いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 02月 16日

梅田望夫『ウェブ進化論』

梅田望夫『ウェブ進化論─本当の大変化はこれから始まる』(ちくま新書 2006年2月)を読んだ。2年前の新書。ふつうこの手のネットの話となると、2年も経つとすっかり古くなるものだけれど、この本は、いま読んでもわくわくする。

著者の梅田さんは1960年生まれ。慶應義塾大学工学部卒業後、東京大学大学院情報科学科修士課程を修了。1994年からシリコンバレーに在住。インターネットで世界が変わるという熱気を肌で感じてきた人だ。2005年からは(株)はてなの取締役として、IT分野の創造的な進化をリードしてきた。

インターネットが登場して10年。インターネットの真の意味は、「不特定多数無限大の人々とのつながりを持つためのコストがほぼゼロになった」ことだと筆者はいう。「インターネット」「チープ革命」「オープンソース」。この3つのインパクトによって、ネット世界が大きく発展しはじめた。

たとえば、今や「総表現社会」である。フツーの人が文章を書き、写真を撮り、音楽をつくり、映像を作る、そしてそれをインターネット上で発信する。これまでは、フツーの人の作品など、鑑賞に値するものはたいしてないし、玉石混淆の厖大なコンテンツからどう「玉」を選びだせるというのだ、と冷笑半分だった。それがGoogleがネット上に「情報発電所」ともいうべき巨大コンピューターシステムを構築し、ウェブサイト相互に張り巡らされるリンクの関係を分析することによって、知の世界の秩序に地殻変動をもたらした。何かを発信すれば、だれかが検索エンジンで見つけて読んでくれる。読むに値する内容ならば、ソーシャルブックマークなどで、その発見を共有できる時代なのだ。(著者の知的生産ツールとしてのブログ活用法の話など、とても興味深い)

マイクロソフトが、ネットの「こちら側」で、一人ひとりのコンピュータにソフトウェアを配布するビジネスを展開し巨大になったのが、1995年。ウィンドウズ95が登場し、ナローバンドのインターネットで、ホームページを開設して何を発信するか?にしのぎを削っていた時代だった。

10年後、いまやわくわくするような変化はネットの「あちら側」で起きている。たとえばアマゾンは、自社が取り扱っている厖大な商品データベースを活用して、誰もがネットビジネスをスタートできるよう、プログラムを提供することにした。アマゾンはそれによって15%の手数料を得るのである。こうしてアマゾンはネット小売り業者から、eコマースのプラットフォーム企業へと変貌をとげた。

これはほんの一例。今起きている地殻変動の多くは「ネット上の不特定多数の人々を受動的なサービス享受者ではなく能動的な表現者と認めて積極的に巻き込んでいくための技術やサービス開発姿勢」によるもの。それがweb2.0の本質である。

ネット上で、誰もが執筆・編集に参加できる百科事典「ウィキペディア」もその一例。web2.0では、「個」がボランティアとして参加することで「全体」としての価値が創出される。「ウィキペディア」には間違いが多いとけなす人もいる。しかし、ネットの負の部分にばかり注目して、閉鎖的になっても、もはやこの流れには抗しえない。

ネット世界の可能性を過小評価し、悲観的にシニカルになるよりも、「不特定多数無限大」への信頼をベースに、いかにweb2.0時代のビジネスを生み出していくかが重要ではないかと筆者はいう。日本に必要なのは、創造性や行動を刺激する「オプティミズムに支えられたビジョン」なのだ。筆者自らの実践が、読む者に勇気を与えてくれる。

c0155474_25425.jpg


# by sustena | 2008-02-16 03:00 | 読んだ本のこと | Comments(2)
2008年 02月 15日

膝が・・・!

それは、とても寒い2月13日のことであった。
埼玉県羽生にあるショッピングセンターに取材に出かけて、屋上の太陽光発電パネルを写真におさめようと思ったのである。全体が入らないので、ちょっと高い場所を探したら、うまい具合に柵があった。で、ひょいっとのぼって撮ったのだ。でも、やっぱり高さが足りない。やーめた、あたしゃカメラマンじゃないんだし。と降りようとして、私の目測より、10センチばかりその柵が高かった。アレ、足が届かない・・、一瞬焦って、ズリッとなって、アッ、着いたと思った途端、ちょっと体重をかけ間違えて、やばーいと思ってるうちにこけてしまった。

しばらく起き上がれない。よかった、GRDIIは無事。でも膝がやばそう。一度スキーで靱帯を損傷したことがあったけど、同じ場所だ。
ボーゼンとひっくり返っていること2分ぐらい?? ようやく感覚が戻ってきて、なんとか立つことができた。でも、左膝にゼンゼン力が入らない。

あ~、ここ2~3日、プレゼンテーション準備で、1日1時間ほどしか寝てなかったからなー、いやいやトシで反射神経がにぶったか、などと思ってもアトの祭りである。
よろよろと屋上を離れ(だれもみていなくてよかったー)、フードコートでしばし時間をつぶす。館内ロケハンと言って出たので、多少戻りが遅くても大丈夫。
膝を曲げなければなんとか歩ける。ホッ。バリアフリーに配慮した施設だけあって、歩きやすい。あちこちにベンチがあるのもありがたい。
そのあと5時間、なんとか仕事をこなして、帰宅。翌日はプレゼン2つと、クライアントとの打ち合わせがひとつ。そして本日もまた終日取材。
きのう医者に行ったら、湿布、サポーター、消炎用飲み薬。といって、湿布を貼ってくれただけだった。
本日夕方は階段もそろそろ昇り降りができるように。あーあ、おバカなsustena。
この写真は羽生駅のロータリー。雲がきれいだった。
c0155474_1224697.jpg


# by sustena | 2008-02-15 23:48 | つれづれ | Comments(0)
2008年 02月 12日

あの空が撮りたくてpart2

きょうはすてきな天気なのに、丸一日、自宅の机の前で企画書書き。かなしい。腰がかたまって曲がってしまった。
というわけで、本日アップするのは、この間の広島出張で、帰途の広島空港で撮った雲の写真。なんだかむくむく、ざわざわ心がゆれる色だった。
c0155474_037127.jpg


# by sustena | 2008-02-12 23:34 | GRDIIレッスン | Comments(0)
2008年 02月 10日

雪の日の公園の朝

昨晩どこどこ雪が降って、今朝は一面の銀世界・・・を期待したら、夜半から雨に変わり、なんだかべちべちょの雪。
朝、公園に向かう途中、臨済宗のお寺野前はきれいに雪かきされていた。ここの桜は実に見事なのである。というわけで、ご挨拶がわりにパチリ。
c0155474_11484425.jpg

公園では朝が早いのに(といっても8時ちょっと前)、こどもたちが繰り出していた。
c0155474_1214661.jpg

愛犬を雪に放して、長玉で真剣に撮影している人も何人か。なかなかモデルになってくれない、とぼやいていた人もいたよ。私は、バリケンを撮影。
c0155474_1205989.jpg

このバリケン、南米産らしい。野鳥ではないからと、日本野鳥の会のひとがツメタイのである。でも、せっせとキャベツをやっているおばさんがいる。でも臆病で、近づくと逃げていく(シナコブガチョの逆)。きょうは寝ているのでわりと近くで撮れたのね。
※けさの写真は、なんだか、どれも色がにぶいなー。ちょっとマゼンタがかってる。横着してホワイトバランスをオートにしたままだったからかしら。

そうそ、きのうの卒展の会場で、わがGRDIIのカメラカバーとして活躍していた、コニカビッグミニのカバーをなくしてしまった(;o;) そこで、応急のカバーを(写真)。なくさないようにストラップに絡めてあるけど、うるさいかな。色はかわいいけど、あまり役には立たないかも。
c0155474_11574788.jpg


# by sustena | 2008-02-10 11:58 | GRDIIレッスン | Comments(2)
2008年 02月 10日

2008文化女子大学造形学部「卒業研究展」

知人の娘さんから、卒展の案内が来たので、仲間たちと新宿南口から徒歩10分のところにある文化女子大学新都心キャンパスへ。
住環境学科から見る。建築デザインコース、住居デザインコース、インテリアデザインコースとあって、研究・制作内容は実にさまざま。
やすらぎのあかりや店舗設計、いろいろな家具、テーマパークの提案、コミュニティ再生のためのプロジェクトや、中心市街地活性化策など、現代の社会的課題を解決する提案……。学生たちのまっすぐな関心が伝わってきて、サーッと見るだけのつもりだったのに、けっこう熱心に見入ってしまった。
ロハス、アフォーダンスデザイン、循環、個への関心、記憶のデザイン、コミュニティの復活。いろんなキーワードを、どう自分のものにするか、格闘している姿があった。
印象に残ったもの。フェルトで作った「やさしい灯り」(小貫彰子さん・写真)。泉由貴子さんの風と光を通すウィンドウトリートメント。
c0155474_0373669.jpg

知人の娘さんの「いばしょ」も、とてもあたたかい気持ちのこもった作品だった。
いつもわいわいやっている近所の仲間たちが、齢をとっても、心ゆたかに暮らせるようにと、酒蔵のある月見部屋(足湯の温泉つき!)のある集会所などを、スタジオジブリのアニメに出てくるような、どこかなつかしい空間の秘密を探りつつ、緑の多いランドスケープに配置したもの。
何気ない毎日のくらしや近くの自然のうつりかわりに幸せを見つけたアイデアノートを見ていたら、泣けてきちゃった。
c0155474_0403141.jpg


そのあとスティーブン・リーの写真を見るためにNikonサロンへ。第7回相模原市総合写真祭「フォトシティさがみはら」のプロの部の受賞作品展をやっており、スティーブンは「さがみはら写真アジア賞」を受賞したのだ。スティーブンについては、このブログにしばしばコメントを書いてくださっているCakeaterさんが彼のブログを教えてくれて、以来、ぞっこん、参っちゃったのである。(ちなみにスティーブンもGRDIIファンで、愛機に'pocket rocket'という愛称をつけている。ぴったりでしょ?)
モノクロの作品が15点ぐらい?ノスタルジーではなく、異邦人の眼で、故郷のクアラルンプールを撮っている。これぞスナップ!

# by sustena | 2008-02-10 00:55 | Art/Museum | Comments(0)
2008年 02月 09日

工事中看板

もっか建設中のモード学園のビル。工事中の壁の写真がおもしろい。
工事中の壁は、似非のツタや花などの植物、こどもたちの絵、青空なんかが定番だけど、さすがモード学園。青空の写真もあるんだけど、クールなイラストや、ニヤッとする写真などが入ってる。私の好きなのがこれ。曇天で、いまいちキレイじゃないけど許して。
c0155474_071949.jpg

甲州街道沿いのドラッグストア。チラシが看板になってるようなお店。まわりはそっけないビルだけに、その派手ハデが目立つ。
c0155474_083595.jpg

これは、ワシントンホテルの近くにある予備校。ぜーんぜん予備校らしくないのにビックリしてパチリ。
c0155474_094571.jpg


# by sustena | 2008-02-09 11:56 | 看板・サイン・ポスター | Comments(0)
2008年 02月 08日

広島の「山人」はおいしかった!

広島の出張で、前から目をつけていた和食のお店「山人」に入った。超オススメ。
場所は、東急インの平和大通りを挟んで、真向かい。

   広島市中区富士見町4-28    サンピアルネッサンス1F
   Tel (082)249-0366

タクシーの運転手さんが、うっかり通りすぎてしまうほど、奥まったところに、看板が出ていて、でしゃばらない店構え。カウンターと、4人がけの掘ごたつ風のテーブルが4~5つぐらい? 7時ちょっと前に入ったのだけれど、 40人ぐらいの席がすぐにいっぱいになった。

メニューをみると、どれもおいしそう。とくに本日のおすすめの品書きは、すごーい。迷ってしまう。そこで、料理は4000円ぐらいでアレンジしてもらい、広島の地酒を中心にいただく。

のれそれ(穴子の稚魚)のポン酢をはじめ、ちょっと手間をかけたお造りの数々、タケノコやそら豆、エリンギの炭火焼きもおいしかった。野菜の滋味あふれる味。それと、マタギから直接送ってもらったというイノシシ肉の塩焼きも絶品。ちっとも臭くないんですね。〆でいただいた棒寿司もすばらしい。おいしいものを食べるとしあわせなsustena。

すっかり長居してお店を出ると、入るときには気づかなかったけど、アート作品が。店主の山平憲昌さんがニューヨークで購入なさったんだとか。実弾を使った作品であります。ここは広島。
c0155474_0545027.jpg


# by sustena | 2008-02-08 23:41 | 食べ物 | Comments(3)
2008年 02月 07日

富士山!?

c0155474_0151434.jpg
富士山だよ~というのはもちろんウソで、飛行機の翼ですね。
広島からの出張帰りに、窓際の席だったので、ちょっと遊んでみたのです。

出張先は広島のショッピングモール取材。カメラマンに依頼する予算がなく、久しぶりのニコンと、GRDIIを持って。館内でインタビュー相手のバストアップを撮ったのだけど、うまくいかなかった・・。インタビューのあと、ほんの数枚でキメなくちゃいけなくて、表情も出なかったし、15分の1秒手持ちと知り合いのカメラマンに教わった通りやってみたけど、えーん・・。GRDIIでストロボをたかずに撮った方がまだましだったとは!まだまだ修行が足りないな。
c0155474_0153256.jpg

これは、ショッピングモールのバックヤードに置いてあったマネキン。ちょっとドキッとしちゃった。
こんな顔のもあるんだー。

# by sustena | 2008-02-07 23:59 | GRDIIレッスン | Comments(0)
2008年 02月 05日

リクルートクリエーションギャラリーG8「絵とコトバ三人展」

昨日銀座八丁目のリクルートG8の前を通ったとき、きれいなポスターにさそわれて、クリエーションギャラリーに入る。
c0155474_23312543.jpg

イラストレーターの安西水丸と若尾真一郎、デザイナーの佐藤晃一が、それぞれ自作の「コトバ」に絵をつけた「絵とコトバ 三人展」。描き下ろし約60点が並んでる。三人それぞれの空間の使い方や色づかいがおもしろくて、見飽きない。

近くの花屋はもうすっかり春。色がきれいだったのでパチリ。資生堂(そういえば、佐藤晃一は当社の宣伝部だったっけ)前の紅梅も咲き始めた。あと1週間ぐらいで見ごろかな。紅梅白梅図を撮れるかな。
c0155474_23372821.jpg


# by sustena | 2008-02-05 23:34 | Art/Museum | Comments(1)