを支えてきた胡同が片っ端から取り壊されている話を聞き、ああ、間に合わなかったなぁ・・という思いにとらわれていた。

『老北京の胡同』(晶文社 2015年1月刊)は、2000年から北京で暮らした多田麻美さんが、その劇的な変化の一端を記録にとどめたもの。多田さんの夫でフリーカメラマンの張全(ジャンチュアン)さんが撮った写真も、口絵のほか、本文のあちこちに収められている

多田さんは、1973年生まれ。京都大学を卒業後、比較文学の研究者になろうと大学院で中国語学中国文学科を学び、北京外国語大学ロシア語学院に2年間留学。しかし、そこで胡同の「とてつもないカオス」にはまり、「胡同の神様にとり憑かれて」、大学をやめて北京のコミュニティ誌の編集者に転身する。そして胡同に住みながら、フリーランスのライター兼翻訳者として、北京の文化と現代アートをレポートする仕事に就く。飽きることなく胡同を歩き、ネットワークを広げ、再開発に抵抗する住民の声を聞き、そんななかで仕事上でも相棒となる夫と出会うのだ。

この本はそんな多田さんの胡同生活のあれこれとともに、暴力的な再開発の進め方とそれに抗う人々、なんとかして 胡同を守っていこうと取り組むNGOの動きなどを伝える。多田さん自身が胡同の一員として暮らす日々と、再開発のすさまじさが活き活きと描かれる第1部第1章・第2章がもっとも読みやすいが、エリアごとの個性や歴史が二重写しになる2部も、あれこれ想像しながら読むと興味はつきない(本文中の写真がもっと大きければよくわかるのに、ちょっと残念)

かつて胡同の数は「大きなものだけでも3600、小さなものは牛の毛ほど」といわれたという。1980年代までは減少が比較的ゆるやかだったが、ある統計によると、2000年には1200本、2005年には758本、つまり、新中国成立後の半世紀余りの間に、5分の1までに減り、その後さらに2014年には500ちょっとにまで減ったとのこと。文化大革命のときよりも、北京オリンピックにむけてが大激変だった。

まちがなくなり、住民がバラバラになることは、土地の記憶もなくしてしまうこと。中国だけの話じゃない。日本でもそうで、いまも進行中なのだ。


目次

はじめに  

1部 胡同が消える――開発の光と影  

第1章 止まらぬ破壊  
1、立ち退きに抗する人々  
2、消えゆく胡同ネットワーク  
3、「自由」の領域  
4、「自分の家に帰る」ための半世紀  

第2章、伝統的な景観と住環境
1、時を止めた鐘楼  
2、戻ってきた幻の河  

第3章、断ち切られる伝説
1、消えた竜の井戸 
2、鄭和の庭  

2部 胡同を旅する――老北京、記憶の断片

第4章 胡同の味
1、「小吃」が守る食の伝統  
2、老北京の台所事情 

第5章 趣味人たちの都
1、路地に響く美声  
2、骨董の都の賑わい  

第6章 華麗なる花柳界
1、色町の残り香――八大胡同  
2、歴史を変えた名妓  

第7章 裏世界をめぐる伝説
1、北京っ子のヒーロー、燕の李三  
2、スパイたちの暗躍  

第8章 古都の記憶
1、北京を鳥の目で見る  
2.近代化の実験場、香廠  
3、波乱万丈の百年、国子監街  
4、氷と明かりの巨大な蔵  

終章 消えゆくものを引き留めるられるか?
1、北京のNGO、文化財保護をめぐる攻防  
2、記憶の集積、「老北京ネット」の奮闘  
3.小さな流れが生む力  

おわりに―老北京はどこへ行く  

写真は3月に訪れた北海道開拓の村でのもの。こうした形での保存という手もあるのかもしれないけれど、もっと別なやり方があるといいよねぇ。
c0155474_14421161.jpg

c0155474_1442223.jpg


by sustena | 2015-06-21 14:49 | 読んだ本のこと | Comments(2)
2014年 06月 08日

『海外で建築を仕事にする』

c0155474_21463664.jpg前田茂樹 編著『海外で建築を仕事にする-世界はチャンスで満たされている』(2013年8月 学芸出版社 刊)を読む。

今春大学院修士2年になった息子が就職活動がうまくいかなかった場合に、海外の道もあるとけしかけるつもりで、刊行を知ってすぐに図書館に注文したんだけど、予約はそんなに入ってなかったのに、なぜか手元に届くのに9カ月近くかかって、なんのことはない、その間に息子はラッキーなことに第一志望のところから内々定を得たので、母親の取り越し苦労というか、先読みがはずれたというか、でもまあ、この本から教訓やらノウハウを得ようという魂胆なしに気楽に読み始めたら、いやあなかなかおもしろいのである。

この本は、世界16都市で活躍する17名の建築家、デザイナーに、海外でワーキングビザをゲットして就職した体験談を綴ってもらったもの。ある者は、交換留学生の形で、ある者はインターンとして、またある者はゼネコンの設計部をやめて、あるいは、作品に魅せられてポートフォリオを持って押しかけ面接で・・・と、海外で職を得る経緯はさまざまなのだが(ジャン・ヌーベル、レンゾ・ピアノ、ヘルツォーク&ド・ムーロン、スミルハン・ラディックなど、私でも名前を知ってる有名な海外の事務所が出てくる♪)、共通してるのは、建築という武器と情熱を頼りに、言葉はおぼつかないながらも、自ら世界への扉を開いていったことだ。

著者の一人の松原弘典 (さる事件で逮捕されてしまったが)の言葉によると、「終身雇用的な日本のシステムや聖域に守られることなく、自分のスキルを武器に世界のどこでも仕事を見つけられる『ローニン』」のスピリットにあふれていて、ふむ、日本の若い人が内向きだなんてウソだなぁと思ってしまう。

もっとも、建築は、いまや国内だけを相手にしていては、もはやショーバイが成り立たない。東京オリンピックが決まって、ゼネコンなんかはガゼン張り切り始めたけど、でも長い目で見たら、どんどん古いものをぶっ壊して、高層ビルを建てて・・なんてビジネスモデルではなくて、超高齢社会、地方の超過疎化やいろいろな課題を前に、どう日本社会全体をデザインしなおすかという大きな課題について、どんなスタンスで建築という仕事を考えていくかが大事なわけだけで、そんな中でも前向きに、自らの力で建築を考えていきたいというひとは、世界を相手にしていくしかないのであります。たぶん。

さて、ローニンの志で海外に眼を向けた若者は、では門を叩いた事務所で、どんなふうに仕事を進め、プロジェクトを任されるに至ったのか? コンセプトメーキングや実施設計の現場で、スタッフやボスとどんなふうにコミュニケーションを図っていったのか? はたまた、コンペに応募し、独立の道を探し、滞在許可証やビザを更新して生活する苦労とは? 給料の交渉は? 休日の過ごし方は? (ワークライフバランスは日本とは違っていいみたい)

全員が順風満帆だったわけではない。OKをもらえず1年近く棒に振った人もいるし、しばらくは希望する仕事を与えてもらえず、言葉も通じないなか孤独な毎日を過ごした人もいる。

編者の前田さんは書いている。
-----------------------------------------------------------------------------------
個人が自分の人生をクリエイトすることそのものが、創作であると思う。そして、人生をクリエイトするということは、さまざまな局面において選択のリスクを負うことといえる。しかし、自分が建築家としてどのように生きたいのかを見出し、その想いがリスクへの不安や危惧を越えた時、本当の意味での自由を得るのではないだろうか。
-----------------------------------------------------------------------------------------
海外で働くことの厳しさとやりがいと、17人の前向きな思いが伝わってくる本だ。
c0155474_22523798.jpg

ポルト
今はここにいる、ただそれだけのこと
伊藤廉/REN ITO ARQ.

ホーチミン
東南アジアの新しい建築をめざして

佐貫大輔・西澤俊理/S+Na. Sanuki + Nishizawa architects

北京
サムライ・ジャパンよりローニン・ジャパン
松原弘典/Tokyo Matsubara and Architects

パリ
建築のチャンス、世界への挑戦
田根剛/DORELL.GHOTMEH.TANE/ARCHITECTS

バーゼル
普通でいつづけること、普通からはずれてみること
高濱史子/+ft+/Fumiko Takahama Architects

NY,台北
建築と非建築をシームレスにつなぐ
豊田啓介/noiz architects

ロンドン
あいまいさを許容するこの場所に拠点を置きながら
小沢慎吾/John Pawson Limited

東京
東京の街がエネルギーをくれる
エマニュエル・ムホー/emmanuelle moureaux architecture + design

パリ
ドアをノックしなければ、始まらなかった
前田茂樹/GEO-GRAPHIC DESIGN LAB.

ヴァドダラー
建築を通して、インドの行く先を見届けたい
後藤克史

ジェノバ,シドニー
グローバルに、もっと自由に生きる
柏木由人/FACET STUDIO

オロット,バルセロナ
地域の風景の先にある世界
小塙芳秀/KOBFUJI architects

マーストリヒト
与えられた環境がすべてではない、自分で変えられる
梅原悟/UME architects

パリ
足もとを見て、振りかえってみると
吉田信夫/Ateliers Jean Nouvel

ヘルシンキ
何回失敗しても、負けじゃない
吉田智史/ARTEK

サンチアゴ
最果てのリベルタドール
原田雄次/Smiljan Radic Arquitecto

by sustena | 2014-06-08 22:53 | 読んだ本のこと | Comments(2)
2014年 05月 08日

山本啓一『グルコサミンはひざに効かない―元気に老いる食の法則』

c0155474_13545372.jpg千葉大学大学院教授で生化学と生理学が専門の山本啓一先生の『グルコサミンはひざに効かない―元気に老いる食の法則』(PHP新書 2014年1月刊)を読む。

知人の理系出身の編集者は、同僚の女性編集者が飲み屋などで「コラーゲンたっぷりでお肌ぷろぷるになる~♪」と鶏ガラスープなどに舌鼓をうっていると、「コラーゲンを採ってもそのまま吸収されるわけじゃないし、分解されて再びコラーゲンになるわけじゃない」と冷静に指摘しては、イヤな顔をされているそうなんだけど、この本も、、私たちが盲信しがちなサプリや健康食品について、からだやタンパク質のしくみや最新のデータなどを紹介しながら、その効能の「ウソ」を暴いていく。

タイトルにもある通り、グルコサミンやコンドロイチンには軟骨細胞を再生させたり、痛みを改善する効果はまったくない。コラーゲンも、いくら大量に食べても、皮膚のコラーゲン量は増えない。否、むしろ食べたコラーゲンがそのまま体内でコラーゲンになったりしたら、ぷるぷるどころか、足の裏のように「頑丈」な皮膚になってしまう。赤ちゃんの皮膚がプルプルなのは、赤ちゃんの皮膚にコラーゲンが少ないからなのである!

もちろん肌につける化粧品などについては、たしかにコラーゲンに潤いを保つ効果はあるのだが、それはコラーゲンだから肌が潤うのではなく、タンパク質が水と結合する性質があるからだ。実際、タンパク質ならなんでもいいんだけど、アレルギーが起きてはいけない。コラーゲンであれば動物のコラーゲンも人間のコラーゲンもアミノ酸の配列が一緒だからアレルギーが起きにくいうえ、コラーゲンは、川のなめしや魚の加工で大量に出てくる、いわば「産業廃棄物」だから格安で入手できるためなのだ。

この本で、えっ!そうだったのか!!と思ったのはこのほか次の2つ。

一つはフレンチパラドックスは、赤ワインに含まれるポリフェノールのおかげではないってこと。
心臓に血液を送り出す血管が、コレステロールや白血球が詰まって血行が悪くなうのが心臓の動脈硬化で、血管が完全に詰まると心臓の筋肉細胞が酸素不足になってATPをつくれなくなって心臓が止まってしまうが、実際はそうなる前に酸素を必要とする他の臓器にも異常があらわれてしまう。このような状態になって死んだときに、死因を心臓動脈の血流が悪くなったからとするか、多臓器不全とするか? ・・・・・この基準がフランスと他の国とは違っているために、心臓動脈硬化による死亡率がフランスは低いというのである。

また、牛乳を飲むとおなかがゴロゴロするのは、腸内で乳糖の分解酵素であるラクターゼが大人になるとつくられないからだが、ミルクを日常的に飲む民族は、成人になっても働くラクターゼ遺伝子を持っているとマーヴィン・ハリスが「食と文化の謎」で唱えていて、ナルホド、日本人にはこの遺伝子はないのね、と思い込んでいたのだが、これはハリスが民族の文化や習慣を比較して導き出した結論が違っていたのであって、日本人でも日常生活で牛乳を飲んだり乳製品を食べたりしていると、誘導によってラクターゼの産生が導かれるのだそうだ。

そうそう、何年か前に、長寿遺伝子についてNHKスペシャルで大々的にやってたけど、サーチュイン遺伝子も長寿とは全然関係ないんだって。(科学雑誌に間違った論文が載って、専門家の間ではおかしいことが定説となっていてもなかなか訂正されずに誤ったままマスコミが報じてしまうことはよくあるんだってー)

であれこれシロートの食よ対する思い込みを指摘し、結局長寿者の食事に共通項はないこと、長生きするには、人間に必要な必須アミノ酸を採る効率のよい動物性タンパク質をちゃんと食べて、腹八分目ぐらいにして、おいしく味わって食べるのがよいと諭してくれるのであった。

第1章 間違いだらけのサプリの効果
第2章 ダイエットの常識・非常識
第3章 あなたの身体はどうなっているか
第4章 長生きの食卓
c0155474_0124229.jpg


by sustena | 2014-05-08 00:13 | 読んだ本のこと | Comments(2)
2014年 04月 15日

上海我爱你#14──なつかしい風景

たった4泊だったが、まだ目を閉じると、いまもあちこちうろついた路地の風景が思い浮かぶ。人くさい、なんだか懐かしいたたずまい。今度行っても、ずっと残っているだろうか。
思い出のかけらをのっけて、とりあえずオシマイといたします。
c0155474_22213790.jpg

c0155474_22215122.jpg

c0155474_2222538.jpg

c0155474_22221847.jpg

c0155474_22223260.jpg

c0155474_22224564.jpg

c0155474_22225965.jpg

c0155474_22231215.jpg

c0155474_222324100.jpg

c0155474_22233699.jpg

c0155474_22234727.jpg

c0155474_2223575.jpg

c0155474_2224971.jpg

c0155474_22242470.jpg

c0155474_22243851.jpg


by sustena | 2014-04-15 22:25 | | Comments(6)
2014年 04月 12日

上海我爱你#13──朝の風景

朝、散歩に出かける。

人民広場のホテル近くの地下鉄入り口があいたのは8時過ぎだったかな。
c0155474_22175295.jpg

公園や、ちょっとしたスペースでは太極拳を踊る人たち。聞き慣れた音楽だと思ったら、我が家の近くの公園と同じ旋律なのだった。
c0155474_22212934.jpg

c0155474_2221444.jpg

朝の外灘では凧あげをする人が。連凧や、いろいろな形の凧が空を舞っていた。
c0155474_22225833.jpg

c0155474_2223383.jpg

犬をつれて散歩する人も多い。犬トモと語り合うのはいずこも同じ。
c0155474_22232139.jpg

南京東路近くの路地は、ミニ朝市。小ぶりのタケノコを次々に買っていく。
c0155474_2225579.jpg

c0155474_22251410.jpg


by sustena | 2014-04-12 22:25 | | Comments(6)
2014年 04月 12日

上海我爱你#12──嗚呼、簡体字!

中国は漢字の国である。しかし、あんなに画数が多い漢字を覚えるのはタイヘンだ、文字をもっと民衆のものにということで開発された簡体字がもうすっかり定着し、読めそうで読めない文字がイッパイある。
わかるようでわからない。うーむ・・・・と、看板の前や、地下鉄や駅の広告の前で、ハテー?とたたずんでしまうのだった。
c0155474_04015.jpg

こういうシリーズ広告だが・・・。
c0155474_0415100.jpg

c0155474_043166.jpg

こちらはマンションの売り出しでもあろうか・・? 電車内がこの広告のバリエーションで埋めつくされていた。
c0155474_064464.jpg

c0155474_07029.jpg

も、もどかしい・・・・。

by sustena | 2014-04-12 00:07 | | Comments(4)
2014年 04月 10日

上海我爱你#11──シベリアまで4750km

上海は黄浦江を挟んで西側が、歴史的な建造物が連なる外灘で、東側が近未来的なビルが並ぶ浦東地区。この黄浦江を渡るには、クルマで橋やトンネルを渡る以外は、地下鉄や観光トンネル、そしてもうひとつの手段が、渡し船。たしか1時間に4本ぐらい出ていたような気がする。

今回は浦西側から浦東へと渡った。たった5分のクルーズだけど、デッキで風に吹かれながら、ぐんぐん近づいてくるビル群の迫力を感じることができておもしろい。

二元(36 円ぐらい)でトークンみたいな乗車コインをゲットして船がやってくるのを待つ。
c0155474_23521858.jpg

浦東側につくと、この船を待っている人がいっぱい。
c0155474_2355592.jpg

道がだだっぴろくて、高いビルばかり。がらーんとしてる。
c0155474_23553875.jpg

目指すは、88階(地上340.1m)の展望台から上海を一望できる金茂タワー。ここのエレベーターは刻々と現在の高さが表示される。
c0155474_23583570.jpg

PM2.5で視界が悪いこともあるかもしれないけれど、窓ガラスもけっこう汚い。でも思ったより遠くまで見えたともいえるかなー。
c0155474_23594852.jpg
c0155474_23593748.jpg

私が気に入ったのは、この表示。
シベリア 4750km
北京1080km
魯迅公園 6km
なんか、さすがだーという気がしたよ。
c0155474_014978.jpg


by sustena | 2014-04-10 00:02 | | Comments(0)
2014年 04月 08日

上海我爱你#10──上海のおしゃれなカフェ

さんざ歩き回ったあとは、クラシックな洋館などのカフェでおいしいコーヒーを味わいたい。そんなときにゆったり過ごせるおしゃれカフェも増殖中のようだ。

たまたま入ったのが、衛山路にあるThe Cloudy Cafe。店内には雲が・・・! きれいな猫もいたっけ。
c0155474_053563.jpg

c0155474_054560.jpg

もう1箇所が、帰る日の朝、外灘を歩いていて、いまリノベの工事中の一角にあったLyceum Cafe。日本のアート本などもいっぱい置いてあったっけ。
c0155474_011673.jpg

c0155474_011175.jpg

天井はこんな感じ。
c0155474_0113127.jpg

c0155474_0115691.jpg

ここではカフェオレを頼んだよ。
c0155474_0122469.jpg


by sustena | 2014-04-08 00:12 | | Comments(3)
2014年 04月 05日

上海我爱你#9──郊外へ

上海から長距離バスで1時間の水郷のまちに出かけた。
c0155474_22475718.jpg

c0155474_22481335.jpg

c0155474_22482985.jpg

c0155474_22484775.jpg

c0155474_22564968.jpg

c0155474_22513938.jpg

もっと静かな田舎じみたところかと思ったら、テーマパークのような観光地となっていた。
それでも、瓦屋根に往時を思い、お店を眺めながら流れに沿って歩くのはすてきな時間だった。
c0155474_2252185.jpg

c0155474_22521615.jpg

c0155474_2253030.jpg

私はやっぱり人々の生活が伝わってくるような場所が好き。
c0155474_22531733.jpg

c0155474_22533094.jpg

c0155474_22534643.jpg

c0155474_22535764.jpg

c0155474_22541044.jpg


by sustena | 2014-04-05 22:53 | | Comments(0)
2014年 04月 04日

上海我爱你#8──あちこちが工事中

上海万博が終わって、多少は、あのすさまじいスクラップ&ビルドが落ち着いただろうかと思っていったら、とんでもない、あちこち工事中なのだった。
c0155474_23274958.jpg

c0155474_2328448.jpg

いまだに竹で足場を組むところも多い。
c0155474_23283772.jpg
c0155474_23282549.jpg

c0155474_2329132.jpg

完成後は、味もそっけもないビル群になるのか、歴史を生かして保存するのか、だれが決めているのかなぁ。ここは取り壊されるところか。フェンスの絵を見ながらあれこれ考えた。
c0155474_23292780.jpg

c0155474_2333477.jpg

安全に注意して・・という標語はいずこも同じ。
c0155474_23303634.jpg
c0155474_23302595.jpg


by sustena | 2014-04-04 23:33 | | Comments(8)