いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2016年 01月 31日

砂漠を行く4WD──カラフル・エチオピア#5

ダナキル砂漠へはメケレから4WDで行く。先頭にガイドさんが乗り込み、あとにツアーの一行が5台に分乗。1台にドライバーのほか、3人または2人だからゆったりしてる。屋根には水やガソリン、テーブルセットなどを乗っけて行くのである。
c0155474_23372250.jpg

途中でパンクしちゃうこともある。
c0155474_23375772.jpg

途中ヤギや羊、ロバが道を横切っていく。
c0155474_23424132.jpg
c0155474_23425197.jpg

アファール族の住むイラプティ村からは、先頭車両にポリスが加わった。
c0155474_2343539.jpg

c0155474_002626.jpg

いよいよオフロード。砂が舞って前が見えないくらい。ワイパーは窓につく細かい砂を取り去るためのものなのだった。ドライバーのトヨタ車への信頼は絶大。いすずも人気がある。「いすずのことはアルカイダって呼んでるんだ。疲れを知らず働き、人をたくさん殺す」なんて冗談を飛ばすドライバー。
c0155474_2349421.jpg

c0155474_23491738.jpg

アファール族の伝統的な住居はこんな感じ。風が強いので周囲はアカシアの枝で囲んである。
c0155474_23504875.jpg

テントと野天泊の2泊3日分の一行の食料もやはり4WDで運んでいく。専用のコックがつき、パスタなどをつくってくれるのだ。
エルタ・アレ火山から下山した日のランチは、カレーだった(添乗員が日本のルーを持っていったのだ)。
c0155474_23533121.jpg

感動したのは、アハメッド・エラのベースキャンプでの朝のサラダ。
アボカドやパパイヤが入っていておいしかったー。
c0155474_23544244.jpg

3日間料理をつくってくれたのが、コックのマンデラさん。左はマネージャー。ごちそうさまでした。
c0155474_23563864.jpg


by sustena | 2016-01-31 23:56 | | Comments(4)
2016年 01月 31日

塩の大地──カラフル・エチオピア#4

ダナキル砂漠のなかで、ダロール火山のある一帯はアフリカの大地溝帯が形成される過程で、紅海の水が流れ込んで、塩分が閉じ込められたとのことで、4WDで走る両側が見渡す限り続く塩の大地。
c0155474_1713429.jpg

c0155474_17132968.jpg

ウユニ塩湖みたい、と言ってた人がいたっけ。
朝、塩の採掘場に向かってラクダが進んでいく。
c0155474_1712414.jpg

ダロール火山からほんの数百mぐらい?行ったところにあるのが、塩の奇岩群だ。塩の層の上に泥土層がつもり、隆起して長い年月の間に浸食を受けてできた塩の渓谷で、「エチオピアのモニュメントバレー」とも呼ばれるらしい。
c0155474_17134276.jpg

c0155474_17135626.jpg

c0155474_17141267.jpg

塩の採掘場では、アファール族とディグレ族が塩を採っていた。塩の大地から取り出した塩の塊を30cm×40cm、厚さ7cmくらいのブロックに整え、15枚ずつぐらいの振り分け荷物にしてラクダに乗せて運ぶ。一枚が6.5kgというから約200kgもの重さ!メケレなどの大都市までは約180kmもある。最近では途中からはトラックも使うらしいが・・・。
c0155474_231444.jpg

c0155474_17142655.jpg

c0155474_17144961.jpg

アサレ湖はアフリカでもっとも標高がひとつ場所。標高マイナス115m。ちょっとなめてみたけど、めちゃ塩辛かった。
c0155474_232038.jpg

午後3時を過ぎるころには、まちへ向かうラクダの隊商と何度もすれ違う。ひたすら広いー。
c0155474_1715399.jpg

c0155474_17151640.jpg


by sustena | 2016-01-31 23:05 | | Comments(2)
2016年 01月 31日

『元禄港歌―千年の恋の森―』

c0155474_16435838.jpgベタな恋物語かな・・・と恐れながらも、猿之助が出るので、Bunkamuraのシアターコクーンで上演中の(東京公演は本日まで)を見てきた。
いやぁ、想像以上によかった。もう泣き泣きである。

「近松心中物語」はこれまでたしか2回l見たんだけど、80年に上演された、同じ蜷川×秋元松代コンビのこの作品は今回が初めて。36年ぶりの復活といっても、なぜいまわざわざ、こんなに情念どろどろの古くさい話を・・・・、と実のところ思っていたのだけど、ギリシャ悲劇にも、シェークスピアの悲劇にも連なる骨太の話ではないか、と思わせてくれたのは、なんといっても、今回の配役によるのではなかろうか。

三味線を弾きながら諸国を経巡る瞽女の一行が播州の港町にやってくる。ここで一番の廻船問屋の大店が筑前屋。丁稚あがりで一家の長にのぼりつめた平兵衛(市川猿弥)とお浜(新橋耐子)には信助(段田安則 )と万次郎(高橋一生) と二人の息子がいた。江戸から戻ってきたばかりの長男の信助は仕事熱心で誠実だが、次男の万次郎はけんか犂で遊び人なので、平兵衛は信助を跡継ぎにと考えているが、妻のお浜は実子の万次郎がかわいくてならない。信助もそんな事情をうすうす勘づいている。

瞽女の一行の座長が糸栄(猿之助)。瞽女たちが筑前屋の座敷で弾き語る「葛の葉子別れ」は、千年の森の奥から白狐となって人里に住む恋する男に会いに来た女が、生まれた子と別れなければならないという物語(歌舞伎で猿之助の演じる葛の葉を見たことがある♪)。歌いながら泣く糸栄に、信助は胸騒ぎを覚える。

瞽女の糸栄がわが子同然に可愛がっているのが、同じく盲目で、小さいときに阿弥陀堂に捨てられていた初音(宮沢りえ)と、快活で越後屋の次男の万次郎と恋仲の歌春(鈴木杏)。歌春は、身分違いの万次郎との恋に終止符をうち、職人の和吉(大石継太)との結婚を承諾する。一方初音と信助も運命的な恋に落ちる・・・・。

決してまじわってはならぬ芸能の民と常民の世界。そのルールを超えてしまった悲劇であります。
最後、人々の魂を救済する念仏を唱える、常の生活からこぼれこぼれ落ち底辺を生きる念仏信徒たちのパワーが、ぐぐーんと迫ってくるのだ。

猿之助演じる瞽女の座元はさすがの存在感で、彼の歌う葛の葉が、からだから発せられるよう。宮沢りえの澄んだ高い声と、いつもはうますぎてちょっとうるさい感じすらする段田の響く声とが重なりあってすばらしい。

新橋耐子もうまいー。この人、20年ぐらい全然トシをとっていないんじゃないの、と思ってしまった。
念仏信徒衆を率いる悲田院法師は青山達三。

芝居の間中、舞台の上から椿がひとつ、またひとつと降ってくる。二組の恋人たちの運命を象徴するような
真っ赤な椿だった。

作=秋元松代 演出=蜷川幸雄 音楽=猪俣公章 劇中歌=美空ひばり 衣裳=辻村寿三郎
c0155474_16441161.jpg

c0155474_16442395.jpg
c0155474_16443326.jpg

c0155474_16444630.jpg

c0155474_1645163.jpg

c0155474_1645151.jpg

c0155474_16453098.jpg

本日は天気がよかったので、久しぶりに善福寺公園を散歩。最近、ツグミがどうだ!というポーズでたたずんでいたり、地面を歩き回って虫をつついている姿をみかけるようになった。メジロはびっくりまなこ。ロウバイの葉もすっかり落ちて、いい香り。梅も咲き始めた。光の春だー。

by sustena | 2016-01-31 16:15 | Theatre/Cinema | Comments(0)
2016年 01月 30日

三好和義写真展「室生寺 十二神将」

昼休みにノエビア銀座ギャラリーの前を通ったら、 三好和義さんの「室生寺 十二神将」と題した写真展をやっていた。副題に、「土門拳に捧ぐ」とある。

土門拳の室生寺といったら、あの1枚を撮るのに何時間も粘る土門のエピソードがてんこもりで、仏さまたちも鬼気せまる感じ、またはひたすら静寂の中に身を置いている、といったふうなんだけど、写真家が違うとこんなにものびやかなのかなぁと驚いてしまう。
もっとも、今回展示されていたのは、三好が撮った室生寺の写真の中の、薬師如来を守護する12体の武神「十二神将」。なので、それぞれの武神によって性格も違うし、格の高い薬師如来とはもともとちょっと違うのかも。

こうした12神だと、どうしても自分の干支の動物を眺めて、それから他の武神たちと比べちゃうんだけど、酉の像など光を受けて明るかったなー。それぞれの表情が興味深いですー
c0155474_17393082.jpg


by sustena | 2016-01-30 17:37 | Art/Museum | Comments(0)
2016年 01月 30日

もう一つの絶景ダロール火山──カラフル・エチオピア#3

今回訪れたもいうひとつの絶景が、ダナキル砂漠にあるダロール火山。
硫黄やアンモニアで、地面が黄色、黄緑、赤に彩られている。このあたり一帯の砂漠は標高マイナス100メートルぐらいで、昔は海底だった。その後干上がったのと火山の爆発で、この火山が標高50メートルぐらい。ナショナル・ジオグラフィックが、世界で最も過酷な地と紹介したほどの灼熱の地で、夏場は50℃、この季節でも、お昼頃には40度を超える暑さで、朝の早い時間帯でも、少し歩くだけで汗だくになってしまう。

こんな荒涼としたところを30分ぐらい歩いて行く。
c0155474_16104792.jpg

ソルトマッシュルーム
c0155474_16105677.jpg

こんな風景が広がってた
c0155474_16111582.jpg

c0155474_1743743.jpg

c0155474_16115790.jpg

風向きによっては危険なんだって。もうちょっといたかったけど、また30分ほど歩いて4WDに戻る。どこぞの惑星探検隊みたいでしょ。
c0155474_16121052.jpg


by sustena | 2016-01-30 16:12 | | Comments(2)
2016年 01月 28日

ENKI BILAL INBOX

銀座のシャネル・ネクサスホールで「ENKI BILAL INBOX」展を開催中だ。

エンキ・ビラルはフランスの漫画バンド・デシネ界を代表するクリエイターで、1951年旧ユーゴスラヴィアのベオグラード生まれ。10歳の時にイッパでパリに移住し、バンド・デシネを読み漁り、フランス語の響きに魅せられ、バンド・デシネ作家として1972年にデビューしたという。

その圧倒的な画力と、強烈なインパクトのあるSF作品で人気を博し映画界にも影響を与えたといわれる。日本でも『ニコポル三部作』、『モンスター [完全版]』、『ルーヴルの亡霊たち』などが出版されているから、ファンだという人も多いのではないかしらん。

最近では漫画にとどまらず、絵画、映画、舞台へとその領域を広げ、2015年ヴェネツィア・ビエンナーレ国際美術展では、インスタレーション「INBOX」を発表し話題になった。

日本で初めてとなる今回の個展はその『INBOX』が再現されるほか、富士山を浮遊する男女とサメなどをモチーフにした描きおろしの作品も展示されている。

孤高でユニセックス的なキャラクターが、なんともシャネルでの展示に合ってるのだった。こういう作品が1枚ほしいなー。でもクールな部屋でないと似合わないよねぇ・・・
c0155474_15595455.jpg


by sustena | 2016-01-28 20:20 | Art/Museum | Comments(2)
2016年 01月 28日

リバプール国立美術館所蔵 英国の夢 ラファエル前派展

渋谷のBunkamuraで開催中の「英国の夢 ラファエル前派展」の内覧会のチケットをゲットしたので見てきた。内覧会のくせに混んでる~

ラファエル前派の名前を始めて知ったのは、大学の寮にいた時。ダンテ・ガブリエル・リオセッティを研究テーマにしている先輩がいて、美しい女の人の絵だなーと思ったのが初めてで、その後一人旅でぶらついたヨーロッパで、ロセッティ、ミレイ、ハントらの絵をパラパラと見たものの、きれいだけど平凡だなーぐらいのイメージしか抱かなかった。

今回。リバプール国立美術館(リバプール市内及び近郊の3美術館などの総称)から集まった65点を順に眺めて、こんなふうに象徴主義の先駆となっていったのね、とよくわかるのだった。

リバプールというのは、19世紀中頃にラファエル前派が結成されたまちで、当時、造船業が栄え、各種工業製品を輸出する有数の港町として栄えていて、財をなした人たちが美術館を建てたり、美術品を買い集めたのだ。

この展覧会では、ラファエル前派が結成されてから後世に引き継がれるまで、4つのパートで紹介されたいた。

第一章「ヴィクトリア朝のロマン主義者たち」
ラファエル前派のメンバーとして活躍したミレイやロセッティ、ハントの代表作を中心に紹介。古典的絵画の規範だった、ルネサンスの巨匠ラファエロ以前の絵画への回帰を唱え、自然描写を追求したので、ラファエル「前派」。
ロセッティの≪パンドラ≫が色っぽいの。

第二章「古代世界を描いた画家たち」
ローレンス・アルマ=タデマらの、古代ギリシャやローマの要素を盛り込んだ絵画作品。
フレデリック・レイトンの≪エレジー≫、チャールズ・エドワード・ペルジーニの≪シャクヤクの花≫。花弁の質感を同じように優雅にふくらむドレスの質感。

第三章「戸外の情景」
19世紀半ばに都市の人口が農村を上回ったイギリスで、田園の暮らしに憧れるようになり風景がが発達。
第四章「19世紀後期の象徴主義者たち」
エドワード・バーン=ジョーンズが率いた「ラファエル前派第二世代」や、ラファエル前派最大の復興者ジョン・ウィリアム・ウォーターハウスなどラファエル前派に影響を受けた画家たちの作品。
ワッツの≪十字架のマグダラのマリア≫の表情、そのなまめかしさときたらない。
3月6日まで。
c0155474_1645346.jpg


by sustena | 2016-01-28 16:04 | Art/Museum | Comments(2)
2016年 01月 25日

暗闇4時間強のトレッキングと溶岩湖──カラフル・エチオピア#2

今回、絶対に行きたいッと私を駆り立てたのが、エルタ・アレ火山の写真だった。前々回のブログで、iPadで撮った写真を載せたけれど、あの、どろどろに溶けた溶岩が音を立てて飛び散る姿をこの目で見たかったのだ。

今回のツアーではエルタ・アレ火山への登頂は、旅の前半の4日目に予定されていたのだが、エルニーニョ現象の影響であふれた水のために、途中の道が悪く4WDでも進めないとのことで、当初の行程が変更になり、迂回して、3日目にいきなり山頂へと登ることになった。

エルタ・アレは標高613メートルと、決して高い山ではないのだが、暑いため夕方6時を過ぎてからのぼり始める。ごろごろの溶岩台地で、比較的なだらかではあるが、足場は悪い。じきに日はとっぷりと暮れ、暗い中のトレッキングとなった。しかも、私が装着していたのは20年も前のヘッドランプ。足元もよく見えず、いやはや緊張した──。明るい白色LEDのランプを持った人の近くを歩くことにし、なんとか転ばずにすんだのだった。

写真は、出発前。頂上で使う寝袋などはラクダが運んでくれる。
c0155474_23104453.jpg

少し歩き始めたところ。外国人グループの中には、ラクダにのって頂上に向かう人も。
c0155474_23135690.jpg

この日は、細めの三日月。写真を撮る余裕があったのはここまで。あとは黙々と頂上へ。30分ごとに休憩。いやはや、もっとトシだったら、きっと無理だったなー。
c0155474_23155375.jpg

4時間強歩いてようやく山頂に。火口から戻ってすぐに寝られるように寝袋を用意して、すぐさま火口に向かう。
30分ちょっと歩いたのかな、ついに到着!
c0155474_23182996.jpg

c0155474_23185581.jpg

c0155474_2319948.jpg

言葉もなく、見入ってしまう。まさに地球が生きている姿。
動画でどうぞ。12秒です。


こちらはiPadで撮ったほう。30秒ちょっと。


翌朝5時ごろに再び火口へ。本当はしらじら明るみ始めるなか、溶岩湖の色が真夜中とは違って見えてくるはずなんだけど、次の予定が詰まっているということで、すぐに戻らなければならなかったのは、ちょっぴり残念。
c0155474_2323464.jpg

山頂に戻り火口を見下ろしたところ。
c0155474_23245737.jpg

さらに明るくなってからの風景。火口 まではけっこう急な坂でした。
c0155474_23431640.jpg

軽い朝食ののち、下山。
前の夜は真っ暗でわからなかったけれど、こんな道を歩いてきたんだー。意外に険しい。昨晩はそれどころじゃなかったんだなーと実感。
下りは3時間半の道のりでした。
c0155474_23281363.jpg


by sustena | 2016-01-25 23:28 | | Comments(6)
2016年 01月 25日

旅の行程──カラフル・エチオピア#1

10日夜発、22日夜戻りの足かけ13日間の北エチオピアツアーから戻り、すぐさま日常に突入しちまい、なんだか夢のようだったなーとときどきボンヤリしてる。

クレーター内でマグマが赤くうごめく溶岩湖や硫黄の黄色が目にまばゆいダロール火山などの絶景、シバの女王伝説から3000年のエチオピア教会群、各教会で大切にしまわれている、モーゼの十戒がおさめられたアークのレプリカであるタボットが一堂に会する年に一度のティムカット祭見学など、盛りだくさんだった今回の行程の概略を示すと──
c0155474_13688.jpg

1日目
夜 直行便で成田出発(香港寄港) 約16時間半

2日目
朝 アディスアベバ着。 ルーシーのレプリカを展示している考古学博物館などを見学し、国内便でメケレへ。メケレ泊

3日目
4WDでひたすら移動。長さ640km、幅240kmの広大なダナキル砂漠を走り、アファール族の村を見学後、アルタ・アレに登るベースキャンプに夕方到着。日が落ちてからアルタ・アレ山頂へ4時間の登山。山頂から往復40分ほどのところにある火口の溶岩湖を見学し、山頂で野天泊。満天の星空。

4日目
再び薄暮の溶岩湖を見て、下山。アハメッド・エラベースキャンプでテント泊

5日目
極彩色のダロール火山、塩の奇岩群、硫黄泉、塩の採掘場、塩を運ぶラクダのキャラバン、標高マイナス115メートルのアサレ湖などを見学しメケレに戻る。

6日目
メケレから古代アクスム王国の首都、アクスムへ。オベリスクやモーゼの十戒を刻んだアークが秘蔵されているといわれる、シオンの聖母大聖堂へ。アクスム泊

7日目
アクスムから国内便でラリベラへ。岩窟教会群の観光。ラリベラ泊

8日目
引き続き、岩窟教会群を見学。伝統的な藁葺き屋根の建ち並ぶラリベラの村を訪問。結婚式のパーティで盛り上がっている場面に出くわす。その後、コーヒーセレモニーでまったりしてホテルへ。 ラリベラ泊

9日目
空路、古都ゴンダールへ。世界遺産でポルトガルとインドの影響を受け、パッと見、西洋の城のような不思議の城や、天井一面に天使が描かれた教会ほかを見学。ゴンダール泊

10日目
陸路バハルダールへ。青ナイルの滝を見学後、ティムカット祭の前日イベントを見学。バハルダール泊

11日目
ティムカット祭見学。その後、エチオピア最大のタナ湖を遊覧し、ゼギ半島の教会を見学。タナ湖に沈む夕日を見ながら宿に戻る。バハルダール泊

12日目
市場を見学してバハルダールの飛行場からアジスアベバへ。飛行機は夜出発なので、エチオピア大学内の民族学博物館を見学し、レストランで夕食ののち、帰国便に。

13日目
香港寄港し、成田へ。帰りは、気流の関係でちょっとだけ短く、香港での待機時間も入れて14時間55分
c0155474_1275744.jpg

エチオピアの国内便はボンバルディアが多かった。アジスアベバは別として、だいたい、てくてく歩いて飛行機に乗る。到着するやほとんど整備もなしにすぐにとんぼ返り。車輪止めはこんなだった。
c0155474_1345430.jpg


by sustena | 2016-01-25 01:35 | | Comments(6)
2016年 01月 15日

エチオピアにいます

1月10日からリフレッシュ休暇を取って北エチオピアに来ています。
ここ2〜3日はダナキル砂漠で、マグマがどろどろ波うっているような景色を見てきました。詳しいご報告は帰ってから。22日夜に戻ります。
c0155474_3491423.jpg


by sustena | 2016-01-15 03:54 | | Comments(8)