いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2016年 07月 18日

すやすや

先日、某大学に取材にいったとき、守衛さんの受付のところで寝ていた猫。名前を記入する台の下にいたんだけど、安心しきってるのにびっくり。
c0155474_2262924.jpg

今週は金曜日に名古屋に出張。翌月曜と火曜は大阪(これはプライベート)、木曜と金曜が熊本、次の週の火曜と水曜が京都。なかなか更新できないなー

by sustena | 2016-07-18 22:09 | つれづれ | Comments(4)
2016年 07月 18日

「しりあがり寿の現代美術 回・転・展」が楽しいッ!

c0155474_21175922.jpg忙しいときは、なぜか仕事がさらに重なるものなのである。
もっかレギュラーの広報誌2誌と、生命科学系のweb編集に加え、8月上旬に実施するイベント準備のほか、記念誌が2冊と、8月末納品予定だったweb を突然今月中に納品しなければならなくてって、かつ、プレゼンテーションが2つほど。
この3連休も一日はある賞の授賞式の取材と撮影でつぶれ、残る2日も、秋のアートイベントのリリース作成と、今週の仕事の一部を家でしこしこ進めていたのだった。

でもっ、気分転換がしたいぞー!!というわけで、練馬美術館で開催中の「しりあがり寿の現代美術 回・転・展」を見てきた。特設サイトはこちら→http://www.saruhage.com/kaiten/

しりあがり寿は、朝日新聞に連載中の「地球防衛家のヒトビト」や「弥次喜多 in DEEP」など批評精神に満ちた、ときにシュールなギャグ漫画で知られる。今回は、彼の初期のマンガの原画をはじめ墨絵インスタレーションを紹介した第一章、ヤカンやあらゆるものを回しちゃおうという第2章で構成されている。

漫画原作では「弥次喜多 in DEEP」の原画の美しいことにウットリ、「御前しりとり合戦」には笑ったし、「流星課長」「真 ヒゲのOL藪内笹子」の2冊は、この絵を見たあと、読みたくなって図書館で予約してしまった。

これは、しりあがり寿が各地で行なってきた部屋全面に和紙を貼った墨絵インスタレーションのうち、2015年の『崩』の一部。
c0155474_213129100.jpg


ゆるめーしょん(=ゆるいアニメーション)も楽しかったなぁ。文化庁メディア芸術祭で審査員会推薦作品に選出された》Voyage de Hokusai (北斎の旅)》(エリック・サティの「ジュ・トゥ・ヴー」のメロディにのって北斎が踊るロトスコープのアニメ)に登場するいろんなアイデアのモトはこれだったのか、とナットク。そのゆるさがなんともいえないのだけれど、家族の会話を4枚の動くセリフで表現したものなど、ああー言えてるーと思ったな。
これは、ゆるめーしょんのうち、《黄色いドア》。
c0155474_2142384.jpg

でも圧巻は回転作品のコーナーですね。
最初に置かれているのが、《回るヤカン》
c0155474_21445320.jpg

c0155474_2145971.jpg

電光掲示板には、ヤカンがとまっているときには、「このヤカンは回転している間だけ芸術になります」という文章が流れ、ヤカンが回り出すと赤い「芸術」の文字が点滅する。

単にヤカンで回ってるだけなんですけどー。でもマルセル・デュシャンの「泉」だって単なる便器ですもんね。

回転派のアトリエでは、すべてのものが回転し、「まわる歴史」のコーナーでは、日本の歴史も、個人の思い出もくるくるまわる。
c0155474_21481485.jpg

c0155474_2151555.jpg

真っ赤なダルマが歌っているところを通りすぎると、一転白っぽい部屋になり、机の上に置かれた、レシートやトイレットペーパーや、コンビニのトレーの容器や日常のチマチマしたものがまわる「回る白昼夢」の部屋。いやはや圧巻である。
c0155474_21511873.jpg

c0155474_215458100.jpg

考え方をえいやってひっくり返したりするのが現代アートだから、まわしてみせるのは、実にアートなのだった。
赤瀬川原平はよじれの不安があるけど、しりあがり寿はいきなり飛んでしまうのね、と思ったことだった。

by sustena | 2016-07-18 21:58 | Art/Museum | Comments(0)
2016年 07月 18日

だいぶ大きくなったカルガモのヒナ

カルガモのヒナがすくすく育ってる。
先日などは、2羽と親がそろって羽のお手入れ。
c0155474_214774.jpg

他の大勢のカルガモとともに、池をゆうゆうと泳いでいたり。
どのくらいまで親と一緒にいるものなのかしらん。
c0155474_2165572.jpg


by sustena | 2016-07-18 21:05 | 小さな自然 | Comments(0)
2016年 07月 03日

鳥たち

暑いー。台風1号がようやく発生したけれど、台風がこないので、海の水がかき混ぜられないため、いっそう暑いのだ、というような話を昨日の天気予報のオネエサンがやっていた。本当かしらん。

例年と同じように、公園では七夕飾りが。世界平和を願うもの、株が上がりますようにと現世利益を願うもの、家族の健康や、こどもたちの将来など、ま、いろいろであります。
c0155474_15183326.jpg

遠くにカワセミが。私のヨボヨボの肉眼ではよく見えず、双眼鏡で発見し、カメラで撮ったのをトリミング。いたぞという証拠写真ですね。
c0155474_15205416.jpg

出張前まで見かけていたカルガモのヒナの姿が、きのう、きょうと見えない。ちょっと心配(写真はだから数日前のもの)
c0155474_15193354.jpg

バンはもうすっかり大きくなった。今年は3羽が育った。親はもう近くにはいない。
c0155474_15245822.jpg

久しぶりにゴイサギの幼鳥が。よく見るとスルドイ目をしてる。
c0155474_15231099.jpg


by sustena | 2016-07-03 15:24 | 小さな自然 | Comments(16)
2016年 07月 03日

桔梗を見に

伊藤若冲を見たあとは、とくにこれといった予定もなかったんだけど、帰りの新幹線にまだ時間があったので、京都駅の観光案内所で桔梗が見ごろとあった、2つの寺を訪れた。

ひとつは、妙心寺の退蔵院である。ここは、狩野元信が作庭した「元信の庭」や、池泉回遊式庭園「余香苑」が見どころとされていて、庭園内には四季折々の花が咲くというので、桔梗が咲き乱れているのかなと思ったら、陰陽の庭の陽のねうに一株、ひょうたん池のところに一株あるだけだった。これで見ごろにリストアップずくんじゃないよー(涙)。他に、アジサイとスイレン、蓮が咲いてました。
c0155474_1511645.jpg

c0155474_1513122.jpg

c0155474_1515859.jpg

c0155474_1514330.jpg

それじゃあ、同じ妙心寺の敷地内にある東林院で沙羅をみようと思ったら、入場するのに1600円だったか1800円かかるという。で、沙羅はどれくらい咲いているの、と聞いたら、もうほとんどオシマイだ、というので、ここはやめて、京都御苑の近くの、紫式部邸宅趾廬山寺へ。
c0155474_1521947.jpg

ここは、何かアピールポイントをつくろうと、源氏庭に桔梗を植えたに違いない。ちょうど見ごろ。でも、花がみーんなあっちを向いているのがちょっと悲しかったな。
c0155474_1523118.jpg

c0155474_1524563.jpg

白い桔梗もありました。
c0155474_153586.jpg

まったく関係ないけれど、前日に黒豚とパッションプルーツのサラダというのを食べた。パッションフルーツを入れるなんて、ぜいたくー。
c0155474_1544157.jpg


by sustena | 2016-07-03 15:04 | | Comments(3)
2016年 07月 02日

トイパにカッター?

大阪に行ったときにトイレでみた掲示。
こわっ!
c0155474_22165758.jpg


by sustena | 2016-07-02 22:17 | 看板・サイン・ポスター | Comments(4)
2016年 07月 02日

細見美術館「生誕300年記念 伊藤若冲─京に生きた画家─」

今年は伊藤若冲の生誕300年記念ということで、東京都美術館で大々的な展覧会があり、超人気だった。混雑の様子が伝えられ、めげていかなかったのだが、ちょうど先日訪れた京都の細見美術館で「 伊藤若冲─京に生きた画家─」の特集をしているというので出向いた。

同美術館は実業家でコレクタの細見古香庵(1901−79)以来、三代にわたる蒐集品をもとに、1998年に開館。琳派や若冲もけっこう持っていて、今回は同館所蔵の若冲19点と京都にある若冲ゆかりの寺院が所蔵する作品、若冲の弟子の作品数点のほか、当時の人物志や、京都錦小路青物市場記録などが展示されている(一部入替あり)。

入口のポスターに、東京の巡回展じゃないぞ、と注意書きが。
c0155474_1622243.jpg


へちまに、カマキリや小さな昆虫が描かれている《糸瓜群虫図》 、いつもながら、だいたんな鶏たちのさまざまなポーズが楽しい 《鶏図押絵貼屏風》や《雪中雄鶏図》 《虻に双鶏図》、のどかな顔の《伏見人形図》、真っ黒な地にドクロが描かれた《髑髏図》、遊び心イッパイの《鼠婚礼図》 など、見飽きなかったな。

ところで、京都錦小路青物市場記録というのは、青物問屋生まれの若冲は、弟に家督を譲って絵画三昧の暮らしをしていたとされているが、明和8年(1771)から安永3年(1774)まで錦市場の営業認可をめぐって、中心になって調整役を務めたことを記した史料で、彼の活躍もあって錦市場は窮状を脱することができたんだって。ふーん、そういう側面もあったのね、知らなかったー。

その錦市場では、生誕300年記念でスタンプラリーをやっていた。
c0155474_16271499.jpg


by sustena | 2016-07-02 16:33 | Art/Museum | Comments(2)