2017年 01月 03日

中島京子『彼女に関する十二章』

c0155474_17203690.jpgお正月、ぐーたらしながら、中島京子の『彼女に関する十二章』という小説を読む。

書き出しは「どうやらあがったようだわ」。
雨の話じゃない。月のモノのことである。

主人公は結婚25年の50歳をすぎた宇藤聖子。夫の守は編集プロダクションを経営していて、企業のPR誌に伊藤整の『女性に関する十二章』を今ふうにアレンジした女性論を自分の名前で書くことになったことから、聖子もその1954年のベストセラーを読むことにする。

この伊藤整のエッセイと、ビミョーにシンクロしながら話が展開していくのだ。

一人息子で大学院で哲学を学ぶ勉が女っ気がないと心配したり、聖子が初恋の相手だったという男性の息子(久世穣/アメリカ女性とのハーフである)とひょんなことから交流が始まったり、NPO法人「サポートステーションゆらゆら」に出入りする元ホームレスの調整ボランティアの片瀬さんが気になってしまったり、かと思うと、突然息子が家に連れてきたトヨトミチカコにガッカリしたり。夫の弟でゲイの小次郎くんがスパイスのように登場したりする12話で構成されている。

ちなみに伊藤整の『女性に関する十二章』の目次は次の通り。

第一章 結婚と幸福
 第二章 女性の姿形
 第三章 哀れなる男性
 第四章 妻は世間の代表者
 第五章 五十歩と百歩
 第六章 愛とは何か
 第七章 正義と愛情
 第八章 苦悩について
 第九章 情緒について
 第十章 生命の意識
 第十一章 家庭とは何か
 第十二章 この世は生きるに値するか

第2章のタイトルが「男性の姿形」であるほかは、ぜーんぶ同じである。

たとえば第3章では、伊藤整の次の文章が引用される。

「ある女性を愛して結婚したから、即ち性の独占を女性に誓ったから、妻のみで満ち足りているというのは、男性の本来の姿でありません」「即ち、普通のノーマルな男性は、妻を愛しているに拘らず、機会があれば、数多くの女性に接したいという衝動を元来与えられているものなのです。もし男性一般がそのような、可能な限り到る所に子孫を残そうという健康な本能を与えられていなかったならば、人類は大分前に滅びている筈であります。この傾向は女性にもあることは事実ですが遙かに弱いもののようです」
(ゲッ、伊藤整のこの本は読んだことがなかったけど、こんなことが書いてあったのか!)

PR誌のタイトルを「種をまく人」にしたいとクライアントが言い出したとぼやく夫との軽妙なやりとりがあり、アメリカからやってきた久世穣クンの異母兄弟を見て、彼の父・久世佑太=「種をまく人」だという思いにとらわれちゃったりするのであります。

共感したり笑い転げるうち、最後にはなんとなくホンワカして、イッキ読み。たくらみに満ちた楽しい小説です。

写真はけさ公園で見たカワセミ。弁天島といつものボート乗り場と、別々のコだった。
c0155474_1718513.jpg
c0155474_17181436.jpg
c0155474_1718238.jpg
c0155474_17183321.jpg


# by sustena | 2017-01-03 17:18 | 読んだ本のこと | Comments(6)
2017年 01月 03日

1月2日は写真美術館

昨日は東京都写真美術館が入場無料だったので出かけた。
やっていた展覧会は、「TOPコレクション 東京・TOKYO」と、同じく東京をテーマに6人の新進作家の作品を紹介する「東京・TOKYO 日本の新進作家vol.13」、そしてタイ出身の映像作家・映画監督であるアピチャッポン・ウィーラセタクンの「亡霊たち」。

収蔵作品のコレクション展では、7つの視点から、それぞれの写真家が東京をどう描いたかを紹介するもの。
セクション1「街角で」、セクション2「路地裏で」、セクション3「東京エアポケット」、セクション4「見えないものを覗き見る」、セクション5「境界線の拡大、サバービア」、セクション6「どこでもない風景」、セクション7「多層的都市・東京と戯れる」。

なんども見た作品が多いんだけど、撮られた年代によっても、風景やファッョンが異なって興味深いのだった。小さいお子さんを連れたお父さんが、「この写真には一人も写ってないでしょ、不思議だよね」なんて解説してた。

宮本隆司の日劇や中野刑務所の廃墟写真、糸崎公朗の組み立てフォトモ、西野壮平の何千枚もの写真をコラージュした「Diorama Map Tokyo」などが印象的。

出品されていたのは、以下の写真家の作品。
石元泰博、大西みつぐ、鬼海弘雄、児玉房子、高梨豊、田中長徳、土田ヒロミ、東松照明、 林忠彦、三木淳、山内道雄、レオ・ルビンファイン、荒木経惟、倉田精二、森山大道、朝海陽子、伊奈英次、北島敬三、島尾伸三、瀬戸正人、中野正貴、宮本隆司、尾仲浩二、富山治夫、林隆喜、山本糾、秋山忠右、小林のりお、楢橋朝子、ホンマタカシ、須田一政、清野賀子、鷹野隆大、花代、糸崎公朗、佐藤時啓、奈良原一高、西野壮平、畠山直哉、林ナツミ、本城直季

「日本の新進作家vol.13」。同じ東京をテーマにして、若い写真家がどう表現するか、それぞれが独自の作風。都会の路地裏やすれ違う人をなどをコントラストの強いモノクロで描いた中藤毅彦「STREET RAMBLER」、スカイツリーの映る風景を、ワイドに合成した佐藤信太郎「東京 天空樹」、ハーレーダビッドソンにまたがった男やリーゼントへアー、都会の片すみで演奏してる人など、ツッパッた人に声をかけて撮り続けてる元田敬三「OPEN CITY」が印象に残った。他に、小島康敬、田代一倫、野村恵子「A Day in The Life」。
ことに中藤毅彦さんの写真を見ると、モノクロで撮ってみようかなーなんて気分にちゃう。

「亡霊たち」は映像作品が大半。説明しづらいー。

写真は、会社の近くのゾウさん。その時々によって、ゾウのまわりのデコレーションが変わる。
c0155474_95473.jpg
c0155474_9541798.jpg


# by sustena | 2017-01-03 09:54 | Art/Museum | Comments(0)
2017年 01月 01日

最近の公園

けさは7時に公園に行き、初日の出を拝んだあと、近くの神社へ。それほど待たずにお詣りできた。
c0155474_2121291.jpg

おみくじを引いたら大吉。長年の辛苦が実ってめでたい、みたいなことが書いてある。
今年は、これまで取材してきた脳科学系の記事を1冊にまとめるので、いい本になるといいなぁ。

公園では29日から毎朝歩いているんだけど、このところ毎日カワセミに出会う。ボート乗り場近くがお気に入りみたい。
c0155474_2145914.jpg

先日はスズメに似てるけど、ちょっと違う鳥がケヤキの実を食べていると思ったら、アトリだった。
この写真には3羽写ってるけど、わかるかなー。
c0155474_21619.jpg

高い木で、しかも枝がわんさかあるのでピントが合いにくいー。しかも望遠端でも200ミリ。まぁこんな雰囲気だということで。
c0155474_2173350.jpg

このほか、ジョウビタキもいた。
c0155474_2181344.jpg

c0155474_2182578.jpg

冬になると、ハクセキレイが独特なはねかたで目立つ。
c0155474_2110239.jpg

バンが尾をキュッとあげているのがかわいい。
c0155474_2191636.jpg

上池はもっか一部が護岸工事のため通れない。3月いっぱいまでかかるようだ。
c0155474_21111813.jpg


# by sustena | 2017-01-01 21:12 | 小さな自然 | Comments(3)
2017年 01月 01日

明けましておめでとうございます

c0155474_16442701.jpg
今年の賀状。いつもはマウスでMSpaintで絵を描いてるけど、今年はタブレットでスタイラスペンで描いてMSpaintデー色塗りしたら、雑だと息子に言われた。
そういえばバスクの写真をまだアップしていないな。。。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。







# by sustena | 2017-01-01 16:47 | Comments(7)
2016年 12月 31日

焼きハゼ

昨晩、仙台から息子が焼きハゼをおみやげに帰って来た。

昨年、仙台に取材に行ったときに魚屋の店先で見つけて、一瞬買おうと思ったけれど、あまりの高さに断念したのである。
よし、明日はこれでダシをとろう!
c0155474_13554922.jpg


あと、きんとんとタタキゴボウと伊達巻をつくれば、おせちの準備はおしまい。
なんだか、バタバタだー

# by sustena | 2016-12-31 13:56 | つれづれ | Comments(2)
2016年 12月 15日

インフルエンザ

c0155474_22442458.jpg
先週金曜日、 名古屋出張から夜中に戻るとなんだか寒けがする。翌日は、地元の仲間とやってるラジオ放送のあと、取材でお台場へ行き、熱っぽさをこらえながら撮影担当。夜中はうちで反省会と称する飲み会で盛り上がり、やっぱり寒けがひかないのは、こりゃ風邪をひいたかもと思い、翌日は念のため、I日じゅう臥せっていて、その翌日の月曜日、熱が下がったので会社に行き、念のため近くの内科で診てもらったら、インフルエンザだという。

エーッ、インフルエンザなんて、この歳になって初めてかかったような。。。。
それで、しばらく会社を休まなくてはならないのか聞いたら、決まりがあるのは子どもだけで、大人はそれぞれの勤め先次第なんだって。てわけで、そのまま仕事に追いまくられてる今日この頃。

写真は、仙台の息子が送ってきてくれた山形県産の秘伝豆を、煮たもの。ひたし豆かサラダがオススメらしいので、手製のダシにひたしてる。白菜3束と一緒に入ってたものだけど、母子が逆転してるような。。。白菜は取材で食べて感激したそうな。豆はなぜ買ったのか知らないけど、これも取材の一環なんだろうと思う








# by sustena | 2016-12-15 22:50 | つれづれ | Comments(6)
2016年 12月 09日

先斗町で歌舞伎

今回の京都ツアーの第一の目的は、先斗町歌舞練場「吉例顔見世興行」の仁左衛門を観ること。
例年、顔見世の舞台となる京都南座は工事のため休館中だが、まねきだけは掲げられていた。
c0155474_2335315.jpg

先斗町歌舞練場は南座から歩いて5分ほどの鴨川ぞい。
c0155474_2344134.jpg

こちらは、シンプルな正面。
c0155474_2351371.jpg

大正14年(1925年)に着工し、昭和2年(1927年)に完成した劇場で、毎年5月の鴨川をどりはここで行われる。 鉄筋コンクリート造り、地上四階、地下一階。屋根には中国の蘭陵王の舞楽面を型取った鬼瓦がある。いかにも昭和って雰囲気の劇場で、舞台と客席がすごく近かった。
c0155474_2385064.jpg

c0155474_239199.jpg

c0155474_239275.jpg


さて、京都に着いた日は、1階花道近くの前の方の席で第三部を、翌日は二階で第二部を見た。
演目はこの通り。
c0155474_22553919.jpg

二部が 「菅原伝授手習鑑より車引」と「廓文章より吉田屋」。ちなみに、この吉田屋の劇中で、雀右衛門の襲名口上がある。雀右衛門の口上は、今年これで3回目。雀右衛門の追っかけをやったみたいだー。
そして、「三升曲輪傘売」。傘売り三すじの綱吉実は石川五右衛門を海老蔵が演じるのだが、次から次へと傘をひょいひょく出して、ほとんど手品みたいなのだった。

三部が、「双蝶々曲輪日記から引窓」と、「京鹿子娘道成寺─鐘供養より押戻しまで」。

どちらも、仁左衛門がもう最高で、こんな甘ったれのボンボンで色気があって、スネスネしてサマになる伊左衛門は、このひとをおいていないという気がする。雀右衛門の夕霧は美しかったー。
引窓の南方十次兵衛も絶品。泣けちゃうなー。

この日の夜は、京都在住の知人に、先斗町のおばんざいやに連れて行ってもらった。司馬遼太郎も愛したところで、雰囲気がすばらしかった。もちろん、味も。タニシを初めて食べた。

# by sustena | 2016-12-09 23:14 | Theatre/Cinema | Comments(5)
2016年 12月 06日

何必館「田原桂一光画展」

京都に着いた日は、夕方の開演まで間があったので、祇園のバス停近くの何必館 京都現代美術館で開催中の「田原桂一 光画展」を見た。
c0155474_23542958.jpg

若いころ、田原桂一の窓シリーズや、世紀末建築シリーズは、大好きな写真のひとつだった。懐かしい!と足を運んだのだ。

今回展示されていたのは、「都市」「窓」「エクラ」「ヌード」「トルソー」の5つのシリーズを中心に約60点。プラチナプリントで和紙? に焼き付けられたモノクロの写真は、写真というより、まるで水墨画のような陰影。
そして、彫刻の一部を撮ったトルソーシリーズなどは、彫刻とは思えないなまめかしさだった。

写真が展示されていたのは、1階、2階、3階と5階。5階には光庭と茶室があり、観賞者も少なく、四条の繁華街とは思えない静けさで、ゆったり過ごせる。地下は北大路魯山人の作品室で、大小さまざまな器にウットリしちゃったなぁ。
c0155474_041463.jpg

c0155474_04262.jpg
c0155474_043758.jpg
c0155474_044538.jpg


# by sustena | 2016-12-06 00:04 | Art/Museum | Comments(2)
2016年 12月 04日

単管バリケード

JRの嵯峨嵐山駅から常寂光寺に向かう途中で見かけた工事中の安全柵の単管バリケード、動物以外に、こんなのがあったとは知らなかったなー。キティちゃん以来の発見。
c0155474_2355441.jpg


# by sustena | 2016-12-04 23:55 | | Comments(6)