いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 05月 02日

低名山って。。。

連休初日の29日、千葉の知人宅近くの御殿山にのぼる。

日本武尊が東征して安房地方を平定したとき、ここを根城としたという由緒ある山で、登山口からカエルや鶯の声を聴きながらのどかな山道を約1時間のぼれば頂上という手ごろなコース。
江戸中期に村人がみんなの幸せのために担ぎ上げたという大黒様の設置してある展望台からの眺めもよかったな。
c0155474_15540658.jpg
頂上の看板を見ると、標高363.9mの高さとともに低名山の文字。わざわざ低ってつけなくても・・・
c0155474_15562109.jpg
頂上からは、外房と内房が両側に見える。晴れていれば富士山も見えるんだって。
c0155474_15533328.jpg
内房
c0155474_15534883.jpg
外房

ちょっと不気味なウラシマソウや、ハルリンドウ、ヤブレガサ。タチツボスミレなどもいろいろ咲いてました。ヤブレガサはリンゴの皮のような味がしたなー。
c0155474_15514316.jpg
c0155474_15532470.jpg
上はハルリンドウ、下がヤブレガサ

下山後は知人宅でタケノコ掘り。5本ばかり背負って帰って、もっかタケノコ三昧なのでございます。
バスタ新宿から高速バスで往復したのだけど、連休初日とあってアクアラインは渋滞。1時間ぐらい余分にかかったけど、これくらいなら許容範囲か。
c0155474_15542108.jpg


# by sustena | 2017-05-02 16:00 | 小さな自然 | Comments(2)
2017年 05月 02日

神田川でまちの歴史を想いめぐらせての舟遊び!

都市楽師プロジェクト主宰の「名橋たちの音を聴く」-神田川篇-に参加。
今回は、秋葉原近くの和泉橋防災船着場からお茶の水までを、まちの成り立ちや橋のいわれなどについて、鷲野宏さんの解説に耳を傾けながら船からまちを眺めるとともに、和泉橋、万世橋、shぉう丙橋、聖橋などをくぐって、コルネットとリュートを奏でるで、、和泉橋、万世橋、を、船上から放たれる音色の向こうに、都市が奏でる笠原雅仁さん、辻康介さんの歌声を聴くという趣向。オリジナル曲もあれば、モンテヴェルディやアドリアン・ヴらルート、ルッツァスキなどルネサンスからバロックにかけて、ヴェネツィアの小舟のうえで奏でられたであろう小品。おまけも入れて計9曲が奏でられたわけでけれど、橋の構造によって響きが違うし、まちを行きかう車や人のさざめき、JR京浜東北線の通過音や丸ノ内線のホームのアナウンスなどが聴こえてくるのは実におもしろい。
c0155474_15314663.jpg
c0155474_15313566.jpg
c0155474_15312319.jpg
明治期に鉄道が国有化されたころの駅の話や、関東大震災を生き抜いた橋のこと、かつて水の都で、まちに開かれた水路が、川に背を向けるようになったこと、もう一度水辺を取り戻せたらなあと思いながらの1時間。

硬い木でつくられたコルネットの響きがすばらしかったなー

終了後は秋葉原の順順餃子房で腹ごなし。満足~♪
c0155474_15320448.jpg
c0155474_15333665.jpg


# by sustena | 2017-05-02 15:33 | まち散歩 | Comments(0)
2017年 04月 28日

京都国立博物館「海北友松」

京都国立博物館の開館120周年記念特別展覧会「海北友松」を観てきた。

海北友松は、あのぎょろ目の龍の絵などは何度も観ているけれど、どんな人なのかは実はほとんど知らなかった。1533年に近江浅井家の家臣の家に生まれ、若年を東福寺で過ごしたが、主家や兄が信長に滅ぼされたのち、還俗して狩野派に弟子入りのだという。

このため今ある作品のほとんどは、狩野派から独立したのちの60歳以降のもの。建仁寺大方丈の雲龍図などは65歳以降なんだって。うむー、私よりトシなのに、あのエネルギッシュな絵ときたら!! ‘袋人物’といわれる人物のラインののびやかさ、大胆な余白。自在な描きっぷりに驚いてしまう。
なくなったのは83歳。最晩年まで絵筆をとり続けたのだとか。「花卉図屏風」などゴージャス♪ 
c0155474_12353885.jpg
展覧会は10のパートに分かれていた

第一章 絵師・友松のはじまり―狩野派に学ぶ―
第二章 交流の軌跡―前半生の謎に迫る―
第三章 飛躍の第一歩―建仁寺の塔頭に描く―
第四章 友松の晴れ舞台――
第五章 友松人気の高まり―変わりゆく画風―
第六章 八条宮智仁親王との出会い―大和絵金碧屏風を描く―
第七章 横溢する個性―妙心寺の金碧屏風―
第八章 画龍の名手・友松―海を渡った名声―
第九章 墨技を楽しむ -最晩年期の押絵制作-
第十章 豊かな詩情―友松画の到達点―

最後の部屋にあった、米国・ネルソン・アトキンズ美術館の「月下渓流図屏風」。土筆の色が印象的だった。
c0155474_12354904.jpg


# by sustena | 2017-04-28 12:54 | Art/Museum | Comments(4)
2017年 04月 27日

苅谷夏子『フクロウが来た』

c0155474_16080063.jpg

苅谷夏子さんの『フクロウが来た ぽーのいる暮らし』を読んだ。

クリームイエローの表紙に、中島良二さんの描いた、本の上にちょこんとのった愛らしいフクロウのイラストがひたとこっちを見てる。かわいい♪ それだけで、この本の温かさが伝わってくるんだけど、工藤直子さんの腰巻きがまたいいのだ。

ふわふわ・・・もふもふ・・・じみじみ
せつなく・・・いとしく・・・あたふた
そんな肌ざわりと想いに満ちた本です。フクロウを育てた気持ちになりました。

これ以上、何を付け加える必要があるだろう!!

でも、久しぶりのブログのエントリーなのでちょっとだけ書く。

ふっふっふ、この本の主人公、「ぽー」に私は会ったことがあるのだよ。
以前、写真で紹介もしたことがある。この子です!

c0155474_2281522.jpg

でも、もう4歳になったぽーは、ずいぶんたくましくなったに違いない。

この本は、2012年の初夏、作者が家の近くにあるフクロウカフェに出かけ、猛禽類のいる暮らしにふれるところから話が始まる。
そこに繰り返し通ううち、ウラルフクロウとモリフクロウのハイブリッドの赤ちゃんを見て、飼わないというカターイ決意はどこへやら、フクロウを迎え入れることになる。

といってもペット、という存在とはちょっと違う。
フクロウが自然界に属するものだからこそ、作者はフクロウに惹かれ、深く知りたい、いっしょに暮らそうと思う。その一方で、手に入れてしまえば、フクロウは自然から離されてしまう。その矛盾を抱えながら、自分の都合に合わせるのではなく、ぽーにとっての自然を大事に大事にしようと作者は決意するのだ。

ところで、夏子さんがぽーに初めて出会ったとき、同じ箱に入っていた"箱きょうだい"の「小豆ちゃん」の飼い主は、理系の勉強をした人で、毎日欠かさず餌をどれだけ食べたかや体重をしっかり記録する。かたや夏子さんは国文出身で、大村はまに鍛えられた人だから、理系的な客観データは望めない代わりに、主観的な観察を丁寧にし、かつ、読者がまるで自分がぽーをしかと観察している気分になるくらい、ありありと眼に浮かぶように教えてくれる。

シャープの液晶テレビのアクオスが好きなこと、うんちをするときは、すり足でしずしずと15cmくらい後ずさりすること、リビングの高い位置にあるカーテンレールがお気に入りで、初めてそこに立つことができ、さらに食器棚に飛び乗ることができたときは本当に誇らしそうだったこと、雨が好きで、窓の外を飽きることなく眺めていること。。。。

夏子さんが実家の階段から落ちて全治3ヶ月の重傷を負い、リビングにベッドを置いてぽーと一緒に過ごした日々の記述も忘れがたい。
うんちの始末がすぐにできるよう部屋に置いてあったトイレットペーパーをつかんで感触を楽しんでいたぽーが、何かのはずみで床に転がったロールをつかんで一気に飛び立った場面。トイレットペーパーがおもしろいようにほどけて、
「ぽーの慌てたような羽音と私のくすくす笑いが、白い紙の渦の中に広がった」

いつもは一気読みする私だが、ゆっくりじっくり、夏子さんの記すひとことひとことを、味わいながら読む。

ぽーが初めて雪を見た日。
「・・・見ても見ても、雪はとめどなく降り、ぽーはそれでもまた見ている。不思議なのだろう。窓辺に寄りかかる私の肩の上に飛び移って、並んで一緒に雪を見続けた。ぽーの顔のあたりの和毛と私の耳のうぶ毛が触れ合う音が、世にも繊細な音として耳の奥に伝わってきて、無音の雪景色に添えられた。ポップコーンに似たぽーの体臭がふんわりと香る」。

いかん、いかん、いくらでも引用を続けたくなってしまうなあ。
宝物のような本ですー

そうそう、ぽーのアルバムが4ページぶんあるのだが、残念なことにモノクロ。
(もっともこの本の雰囲気にはカラーがいまいち似合わない部分もあるからやむなし、かな)
そんな人にはインスタグラムとブログがある。

ブログはこちら→poowl.wordpress.com

腰巻きの隅の応募券で先着200名にぽーの羽根のプレゼントもうれしいところ。応募しちゃおうかなー



# by sustena | 2017-04-27 16:17 | 読んだ本のこと | Comments(0)
2017年 04月 02日

アクロバティックなヒヨドリ

久しぶりに近くの公園に散歩に行く。桜は足踏み状態で、場所取りのシートはあちこちにあるんだけど、適しているのは早咲きのこの桜だけで、あとは来週という感じ。
c0155474_15554514.jpg
c0155474_15555534.jpg

大好きなコブシはそろそろオシマイ。
c0155474_1556235.jpg
c0155474_15563214.jpg
c0155474_15564225.jpg

ハナカイドウは一輪だけ咲いていて、あとは今にも咲きそうなつぼみたち。これも来週かな。
c0155474_15572831.jpg
c0155474_1557422.jpg

ヒヨドリが細い柳に必死につかまっている。柳の小さな花のみつを吸ってるのかな?
c0155474_15584044.jpg
c0155474_1558508.jpg
c0155474_1559728.jpg


# by sustena | 2017-04-02 15:59 | 小さな自然 | Comments(2)
2017年 04月 02日

どことなくキッチュな桐生

桐生市は名前しか知らない街だったのだが、今回初めて重伝建(重要伝統的建造物群保存地区)のまちなみを中心に回った。

名物はひもかわうどん。きしめんを4本ぐらい並べたような幅の麺で(中にはもっと幅広のものもあるらしい)、きしめんのルーツである「芋川うどん」がなまって「ひもかわ」になったそうなんだけど、ホントかしらん。

今回立ち寄ったのは藤屋本店で、「カレーせいろひもかわ」を注文。カレー味だと、麺の味がちょっとわからなくなるキライはあるけれども、予想以上に麺がもっちりしていてマル。
c0155474_0194325.jpg

大正8年12月に建てられた桐生倶楽部。スパニッシュコロニアルふうのもので、現在も貸し会議室などに利用されているらしい。
c0155474_0291928.jpg

c0155474_0292884.jpg

利用規定の文字と内容が興味深かったんだけど、反射してちゃんと撮れなかったー
c0155474_0312250.jpg

旧北川織物工場のノコギリ屋根がチラッと見えた。桐生市には、ノコギリ屋根の工場などが多く、リノベして活用しているところも多いらしい。
c0155474_0324127.jpg

c0155474_0335815.jpg

有味噌や酒などの蔵が建ち並ぶ有鄰館の蔵は多目的スペースとして活用しているとのこと。
c0155474_036571.jpg

上毛電気鉄道上毛線の西桐生駅は、あたたかい感じのする駅だった。
c0155474_0365898.jpg
c0155474_0371039.jpg

c0155474_03726100.jpg

市の中心部は電柱の地下化が進められていて、道の両脇の建物に目が行きやすいんだけど、どことなくデザインが無意味に過剰な感じ。ここのエリアの工務店がこういうセンスを競い合っているんだろうか、とチラと思ったことだった。

# by sustena | 2017-04-02 00:39 | まち散歩 | Comments(0)
2017年 04月 02日

大川美術館でゆったり

抱えていた単行本の編集と、コンペがすんで─コンペは120点中、0.2点差で2位となりトホホだったが─このところのメチャ忙しい毎日が、ちょっと一段落したので、知人が桐生市に連れていってくれた。

あちこちを見たんだけど、ヨカッタのが大川美術館である。

この美術館は、桐生市出身でダイエーの副社長、限マルエツの社長をつとめた大川栄二が約40年にわたって収集した日本近代洋画を中心に、国内外の作家の約6,500点ものコレクションを展示する。開館は1989年で、市内を見下ろす水道山の中腹に建つ。

とくに、松本竣介と野田英夫の作品と、二人を軸にして彼らと人間的なつながりのあった靉光や国吉康雄、舟越保武、脇田和といった画家の作品が充実しているのが特徴で、日本の抽象画の嚆矢というべき難波田龍起と二人の子供の作品群もユニークという。

5階建で、階段を下りながら小さい展示室を少しずつたどっていく形で、ソファもあちこちに配置されてとてもゆったり絵を楽しむことができる。

ちょうど4月1 日からの展示替えのためにいくつか見られない部屋があるとのことで、作品の絵ハガキを3枚選ぶことができた。

見終わったあと、ティールームでコーヒーとさくらモンブランをいただく。
c0155474_23554949.jpg

ティールームからの眺め。まだ花の季節にはちょっと早かったけど、鳥の鳴き声が聞こえて気持ちいいー。
c0155474_23593418.jpg

c0155474_23584695.jpg

仮面が並んでいる部屋は、まるで我が家の玄関の壁みたい。もちろん、この美術館のコレクションははるかに充実してるんだけど。いくつか同じようなのがあったなー。
c0155474_00394.jpg

美術館前の通りから下を見下ろす。
c0155474_023421.jpg


# by sustena | 2017-04-02 00:02 | Art/Museum | Comments(0)
2017年 04月 01日

濃厚蕎麦湯が好き

昨日の昼、築地にある出版社に立ち寄ったあと会社に戻る途中で、蕎麦屋ののれんを見て心惹かれて入る。
メニューを見ていると、天ぷら系に特色があるようで、山菜せいろを注文。
フキノトウ、うるい、こごみ、タラノメなど。

待つことしばし。うっすらとした衣で、苦味と甘味が口の中に広がる。
美味しいー
c0155474_09082490.jpg
蕎麦つゆはカツオの香りがたっぷりで甘くなくてgoodですー。

食べ終わったあとの蕎麦つゆがこれ。
c0155474_09083578.jpg
私好みの濃厚な蕎麦つゆでした。1品料理もそそられるメニューで、昼の歌舞伎がはねた後に出かけてイッパイやるのが良さそうな。。。

そうそ、成富ってお店です。




# by sustena | 2017-04-01 09:27 | 食べ物 | Comments(2)
2017年 03月 28日

国立新美術館「ミュシャ展」

昨日は、仙台から息子が来ていたので、振替休日をとって国立新美術館に出かけた。月曜日だし、雪まじりの雨なのですいてるのでは、と思ったのだ。
でも甘かった!10時半ちょっと前に着いたときには、チケットを買う長蛇の列。20分ぐらい待った。
ちょうど草間彌生展もやっていたので、そっちのほうかお目当ての人ばかりではと思ったのだが、なかなかどうして、ミュシャ展も混んでいた。

ミュシャといえば、アールヌーボー華やかなりしころ、女優のサラ・ベルナールなどを描いた華麗なポスターで有名だが、今回の売りは、ミュシャの晩年、1912-26年)に描かれた故郷チェコや自スラヴ民族のアイデンティティをテーマにした《スラヴ叙事詩》全20作が一堂に会したこと。

圧巻であります。
c0155474_034725.jpg

1室だけ撮影がOKだった。
c0155474_23575291.jpg

写実的で、幻想的で、画面の左下などでこちらをじっと見ている人物に目が吸いよせられてしまう。
c0155474_23585895.jpg

c0155474_23591070.jpg

ハーブを奏でているのは娘さんがモデルという。
c0155474_23592115.jpg

c0155474_23593822.jpg

c0155474_2359498.jpg

オペラグラスを持っていくといいかも。それと、どこかでチケットはあらかじめゲットしてから行った方がいい。

# by sustena | 2017-03-28 23:59 | Art/Museum | Comments(2)