<   2016年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2016年 10月 17日

塩江のシシ鍋

というわけで、昨晩の最終便で高松から戻り。代休はしばらく取れそうもないので、そのまま出勤したsustenaです。

塩江で泊まったのは魚虎旅館。その日の昼に電話に泊まれるか聞いて、ナベならできます。シシ鍋か寄せ鍋か鳥鍋、と言われて、ありつけるだけ御の字と思ってシシ鍋にした話はお伝えした通り。

そのシシ鍋とは、じゃーん!これです。これで二人前。
c0155474_16593020.jpg

そのほか、ズイキと青柳の含め煮や、ポテトサラダや刺身、それと鮎の塩焼きが出た。
c0155474_170553.jpg

一緒に行ったライターがノンべだったので、ビール大瓶のほか、お酒を冷で9合も飲んじゃった。

さて、翌日は8時にチェックアウト。
このあたりは、飛び出しを防ぐためか? こんなふうに行儀のよい足跡が各家の前やバス停の前など、あちこちに描いてある。
c0155474_1732045.jpg

宿を出たところで、ここでもネコちゃんを発見。
c0155474_1734441.jpg

c0155474_1735435.jpg
c0155474_174656.jpg

宿から見下ろした向かいのお店にもあったけど、通りのあちこちに、等身大の人形がある。
宿のひとに聞いたら、「限界集落で寂しいから、少しでもにぎやかなように置いてある。うちのはネコがぐちゃぐちゃにしてしまった。胴体は新聞で、顔だけ綿が入っていて、簡単につくれる」とのこと。限界集落のにぎわいのためって・・・・、
c0155474_17621100.jpg

行基が来たとかで、近くに行基の湯もあった。
c0155474_1765990.jpg

c0155474_1794952.jpg

奥塩江方面へずんずん歩く。コミュニティバスもあるんだけど、本数が少ないし、5kmぐらいの距離だから、どんな場所かちゃんと見たいし、何より昨晩食べ過ぎたので、ちょっと運動せねばと歩いたのだけど、遠かったなー
c0155474_17112922.jpg

途中にあった小学校、創業100周年の碑がたっていた。それが10年ぐらい前のものだったかな。歴史はあるのだ。

今回は廃校になった保育所裏手の川でマイクロ水力発電の環境学習。
昼は水車で皮をむいたサトイモがたんと入った芋煮汁がふるまわれた。
c0155474_17221832.jpg

c0155474_17142846.jpg

うどんを入れたのをおかわりしちゃた。またも食べ過ぎ。

おみやげは道の駅で買ったそば粉と新鮮な垢トウガラシ、空港でオリーブ漬け。

by sustena | 2016-10-17 17:16 | | Comments(4)
2016年 10月 16日

塩江にいます

昨日高松駅からバスで1時間ぐらいの塩江に。本日の取材場所が近くにある。
取材場所が判明したのが土曜朝だったので、高松に行ってから決めようと思い、最初宿泊案内の看板を掲げているところで聞いてもらったら、そこで案内できるところは空きべやがないという。
そこで、駅のインフォメーションで、この辺りの宿泊先一覧のりすとをもらい、魚虎旅館に電話をしたら、シシ鍋ならできるという。そこに決めたら大当たり!!!
シシ鍋のボリュームがすごかったな。

朝、部屋の窓からパチリ。
c0155474_07214312.jpg


by sustena | 2016-10-16 07:27 | Comments(2)
2016年 10月 14日

喫茶店前の猫ちゃん

取材後、夕方のフェリー出発まで2時間弱。
フェリー乗り場近くの喫茶店が開いてるだけだった。猫ちゃんが何匹かいたので、ぱちり。
c0155474_22472225.jpg
c0155474_22473655.jpg
c0155474_22475048.jpg
c0155474_2248167.jpg
c0155474_22481280.jpg
c0155474_22482456.jpg
c0155474_22483738.jpg
c0155474_22484891.jpg

夕日が沈むなか、高松へと向かうフェリーから、ぼーっと外を眺めてた。
c0155474_2250897.jpg


追伸 出張から戻ったばかりなのに、土日に別の取材で、またもや高松に行く羽目に・・・。なんてこった。

by sustena | 2016-10-14 22:50 | | Comments(2)
2016年 10月 14日

二度目の豊島

高松港のアートかな。
c0155474_2240496.jpg

豊島は二度目。初めて訪れたのは、3年前の瀬戸内国際芸術祭のとき。このときは、まだ横尾忠則の美術館の豊島横尾館は建設中だった。
あーあ、見たかったな・・・とうらめしい気持ちで覗く。窓のところが、赤と青のメガネをかけると立体に見える印刷みたいだったのが、ちょっとおもしろかったな。
c0155474_2242591.jpg

c0155474_2243972.jpg

その後、おしゃれな店も増えたみたい。
c0155474_22434985.jpg
c0155474_2244513.jpg

シャトルバスもかわいい♪
c0155474_22444528.jpg

まったく変わらない風景もあった。おじいさんもワンちゃんまで一緒じゃなかったか・・・・?
c0155474_237353.jpg

c0155474_22451034.jpg


by sustena | 2016-10-14 22:45 | | Comments(0)
2016年 10月 13日

芸術祭がお休みの日の豊島

出張で今高松。昨日は豊島で取材だった。ちょうど瀬戸内国際芸術祭が開催中なのだが、月曜が祝日の水曜は、豊島美術館も豊島横尾館も、芸術祭関係のところは全部休みで、フェリーのチケット売り場や乗り場で、多くの人にアートですかってきかれた。いえ、取材ですというと、ホッとしたような顔をするのが印象的だったなー。
本日はこれから大阪へ。
c0155474_08472428.jpg


by sustena | 2016-10-13 08:49 | | Comments(0)
2016年 10月 11日

「リビングルームII」 ミシェル・ブラジー展

c0155474_21463441.jpg銀座メゾンエルメスで開催中の「リビングルームII」 ミシェル・ブラジー展を見てきた。

ミシェル・ブラジーは、1966年、モナコ生まれのフランス人作家。植物や昆虫、微生物など、身の回りの自然を作品に取り込みながら、パソコンやゲーム機、靴などから植物がはえたり、椅子が呼吸するように煙を出したり、カーペットをかたつむりがはったあとをたどったり、壁に色のついた寒天を塗って剥離する様子のインスタレーションを制作したりするなど、プロセスや時のうつりかわりそのものを作品にしているひと。

「リビングルーム」というタイトルは、住まいのくつろぎの場であると同時に、生命が絶え間なく変化する空間を象徴しているのだとか。また、美術館や画廊のクリーンなホワイトキューブに対する批判的な視点もあるらしい。

靴に植物が生えているというイメージそのものは、そんなに珍しくはないけれど、展覧会全体がこうしたコンセプトで成り立っていて、しかも、エルメスのおしゃれ空間で、なんだかカビみたいーって思うような作品が展示されているのは、なかなか興味深いことだった。
c0155474_21465042.jpg

c0155474_2147954.jpg

ほうきにほうき草ってタイトルだったかな・・・。
c0155474_2210308.jpg

c0155474_21505481.jpg

c0155474_2151653.jpg

このカーペットに、カタツムリのはったあとが・・・・。カタツムリは4匹。シルバーのテープであとをかたどったのかな?
c0155474_21522547.jpg

この絵は、たしかバニラとチョコクリームを塗ったキャンバスをネズミがかじったの。
c0155474_2203268.jpg


by sustena | 2016-10-11 22:02 | Art/Museum | Comments(4)
2016年 10月 09日

芸術祭十月大歌舞伎 夜の部

c0155474_229115.jpg芸術祭十月大歌舞伎を観る。

中村橋之助の八代目中村芝翫 襲名披露と三人の息子、国生が四代目中村橋之助、宗生が三代目中村福之助、宜生が四代目中村歌之助の襲名披露をかねた公演で、夜の部は口上もある。

演目は、松緑が外郎売実は曽我五郎をつとめる「外郎売」、口上のあと、一谷嫩軍記から「熊谷陣屋」。もちろん、新芝翫が熊谷直実である。そして、玉三郎による「藤娘」。、    

祝い幕は佐藤可士和デザインのもの。口上の舞台面は日本画家の朝倉隆文の龍だった。
c0155474_2282081.jpg


外郎売は、早口の言い立て部分、松緑がうまくいえるかしらん、團十郎とどう違うかなというのが一番の興味だった。なんとかこなしてるって、ところだけれど、血気にはやる五郎の感じは、とてもよく出ていたんじゃないかな。

口上は、藤十郎がちょっとおぼつかない感じでちょっとハラハラ。それぞれの役者の個性がほのみえるんだけど、幹部俳優はみな七代目芝翫の思い出を。競馬や麻雀が好きだったこと、芸に厳しかったこと・・。梅玉が、八代目の世話やきなことに触れて楽しかった。健康によい煙草があると勧めてくれたが、健康によい煙草なんてあるものか。そのくせ、自分はさっさと禁煙して、梅玉にも禁煙を勧める。そればっかりは被るごめんこうむる・・・。七之助の挨拶が気持ちがこもっていたなぁ。

熊谷陣屋は、今回は芝翫型で演じたとのことで、とくに最後の場面がなんどか観ている團十郎型と大きく違う。團十郎型は、 幕がしまったあと、僧のなりの熊谷が花道を思い入れを持って引っ込むのだけど、芝翫型は、熊谷と相模、源義経、そして弥陀六の見得で幕。ここは余韻がちょっとないよね・・というウラミが残ったけれど、わが子小次郎の首を相模に手渡す場面の熊谷の痛恨の想いと、魁春の相模の慟哭が心に沁みた。吉右衛門の義経は情にあふれていたなぁ。

玉三郎の藤の精は、みずみずしい美しさ!

1: 歌舞伎十八番の内 外郎売

外郎売実は曽我五郎 松緑
大磯の虎 七之助
曽我十郎 亀三郎
小林妹舞鶴 尾上右近
化粧坂少将 児太郎
近江小藤太 宗生改め福之助
八幡三郎 宜生改め歌之助
茶道珍斎 吉之丞
小林朝比奈 亀寿
梶原景時 男女蔵
工藤祐経  歌六
     
2: 襲名披露 口上

藤十郎はじめ幹部俳優

3: 一谷嫩軍記より熊谷陣屋

熊谷直実 橋之助改め芝翫
相模 魁春
藤の方 菊之助
亀井六郎 歌昇
片岡八郎 尾上右近
伊勢三郎 宗生改め福之助
駿河次郎 宜生改め歌之助
梶原平次景高 吉之丞
堤軍次 国生改め橋之助
白毫弥陀六 歌六
源義経  吉右衛門

4: 藤娘

藤の精   玉三郎

by sustena | 2016-10-09 22:36 | Theatre/Cinema | Comments(0)
2016年 10月 08日

ピンチョス風

先週の夜に戻ってきて、目が回るような1週間だった。
本日は、地元の仲間とやってるラジオの公開放送でその反省会を我が家でやるので、ピンチョスもどきを作ってみた。
c0155474_21581894.jpg


by sustena | 2016-10-08 18:51 | 食べ物 | Comments(4)
2016年 10月 01日

国立劇場「忠臣蔵」舞台稽古見学

昨晩帰って来て、本日は「あぜくら会」という国立劇場の会員を対象にした、明日からはじまる忠臣蔵の舞台稽古を見学するイベントがあり、当選したので出かけてきた。

参加者は120人。うち男系客は半分弱ぐらい。意外に男性が多いのでちょっとびっくり。
時間になると、係の人に案内されて2階席へ。見学は大序の部分で、拍手をしてはいけないし、声をかけてはいけない、静かに観ること、などの注意が言い渡される。

始まる前は、大道具係や、役者の衣裳を直す人などがわらわらといるのだけれど、稽古が始まると、もう普通の舞台とかわらない。途中でストップして演出の注文が入る、なんてことはまったくないので、舞台稽古といっても、サッパリ稽古らしくはないのだった。

その後、レクチャールームに移動して、舞台監督から、芝居の幕が開くまでの講演があった。

歌舞伎の舞台ではいわゆる演出家はいないので、舞台監督といっても、舞台のマネジメントが仕事。演目や俳優が決まったら、過去の上演記録を勉強して、3週間前に大道具を発注して・・、本番の稽古は、公演の3日前ぐらいから・・など、流れにそって説明してくれる。

その後、会員からのディープな質問が飛ぶ。演出家がいないときに、関西と関東とか、それぞれが親しんできた「型」が違う場合にはどう調整するのか、前列左右に座っていた人の仕事は何か(舞台から見えてはいけないものが見えないかをチェックしているんだって)、何度も上演されているものと復活狂言のときとで、舞台監督の仕事はどう違ってくるかetc・・。

あとで知り合いに聞いたら、この手の催しの倍率はめちゃ高くて、なかなか当選しないので、今回は最初から諦めて抽選ハガキを出さなかったそうな。そういえば待っている人が、10 倍だとかなんとか言ってたな・・・。ラッキーなことであった。

国立劇場50周年ということで、途中のガードレールまでこんな装いに。
c0155474_21522576.jpg


by sustena | 2016-10-01 21:36 | Theatre/Cinema | Comments(0)