いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 01月 17日

『写真の歴史入門』第3部「再生」

東京都写真美術館監修の『写真の歴史入門』 の4部作のうち、第3部「再生」-戦争と12人の写真家を読む。(新潮社 とんぼの本 鈴木佳子・著  2005年7月)

c0155474_22355520.jpgこれは、写真が誕生してから現代までの写真の歴史を、誕生-創造-再生-混沌に分けて読み解いたもので、第3部は、1930-1960年代、太平洋戦争を経て、敗戦体験を表現の原動力した12人の写真家の代表作を紹介しながら、フォトジャーナリズムの勃興を綴ったもの。

12人は、次の通り。
小石清、河野徹、木村伊兵衛、林忠彦、植田正治、浜谷浩、桑原甲子雄、熊谷元一、中村立行、大束元、福島菊次郎、東松照明

いずれも日本の写真の歴史を語るうえで欠かすことのできない写真家で、一度見たら強い印象を残す写真ばかり。見たことのあるものも多かった。とはいえ、それぞれの写真家が、太平洋戦争にどう向き合ったのか、一人ひとりの足跡をたどると、知っているつもりの写真が、そうでなかったことに気づかされる。

たとえば、誰しも名前だけは知っている木村伊兵衛。合成写真と修正写真が当たり前だった軍の参謀本部肝入りのプロパガンダ雑誌『FRONT』では、木村が撮った完璧なフレーミングの作品も無残にも切り刻まれたが、そうであればなおさら、木村はどこを切ろうとしても切れない写真をめざしたということ。

大束元は、最新鋭の偵察機に搭乗してB29を追跡し、400ミリの望遠レンズで機体番号を撮ることが任務だったという。その後アメリカ軍の超低空からのじゅうたん爆撃がはじまるが、その間も空からの撮影を続けていた大束は、「上空から見た炎上の光景は言い尽くせないほど美しかった」と述懐していたという (だが、彼は空襲で両親を失うという経験をしているのだ)。そんな体験を知ればこそ、彼の「東京雪景」や「雪の幻想」の美しさは、格別なものと思える。

著者の鈴木佳子さんは、ニューヨーク大学大学院Studio Art専攻修士課程を修了し、現在は東京都写真美術館のキュレーターを務める。先日の「土田ヒロミのニッポン」も、彼女が企画を担当。土田さんのギャラリートークを仕切っており、土田さんにも負けぬオーラを放っていた。すごい存在感で圧倒されてしまった。

こんないい写真を見たあとでは、下手くそな写真はあまりにブサイクなので書影だけにする。

# by sustena | 2008-01-17 22:40 | 読んだ本のこと | Comments(0)
2008年 01月 16日

シネマ歌舞伎『野田版 研辰の討たれ』

東劇で上映中のシネマ歌舞伎『野田版 研辰の討たれ』を観る。

2001年8月の納涼歌舞伎で初演。その年の第1回朝日舞台芸術賞グランプリを受賞。2005年5月に、十八代目中村勘三郎襲名披露狂言として再演(あのときは、必死に切符を取ろうと電話をかけまくったのだが、とれなかった)。今回のシネマ歌舞伎は再演のときのもの。
初演のものはDVDとなっていて、知人から借りて見たことがあるのだけれど、やはり大きなスクリーンで観たかった。シネマ歌舞伎は同じく野田版の鼠小僧に次いで2回目。

単なる劇場中継のごときものと侮るなかれ。なかなか臨場感があって、よくできているのであります。ここのところをクローズアップでみたいなぁという、ちょうどそのときに大写しになる。観客席を勘三郎がかけめぐるときは、カメラもちゃんと追ってくれる。もちろん、ナマで観るのがダンゼンいいのだけれど、遠い席からだったりすると、シネマ歌舞伎で代用するのも、悪くない。

ストーリーは、こうだ。
赤穂浪士討ち入りのニュースで日本全国がわきあがるなか、研屋あがりの守山辰次(中村勘三郎)は「仇討ちなんて馬鹿馬鹿しい、赤穂の殿様だって、短気でバカだ」と言いつのる。ここにやってきた、家老の平井市郎右衛門が叱りつける。だって潔くない死を迎える武士だっているでしょ?と辰次。いいや、武士は脳卒中では死なない!と家老。では剣術を教えてくれ、なんとか即席でマスターできないものかとムシがいいことをいう辰次。そこへやってきたのが、主君の奥方、萩の江(中村福助)。その前でコテンパンにやられた辰次け市郎右衛門に意趣返しをしようと、からくりで脅すと、なんと発作を起こして死んでしまう。これはヤバイと辰次はトンズラ。親の仇!平井九市郎(市川染五郎)と才次郎(中村勘太郎)は、仇討ちに諸国を経巡る。もうそろそろ仇討ちもイヤになったなぁ、一生会えないで終わることも多いんじゃないかとあきらめかけていたところに、辰次と出くわす・・・。

宿屋の姉妹は、敵討ちを果たそうとする武士にぞっこん、町人も、仇討ちを期待してやんやんやんや。仇討ち万歳の大合唱のなか、兄弟と辰次は?

パッと潔く散る桜ではなく、なんとしても、どんなに卑怯でも、卑屈でも、生きていたいと願う辰次に、最後、紅葉の一葉がハラリと落ちて幕。

ベタなくらいストレートなテーマで、それが、古典の技に鍛えぬかれた役者たちの動きと歌舞伎のスタイルに、実にピタッとはまる。
シルエットで始まる冒頭のシーン、行灯が消えた趣向での動き、どのシーンもテンポよく、映画だというのに、観客のキモチをぐぐっと掴んで拍手喝采が起こっていた。勘三郎はノリノリ、三津五郎の足の動きにはほんとひきつけられてしまうし、みなハマリ役。

今年のBEEを観なければ、野田は歌舞伎のほうがずっといいのではないか?などと思ったくらい。もっとも、これを歌舞伎というかどーか? いやいややはり歌舞伎でいいのだろう。しっかりした枠があるからこそ、自在に応用が効いて、どんどん現代を取り入れて、フトコロを豊かにしていくのが伝統の強さなんだろう。

とはいえ、最近、三谷の「決闘高田馬場」とか、蜷川の「十二夜」、串田のコクーン歌舞伎など、ちょっとハズレた歌舞伎ばかり観ているので、時間がとれたら、王道のものを観てみたい。

終幕の一面の紅葉が印象的だったので、写真は、11月末の日比谷公園の紅葉。
c0155474_2324224.jpg


# by sustena | 2008-01-16 23:16 | Theatre/Cinema | Comments(0)
2008年 01月 16日

きょうはモノクロ気分

本日はなんだかモノクロで撮りたい気分だった。お昼、会社近くをうろつく。
時事通信社の壁がずっーと白くて、木の蔭が映っているのを、淡い感じでほとんど壁と木の蔭がぼんやりしているように撮りたかったんだけど、なんだかちっともサマにならず。ケータイの人を入れたのをアップ。
もう一枚は、リコーの銀座サービスセンター。いま外壁?の工事中。どうってことないです。単に、工事用の壁と木の蔭。
c0155474_2223263.jpg

GRDII f/10 1/620秒 ISO100
c0155474_2224843.jpg

GRDII プログラムオート

# by sustena | 2008-01-16 22:06 | GRDIIレッスン | Comments(2)
2008年 01月 15日

『ペルセポリス』原作を読む

映画の「ペルセポリス」がとてもすてきだったので、原作の『ペルセポリス』を読む。まずは、一巻目「イランの少女マルジ」。(マルジャン・サトラピ著 園田恵子・訳 パジリコ株式会社発行 2005年6月28日初版)
c0155474_22265022.jpg

冒頭にカラーで「いま」を描いていることを除けば、映画が驚くほど原作に忠実であることがわかった。しかも、原作のユーモアがさらに効果的なエピソードの追加によってよりクローズアップされている。(たとえば、日本映画のゴジラを見たという話は、原作には載っていない)。映画の緩急のつけかたも、とても洗練されていたし、実に声優がピッタリだったな、といまさらながら思い至る。

映画と比べて、きちんと頭に入ったのは、イランの歴史のこと。それと白と黒とで描かれた絵のうまさに、またも感心。グレーの部分がなく、実に効果的にスミベタが配置されている。

もう一度、大好きなセリフをひいておく。おばあちゃんが、旅立つマルジに、お説教は嫌いだけど、一つだけ忠告といって伝える言葉。

この先おまえはたくさんのバカに出会うだろう。そいつらに傷つけられたら、自分にこう言うんだ。こんなことをするのは愚かな奴だからって。そうすれば仕返しなんかしないですむ。恨みや復讐ほど最悪なことはないんだから…いつも毅然として、自分に公明正大でいるんだよ


(追伸)
知人は、主人公が特権階級で、「貧しいムスリムを、一様に無知で馬鹿な狂信者としか描かないことに違和感を覚えた」、と言ってて、それも一理あるんだけど、私には、それ以上に、特権階級であるからこその視点がとても新鮮だった。西洋の視点とも、弱者に寄り添う視点とも違う。落差と共通点と。

c0155474_9423558.jpg

写真はイスタンブールの郊外で、昔の陶器の復元をしている工房にあったカケラ。イランとはあまり関係ないけど。OLYMPUS C3040Z 

# by sustena | 2008-01-15 22:47 | 読んだ本のこと | Comments(0)
2008年 01月 15日

流し撮り

渋谷に出る用事があったので、ノーファインダーで、1.5mぐらいの距離のマニュアルフォーカスにして、イッキ押しして、どれくらいスナップのピンがあうものかを実験。あてどもない写真ばかりになってしまう。
そもそも、渋谷をどんなふうに撮りたいのか、イメージがわかない、ということもある。時折、いかにも渋谷、という人が通るのだけど、カメラを向けるのがためらわれるし、なんだか、いかにもステレオタイプにあてはめているようで、ちょっと、という引け目もある。
なので、今回は、もっとねらいを定めないと、といういましめを込めて失敗作2枚をアップ。
c0155474_2219504.jpg
c0155474_2220956.jpg


# by sustena | 2008-01-15 22:20 | GRDIIレッスン | Comments(2)
2008年 01月 14日

ロボットの心、について

柴田正良『ロボットの心─7つの哲学物語』 を読みながら、人間とコミュニケーションするロボットについて考えた。

いまやデジカメだって、パソコンだって、かなり知的な道具であって、私たちに感情を呼び起こさせる点、十分にコミュニケーションできる相手だ。で、もし、この記憶容量が無限だったとして、私がうんとトシをとって婆さまになったときに、これまで撮った写真や聞いた音楽など、全部とっておけて、あるとき、ふとそれが路上の壁に写し出されたりしたら。音楽が鳴り響いたら?いわば、記憶を共有するロボット……

発する言葉は「おぼえてる?」だけでいい。あとは、こちらの言葉の一部をリフレーンするだけ。それで十二分にコミュニケーションが成り立つのではないか。

否。もうみたくもない写真、聞きたくもない音楽もあるだろう。人間の特権は忘れることができる能力なのだ。それをかきまわされなくたっていい。

こんな愚にもつかないことをあれこれ考えてはみるものの、フト我にかえれば、いまの私のPCときたら、あっという間に下手くそな写真でハードディスクがいっぱいになってしまうし、どこに行ったか、いつも書類を探しているというていたらくなんだけど。

c0155474_1702787.jpg

この写真は、18年前に息子が生まれたときにうれしくて買った木のロボット。賢そうに、モノを考えているように撮りたかったんだけど・・・。GRDIIで。

# by sustena | 2008-01-14 17:02 | 読んだ本のこと | Comments(1)
2008年 01月 13日

マルジャン・サトラピ監督「ペルセポリス」

シネマライズでアニメ「ペルセポリス」を観る。パーレビ王政が崩壊し、ホメイニによる革命と、8年に及ぶイランイラク戦争が起きる。そんな激動の1970年代~90年代のイランを舞台にした、ロックが大好きな少女・マルジの成長物語。マルジャン・サトラピ監督の半生を投影したものだ。

本当におもしろかった♪イランに生きる女の子のアタリマエ(といっても主人公は王家の末裔のフランス語ペラペラの特権階級なんだけど)のキモチが、ぐぐっと迫ってくる。

メインの回想シーンはモノクロである。この絵が実にいい!モノクロであることで、より力強くなったし、普遍性が増したように思える。

マルジのこども時代の表情も大好き。そしてなんといっても、おばあちゃんのカッコ良さ!「なんでトシをとっても、胸のカタチがいいの?」「10分乳房を氷水につけておくんだよ」。そして、朝ジャスミンの花を摘んでブラジャーに入れておくと、いつも良い香りがすることを教えてくれる。

彼女がマルジにいう言葉。「公明正大であれ」。これは、いまを生きるすべての女の子、そしてオトナになってもこどものココロを失わないでいる女性すべてにとって、一番のモットーなのだ。
c0155474_22253239.jpg

GRDII

# by sustena | 2008-01-13 22:26 | Theatre/Cinema | Comments(6)
2008年 01月 13日

野田MAP「キル」

シアターコクーンで野田の『キル』を観る。
1994年初演、97年再演、今回が3度目の舞台。

モンゴルの大草原を舞台にした、ファッションブランドの攻防の物語。「蒼き狼」は、主人公のテムジン(若きジンギスカン)のブランド。敵対するブランドが、「ヒツジ・デ・カルダン」といった具合。
タイトルのキルには、「着る」「kill」「斬る」「生きる」の意味が重ねられている。世界征服の野望も、ブランドの制服を着せることなのだ。

ストーリーはこうだ。

羊の国(モンゴル)の洋服屋の息子テムジンは、父の憎しみを受け成長するが、父はファッション戦争に敗れ命を奪われてしまう。そんな父の遺志を受け継ぎ、祖先の名を冠したブランド「蒼き狼」による世界制覇の野望を抱き、羊毛の服で大草原のファッション界を制していく。そして、腹心・結髪の仲介で絹の国(中国)から来た娘シルクと恋に落ちるが、シルクは絹の国に連れ去られてしまう。怒ったテムジンは、祖国の羊を焼き捨て、敵国に攻め入りシルクを奪い返す。やがて、妻となったシルクに息子バンリが誕生し、父と同じ宿命を背負ったテムジンは、今度は自分が息子にとって代わられる恐怖に襲われるようになる。
しかし、その後も外征を続け、ついに世界制覇の夢が達成するかに見えた時、西の羊(西洋)の地から、「蒼い狼」という偽ブランドが出現し、「蒼き狼」の行く手を阻む。
その制圧に遣わしたはずのバンリは消息を絶ち、新たなデザインさえも「蒼い狼」に盗まれ追い詰められるテムジン。果たして「蒼い狼」は一体誰なのか? バンリなのか? 腹心の裏切りなのか? 愛憎が渦巻く果てに、ついに「蒼い狼」が姿を現わし、「蒼き狼」との最後の戦いが始まる・・・・・。

テムジンを演じるのは、妻夫木聡。その妻となったモデル・シルクが広末涼子。字が書けず、読めない二人の仲を取り持つのが、髪結いの勝村政信。テムジンの父であり、青い狼の偽ブランドの首領が小林勝也、テムジンの息子、バンリが野田秀樹。

野田の芝居を観るたびに、野田の動きに釘付けになってしまう。駒場の遊眠社時代からずっと変わらない。体形だってほとんど野田は変わっていないんじゃないかしら。30年も飛んだりはねたり、あんなにエネルギッシュだなんて、とその一点だけでも感動してしまう。それと、幾重にも重なり合ったことばの、響きの美しさ。

最後、テムジンの死の場面。
「……この世が生まれた時から、青い空は世界の制服なのだ。その青空の風と光の中に、さあ、俺の骨を砕いてばらまくがいい。熱い風と白い光が俺をモンゴルに返してくれる。その日、俺は生まれるだろう。ミシンが夢見た日、俺は産声をあげるだろう……」

シアターコクーンの小屋は、野田の芝居にはやや大きいのではないかと、ここ何回かの野田の芝居を見ていて感じていたのだが、この「キル」は広々とした青空のもと、草原が広がり、ミシンを踏み続けるテムジン、という構図がなかなかはまっていて、コクーンでの野田としては、久々に見応えがあった。

--------------------------------------------------------------------------------------
この写真は、2006の妻有トリエンナーレにて。十日町の震災があって取り壊された家の跡地に、ビニールで編んだレースの家のアートがあった。そこから見上げた青空。canon EXY 55
c0155474_22283821.jpg


もう1枚は、西麻布のギャルリールバンで2007年に「魂の布」の展覧会があったときの会場風景。
同じくcanon EXY 55
c0155474_2229686.jpg


# by sustena | 2008-01-13 21:46 | Theatre/Cinema | Comments(0)
2008年 01月 13日

柴田正良『ロボットの心─7つの哲学物語』

金沢大学の柴田正良教授の『ロボットの心─7つの哲学物語』(講談社現代新書2001年12月)を読む。
ロボットに心がもてるかをテーマに思索が展開する。

ある人物をかたちづくる物質が分子レベルまで同一であったとしたら、その二人は同じと考えてよいか? 私が私であるというときの同一性とは何なのか? 私はどこに存するのか?心はどこに宿るのか? こんないろいろな哲学的な問いを想起させるサラのエピソードから話は始まる。(先生の論文に、プロローグの全文が載っている下手くそな説明より、そちらを読む方がはやいかもしれない)

副題に「7つの哲学物語」とあるように、どの章も、冒頭に掲げられた寓話から、考察が始まる。たとえば、ある会話から、相手が機械か人間かを見分けるチューリング・テストだったり、「【何を考えなくてもいいか】ということを考えずに、考えなくてもいいことをいかに考えないですますか」という「フレーム問題」をわかりやすく伝えるショートストーリーだったり。

読み進むにしたがって、思考するためには、身体が必要であること。それは単に感覚能力と運動能力を保証するためではなく、身体を通して環境世界のなかに住むことによって、外界とのインタラクティブなやりとりによって、意味を引き出す必要があるからであることがわかってくる。

フレーム問題とは、ありていにいえば、「余計なものをいかにして端的に無視できるか?」である。私たちはやすやすとやってのけるが、人工知能にとっては意外に難問であって、判断に時間軸を加えたり、間違いを許容することで、フレームを修正していくことが重要であること。そして、「感情」というロボットに必要だとは思いもしなかったものが、特定の行動を導く動機に重要であることが述べられる。
c0155474_17551389.jpg

最後、「感情とクオリア」の章で述べられるのは、ロボットに与えなければならないのは、なんと、「幻覚」を共有できる能力であることがわかる。善悪の違いがわからない「道徳不感症」ではダメなのだ。とはいえ、倫理判断、正義や善悪の基準は実に相対的なものだ。

哲学なんて苦手だという人にも、テツガクを意識させずに、私たちの思考をやさぶってくれる本である。浦沢直樹の「PLUTO」を興味深く読んだという人にもおすすめだ。

# by sustena | 2008-01-13 18:03 | 読んだ本のこと | Comments(0)