2017年 01月 08日

新春国立名人会

c0155474_222266.jpg昨日は、国立演芸場で新春国立名人会の最終日で、小三治がトリなので出かけた。今回は前から2列目の中央といういい席♫

最初は獅子舞。二人1組で舞うんだけど、頭を担当していた人が、獅子が、体のあちこちを食む場面で、かなりの長い時間、海老反りになってて感激。途中、後ろの年配の人と交代したと思ったら、獅子が眠るシーン。これは年季が必要なのかなあ。

楽しかったのは、のだゆきの音楽パフォーマンス。ピアニカでぞうさん(演奏ではなく、管をくわえて、グルングルン回す)、救急車やコンビニの入り口のチャイム、このほか頭で弾いたり、リコーダー二本を同時に使ってのハチャトリアンの「剣の舞」などめちゃ上手。

花緑の親子酒では、本人は下戸なのに酔ッパー姿がなかなかうまかった。

小三治のマクラは名前の話からスタート。前座時代に三治だったが先代の小さんが小三治とつけてくれた。真打になって小がつくのはどんなものかと師匠に聞くと、大がつくよりイイ。(大惨事になっちゃう)

国立演芸場の鏡餅が大きいという話から、末広亭から毎年末に届けられる鏡餅の飾り付けがタイヘンな話に(エビ飾りの順番を間違えると、餅が重たいからヘトヘトになっちゃうんだって)。ふつう松飾りは本日で片付けるけど、寄席はずっと飾ってるから黴びて。。。大ウケでした。そのあとの小言念仏。いやぁ、絶妙!!

そうそう、その国立名人会で、小三治の前は正楽の紙切りだったのだけれど、お嫁さん、鶴と門松、正楽師匠の紙切りのほかに、ゴジラの注文があった。BGMのお囃子で、三味線であのゴジラの旋律を(調がちょっと違うんだけど)、そして、太鼓でバーンバーンと、ゴジラの足音の雰囲気を出していたっけ。

c0155474_2225829.jpg


# by sustena | 2017-01-08 21:53 | Theatre/Cinema | Comments(0)
2017年 01月 07日

村上春樹『ラオスにいったい何があるというんですか?』

c0155474_22535448.jpg村上春樹の紀行文集『ラオスにいったい何があるというんですか?』(2015年11月刊 文藝春秋)。1年ぐらい待ってようやく予約順番が回ってきたので、読む。

これは、2004年から2015年にかけて、「AGORA」や「太陽」「TITLE」に掲載された紀行文をまとめたもの。
目次は次の通り。

チャールズ河畔の小径―ボストン1
緑の苔と温泉のあるところ―アイスランド
おいしいものが食べたい―オレゴン州ポートランド・メイン州ポートランド
懐かしいふたつの島で―ミコノス島・スペッツェス島
もしタイムマシーンがあったなら―ニューヨークのジャズ・クラブ
シベリウスとカウリスマキを訪ねて―フィンランド
大いなるメコン川の畔で―ルアンプラバン(ラオス)
野球と鯨とドーナッツ―ボストン2
白い道と赤いワイン―トスカナ(イタリア)
漱石からくまモンまで―熊本県(日本)

ああー、行ってみたいッてところばかりではあるんだけど、とくにこれを読んでガゼン出かけたくなったのがラオスですね。

ラオスの世界遺産の仏都、ルアンプラバンでの滞在を記していて、ここは日本の京都みたいにいたるところに寺院があるので、とにかく僧侶の数が多いんだそうだ。

「鮮やかなオレンジ色の僧衣をまとったたくさんの坊主頭の僧侶たちが、街のあらゆる通りを、あらゆる方向に行き来している。彼らはとても静かに裸足で歩き、どこまでも柔和な笑みを顔に浮かべ、ひそやかな声でなにごとかを語り合う。オレンジ色と、腰に巻いた帯の黄色の組み合わせが目に鮮やかだ」

村上春樹のエッセイだよなぁと思うのはこのあとだ。

「僧侶の多くは強い日差しを避けるために傘をさしているのだが、傘は残念ながらごく普通の黒いこうもり雨傘であることが多い。僕は思うのだけれど、誰かが──たとえばどこかのNPOなり海外援助部門なりが──僧侶に合わせてオレンジ色の素敵な傘を、あるいは帯に合わせて黄色の傘を、彼らのために作ってあげるべきではないのだろうか。そうすれば色彩の統一感がいっそう際立ち、ルアンプラバンの風景は今にも増して印象的なものになるに違いない。そして僧侶としての彼らのアイデンティティーも、より揺らぎないものになるのではないか。ヤクルト・スワローズの熱心なファンが、緑色の傘を携えて勇んで神宮球場に行くみたいに」

なーんて勝手な物思いにふけるのである。そして、人々が朝早くから托鉢僧に寄進する様子、朝市に並ぶ新鮮でグロテスクな魚、メコン川やアマンタカというリゾートホテルでのラウンド・ガムラン奏者の演奏がエリック・ドルフィみたいだったことなどを記していく。

私は村上春樹の小説よりは、肩の凝らないエッセイのほうがダンゼン好きで──もっとも今回の旅行記よりは、工場見学をまとめたものとか、ギリシャに滞在したときのことを書いた「遠い太鼓」のほうが、共感できる。なぜって、この本の場合、いいご身分だよね、ってヒガミ心がよぎらないこともないからなんだけど、このラオスの1本だけで、まーいっかーって思っちゃうのだった。

今朝もジョウビタキとカワセミ。
c0155474_22511953.jpg
c0155474_22512755.jpg

年末に咲き始めたロウバイが、イッキにほころび始めた感じ。
c0155474_2251418.jpg


# by sustena | 2017-01-07 22:56 | 読んだ本のこと | Comments(2)
2017年 01月 07日

新橋演舞場 壽新春大歌舞伎「雙生隅田川」

c0155474_21562710.jpg新橋演舞場で、近松門左衛門 作の通し狂言 「雙生(ふたご)隅田川」を見た。
右近の右團次の襲名、右團次の息子が右近としての初舞台で梅若丸/松若丸の双子を演じ、猿之助がわが子をなくし、物狂いとなる班女の前を演じるというので、いい席をゲットしていたのだが、昨年11月の公園でのアートイベントの最中に席を取ったのを手帳に書き留めておくのを忘れてしまい、うっかり国立劇場のチケットとダブルブッキングしてしまい、友人に行ってもらって、あきらめきれずに再度、席を取ったのだった。

チケットは高くついたけど、行ってよかったー!三代猿之助四十八撰の内のケレン味たっぷりの舞台で、なんといっても初舞台となる右近のしっかりしてたこと(6歳だなんて!)、久々の猿之助の女形─スーパー歌舞伎もいいけど、こういう役ももっといっぱいやってほしい!─本水を使っての鯉つかみなど、みどころ満載。

劇中で、右團次の襲名披露もあった。この人は本当に存在感があっていいなぁ。
立ち廻りで、「三桝に右」の紋をアレンジした趣向があったのも、襲名興行ならでは。
c0155474_21564191.jpg

c0155474_2156568.jpg

猿島惣太 後に七郎天狗/奴軍介右近改め 市川右團次
班女御前市川猿之助
大江匡房市川中車
淡路前司兼成市川男女蔵
小布施主税中村米吉
次郎坊天狗大谷廣松
梅若丸/松若丸初舞台 市川右近
局 長尾市川笑三郎
勘解由兵衛景逸市川猿弥
惣太女房 唐糸市川笑也
吉田少将行房市川門之助
県権正武国 市川海老蔵

# by sustena | 2017-01-07 21:56 | Theatre/Cinema | Comments(2)
2017年 01月 04日

2016に出かけたところ

2017年の手帳に、去年の12月にクレジットで購入した金額などを転記ついでにパラパラながめて、けっこうあちこち出かけたなぁ・・・とシミジミしたので、ここに書き写しておく(★はプライベート、あとは出張)

1月10日-22日 エチオピア★
2月23・24日 神戸・姫路
3月29・30日 金沢
4月18・19日 京都
4月22日 筑波
5月19-21日 愛媛★
5月23・24日 室蘭
6月9日 仙台
6月29・30日 大阪・京都★
7月25-26日 大阪
7月28・29日 熊本
8月2・3日 京都
9月9日 三島
9月23日-10月1日 スペイン&フランスバスク地方★
10月12・13日 高松・大阪
10月15・16日 高松
11月8日 栃木
11月16・17日 札幌・旭川
11月28日 名古屋
12月2・3日 京都★
12月9日 名古屋

このうち愛媛は、旧知の編集者・ライターとめぐったもので、大人の修学旅行と称して、年に1回、テーマを決めてあちこち出かけてる。きょうハードディスクにこのときの写真をコピーしようと思って、見当たらないのでアセッたら、なんのことはない、別フォルダに入れていたのを発見したんだけど、このところ写真を撮りっぱーにしてるので、今年からは心を入れ換えて、ちゃんとセレクトしてフォトブック印刷をするか、プリントアウトしないと、片っ端から忘れちゃうよなーと思ったことだった。

写真は、大人の修学旅行の一人から、昨年暮れにいただいたおせんべい。
あたしゃ太宰は生理的にキライなんだけど、現実にこんな人が頼りなさげに寄ってきたら、ああもうッ!て感じて助けちゃうかもしれない。この似顔からして、実に困った感じの人たらしの顔である。
c0155474_21494479.jpg


# by sustena | 2017-01-04 21:52 | つれづれ | Comments(12)
2017年 01月 03日

中島京子『彼女に関する十二章』

c0155474_17203690.jpgお正月、ぐーたらしながら、中島京子の『彼女に関する十二章』という小説を読む。

書き出しは「どうやらあがったようだわ」。
雨の話じゃない。月のモノのことである。

主人公は結婚25年の50歳をすぎた宇藤聖子。夫の守は編集プロダクションを経営していて、企業のPR誌に伊藤整の『女性に関する十二章』を今ふうにアレンジした女性論を自分の名前で書くことになったことから、聖子もその1954年のベストセラーを読むことにする。

この伊藤整のエッセイと、ビミョーにシンクロしながら話が展開していくのだ。

一人息子で大学院で哲学を学ぶ勉が女っ気がないと心配したり、聖子が初恋の相手だったという男性の息子(久世穣/アメリカ女性とのハーフである)とひょんなことから交流が始まったり、NPO法人「サポートステーションゆらゆら」に出入りする元ホームレスの調整ボランティアの片瀬さんが気になってしまったり、かと思うと、突然息子が家に連れてきたトヨトミチカコにガッカリしたり。夫の弟でゲイの小次郎くんがスパイスのように登場したりする12話で構成されている。

ちなみに伊藤整の『女性に関する十二章』の目次は次の通り。

第一章 結婚と幸福
 第二章 女性の姿形
 第三章 哀れなる男性
 第四章 妻は世間の代表者
 第五章 五十歩と百歩
 第六章 愛とは何か
 第七章 正義と愛情
 第八章 苦悩について
 第九章 情緒について
 第十章 生命の意識
 第十一章 家庭とは何か
 第十二章 この世は生きるに値するか

第2章のタイトルが「男性の姿形」であるほかは、ぜーんぶ同じである。

たとえば第3章では、伊藤整の次の文章が引用される。

「ある女性を愛して結婚したから、即ち性の独占を女性に誓ったから、妻のみで満ち足りているというのは、男性の本来の姿でありません」「即ち、普通のノーマルな男性は、妻を愛しているに拘らず、機会があれば、数多くの女性に接したいという衝動を元来与えられているものなのです。もし男性一般がそのような、可能な限り到る所に子孫を残そうという健康な本能を与えられていなかったならば、人類は大分前に滅びている筈であります。この傾向は女性にもあることは事実ですが遙かに弱いもののようです」
(ゲッ、伊藤整のこの本は読んだことがなかったけど、こんなことが書いてあったのか!)

PR誌のタイトルを「種をまく人」にしたいとクライアントが言い出したとぼやく夫との軽妙なやりとりがあり、アメリカからやってきた久世穣クンの異母兄弟を見て、彼の父・久世佑太=「種をまく人」だという思いにとらわれちゃったりするのであります。

共感したり笑い転げるうち、最後にはなんとなくホンワカして、イッキ読み。たくらみに満ちた楽しい小説です。

写真はけさ公園で見たカワセミ。弁天島といつものボート乗り場と、別々のコだった。
c0155474_1718513.jpg
c0155474_17181436.jpg
c0155474_1718238.jpg
c0155474_17183321.jpg


# by sustena | 2017-01-03 17:18 | 読んだ本のこと | Comments(6)
2017年 01月 03日

1月2日は写真美術館

昨日は東京都写真美術館が入場無料だったので出かけた。
やっていた展覧会は、「TOPコレクション 東京・TOKYO」と、同じく東京をテーマに6人の新進作家の作品を紹介する「東京・TOKYO 日本の新進作家vol.13」、そしてタイ出身の映像作家・映画監督であるアピチャッポン・ウィーラセタクンの「亡霊たち」。

収蔵作品のコレクション展では、7つの視点から、それぞれの写真家が東京をどう描いたかを紹介するもの。
セクション1「街角で」、セクション2「路地裏で」、セクション3「東京エアポケット」、セクション4「見えないものを覗き見る」、セクション5「境界線の拡大、サバービア」、セクション6「どこでもない風景」、セクション7「多層的都市・東京と戯れる」。

なんども見た作品が多いんだけど、撮られた年代によっても、風景やファッョンが異なって興味深いのだった。小さいお子さんを連れたお父さんが、「この写真には一人も写ってないでしょ、不思議だよね」なんて解説してた。

宮本隆司の日劇や中野刑務所の廃墟写真、糸崎公朗の組み立てフォトモ、西野壮平の何千枚もの写真をコラージュした「Diorama Map Tokyo」などが印象的。

出品されていたのは、以下の写真家の作品。
石元泰博、大西みつぐ、鬼海弘雄、児玉房子、高梨豊、田中長徳、土田ヒロミ、東松照明、 林忠彦、三木淳、山内道雄、レオ・ルビンファイン、荒木経惟、倉田精二、森山大道、朝海陽子、伊奈英次、北島敬三、島尾伸三、瀬戸正人、中野正貴、宮本隆司、尾仲浩二、富山治夫、林隆喜、山本糾、秋山忠右、小林のりお、楢橋朝子、ホンマタカシ、須田一政、清野賀子、鷹野隆大、花代、糸崎公朗、佐藤時啓、奈良原一高、西野壮平、畠山直哉、林ナツミ、本城直季

「日本の新進作家vol.13」。同じ東京をテーマにして、若い写真家がどう表現するか、それぞれが独自の作風。都会の路地裏やすれ違う人をなどをコントラストの強いモノクロで描いた中藤毅彦「STREET RAMBLER」、スカイツリーの映る風景を、ワイドに合成した佐藤信太郎「東京 天空樹」、ハーレーダビッドソンにまたがった男やリーゼントへアー、都会の片すみで演奏してる人など、ツッパッた人に声をかけて撮り続けてる元田敬三「OPEN CITY」が印象に残った。他に、小島康敬、田代一倫、野村恵子「A Day in The Life」。
ことに中藤毅彦さんの写真を見ると、モノクロで撮ってみようかなーなんて気分にちゃう。

「亡霊たち」は映像作品が大半。説明しづらいー。

写真は、会社の近くのゾウさん。その時々によって、ゾウのまわりのデコレーションが変わる。
c0155474_95473.jpg
c0155474_9541798.jpg


# by sustena | 2017-01-03 09:54 | Art/Museum | Comments(0)
2017年 01月 01日

最近の公園

けさは7時に公園に行き、初日の出を拝んだあと、近くの神社へ。それほど待たずにお詣りできた。
c0155474_2121291.jpg

おみくじを引いたら大吉。長年の辛苦が実ってめでたい、みたいなことが書いてある。
今年は、これまで取材してきた脳科学系の記事を1冊にまとめるので、いい本になるといいなぁ。

公園では29日から毎朝歩いているんだけど、このところ毎日カワセミに出会う。ボート乗り場近くがお気に入りみたい。
c0155474_2145914.jpg

先日はスズメに似てるけど、ちょっと違う鳥がケヤキの実を食べていると思ったら、アトリだった。
この写真には3羽写ってるけど、わかるかなー。
c0155474_21619.jpg

高い木で、しかも枝がわんさかあるのでピントが合いにくいー。しかも望遠端でも200ミリ。まぁこんな雰囲気だということで。
c0155474_2173350.jpg

このほか、ジョウビタキもいた。
c0155474_2181344.jpg

c0155474_2182578.jpg

冬になると、ハクセキレイが独特なはねかたで目立つ。
c0155474_2110239.jpg

バンが尾をキュッとあげているのがかわいい。
c0155474_2191636.jpg

上池はもっか一部が護岸工事のため通れない。3月いっぱいまでかかるようだ。
c0155474_21111813.jpg


# by sustena | 2017-01-01 21:12 | 小さな自然 | Comments(3)
2017年 01月 01日

明けましておめでとうございます

c0155474_16442701.jpg
今年の賀状。いつもはマウスでMSpaintで絵を描いてるけど、今年はタブレットでスタイラスペンで描いてMSpaintデー色塗りしたら、雑だと息子に言われた。
そういえばバスクの写真をまだアップしていないな。。。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。







# by sustena | 2017-01-01 16:47 | Comments(7)
2016年 12月 31日

焼きハゼ

昨晩、仙台から息子が焼きハゼをおみやげに帰って来た。

昨年、仙台に取材に行ったときに魚屋の店先で見つけて、一瞬買おうと思ったけれど、あまりの高さに断念したのである。
よし、明日はこれでダシをとろう!
c0155474_13554922.jpg


あと、きんとんとタタキゴボウと伊達巻をつくれば、おせちの準備はおしまい。
なんだか、バタバタだー

# by sustena | 2016-12-31 13:56 | つれづれ | Comments(2)