<   2014年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2014年 10月 31日

野田秀樹「半神」

c0155474_229499.jpg先日東京芸術劇場で野田秀樹の『半神』を見た。

これは夢の遊民社時代、萩尾望都の短編漫画「半神」を原作に、萩尾望都と野田秀樹が共同で戯曲化し、1986年に本多劇場で初演された作品だ。ほとんど30年近く前のものだが、オーディションで選んだ韓国の俳優たちによって上演され、ちっとも古びていない、というか、最近の野田の説教臭さがなく、リリカルで、予想以上によかった!

韓国語だから叙情性と言葉遊びがないまぜになった野田の饒舌なセリフの意味がわからないとつらいなぁ・・・と恐れていたんだけど、字幕ではなく、日本語のイヤホンガイドにしたのは大正解。片方の耳から、歌うような韓国語が聞こえると同時に、イヤホンから抑え気味のトーンの日本語が聞こえてくる。最初のうちこそ慣れずに、聞き取れなかった言葉もあったけれど、次第に気にならないどころか、二重うつしになって、せりふがすーっとココロにしみわたるようになる。

泣けちゃったわー。

韓国の俳優の身体感覚は日本人よりもずっとストレートな感じがする。セリフとからだの感覚が近いというか。叙情的なセリフが気恥ずかしくない(日本の俳優だったら、あんなにてらいもなく歌い上げられただろうか? )

かわいくて誰からも愛される妹と、醜いが知的な姉、ひとつの心臓をもったシャム双生児の二人が、成長して切り離される。最後、失われてしまった半身が、霧笛となって孤独な魂にささやき続ける。堀尾の白いらせん階段が上へと伸びていく舞台は、まるで大海原に浮かぶ灯台のようでもあった。

力強い作品だった。韓国ではどんなふうに受け止められたのだろうか。

原作・脚本:萩尾望都 脚本・演出:野田秀樹

チュ・イニョン チョン・ソンミン オ・ヨン イ・ヒョンフン イ・ジュヨン
パク・ユニ イ・スミ ヤン・ドンタク キム・ジョンホ キム・ビョンチョル
ソ・ジュヒ チョン・ホンソプ

美術:堀尾幸男 照明:服部基 衣裳:ひびのこづえ 選曲・効果:高都幸男 振付:謝珠栄
c0155474_21441038.jpg

c0155474_21443497.jpg

c0155474_2151652.jpg


by sustena | 2014-10-31 00:20 | Theatre/Cinema | Comments(4)
2014年 10月 27日

三菱東京UFJを騙るジャンクメール

この10日間ほど、三菱東京UFJ銀行を騙るスパムメールが2日に一度ぐらいの割で、迷惑メールに分類されて届いている。私は同行には口座を持っていないので、自動生成させたアドレスに片っ端から送っているものと見える。「メールアドレスの確認」とか「本人認証サービス」などの件名で、セキュリティを強化したからと対応を呼びかけるものなのだが、本文を見て大笑い。

-------------------------------------------------------
こんにちは!

平成26年10月21日「三菱東京UFJ銀行」のシステムが安全性の更新がされたため、お客様はアカウントが凍結?休眠されないように、直ちにアカウントをご認証ください。
-------------------------------------------------------

日本のオカタイ銀行が、いきなり「こんにちは!」はないと思うぞ。それに「凍結?休眠」って何よー。翻訳に自信がなかったのかな?

そういえば、半年ぐらい前にも、やはり三菱UFJで
「2014年「三菱東京UFJ銀行」のシステムセキュリティのアップグレードのため、貴様のアカウントの利用中止を避けるために、検証する必要があります」
なんてメールが話題になったなぁ。まあ、「貴様」は知らないと敬語に思えるのかもしれないけれども。

こんなヘンテコな日本語だといくらなんでもひっかからないけど、もし、カンペキな案内状だったらコワイよねぇ・・・。

写真は東京油組総本店の油そば。カレーを食べようとしたら売り切れで、いつもサラリーマンでイッパイのこの店に入ったのだが、なぜ行列するほど人気なのかよくワカラナイ。 大盛りが無料だからか、それともクセになるのか?
c0155474_22261970.jpg


by sustena | 2014-10-27 22:29 | つれづれ | Comments(6)
2014年 10月 26日

アート展、設置始まる

毎年, 地元の公園で実施するアートイベントがいよいよあと1週間ちょっとで始まることになり、20日から公園で搬入・設置作業が始まった。まだ準備中のためコーンで囲いをしているのだが、中にはかわいい表示も。
c0155474_22102193.jpg

このアートイベントだけでなく、駅周辺で実施するまち企画の事務局も担当しているので、もうおおわらわであります。きのう、きょうと、区の掲示板への掲出許可のハンコをもらったポスターを2種類、チャリで貼って回ったり。

ついでに昨日は児童館のこどもフェスティバルの手伝い。こんなに土日も忙しくしてるのにちっともやせないのはナゼー。

by sustena | 2014-10-26 22:14 | つれづれ | Comments(2)
2014年 10月 25日

群馬県立近代美術館「1974年─戦後日本美術の転換点」

先日、群馬県立近代美術館が開催中の「1974年─戦後日本美術の転換点」を見てきた。

これは1974年に会館した同館の40周年を記念した企画のうちの第2部で、第1部は「1974年に生まれて」として、1974年生まれの現代作家6人の歩みをフィーチャーしたもので、今回見た第2部は、1974年に国内で制作・発表された写真や版画、アート作品を横断的に集めて、「この時代の美術の特質を捉え、戦後日本美術の転換点として「1974」年を浮かび上がらせ」ようという企画。

まず、この美術館を磯崎新がどのようなコンセプトで設計したのか、スケッチや図面とともに紹介する。方形の幾何学のリズムで構成したことを、いかにも磯崎らしい難解なコトバで表現。でものちのいかにもポストモダン然とした建築よりは好感がもてる部分もあった。(あっ、でも磯崎のドローイングはめちゃきれいだった!) そして、中平卓馬が撮った、やはり中平らしい写真が並ぶ。

1974年を、日本美術の転換点とこんなふうに宣言して、美術史的にホントに正しいのかどうかはよくワカラナイんだけど、集められた作品は、たとえば上田薫の《スプーンに水あめ》に代表されるようなスーパーリアリズムの絵画だったり、Focus の表紙を飾った三尾公三のエアーブラシで写真をとけこませたような作品。また、高松次郎の《写真の写真》、郭徳俊のアメリカ大統領と自身を重ねたセルフポートレートの《フォードと郭》など、写真や複製について問い直す作品が目を引く。山中信夫《ピンホール・ルームNo.8》など、写真が現代美術の一ジャンルとして、いろんな表現を模索した時代でもあった。

このほか、木村秀樹の鉛筆を持った手を並べ方を変えて見せたシルクスクリーン、野田哲也の吸ったタバコを並べた「日記」と題されたリトグラフは、その後手法もモチーフもいろいろ変わっていくけど, ライフワークとして綴られていく、初期の作品なのだった。今は大家の作家の、20 ~30代の若いころの思いや気負いのつまった作品が、新鮮。

解説に曰く
概念芸術や「もの派」を経たこの時代、表現行為を根源から問い直し、あるいは表現を受容する私たちの知覚システムまでも題材にする作家が多く登場し、次代に向けて表現や思想を育んでいきました。

なるほどーなのでした。

構成は
序章 群馬県立近代美術館の開館まで

群馬県明治百年記念事業と「群馬の森」
群馬県立近代美術館─磯崎新の建築
中平卓馬がとらえた群馬県立近代美術館11点

第1章
1974年の彫刻・絵画・版画

彫刻─公募展・野外彫刻展・彫刻シンポジウムの活況
絵画─変容するリアリティ
版画の黄金時代(1)─版表現の広がり、深まり
版画の黄金時代(2)─写真を取り込んだ版画

第2章 1974年─転換期における諸傾向
「もの派」を超えて
「見ること」をめぐって─写真と美術
システムと身体/反復・転写のプロセス
ふたたび「絵画」「彫刻」へ

11月3日(月・祝) まで。
c0155474_22511439.jpg

c0155474_22513050.jpg

c0155474_22514344.jpg


by sustena | 2014-10-25 00:11 | Art/Museum | Comments(0)
2014年 10月 23日

十月大歌舞伎 夜の部

c0155474_2383356.jpg実は2週間ぐらい前に、夜の部は1回の2列目の花道よりのいい席で見たのだ。だいぶ忘れちゃったけど、印象をメモしておく。

演目は、「菅原伝授手習鑑の寺子屋」「道行初音旅」、三島由紀夫の「鰯賣戀曳網」。10月は十七世の中村勘三郎の二十七回忌、十八世の勘三郎の三回忌追善なのであった。

なので勘九郎&七之助を筆頭に中村屋ゆかりのメンメン、仁左衛門と玉三郎が出る。三津五郎がいないのが残念でならない。

どれもよかったのだが、まずは寺子屋。松王丸が仁左衛門、源蔵が勘九郎である。源蔵なんて若すぎやしないかと思ったのだが、手習いの子の誰かを殺さねばという鬼気迫る感じ、緊張感がとてもよかった。また情感豊かな仁左衛門の松王丸。中央席でなく花道寄りだったけど、表情の変化をじっくり見ることができて満足~。(国生の与太郎は学芸会で、この人は何度見てもいっこうにうまくならない。いつか化けることがあるんだろうか)

道行初音旅は、なんとまあ82の藤十郎が静御前で、それが遠目だとすこぶる美しいのだ!姿勢やたたずまい、品がすばらしいのだね(さすがに花道でドアップで見たときは・・・・)
佐藤忠信実は源九郎狐は梅玉で、花道で狐になったり、忠信に戻ったりのしぐさが楽しかった。

最後の「鰯賣戀曳網」は歌舞伎座のさよなら公演で勘三郎と玉三郎の組み合わせでみている。最初は忘れかけてたのだが、勘九郎がひとことしゃべったら、勘三郎そっくりでまざまざと思い出して、じーんときた。

はつらつとしていて、ドタバタにならずに真剣な滑稽さが出ていて、獅童との組み合わせがヒット。最後、七之助と勘九郎が花道で二人で客席に向かってお辞儀をするシーンも感慨深かったなー

そうそ、 鶴松の傾城が美しかったな。巳之助の傾城もちょっと気に入った。
c0155474_23513623.jpg

一、菅原伝授手習鑑/寺子屋
  
松王丸 仁左衛門
武部源蔵 勘九郎
戸浪 七之助
涎くり与太郎 国 生
百姓吾作 松之助
春藤玄蕃 亀 蔵
園生の前 扇 雀
千代 玉三郎

二、道行初音旅 「吉野山
  
佐藤忠信実は源九郎狐 梅 玉
早見藤太 橋之助
静御前 藤十郎

三、鰯賣戀曳網
  
鰯賣猿源氏 勘九郎
傾城蛍火実は丹鶴城の姫 七之助
博労六郎左衛門 獅 童
傾城薄雲 巳之助
同 春雨 新 悟
同 錦木 児太郎
同滝の井 虎之介
同 乱菊 鶴 松
庭男実は薮熊次郎太 市 蔵
亭主 家 橘
海老名なあみだぶつ 彌十郎

by sustena | 2014-10-23 23:51 | Theatre/Cinema | Comments(4)
2014年 10月 23日

十月大歌舞伎・昼の部の幕見

歌舞伎座の十月大歌舞伎がもうそろそろオシマイになるので、先日あわてて、昼の部の舞踊上下と伊勢音頭恋寝刃を幕見で見てきた。

今回のお目当ては伊勢音頭なんだけど、通しで幕見席を購入する人が多いと、せっかく発売時間前に並んでても、立ち見になってしまうから、舞踊が始まるちょっと前に歌舞伎座に来て、立ち見でいいので幕見で入って、伊勢音頭だけ見る幕見客を順に入れる前に、座席をゲットするわけである。(立つのも、舞台全体がよく見えるんだけど、さすがに1時間半近く立ってるのは疲れるからね。というわけで、費用的には舞踊が1000円、伊勢音頭が1600円也。ちみなに、3つ全部幕見で見ると、ひとつ下の3階B席で見るのと同じ値段になってしまう。幕見はやはりバラバラだからいいのだ)

今回の舞踊は上が「近江のお兼」。扇雀と馬との息があっていて楽しかったな。下の「三社祭」は獅童のからだのキレがよかったので、若いんだなぁと感動(橋之助はいまいちだった)。

続く「伊勢音頭恋寝刃」は、籠釣瓶とちょっと似ているお話。

青江下坂の名刀探索の命を受けた福岡貢(勘九郎)が、見事刀をゲットし、主筋の今田万次郎 (梅玉) に渡そうと廓の油屋にやってくるが、万次郎は出ていったばかりで、あとを追って行き違いにならないようにここで待った方がいいとお岸(児太郎)に言われて座敷で待っていたら、仲居万野(玉三郎)に女を呼ばないと追い返す、刀も預けなければダメと言われ、刀を料理人の喜助 (仁左衛門)に預ける。貢と恋仲の遊女お紺は阿波の客の相手をしているからと、代わりに出てきた遊女は、橋之助演じるお鹿。醜女のお鹿は貢に思いを寄せており、なんと求めに応じて貢に十両を渡したという。実は万野がたぶらかしてガメていたのだ。満座の中で万野がたしかに貢にお鹿のカネを渡したと嘘をつき、その様子を阿波の客と眺めていたお紺(七之助)も、大ぜいの前で貢に愛想尽かしをする。じっとガマンする貢。
いったんは帰った貢だが、喜助から渡された刀がナマクラ刀だったと戻ってきたときに(実は阿波の悪人がすり替えたのを間違ったフリをして喜助が貢に渡したのだ)、刀の魔力によって、万野をはじめ、次々と人をあやめてしまう・・・・。

玉三郎が根性の悪い仲居の万野役で、イジワルなこと。勘九郎とのやりとりがミモノであります。ブスのお鹿を演じる橋之助、この人が女の役をやるのを見ることはほとんどないので新鮮だった。仲居千野は小山三で、まだ元気なのが嬉しかったなぁ・・・。

貢の役って、じっと耐える場面が多くてあまり派手でないからけっこう難しそう。七之助の愛想尽かしがよかったな。そうそう、梅玉のやわらかさもマル。仁左衛門はカッコイイ役だけど、夜の部がなんたってダンゼンよかったから、ここは控えめだった感じ。
c0155474_23171314.jpg
  
〈近江のお兼〉         
近江のお兼扇 雀
  
〈三社祭〉           
悪玉橋之助
善玉獅 童


伊勢音頭恋寝刃
油屋店先
同 奥庭
  
福岡貢勘九郎
油屋お紺七之助
今田万次郎梅 玉
油屋お鹿橋之助
油屋お岸児太郎
仲居千野小山三
藍玉屋北六実は岩次桂 三
徳島岩次実は北六秀 調
仲居万野玉三郎
料理人喜助仁左衛門

by sustena | 2014-10-23 23:23 | Theatre/Cinema | Comments(2)
2014年 10月 20日

平川克美『路地裏の資本主義』

c0155474_2250964.jpg昔、竹内宏に『路地裏の経済学』というエッセイがあって、平川克美さんの 『路地裏の資本主義』(角川SSC新書 2014年9月刊) も、最近のITやグローバリズムの経済学を、生活者の視点から描いた批評的エッセイかしらんとと思って読み始めたら、想像とはけっこう違って、最近の資本主義─格差を拡大しながら地球規模で迷走し始めた暴力的な収奪システム─や株式会社はフィクションだってことを意識しようよ、多様性を生かしつつ、私たちの皮膚感覚、生活実感にそった、拡大を志向しない定常経済へシフトしていけるかを思いめぐらしたもの。

といっても、そんなうまい処方箋はあるわけはなくて、どう足下を見つめて、それぞれが知恵をしぼっていかなきゃいけないかという話なんだよね。

なので、目からウロコの話がのってるわけじゃないんだけど、誰だってそう思うんだよなぁ・・・・とうなづきながら読む本かな。

私がほほーと思ったのは次の3点。

ひとつ。歩きながら考えるていの文章が、すごく読みやすくて、ひらたい言葉ですとんと頭に入ってくるにびっくり。(でも構成にちょっとまとまりがないのは残念だよー9

二つめ。エマニュエル・トッドの『世界の多様性』という著作に興味しんしん。
トッドは世界の家族形態を、親子関係(自由か権威主義的か)、兄弟関係(平等か不平等か) の二軸のマトリックスで4通りに分類し、さらにタブーによる婚姻のタイプ(外婚性か、内婚制か) を加えて8通りに分けたという。日本の場合は、親子関係が権威主義的で、兄弟関係は長子相続型で不平等。そしてこのタイプは、アジアに広く分布しているんだけど、ヨーロッパでも、ドイツ、オーストリア、スウェーデンでは一般的なんだって。
一方中国は独裁的な権威者のもとに、権利上平等な何組もの兄弟夫婦が同居する大家族集団をつくっており、自集団内での婚姻を禁じる、外婚制共同体家族。そしておもしろいことに、ベトナム、旧ユーゴ、キューバ、ハンガリーなど社会主義化した国々がことごとく外婚制共同体家族に分類されるんだって。考えてみたら、国家や株式会社などのフィクションも、こうした家族形態が社会化されたものなんじゃないか・・・と平川さんは考察していく。うむ、もとの本にあたってみなくっちゃ。

3つ目。気に入ったセリフ。
自分が何を得たかということよりは、自分が何を断念できたかということの中に自分へのリスペクトは生まれます。断念によってしか獲得できない境地、というものがあるということです。大人になるとは、そういうことです。

平川さんは1950年東京生まれ。早稲田大学理工学部卒業後、内田樹氏らと翻訳が主業務の会社を設立し、1999年にはシリコンバレーのBusiness Cafe Inc.設立に参加。現在、オープンソース技術のコンサルティングを行うリナックスカフェ代表。最近は地元で喫茶店を開業。このほか、「ラジオデイズ」の代表。立教大学大学院特任教授なども務めるひと。

第1章 資本主義のまぼろし(そもそも、資本主義とは何なのか/貨幣信仰と自然の慎み深さについて/中にどっぷり浸っていると見えない世界/後ろ向きでいいじゃないか)
第2章 路地裏の資本主義(借金まみれの資本主義/厚顔無恥な人々/喫茶店が消えた理由と、働く理由/コンビニの少ない町/まぼろしの楼閣跡で、尊厳死法案を考える/知恵の掟としての贈与/顔のない消費者/ネットに飛び交う剣呑な言葉と、貨幣の関係/教育と正義/パンとサーカスに踊る人々/時間をめぐる考察/飼い犬の遺言)
第3章 国民国家の終わりと、株式会社の終わり(フィクションとしての株式会社/始まったものは必ず終わる/ 等価交換とは違う、歴史的な合理性/家族の多様性と日本の会社/英米家族形態とグローバリズム/多様性を確保するための棲み分け)
第4章 “猫町”から見た資本主義
第5章 銭湯は日本経済を癒せるのか
c0155474_22494084.jpg


by sustena | 2014-10-20 22:59 | 読んだ本のこと | Comments(2)
2014年 10月 19日

四間道-円頓寺商店街

取材が終わり、大府から名古屋駅に着いたら、予約しておいたのぞみの時間まで1時間あったので、駅近くをウロウロしてみようと、フラフラっと歩くことにする。

10分ちょっと行ったところに、四間道という標識が目に入った。
なんだか雰囲気がありそうな道である。進むと、ゆかしい感じの建物が出てきた。
c0155474_21372090.jpg

c0155474_21373556.jpg

c0155474_21374960.jpg

c0155474_21453766.jpg

ところどころに町家をリノベしたカフェやレストランもあって、のんびりしていたら気持ちよさそうな・・・・。
しかし!気づくとあと30分で新幹線の時間ではないか!
あせあせ、と歩く。
まるで西荻駅裏手にあるような飲み屋が並ぶ通りがあって
c0155474_2140486.jpg

c0155474_21402231.jpg

どうやらこの先は円頓寺商店街であるらしい。
c0155474_2147186.jpg

交差点にたたずんでた武将がなんだか妙な存在感。
c0155474_21424732.jpg

c0155474_21461932.jpg

アーケードの中も昭和の匂いがする商店街だったんだけど、ひたすら駅めざして走ったのでした。
こんど名古屋に出張のときはじっくり歩いてみようッと。

by sustena | 2014-10-19 21:43 | | Comments(8)
2014年 10月 19日

大府市出張

先日、名古屋から快速で15分ぐらいの大府市に取材で出向いた。
初めていく場所は、ちょっと早めに入って、どんなところかをほんのちょっとでも歩いてみる主義で、この日も1時間前に到着して、駅近くをぐるりと歩いた。

「みんな輝き 幸せ感じる 健康都市」というのがキャッチフレーズらしく、ウォーキングマップが描かれた看板があったんだけど、モデルコースはけっこう離れていたので断念。

そのウォーキングマップの看板近くにあった彫像がこれ。何か由緒があるんだろうか?
c0155474_21171379.jpg

いい天気で、ひたすらがらーんとしてた印象である。
c0155474_21174514.jpg

c0155474_21175681.jpg

c0155474_2118985.jpg

c0155474_21182386.jpg

取材は1時からなので、どこかで昼をとキョロキョロ見渡したら、ナイルというお店があった。カレー屋さんかな、と思ったらコーヒーショップで、あとでタクシー会社の人に聞いたら、大府で最も古い喫茶店なんだそうな。
結局、駅近くの「みかど」という割烹で穴子バラチラシをいただく。880円也。
c0155474_2121887.jpg


by sustena | 2014-10-19 21:21 | | Comments(0)
2014年 10月 16日

菱田春草展

c0155474_2223864.jpg先日、竹橋の東京国立近代美術館で開催中の「菱田春草」展を見てきた。
重要文化財の《落葉》と、同じく重要文化財の《黒き猫》が姑息にも展示変えになってしまうので、落葉を見逃すまじ、と出向いたのだ。

菱田春草は近代日本を代表する画家の一人で、草創期の東京美術学校を卒業後、岡倉天心の日本美術院創立に参加。西洋画を研究し、朦朧体と呼ばれる、嫋々とした輪郭線をなくして境界がぼわーっとした絵を打ち出したり、色の取り合わせを探求するなど、意欲的に新しい日本画にチャレンジしていたのだが、36歳であっけなく亡くなってしまった。

今回は、最高傑作のひとつとされる《落葉》連作5点や、《黒き猫》をはじめとするさまざまな“猫”が登場する作品を含めて、100点を超える作品がズラリ並ぶ。

なんといっても落葉の空気感がすてき。翌日、近くの公園を歩いたら、菱田春草の絵の中を歩いてるみたいだった。それにしても、若いときからたいそう老成した雰囲気の絵にもびっくり。ネコは今回の目玉のひとつらしいのだが、なんだか全然かわいくないのが印象的だったな。

常設展のフロアの「眺めのよい部屋」から。皇居を見下ろすだけなんだけどね。
c0155474_22444483.jpg

入口正面の彫刻は迫力。
c0155474_22445622.jpg


by sustena | 2014-10-16 22:20 | Art/Museum | Comments(9)