いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 03月 04日

本城直季『Small Planet』

表参道のポール・スミス・スペース・ギャラリーで、本城直季の個展をやっているというので近くに立ち寄ったおり、ちょっと足をのばして見てきた。おもしろい!
c0155474_23113567.jpg


本城直季といえば、まるでミニチュアのような都市の風景を俯瞰した写真で第32回木村伊兵衛賞を受賞した写真家である。大きな蛇腹を工夫して、俯瞰写真なのに、まるでマクロで周辺がボケたように見せることでミニチュアっぽく見せるらしいんだけど、今回展示されていたB全のポスターぐらいの大きな写真をごく間近でみても、ほんと人物なんかもフィギュアに見える。すごーい。

真似できないかなーと思って、フォトショップでいじってみたけど、簡単に真似できるものではないのだった。(いまwebで調べてみたら、なんと、「本城直季」風ミニチュア写真作成ソフトもあるのだ。ほんと、人気者だね)

今回は展示してあるプリントを販売していた。69万3840円~123万9000円まで。(プリントのサイズの違いによる)

ギャラリーの屋上にスタッフが集ったのを、ミニチュア写真様式で撮影した「ポール・スミス・スタッフ・ポートレート」という作品の下に、本城のコメントが載っていた。

・・・高いところから街を俯瞰すると
その街を構成しているさまざまな背景が見えてくる。
歴史や地理や風土や文化、そして社会政策……。
それらはその街をかたちづくっている構成要素だ。
今回の空撮でも、僕は都市がもっているその街の差異を実感した。
そしてロンドンが好きになった。
c0155474_23222391.jpg

ギャラリーの外から、近くの住宅が見下ろせる。花がきれいだった。
c0155474_23272139.jpg


# by sustena | 2008-03-04 23:28 | Art/Museum | Comments(0)
2008年 03月 04日

いわくありげな空

あ~、雲の色みが反転してる~というわけで、大好きな空を。
c0155474_1503325.jpg

こーゆーのが好きだなんて、これはもう感情のクセですね。

# by sustena | 2008-03-04 01:51 | GRDIIレッスン | Comments(0)
2008年 03月 02日

電車内のネコ

息子はもっか物欲のカタマリであって、カバンがほしい、サイフがほしい、ノートPCやケータイも必要だ。卒業式や入学式にはスーツがいる(ということは、革靴も必要なのか……)。王様なので、矢継ぎ早に要求する。そんなわけで、きょうは新宿に買物に出た。

帰りの総武線で。男のひとが、私が座ろうとしたところにつつーっと一足はやくリーチ。しかたなく向いの空いてる席に座ると、その人はやおらカバンの中からネコを2匹取り出すではないか。ネコたちは座席に陣取って、実に悠然としている。まったく騒がない。あまりにも感動したのでパチリ。ネコのかわいい表情がよくわからない。残念。近づいて、ちゃんと撮らしてもらえばよかったかなぁ……。
c0155474_17354818.jpg


# by sustena | 2008-03-02 17:36 | GRDIIレッスン | Comments(4)
2008年 03月 01日

世田谷パブリックシアター『春琴』

サイモン・マクバーニーの「春琴」は、谷崎潤一郎の耽美的な小説『春琴抄』と『陰翳礼讃』をもとに、闇を失った現在と、19世紀の大阪とを重ね合わせながら、男女の陰影を見つめた舞台だ。

物語は、不倫の恋に悩むナレーター(立石涼子)が、録音スタジオで谷崎の「春琴抄」を朗読するところから始まる。

薬種商鵙屋の娘春琴は、9歳の時に失明して以来、琴三弦の稽古にはげみ、琴の師匠となる。奉公人の佐助は、春琴の手をひき、なにくれとなく春琴の世話をやく。佐助(チョウソンハ、高田恵篤、ヨシ笈田へ)は、春琴から琴の手ほどきを受けるが、その教え方は折檻をともなう厳しいものだった。高慢な春琴に献身的にかしずく佐助。いつしか佐助は、彼女に支配され、虐げられ振り回されることで、倒錯的な愛情を抱くようになる。春琴が何者かによって熱湯を顔にかけられると、佐助は、その姿を見ないですむよう、両眼を針でつき、自らも盲目となる……

サイモン・マクバーニーは、日本の伝統芸能の持つ様式美をあちこちに取り入れている。たとえば、簡素な舞台は棒や畳の並び替えで、場面が転換する。春琴は、最初は黒衣の女性二人が遣う人形。このあたりは文楽を思わせるが、それが、成長にともない、生身の女優(宮本裕子)による人形ぶりに変わり、最後、春琴がやけどを追う場面では深津絵里が演じる。背景のスクリーンに映る文字や植物や灯りの影は、陰影豊かだ。

折檻の場面のエロチシズム、盲目になった佐助を春琴が抱く場面は、ゾクッとするほど切ない。

[演出] サイモン・マクバーニー
[美術] 松井るみ/マーラ・ヘンゼル
[出演] 深津絵里、チョウソンハ、ヨシ笈田/立石凉子、宮本裕子、麻生花帆、望月康代、瑞木健太郎、高田惠篤/本條秀太郎(三味線)

c0155474_0443294.jpg


# by sustena | 2008-03-01 23:34 | Theatre/Cinema | Comments(0)
2008年 03月 01日

日本橋三越本店「北斎 富士を描く展」

日本橋三越新館7階のギャラリーで、北斎の富士山をまとめて展示しているよ、という国宝ウォッチャーからのメールで、勇んで見に行きました。
しかも、「ご自身で描いた(撮影した)富士山のイラストか写真をご持参の方を無料でご招待」という特典があって、ヤッター、900円がタダになる!と、ケータイの写真を受付の人に見せて入場。
c0155474_23165793.jpg

この展覧会では北斎の二大富士シリーズ「冨嶽三十六景」全46図に、彩色が異なる4図を加えた50点と『富嶽百景』の原本3冊、ならびに、それぞれの図版を一点ずつ額装した全102点が一挙に展示されていて、有名なものも多いのだけれど、ああ、こんな富士山もあるのか、こんなにたくさん描いて、まだまだアイデアが湧いてくるなんて、と、晩年の北斎の力業に、ほとほと感心してしまいました。

それにしても、あの構図!28ミリのGRDIIで、一歩、また一歩と近づいてもかないません。すごーい。

入口近くの壁に、みんなが撮ったり描いたりした富士酸が飾ってあったのも、ああ、これは新しい富嶽36景だなぁ……。それほど、富士山のフォルムは、なかなかにサマになるのでした。ユニークな企画であります。あの有名な、波がパシャーンと弧を描いている 「神奈川沖浪」に似せようとした写真もあって、努力はわかるけどねー、とほほえましいのでした。

3月2日まで。

# by sustena | 2008-03-01 23:28 | Art/Museum | Comments(0)
2008年 03月 01日

西荻窪を歩くひと

西荻窪は骨董の町なのであります。なので、週末となると、骨董品ウォッチャーで賑わいます。本日、図書館からの帰り道、大きな荷物をガラガラひっぱっている人に出会いました。アッ、と思って、チャリに乗ったまま、GRDIIのスイッチオンをしたんだけど……その間も女のひとはズンズン歩いていきます。バス停をすぎ、すれ違う人が興味深そうに見ていて。あーん、シャッターチャンスが遠のいていく……
c0155474_2375622.jpg


# by sustena | 2008-03-01 23:08 | GRDIIレッスン | Comments(0)
2008年 03月 01日

アルマーニの通路

銀座のアルマーニビル。地下鉄へと抜ける階段もアルマーニ然としているんである。
そんな雰囲気を出してみたいとマニュアルで撮ってみた。
c0155474_2315752.jpg

F2.8 1/30秒 ISO100 AWB

# by sustena | 2008-03-01 23:03 | GRDIIレッスン | Comments(2)
2008年 02月 29日

『アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生』

ベッドに横たわる黒いセーターにジーンズのオノ・ヨーコに、全裸のジョン・レノンがすがりつくように接吻している写真、あるいは、『ヴァニティ・フェア』誌の表紙を飾り、国論を二分するほどの反響を巻き起こした、妊娠中の大きなおなかを抱えたデミ・ムーアのヌード。アニー・リーボヴィッツの名前を知らなくとも、彼女の撮った写真を見たことがある人は多いのではないか。

シネカノン有楽町2丁目で『アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生』をやっていると聞き、学生時代、「Rolling Stone」誌の表紙で、その名を知って以来、アニーの写真が捉えたミュージシャンのポートレートの大ファンだったので、いったいどんな撮影っぷりなのか、興味津々で出かけた。

アニーは1949年コネチカット州生まれ。1970年に「Rolling Stone」誌で仕事をはじめ、75年、ストーンズのツアーに密着して撮影、一躍その名が広まる。
オノ・ヨーコは言う。「彼女はたましいを撮ろうとしていた。それが伝わったの」。
ミック・ジャガーも「彼女は特別さ。いても気にならないう空気のような存在になる」
何千本もの生のバラのベッドの上で横たわる、ベット・ミドラーの写真の鮮烈さときたら!

83年にヴァニティ・フェア誌に移籍。撮影対象がミュージシャンからセレブに変わる。その人ならではのインパクトのある写真を撮るために、大がかりなセットで大仰なシチュエーションをものともせずに、バシバシ撮るアニー。「この光! いましかない」って感じで。よし、最高のものが撮れたと確信できたら、ハイ、おしまい。

「人物を捉えるなんて所詮無理よ。撮影はたったの数分。人生を通りすぎる」

とはいえ、単に、著名人たちをうまく撮るだけのひとではない。いつも真剣で、まっすぐに、飛び込んでいく。レンズを通して、相手の本質を鷲掴みにしちゃうのだ。

この映画では、セレブたちや、編集者がアニーのすごさを次々と証言してくれる。でも、私には、家族の肖像とともに、『写真論』をきっかけにパートナーとなったソンタグの写真が忘れられない。そして、ソンタグと行って撮ったサラエボの写真も。

小さいとき、ずっと自動車の窓から外を見てアメリカじゅうを旅したの。ずっと昔からフレーミングの術を知っていた。誰だってそんな生活をしていたら、カメラマンになるわ、とアニー。

監督はバーバラ・リーボヴィッツ。アニーの実妹である。

(追伸)
以下のサイトにアニーへのインタビューが載っていた。
http://fototapeta.art.pl/fti-ale.html
(このモノクロの写真がいいよね)

80年代に入ってからのあなたの写真はシチュエーションによりかかっているといった質問に対して、自分自身でいるより、何かを演じるほうが気楽なの、なんて答えてるところ(たぶん)など、興味深いのだった。

# by sustena | 2008-02-29 00:28 | Theatre/Cinema | Comments(0)
2008年 02月 28日

池袋のバナー

きょう勉強会があって池袋に。新宿とも渋谷ともやはりゼンゼン雰囲気が違う。どこも電線はばっちいけど、ここはとりわけすごい。
火の用心の黄色いバナーがパタパタおもしろかったのでパチリ。
c0155474_23844100.jpg

てくてく歩いていくと、おお、ここはフロリダかー。
c0155474_238235.jpg

100円のコインランドリーとコインロッカーが同居しているビルもあったよ。
昼は日本酒愛好家が集まる「笹周」近くの石臼挽きソバのお店(池袋ときわ通り すみよし)でせいろを。おいしかった。

# by sustena | 2008-02-28 23:22 | GRDIIレッスン | Comments(0)