いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 01月 27日

新橋演舞場「雷神不動北山櫻」

新橋演舞場の初春花形歌舞伎「雷神不動北山櫻(なるかみふどうきたやまざくら)」を観た。市川海老蔵が五役を務めるという趣向で話題になった通し狂言だ。

荒事を身近で観るのは実は初めてで、観る前からワクワク。でも、ストーリーがわからないとチンプンカンプンだと悲しいかも、というので、国立劇場監修の歌舞伎公演記録集。『雷神不動北山桜』(2005年12月 ぴあ株式会社)と戸板康二の『歌舞伎十八番』(2003年8月 隅田川文庫)を読んで予習した。いやはや、なかなか込み入ったストーリーなのである。

といっても今回は、芝居の冒頭で海老蔵がストーリーの概略を説明してくれたこと。また、しかも台本もこみいった脇き筋を整理し、登場人物の性格づけをクッキリさせていたので、素人の私でも、頭に入りやすかった。

天下をのっとろうと企む早雲王子の悪巧み。お姫様の髪の毛の逆立つ奇病を、毛抜きが立ち動くことから粂寺弾正磁石のせいと推理する「毛抜」の名場面、雨の神を封じ込めた鳴神上人を、雲の絶間姫が色仕掛けで堕落させてしまう「鳴神」、早雲王子の悪事が露顕し、捕り物となるが、不動明王が登場して成敗する「不動」と、歌舞伎十八番の名場面が3つも入っている。

海老蔵は「鳴神上人」「早雲王子」「粂寺弾正」、陰陽師の「安倍清行」「不動明王」を勤める。それぞれの性格や表情、発声など、巧みに演じ分けていて、すばらしい♪ ドラクルでドラキュラを演じたときも眼の鋭さに射すくめられてしまう感じだったけど、やはり歌舞伎の大見得は実にカッコイイ。

成田山開基1070年記念で成田山新勝寺の出開帳もあって、受験生の健闘を祈ってきたのでありました。

c0155474_1145228.jpg


# by sustena | 2008-01-27 11:46 | Theatre/Cinema | Comments(0)
2008年 01月 27日

TAKE AND GIVE ARTSギャラリー「隠花な被写体」ほか

六本木のT&G Artsギャラリーの前を通ったら、写真展をやっていたので、フラッと入った。若いお兄ちゃんが立ち働いていて、学生さんの写真展かしらーと、順に見ていく。

モノトーンなんだけど、色みは全体的に薄くて、かそけき感じ。
ひとりの女のひとが、どこかの滝の近くの温泉宿に行って、ヌードになる。思わせぶりな道行きってわけだけど、最初は、恋人でも脱がせたのだろうかと思ったんだけど、視点が全然恋人っぽくない。とーってもきれいな女のひとだから、たぶんモデルか何か。

それにしても、ヌードなのに、なんだかゼンゼン感じない。写真ももっと湿ってていいのに、乾いてるわけじゃないけど、やたら温度が低い感じ。へたっぴじゃん。

2階は、暗い照明の中で、ベッドでのヌード。隣の部屋では、撮影シーンをつないだムービーが、ポリシートを壁に伸ばして仕立てたスクリーンに映ってる。写真はモノトーンだったけど、ムービーは時折カラーがところどころ混じって、すぐモノに変わる。チープなスクリーンで、モノもちょっとざらついた感じで、しわになったところや光線でテカッてるぶん、まだこっちのほうが写真より味わいがあるんじゃないかなぁ。

でも、同じヌードでも、アラーキーのほうが、もっと被写体のぬくもりがあるよねぇ。どこがちがうのかなー、と思いながら1階に戻ると、あれ、なんでここに紀信がいるの? ドア横をよーく見たら、篠山紀信写真展であった。ひぇ~、巨匠の作品を、下手くそな学生の写真かと思っちゃった。あわわ、バチあたりなsustena。
c0155474_0453131.jpg

きれいなモデルさん、と思ったのは、女優の小島可奈子さんでしたー(ギャラリーにおいででした)。写真展初日で、レセプションがあったみたい。

近くの別のギャラリーでは、エイズをテーマに、写真とエッセー、メッセージが。こっちの写真は体温が感じられて好き。
c0155474_0462441.jpg


# by sustena | 2008-01-27 00:53 | Art/Museum | Comments(0)
2008年 01月 26日

「リスーピア」が超おもしろい!

昨日、有明にあるパナソニックセンターの「リスーピア」という、理科と数学の魅力を体感できるミュージアムを案内してもらった。ものすごぉぉぉくおもしろい!

1階は入場無料。たとえば、天秤につるされた形のちがう2つの立体で「重心とモーメント」について学んだり、4つのコースにボールをセットして、どれが一番早くゴールするかを調べる「サイクロイド曲線」など理科や数学の原理モデルが展示されている。また、アーカイブ映像を見ながら、クイズ形式で、レベル別に理科や数学の諸分野を学べるコーナーがある。
(たとえば、小町算にチャレンジ! 小町算というのは、1から9までの数字を使って、順序はそのままに、+-×÷の演算記号を入れて100をつくるもの。この記号のいくつかがブランクになっていて、正しい記号を入れるわけ)

   例)123●4-5-6-7●8-9

1階は写真を撮ってもいいものもあったので、ご紹介。

c0155474_2391747.jpg←入り口の「光の知究儀」。理科や数学の原理などを考え出した偉人を紹介するもの。年表でずらーっと出てくるとうっとおしいけど、操作盤をくるくるまわすと、地球が回って、イラストが飛び出してくる。
c0155474_23154337.jpg




→1カ所から玉を落とすと、杭にあたって、正規分布のカタチに散らばる!



↓カラーボールをどの穴から落としても、中央に集まる。放物線に対して垂直に落下した物体は、必ず焦点に向かって反射することが体感できる。なるほど、パラボラアンテナはこの原理なのね。
c0155474_2382957.jpg


圧巻は、3階のディスカバリーフロア。(中学生以下は無料、高校生300円、大人500円)。ここでは、光や音の原理をゲーム感覚で体感できるのだけれど、どの展示も、インタラクティブな工夫が見事。

たとえば、光の3原則。スクリーンに映し出された図形をお手本どおりに、手元の発射ボタンを操作して色を塗る。制限時間内に同じ色になれば合格。
あるいは「カラーチェンジングボール」のコーナーは、いろいろな色のボールの中から、指定された色のボールをゴールに入れるゲーム。途中で光線の色が変わるため、どれがその色なのかまったくわからなくなる。赤いボールが赤く見えるのは、光の中の赤い波長を反射してるからだということがリアルにわかるのだ。
5種類の厚さや形の違うレンズの中から、設問に登場する蝶や花と同じ大きさのレンズを選び、時間内にピントを調整できると、ゲームクリアとなるものも。

数学の分野では、エアホッケーの要領で素数以外の数字を打ち返すゲームや、スクリーンに写し出されたものと同じ形をつくる「ビッグタングラム」、自然界に隠された数学の法則を見つけ出す展示もあったっけ。

入口で貸し出されたPDAで、自分の見た展示を登録すると、展示ごとにわかりやすい解説があって「ナルホド~」とナットクできる。たとえばカラーチェンジングボールの解説はこんな具合。

  太陽の光のなかには、じつは たくさんの色がまじっています。
  赤色のボールは赤い光をはねかえします。わたしたちは、
  はねかえった赤い光の色を見て赤い色を かんじています。
  だから赤いボールも赤い光が当たらなければ、 赤い色には見えなくなってしまいます。

こんなふうに、きわめて理解しやすい文章で、わかりやすいイラストとともに説明されるのだ。そして、身近な例として、こんな解説も。

  わたしたちのまわりには、色のはたらきをうまく利用しているものがあります。
  たとえば、食品売り場では、赤い色が少し強いライトで商品をてらしています。
  このライトの光だと 食べものが色あざやかに、とても きれいに見えます。
  ちがう色のライトをあてると、ものの見え方がかわります。
c0155474_017157.jpg
出口ではPDAにセットされたカードをもらえる。カードに記載されたログインIDパスワードで、自宅に帰ってからも、展示のくわしい解説を見て復習できる。すごい♪
(そうそう、出口では、記念写真も撮れる。それも、webで見ることができる。こんな感じ)

これまで見た中でもピカいちのおもしろさ。別のアポイントがあったので、途中で泣く泣く切り上げたけど、こどもはもちろん、大人にも超オススメ。

# by sustena | 2008-01-26 22:46 | Art/Museum | Comments(0)
2008年 01月 25日

荒木経惟『写真への旅』

c0155474_065739.jpg荒木経惟の『写真への旅』(光文社文庫 2007年5月)を読む。これは、昭和50年(1975年)、「アサヒカメラ」に連載された「荒木経惟の実戦写真教室」をまとめ『現代カメラ新書13 写真への旅』(1976年5月朝日ソノラマ)として刊行されたフォトエッセイを再編集したもの。

アラーキーはまだ30代半ば。日本全国の写真愛好会のメンバーを生徒に、倉敷、ヒロシマ、神戸、山陰、(もちろん東京も)へと旅をする。彼らを相手に、写真にとっていちばん大切なのは何かをアラーキー節で自在に語るのだ。

曰く、「自分とは関係ない人物や風景をじょうずに作品ぽく撮ることがプロフェッショナルに近いとでも思っているのだろうか」と。「私現実」から始めよ、とひたすらに説きつづける。

月例コンテストのための写真を撮るために、村へ村へ、祭りへ祭りへとあくせく出かける。そんな、老化しつつある集団影法師を救済するための教科書としてアラーキーが挙げるのは、『庶民のアルバム明治・大正・昭和「わが家のこの一枚」総集編』なのだ。それこそが写真の原点を教えてくれる。写真論で頭でっかちになっていてはダメ。リアリティから出発せよ、というわけだ。

また、「世間を構図で見てしまっている写真家の動脈硬化をふせぐのに役立つ写真修業術」として「股右エ門撮影術」を紹介する。なんのことはない、股の間から撮影する術。「この修業を毎朝1年間つづけると、肉体の硬化をもふせぐことができる」というんである!

「自分にはまったく才能がない、才能があるのは世間様だと信じて、感じたモノをバーチバチ撮りに撮り」まくること。そして「自分が撮りに撮りまくったへたくそな写真を、くりかえしつりかえし見ること。その中には自分の『私性』が必ずあるはずである」。その見つけ出した「私眼」を信じて、また撮って撮って撮りまくれ。

アラーキーのコトバがすごく熱い。

先日読んだアラーキーの『写真ノ話』(白水社 2005年10月)よりずっーとおもしろかった。

(こちらは、3部構成で、1部はラジオ放送でのアラーキーのトークを5話収録したもの。2部は電通の社員をやっていたころから独立して、いろいろな写真を撮り、陽子さんをなくし、最近の日本人の顔を撮るまで、40年間の写真をまとめた「ARAKI by ARAKI」の写真をたどりながら、写真人生を語ったもの。第3部は和多田進によるドキュメンタリーについてのロングインタビュー。この本をいまいちと感じたのは、知ってる話ばかりだったから。でも、写真集をみて、アラーキーがどんな人か知りたいッて向きには手頃な1冊かもしれない)

下の写真は、強風がビュンビュン、おそろしく寒かった幕張で。なにしろ、ビジネスマンが、風をまともに浴びないように、歩道橋を後ろ向きになって(しかもケータイで話しながら)、歩いてたぐらいだ。寒そうな感じはぜんぜん出せてないんだけど。なんかガラーンとした街なんだよね。
c0155474_0582.jpg


# by sustena | 2008-01-25 00:07 | 読んだ本のこと | Comments(0)
2008年 01月 23日

東京に雪の降った日

朝起きたら、雪がちらほら。2年ぶりの雪!
このぶんだと、うっすらと白くなって、すぐ解けてしまうかな。ああ、きょうが休日だったら……とうらめしい。カメラをコートの下に吊るして、ほんの少し早めに家を出る。

こどもたちが通学するところ。きょうはバスに乗るために、小学校とは逆の方向に歩いたので、あまりこどもがいなかった。
c0155474_21485829.jpg

出がけはけっこう雪が激しくって、カメラが濡れるとイヤなので、傘のかげから大急ぎで1枚。たぶん白い透明なビニール傘のほうがいいんだろうけど。
電車の窓から撮ろうと思ったけど、吐く息でガラスが曇っていてあきらめる。
というわけで、乗換駅で1枚。
c0155474_21522712.jpg

歌壇の白い花がきれいだったので、マクロでえいや。ホワイトバランスや露出は?と気になったけど、まーいいやとプログラムオートで。
c0155474_2215552.jpg

地下鉄から地上に出たとき、傘の集団が。それを撮りたかったのに、間に合わなくて、残念至極。かわりに、傘を持って急ぎ足で行く人を撮ってはみたけど、なんだかなー。このころには、もう雪から半分雨になっていて、あーあ、あっけない東京の初雪。
c0155474_21591467.jpg


# by sustena | 2008-01-23 22:10 | GRDIIレッスン | Comments(4)
2008年 01月 21日

INAXギャラリー「バードハウス展」

きょう、プレゼンテーションの帰り道、INAXギャラリーの前を通りかかったのでフラッと入る。「小鳥を呼ぶ家~バードハウス展」と、カンナ屑のような土を固めたオブジェをつくっている服部真紀子展(写真で紹介できないのが残念!)、「白い眺め」と題した中岡真珠美展をやっていた。中岡さんの作品も撮影禁止で、言葉で説明してもまったくイメージがわかないと思うけど、キャンバスにアクリルと油彩、樹脂塗料で描いた白が印象的なアート。たとえていえば、白っぽいソラリゼーションの写真に薄いオレンジのリキテックスを流したような味わい。
そこで、各国のバードハウスやこどもたちの作品がかわいらしかったバードハウス展の写真を1枚アップ。(手ブレご容赦)
アメリカでは、バードハウスの役目を終えたあとでも、ずっと大切にとっておいて、お嫁入り道具に持っていったりもするんだって。ナンバープレートを屋根にしたものとか、いろいろなカタチのものがあって、これが木々にちょこんとあるシーンを想像するだけで、ココロが広がる感じがする。
c0155474_21381717.jpg


# by sustena | 2008-01-21 21:41 | Art/Museum | Comments(0)
2008年 01月 20日

シナコブガチョウ、接近

土日に散歩に行くたびに出会うのが、以前12月30日のエントリで紹介したシナコブガチョウである。最近は、気功グループがお気に入りとみえてよく近くにいる。
こんな感じ。
c0155474_1111526.jpg


このガチョウのドアップが撮れないかなぁと思うのだけど、カメラを向けるとめちゃ興味を示して、どどどっと突進してくるので、ちっともうまくいかない。遠くから撮ってトリミングするのはだまし討ちのようである。ということで、近づいていくと、ア~レ~。逃げ回るsustenaであった。
c0155474_1114446.jpg

c0155474_11113138.jpg


# by sustena | 2008-01-20 11:16 | GRDIIレッスン | Comments(1)
2008年 01月 19日

土門拳写真展「日本のこころ」

武蔵野市立吉祥寺美術館へ土門拳写真展(後期)を観に行く。伊勢丹新刊の7階。こんなところに市立美術館にあるなんて、いままで知らなかった。(家から散歩がてら歩くこと30分の距離)

なんでも武蔵野市と、土門拳記念館のある酒田市は姉妹都市なんだとか。土門拳記念館は、数年前に行ったことがあるけれど、新たな発見が3つあった。

ひとつは、作品にしばしば解説がわりに土門拳の撮影ノートからの一節が引用されているのだが、その文章が実にいいこと。たとえば、平等院鳳凰堂の夕焼け。平等院が静止しているのではなく、「はしる」という表現。一瞬の夕焼けの光を逃すまいと、撮影を終えて帰ろうとしたとき、アシスタントに大急ぎで設定をやり直させる、その時間との勝負。

ふたつめ。「女優と文化財」というヘンテコなシリーズを初めて知った。有馬稲子と東寺の帝釈天とか、司葉子とさんと臼杵石仏だとか、とんでもない組み合わせの写真があるのだ。1964年~65年に2年間、婦人公論の表紙を飾ったもの。最初は拒んでいたが、編集者のたっての頼みで「女優を泣かすことになるがいいか」とOKしたのだとあった。衣裳は森英恵。でも、仏サマと女優の顔が並んでいたりして、なんとも珍妙。佐久間良子が平等院鳳凰堂の前でとったものは、3時間かかったんだそう。

3つ目、三島由紀夫を撮ったもの、筑豊のこどもたち、近藤勇と鞍馬天狗を撮影したときのコンタクトシートが置いてあったこと。どの1枚を選んだか、そしてどの1枚も無駄なものがない、撮影者の息づかいが聞こえてくるようなシート。

作品は前期と後期をあわせて120点。
風貌、古寺巡礼、筑豊のこどもたち、こどもたち傑作選、蒼風との共作、女優と文化財、傑作選

入場料は100円。

c0155474_1727778.jpg


# by sustena | 2008-01-19 17:28 | Art/Museum | Comments(2)
2008年 01月 18日

カウントダウン日めくり

このバッチイ、ぶれた写真は何かというと、手作りのカウントダウン日めくりなのであります。
ワタシは受験生の母でありまして、明日はセンター試験なのね。で、2週間ぐらい前から、我が家のリビングと台所の間の柱(とゆーほど立派なものではない。でも、小さいときから身長を計ったりしたキズもしっかりついてる)には、コピーの反故紙の裏側に、カウントダウンの数字を書いて束ねた、手作りカウントダウン日めくりがかかっているのであります。
記念に写しておこうと思って、ISO80のまま手持ちで撮ったら、悲惨(T_T) でも出勤の時間だったので、ええいままよ。証拠写真ね。
c0155474_1424851.jpg


# by sustena | 2008-01-18 14:25 | つれづれ | Comments(5)