いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 05月 23日

ブリューゲル「バベルの塔」展

東京都美術館で開催中の「バベルの塔」展を見てきた。

目玉はもちろんブリューゲルの「バベルの塔」だが、ヒエロニムス・ボスの油彩2点と、ボスの影響を受けたブリューゲルの版画を含め、彼らが生きた16世紀ネーデルラントの絵画、版画、彫刻など約90点が並んでる。

構成は次の通り。

1 16世紀ネーデルラントの彫刻 紀ネーデルラントの彫刻
2 信仰に仕えて
3 ホラント地方の美術
4 新たな画題へ
5 奇想の画家ヒエロニムス 想の画家ヒエロニムス・ボス
6 ボスのように描く
7 ブリューゲルの版画
8 「バベルの塔」へ

やはり、4~8とどんどん興味深くなっていくのだが、ボスの絵もブリューゲルの版画も何しろ情報量が多い。小さい絵にこれでもかと、いろいろな怪物や村人の様子が描かれていて、じっくり見ていると数枚見ただけでどっと疲れてしまう。そのあたりを加減しておかないと、バベルの塔に行きつくまでにへばってしまうから注意!

私の視力では細かい部分が見えないだろうと、50cmでもピントがあう双眼鏡を持っていった。これが正解。でもめちゃ混んでいたら、使うのははばかられそう。内覧会だからよかったけど。

さて、バベルの塔は思ったより小さくて、これにホントに1400人も人が描かれているんだろうか、と茫然としてしまう。

東京藝術大学COI拠点の協力によって原寸を約300%に拡大した複製画と、約7分の3DCG動画が公開されていて、これがなかなか秀逸。ブリューゲルの超絶技巧や、構図の見事さなど、とーっても0わかりやすいのだった。
c0155474_14571146.jpg


# by sustena | 2017-05-23 15:17 | Art/Museum | Comments(2)
2017年 05月 16日

ロマン・チェシレヴィチ 鏡像への狂気

先日銀座グラフィックギャラリーで、ポーランドを代表するグラフィックデザイナー、ロマン・チェシレヴィチの「鏡像への狂気」と題した展覧会をやっていた。

このチラシにあるように、全体を左右両側から押し込んで中央部を消失させたシンメトリーの手法や、古典画を自在に引用・コラージュしたポスターなどをポズナン国立美術館の収蔵作品から、ポスター122点、コラージュ29点、雑誌・その他グラフィック作品38点を展示したもの。

それにしても、たとえばチラシ右など、元の絵とは全然違うのにモナリザに見えてしまう不思議!


c0155474_16540143.jpg
c0155474_16541088.jpg
c0155474_16541843.jpg
c0155474_16542724.jpg



# by sustena | 2017-05-16 16:54 | Art/Museum | Comments(0)
2017年 05月 16日

枡一蔵部でランチ

昨日は3人の編集者仲間とともに、小布施と松代の重文仏像ツアー

小布施は2回目。到着が11時過ぎだったので、近くをぶらついたあと、枡一酒造の経営する「蔵部」でランチ。
セットメニュー^も魅力的だったけれど、単品メニューを頼んで、栗おこわ(かまど炊きご飯と迷った)と味噌汁をつけることにした。
c0155474_15553546.jpg
アスパラとタケノコのクルミ和え
c0155474_15560685.jpg
信州サーモンの造り
c0155474_15562773.jpg
山菜の天ぷら(ふきのとう、かき菜、筍、エノキ、独活)
味噌汁は魚のアラでダシをとってたもので、なかなかボリュームがありました。
c0155474_15564370.jpg
c0155474_15571770.jpg
どれもおいしいー
しかもっ!綿際の誕生日でもあったので、おごってもらいました。うれピー♪
(あとで知ったのだけれど、この枡一蔵部、なんとまぁ、この5月31日で休業なんだとか)


# by sustena | 2017-05-16 16:31 | 食べ物 | Comments(2)
2017年 05月 12日

なないの「だしまき卵サンド」がおいしい♪

一昨日、取材で遅くなったので、西荻窪の和食なないでイッパイ。あまり夕食を外食することはあまりない私としては、この日で3度目の訪問と、最近のお気に入りであります。

北寄貝のいいのが手に入ったということで、それを頼み、残ったヒモは焼いてもらった。このとき火の隣で炙られたのが、姫タケ。香ばしかったなー。
c0155474_09590976.jpg
c0155474_09595409.jpg
c0155474_09593132.jpg
発見だったのが、小夏とひたし豆とドライトマトのオリーブオイルかけ。小夏はたまにサラダに使うけど、ひたし豆と組み合わせると実にさわやかなのだった。
c0155474_09594222.jpg
塩豚と夏野菜の生姜風味あんかけ。〆はだしまき卵サンドイッチで、おなかいっぱい。
c0155474_10000983.jpg
c0155474_09592133.jpg
お酒は、この日のオススメの「奥」と、「三芳菊」「雪の茅舎」あと一種類はなんだっかたなー?、


# by sustena | 2017-05-12 10:10 | 食べ物 | Comments(6)
2017年 05月 11日

GINZA SIX

4月20日に松坂屋跡地にオープンした銀座シックス。GWごろまでは、とにかく銀座通りの人並がこんなに多いのかーとあきれかえるくらいだったけど、ようやく落ち着いてきた。

私は物見高くも、オープン初日のほか、GW突入前とGW明け、そしてきのうと行ってきたのだが、なんというかおもしろみのない、わくわく感の足りない場所であります。

天井の水玉カボチャは草間彌生。
c0155474_16455858.jpg
大型本やアート関係の書籍の品ぞろえが日本一という蔦屋書店。いまいち落ち着かないレイアウトで、気取りすぎ。どこぞの図書館ンみたいにハリボテの本の内装デザインも気に食わない。
c0155474_16461066.jpg
屋上は植栽があって、カドッコに神社が。
c0155474_16462484.jpg
うっかりMSPC PRODUCT SELECTEDでバッグを衝動買いしてしまった。自分用のバースデープレゼントにしようっと。
c0155474_16464200.jpg


# by sustena | 2017-05-11 16:47 | まち散歩 | Comments(2)
2017年 05月 07日

GW中の公園

今年のGWは、ホントに天候に恵まれた。
山歩きと、神田川でのコンサートと、映画と歯医者と歌舞伎とチェロコンサートといつもの散歩で、アッという間に終わってしまった。息子もちょこっと帰って来たので、甘夏のマーマレードとひじきと角煮をつくったし(いったいどんな取り合わせだ)。

春は公園の花が次々に咲いて、毎日歩いていても、何かしら発見がある。
コデマリとトサシモツケがかなり似ている、ということも初めて知ったよ。

バンのヒナが、葦の茂みの奥にいて、ときおり顔を見せる。前回ヒナを見たのがつい3wf oぐらい前のような気がするけど、もう1年も経ったんだなー。
c0155474_22582380.jpg
下池の森で行われている地元の小学校の4年生たちの春のトロール展「森で遊ぶこどもたち」も、もうすっかりこのシーズンのイベントとして定着した。今年は118体。いつにもまして色合いが楽しい。
c0155474_22571401.jpg
c0155474_22573039.jpg
c0155474_22574552.jpg
こいのぼりも例年通り。風がなくメザシみたいな日も多かったな。
c0155474_22563183.jpg
ツツジが息苦しいほど密集して咲くのはナゼなんだろう。知人がマゼンタ色のツツジを見て、「ラブホの色だ」って言ってたけど、うむー。
c0155474_22580477.jpg




# by sustena | 2017-05-07 23:03 | 小さな自然 | Comments(6)
2017年 05月 07日

シャネル・ピグマリオン・デイズ 2017

シャネル・ネクサス・ホールで開催された「シャネル・ピグマリオン・デイズ 2017」、5月6日ソワレの公演が当たったので出かける。この連休、銀座に足を運ぶのは3回目。この日のアーティストは、チェロの加藤文枝さんで、ピアノ伴奏は小澤佳永さん。加藤さんのドレスはターコイズブルーより、ちょっと青が強いかな。胸元の豪華なアクセサリーはあわせてとても映えてた。装いにもシャネルのサポートが入るらしい。

曲目は次の通り。
シューマン 歌曲集《ミルテの花》Op.25より「献呈」
シューベルト アルペジョーネ・ソナタ イ短調 D821
フォーレ 《3つの歌》Op.7より「夢のあとに」
プーランク チェロ・ソナタ
そしてアンコールはドビュッシーの「美しき夕暮れ」。

今回のセレクションは、前半がオーストリアも含めたドイツ系で、後半はフランス。加藤文枝さんは、フランスに留学したこともあるそうで、どちらかというとフランスの曲のほうが好きだったのだが、ドイツの庭を見て、ドイツ系の曲の良さについて理解できたような気がした、と話してくれた。あまり手をかけない自然を味わえて、何代も同じ風景を見てきたんだろうなぁという感じ。フランスはベルサイユ宮殿に代表されるような幾何学的で、手を加えた華やかな心踊る場所なんだって。
プーランクの曲などは、パリの街角などのいろいろなシーンを切り取ったような曲で、カフェのおしゃべりなどを思い浮かべて聴いてほしいと曲について紹介したうえで演奏。華やかで、ゴージャスできらきらしていた。
c0155474_22495054.jpg





# by sustena | 2017-05-07 22:50 | Art/Museum | Comments(0)
2017年 05月 06日

奥歯がないと不自由だー

ここ2カ月ばかり、歯医者通いをしている。本日も、連休のいい天気というのに、歯医者へ。
きっかけは十数年前にかぶせた奥歯の近くの歯茎が腫れたことだった。れんとげんを撮ると、根が折れているんだったかヒビが入っているのだという。消毒して、抗生剤を詰めたりして、腫れが引くのを待っている間、治療中の歯では噛めないため、もうかたほうのおくばで硬いものを食べていたら、半年ぐらい前にかぶせた部分のグラスファイバーが折れて、かぶせた部分が引きちぎれてしまった。
というわけで左右の下の奥歯が使えない羽目に!!!

ああ、これでは80歳までに歯を20本残すことはダメかもしれない。。。などと、くらーい気持ちになったうえ、実際問題として、食べたものをすりつぶすことができず、前歯で切断したあと、上顎の裏側あたりでなんとなく潰してエイッとのみこんだり、ああ、トシをーとって歯がダメになると、こんな苦労もしなくちゃならないのかと、トホホな毎日なのであります。

あと1カ月ぐらいかかりそうで、鬱々とかえるとちゅう、ネコが覗いてニャー。

c0155474_15072362.jpg


# by sustena | 2017-05-06 15:08 | つれづれ | Comments(4)
2017年 05月 04日

鑑定士と顔のない依頼人

銀座メゾンエルメスのル・ステュディオで、2013年公開のイタリア映画「鑑定士と顔のない依頼人」を上映中で、無料なことと、タイトルが気に入ったこと、そしてなんといってもジュゼッペ・トルナトーレ監督の作品なので、いさんで見に出かけた。

銀座エルメスで時折、選りすぐりの映画を上映しているのは知っていたのだけれど、なんとなく敷居が高い感じがして出かけたことはなかった。でも会員登録して事前に予約さえしておけば観られるわけで、近くで働いているのにこれまで観に来なかったには、実にモッタイナイことなのだった。

で、映画はというと、偏屈で天才的な審美眼を持つ美術品鑑定士で、オークショ二アでもある初老の主人公に、「父母が残した邸宅の家具や美術品を売りたい」という連絡が入る。依頼主は広場恐怖症の若い女性で、その精神の不安定さや謎めいた雰囲気に、最初はいらだっていた鑑定士が次第に魅惑され。。。ってお話で、18世紀に作られたオートマタ(機械人形)や、隠し部屋(女性が描かれた絵画のコレクションは圧巻)、サヴァン症候群だろうか、数字に関して信じられない記憶を持つ小人症の登場人物などの凝った道具立てと、エンニオ・モリコーネの音楽で、観る者もまた、画面に吸い寄せられてしまう。そして最後に、あー、そうだったのか。。。と、再度筋をなぞることになるのだった。

主人公のヴァージル・オールドマンはジェフリー・ラッシュ、オートマタの復元を手がけ、恋愛指南も行うロバートがジム・スタージェス。この二人がすばらしい。鑑定士のコレクションを手伝う友人のビリー・ホイッスラー(ぴったりの名前!)に、ドナルド・サザーランド。依頼人の謎の女性、クレア・イベットソンにシルヴィア・フークス。広場恐怖症で怯えていたときがすごくキレイだったなぁ。

連休後半初日の銀座はひとがいっぱい。数寄屋橋交差点のソニービルは2020年にいったん広場風のスペースになり、その後新しくなる。工事中のフェンスを飾るのは、ソニービル最後の展覧会を飾った絵。

c0155474_21561417.jpg
c0155474_21562639.jpg


# by sustena | 2017-05-04 10:40 | Theatre/Cinema | Comments(0)