<   2014年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2014年 09月 29日

もりむら やすまさ『たいせつなわすれもの』

c0155474_2341321.jpgまだチャンスがなくて出かけていないんだけど、「ヨコハマトリエンナーレ2014」が開催中だ。このヨコトリも今回が5回目。アーティスティック・ディレクターは美術家の森村泰昌氏で、展覧会タイトルは「華氏451の芸術:世界の中心には忘却の海がある」。カッコイイ~。

今回のヨコトリをどのような美術展としたいかについて、森村が語っている。
「私が捨てず持ち続けたい信念とは何か。それは「芸術の良心」というものである。もし芸術の神様がいるとすれば、その神様に捧げる芸術作品が、なんら恥じる事のない供物であっていてほしいという願いである。」

今回のヨコトリで、展覧会のコンセプトを再構成し、こども向けの絵本の形をとってわかりやすく伝えか「ヨコハマトリエンナーレ2014公式ひらがなカタログ」(2014年8月刊 平凡社) が刊行された。

げいじゅつのこころをひらがなでつづっているのだ!

目次をひいてみる。
-----------------------------------------
たいせつな わすれもの
これは、なんだ?
ごみばこの なかの わすれもの
だまっていると、わすれられてしまう?
ささやきに みみを かたむける
もえない ほん
としを ピカピカに みがく ひと
なにも することがない ひとのために
ひかりを つくる、 ひかりを えがく
ほんきの あと いっぽ

さくひんを もっとしりたい ひとのために
-----------------------------------------
この絵本のなかで森村は、読者にしずかにひらがなで呼びかける。

なんのやくにもたたないけど、ひきつけられる。「なんだ、これは?」とおどろく。それがげいじゅつ。たくさんの「これは、なんだ?」にであうばしょがびじゅつかん。

いきていくってたのしいことばかりじゃない。だれかのなにげないひとことが、こころをグサリとつきさすナイフになったり。そのいたみ、そのいかり、そのかなしみが きずあとに なって、いつまでも うずいたり。いきていくことは さかみちつづきのおおしごと。
わたしのなかのいきようとする エネルギーが、「おまえは いきているぞ」と さけんでいる。そのさけびごえが、わたしをねむりに つかせない。
だから・・・・・・あといっぽだけと あゆみつづける。

絵本だから、その話にふさわしい作品、たとえばジョゼフ・コーネルの《カシオペア #1》やヴィム・デルボアの《Flatbed Trailer》、ヴィヤ・セルミンスの《Hand Holding a Firing Gun》、ドラ・ガルシアの《Fahrenheit 451 (1957)》をはじめ、釜ヶ崎芸術大学の活動から生まれた作品など、すてきな作品が添えられている。

みじつりつえさんのガラスの作品と、その娘のみしまあんじゅさんの絵とが並んでいるページの美しさときたら。「なにもすることがない」とほりつづけたふくおかみちおさんの作品の力のきたら。

自分の中に眠っているしずかな力が、ゆっくりと動きだすのを感じるような、そんな絵本となった。
c0155474_23431534.jpg


by sustena | 2014-09-29 23:43 | 読んだ本のこと | Comments(4)
2014年 09月 28日

白いふわふわの謎

近くの公園を散歩。花や虫については知らないことだらけなので、毎日のようにこれはなんだろう?と思うことがいろいろ。

このところたまに見かけるのがオンブバッタ。小さいころからオンブバッタと呼んでいて、通称みたいなものだと思っていたんだけど、きちんとした科の名前みたい。親子じゃなくて、♂と♀なんだよね、きっと。
c0155474_21451559.jpg

きのうから、ふわふわの綿毛のような、羽のようなものが、一面に。しかも、広い公園内で、3カ所程度にあるだけ。この公園にはポプラはないし、 ドロヤナギの季節でもないし、そもそも1カ所にど偏在しているのがヘン。まさか鳥の羽でもなかろうし、ペットの毛をここで梳かしたわけでもないだろうし、いったいなんだろう??と悩んでいたのだが、ひょっとしたらガマの穂綿かもと思い当たった。誰かが、広いところにもってきて、穂をあけてみたんじゃないだろうか?
c0155474_21521473.jpg

c0155474_21523213.jpg

c0155474_21524933.jpg

下池でホトトギズが咲き始めた。
c0155474_21532777.jpg

黄釣舟かな。葉の下に隠れてぶら下がっているみたいな花。
c0155474_21553622.jpg

あれ、カミキリか何かな?と思ったら、なんだかコワそうな奴。ハチの一種かもしれない。初めて見たよ。
c0155474_2158895.jpg

c0155474_21582841.jpg

近くのお寺では酔芙蓉がこの時期でもまだ咲いている。 夕方5s 近くだからもっと赤くなっているかと思ったら、意外にうすいピンクだ。日照時間や気温などによもよるんだろうか??
c0155474_2265892.jpg
c0155474_2271669.jpg
いままだ解決できないでいる疑問が、キアゲハの幼虫のサナギの行方。先日まて自宅近くの公園にあるアシタバに大きいのから小さいのまでいろいろなサイズの幼虫がいたのだが、昨日忽然と消えてしまった。気持ち悪いと退治されちゃったか、子どもたちの昆虫採集の対象になったか、どこか別のところに移動したのかは定かではないのだが、毎年、幼虫は見るけど、サナギを見たことがないのが不思議。 そんなに遠くにいくとも思えないけど・・・・。

by sustena | 2014-09-28 22:05 | 小さな自然 | Comments(12)
2014年 09月 28日

秀山祭九月大歌舞伎・法界坊

先日、幕見で歌舞伎座秀山祭九月大歌舞伎 昼の部の法界坊を見てきた。

法界坊は以前、勘三郎で(そのときはまだ勘九郎だったかな? ) 見ているはずなのだが、勘九郎のキャラ前回といった雰囲気に笑いこけていて、はて、ほかに誰が出ていたかとなるととんと記憶にない。道具屋なんて出ていたかなぁ・・・・というくらいの、物覚えの悪さである。

今回は、吉右衛門の法界坊で、同じ破戒僧でも、楷書の法界坊。むろん、「しめこのうさうさ」と言いながら籠に縄をかけるシーンなど、縄跳びをしてみせたりして楽しいけど、決して崩しすぎることはない。天性の爛漫さではなく、計算がちらっと見える感じが、やはり役者によってずいぶん違うものである。(道具屋をわなにかけようと掘った穴に自分がはまっちゃうシーンは、さすがに年齢もあってかちょっとおとなしい演出だった)

仁左衛門の道具屋とのかけあいはやはり舞台がうーんと大きくなって、、4階にも気合がみなぎってくる感じ。吉右衛門と仁左衛門があいまみえる舞台をもっともっと見たいなぁ。

法界坊と野分姫の合体した霊の舞踊の「双面水照月」は、ちょっぴり退屈。吉右衛門の女の人って、ちょっと前の「花子」以来だけど、私が慣れてないせいだろうけど、ちょっと違和感があって、吉右衛門はやっぱり踊りより、夕方の絵本太功記の光秀のようなのが似合ってるって思っちゃった。
c0155474_16435963.jpg


二、隅田川続俤
法界坊
  
聖天町法界坊吉右衛門
おくみ 芝 雀
手代要助 錦之助
野分姫児太郎(14日~25日)
五百平 隼 人
丁稚長太 玉太郎
大阪屋源右衛門橘三郎
代官牛島大蔵由次郎
おらく 秀太郎
道具屋甚三 仁左衛門


浄瑠璃 双面水照月(ふたおもてみずにてるつき)
  
法界坊の霊/野分姫の霊 吉右衛門
渡し守おしづ 又五郎
手代要助実は松若丸 錦之助
おくみ 芝 雀

by sustena | 2014-09-28 00:07 | Theatre/Cinema | Comments(0)
2014年 09月 27日

旧東海道歩き

先日、さわやかな秋空だったので、ふと散歩に出たくなって、以前歩いた続きをと旧東海道へ。京浜急行の大森海岸で降りて、てくてく歩く。しばらくは第一京浜国道沿いに行かなくてはならない。
駅から降りてすぐのところにキバナコスモスが咲いていて、ちょっとウレシイ。
c0155474_2322254.jpg

まずは、『三代実録』に、859年(貞観元年)「武蔵国従五位下磐井神社官社に列す」と記されていたという由緒正しい磐井神社へ。
c0155474_2311082.jpg

ここの狛犬は、なんと子連れだった。
c0155474_231231.jpg

そのあと、近くの密厳院へ。ここには、八百屋お七にちないだ振り袖姿の「お七地蔵」がある。鈴ヶ森で火あぶりになったお七に何を拝んでいいのかよくわからなかったけど、狂おしい恋は、ちょっとあやかりたいような気もして、むにゃむにゃ手をあわせる。
c0155474_2363172.jpg

第一京浜に戻る途中の看板をぱちり。
c0155474_23154694.jpg

しばらくいくと、ようやく第一京浜とはわかれて、旧東海道の商店街に入る。写真のちょっと細い道がそれ。1918年に、昔の東海道を第一京浜として拡張したとき、この美原通りは商店街があって栄えていたので、第一京浜を脇に通したため、旧東海道が残ったものという。
c0155474_231781.jpg

c0155474_23172497.jpg

シャッターに東海道五十三次の絵を描いたり、昔の風情をかもしだそうとしているようなのだが、祝日というのにシャッターがしまっている店がほとんどで、なんだか寂しい。
c0155474_23231117.jpg

で、私としては、旧東海道の風情よりも、年季の入ったコーンに驚いたりする。
c0155474_23235772.jpg

美原通りもすぐに通り過ぎて、再び第一京浜沿いの殺風景な道が続く。梅屋敷公園は、落ち着いた公園かしらんと思っていたんだけど、ヒガンバナと萩の花がちょっと咲いてるだけで、風情ゼロの公園だった。
c0155474_23261028.jpg

日本橋から三里十八丁の復元された里程標があった。
c0155474_23385977.jpg
昔の人はこれくらいイッキに歩いたかもしれないけど、私は大森海岸から歩いただけで閉口して、品川に戻り、品川翁へ。
実は東海道を歩くというより、品川翁でそばがきを食べたさに、今回のルートを選んだのだった。
わさびの醤油漬けとそばがきを頼み、ビールでノドをうるおす。
c0155474_23292097.jpg

c0155474_23302985.jpg

帰りにキヤノンギャラリーに寄ろうと思ったら、祝日は休館なのだった。無念。この日は1万7000歩ぐらい。

by sustena | 2014-09-27 23:31 | まち散歩 | Comments(0)
2014年 09月 26日

この曲線はフランク・ゲーリー!

シャネルのビルを出て、ふと通りの向こうを見ると、ルイ・ヴィトンのビルに何やら、ゲーリーっぽい曲線が。
近づいてみると、おなじみのマストのある帆船をイメージした、メタリックグレーのカーブが、ウィンドウ・ディスプレイを構成している。

どうやら、LVMHグループの現代アートのミュージアム「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」がこの10月27日にオープンするのを記念して、フランク・ゲーリとコラボしたウィンドウ・ディスプレイが お目見えしたようなのだ。このミュージアムももちろんゲーリーの設計で、パリ・ブローニュの森北部のアクリマタシオン庭園にあるんだって。

ビルバオのグッゲンハイム美術館ができて以来、ビルバオ詣でする人が増えたというけど、ああ、模型や写真でなく、ビルバオを見てみたい。このフォンダシオンも見たいなぁ。。。
c0155474_21374669.jpg

c0155474_21375922.jpg

c0155474_21381275.jpg


by sustena | 2014-09-26 21:38 | まち散歩 | Comments(0)
2014年 09月 25日

ピエール・ポラン『デザイン フォーエバー』

c0155474_21253570.jpg銀座のシャネル・ネクサス・ホールで、フランスの家具デザイナーのピエール ポランの展覧会をやっていて、明日で終了というので、昼休みに遠征してきた。

ピエール ポランは1927年にパリに生まれ2009年逝去。独特のやさしいフォルムの椅子で世界を魅了してきたひと。代表作に 「リボンチェア」、“舌”にも、かわいい雲にも見える 「タンチェア」、キノコみたいな「マッシュルーム」など、いかにもフランスだなぁと思わせるデザイン。

今回は建築家の坂茂と照明デザイナーの石井 リーサ 明理が展示空間を構成していて、入場すると、真っ先に天井から下がったガラスの棒が椅子のように見える作品を見たあと、代表作の椅子に照明があたり、その影がカーブした紙の壁に印象的に映し出されるコーナーをへて、彼のデザインした椅子に座りながら、発想の源泉となった風景を眺め、彼の椅子が使われた映画や、ネコの案内する自宅に置かれた椅子のムービーを見る。(実に広い家で、このように広々とした空間だからこそ、ユニークなフォルムが映えるのだなぁ・・・・とタメ息)

大阪万博のフランス館に展示されたトリコロールのソファ「アンフィス」が、今回の展示では赤と白の構成だったけど、それがめちゃ座りよかった。

実用的でありながら「可能であれば、いささかの詩情を」というのが口癖だったそうな。
c0155474_2122012.jpg

近くのアップルストアでは、いまだ長蛇の列。
写真では短いけど、このあと列がカーブしてるのだ。
c0155474_2123625.jpg


by sustena | 2014-09-25 16:38 | Art/Museum | Comments(2)
2014年 09月 24日

大竹昭子 編/著『この写真がすごい 2』

c0155474_22502129.jpg大竹昭子さんが、プロの個展の写真からアマチュアの投稿写真まで、発表形式やジャンルを問わず、おもしろい!と思ったり、なんだか気になったり、すごいとうなった写真70点を選び、その写真のどこに惹かれたかを解説した『この写真がすごい 2』(朝日新聞出版 2014年5月刊)をつらつら眺める。

『この写真がすごい』の続編で、前作以上にヘンテコ(失礼!)な写真がイッパイ。もちろん見巧者の大竹さんだけあって、添えられた解説の、どこがいい写真なのかの発見コメントにはうならされてしまう。
作家名とタイトルは巻末にまとめられているので、あとであら、この作家だったのか、と思うものもある。まずは先入観なしに、写真を味わってみて、と示される写真は、いわゆるマグナムの写真みたいなのは全然含まれていなくて、どっちかというと、「これはなんなんだー」と思ってしまうものが多いんだけど、大竹さんの説明を読むと、へーとちょっと毒気を抜かれるといいましょうか、こういう写真もアリなのねとつくづく思えるのであります。

たとえばPHOTOGRAPHER HALの真空パックされてるような男女の写真、林ナツミさんの浮遊写真などは、まだわかりやすいほうで、林ナツミさんの写真に対するコメントを読むと・・・・・

この女性の動作には、前後の時間が感じられない。跳ぶ前も後もなく、この瞬間だけがいきなり到来したかのようだ。流れている時間の一瞬をたすめとるのは、写真だけに可能なこと。肉眼では見ることのできない形象ゆえに、瞬間冷凍に似た奇妙さが漂う。

ね、なるほどー、でしょ?

このほか、遺影を前に、精進落としでよっパーになって、ごろごろしてる写真とか、地下道のど真ん中で顔を覆って、靴や鞄を投げ出して寝ころがってる写真、自販機の前の地面の送電線か何かのフタをあけて、頭をつっこんでいる男の写真とか、台所でビーツがでんと写ってる写真とか立入禁止のコーンバーにTシャツが干されている写真とか、なんじゃこりゃーという写真がざくざく出てきて、ヒャーとあきれながら、笑って、そして感心して、アッという間に読み終えたのでした。

写真は銀座の日比谷線入口近くの地下道にあるコンビニ。ものすごーくはやっていて、座ってお弁当を食べてる若い人やサラリーマンが増えてきた。
c0155474_2250489.jpg


by sustena | 2014-09-24 22:52 | 読んだ本のこと | Comments(8)
2014年 09月 22日

USBメモリを洗濯

3週間ぐらい前に、洗濯機の上の籠に突っ込んであった息子のジーンズを洗ったのだが、干そうとしたとき、ポケットの中から何やら硬いものが・・・・
見れば2ギガのUSBメモリである。しかもフタもしていない。ひえー、洗剤入りで10分ちょっと、すすぎで7分ぐらい、ぐるぐる回してしまったわー。

どうか中に大事なデータが入っていませんように・・・・・・。

とにかく濡れている間はゼッタイに通電させてはならない。無水アルコールなどで乾かすとよい、などとあるけと、そんな便利なものはないから、まずは日当たりのよい窓辺に置き、息子にも洗ってしまったから触るんじゃないと言い聞かせて、とにかくひたすら放っておいた。

本日、ふと思い出してパソコンにさしたら、ピカピカ光る。おっ、動いてるんじゃない? おお、全部のデータが残ってた! 新たに写真を取り込んだけど、無事動く。
のんきな息子は「却ってキレイになったんじゃない?」 なんて言ってるけど、ホッとしたのでしたー。
c0155474_2243227.jpg


by sustena | 2014-09-22 22:01 | つれづれ | Comments(10)
2014年 09月 21日

ヒストリーボーイズ

c0155474_0495955.jpgもうずいぶん時間が経っちゃったけど、最近みた芝居のなかで、アラン・ベネットの「ヒストリーボーイズ」のいくつかのシーンがいまもふっと心に浮かぶ。

イギリスのある高校の進学クラスで、オックスフォード大学やケンブリッジ大学合格をめざして学ぶ8人の個性豊かで悪ガキの男子生徒たちを相手に、老教師ヘクターは、受験勉強としては役に立ちそうもない古典や詩、演技を教え、生徒たちに慕われていた。そこにやってきたのが、オックスフォード大学卒というふれこみの臨時教師アーウィン。若くて、才気煥発で、受験テクニックをすご腕で教え込むアーウィンの授業は、ヘクターと正反対ながらも、皮肉とパンチが効いていて、生徒たちは反発しながちも次第に生徒たちを引きつけていく。
似たような答案が続くなかで、いかに試験官の心をわしづかみにするか、信じていないことだって、有効であれば使うべし。ヘクターの授業で習った詩歌や警句を、どう活用したら、読み手をうならせることができるか?

自分の教えている教養が、単に手段となってしまうことが不満なヘクター(とはいえ、まったくの朴念仁の堅物ではなく、教え子に性的な関心をもっていて、のちのちある不祥事を目撃され、職を追われることになる) 。そんな教師を、あるときは交ぜっ返し、あるときは誘惑する生徒たちのリーダー役であり、ハンサムでモテるデイキン、そんなデイキンに、ユダヤ人でゲイのポズナーは惹かれている。

こうした人間模様や、歴史を教える女教師や校長などの登場人物たちの思いが交錯し、劇は進んでいく。

最初はヘクターを演じる浅野の声が聞き取りにくくてちょっと閉口したけれど(とくに生徒の名前とフランス語・・・)、次第に舞台設定と状況がのみこめてからは、舞台に釘付けに。

なんといっても 堀尾幸男の舞台がいい。野田秀樹のThe BEEでも印象的だった紙が、今回は床に敷かれ、小論文の答案用紙などとして、生徒たちが破いていくに見立てて破いていく、

それと、以前蜷川の男優だけで演じるシェイクスピアでポーシャを演じていた中村倫也の、クールで屈折した知的な若教師ぶりが似合ってたなー。鷲尾真知子のセリフも聞きやすくて、登場人物のなかで唯一の女性教師に共感したよ。

脚本を読んでみたいなぁ。

[作] アラン・ベネット [翻訳]常田景子
[演出] 小川絵梨子 
[出演]教師:ヘクター 浅野和之/ アーウィン 中村倫也 / 生徒:デイキン 松坂桃李/ ポズナー 太賀 / スクリップス 橋本淳 / アクタール 渋谷謙人 / ティムズ Spi / クラウザー 大野瑞生 / ロックウッド 林田航平 / 教師:リントット[ドロシー] 鷲尾真知子 / 校長: 安原義人/
[美術] 堀尾幸男
c0155474_22393585.jpg


by sustena | 2014-09-21 23:29 | Comments(0)
2014年 09月 21日

9月文楽公演 第1部、第3部

c0155474_16263089.jpg今月の文楽公演は第一部と第3部を見た。

第一部は『双蝶々曲輪日記』の通し狂言。 「角力場」や「引窓」などは歌舞伎でもよく見るけど、通しで見ると、長五郎と長吉の関係や、長五郎がなんで殺人の罪を犯しちゃったのか、背景がよくわかる。その一方でかったるい面もなくはないが・・・。

やはり一番しっくりきたのは、ストーリーをよく知っている「八幡里引窓の段」。
お尋ね者となった濡髪長五郎は、幼いときに別れ、今は義理の息子である与兵衛夫婦のもとに暮らす母に別れを告げにくる。しかし、母の家では、与兵衛は代官に取り立てられていた。長五郎の逮捕がその与兵衛の初仕事なのだ。実の息子がお尋ね者となったことを知った母は、なんとかして長五郎を逃がしてやりたいと願う。一方、母の素振りから、家に長五郎がいて、それが母の実の息子だと勘づいた与兵衛は、長五郎を救おうとする。長五郎は長五郎で、与兵衛に手柄を立てさせるために捕まろうとする。このドラマに、引窓が実に効果的に使われているのである。

燕三の三味線、女房おはやの簑助がいつもながらすばらしい。

大好きな勘十郎は、今回は橋本の段で駕籠かき甚兵衛役だった。わりと静かな動きでいつものパワーがいまいちのような・・・・。( もっとも白状しちまえば、この橋本の段は、それぞれの親の思いが交錯するイイ話なのだが、コンペ続きの疲れで睡魔に襲われ、たびたび気が遠くなってしまい、鑑賞どころではなかったこともある・・・)。
c0155474_1621538.jpg

第3部の『不破留寿之太夫』は、シェイクスピアの『ウィンザーの陽気な女房たち』と『ヘンリー四世』をもとに、杏里の国の若殿春若(ハル王子)に仕える、陽気で酒好き、女好きで太鼓腹の見事な不破留寿(フォルスタッフ )が、たまった酒代肴代を踏み倒そうと、居酒屋の女房お早、蕎麦屋の女房お花の二人に、同じ内容の恋文を送りつける。しかし、鉢合わせして、フォルスタッフにだまされたことを知った女房たちは、不破留寿をやっつけようと一計を案じる・・・・というストーリー。

フォルスタッフの人形の表情の豊かさときたら! 舞台セットもきれいで、鶴澤清治監修の音楽は、和洋ミックスで、イギリス民謡やクラシック風の琴や大弓に、いつもの三味線があいまって、無国籍料理みたい。セリフもききやすく、言葉遊びも楽しかったし、フォルスタッフのメッセージも、支配者がいかに変わろうと、時代を超えて庶民が大切にしてるものを大切にするんだぞという、実にわかりよいものでそれなりに楽しめたけど、やっぱりどこかひとみ座の人形劇を見ているような感じもちょっとして、新作のむずかさしを感じもしたなぁ。

とはいえ、最後、フォルスタッフを遣う勘十郎が、舞台から通路を通って去っていく場面にはじーんとしたよ。
c0155474_16295797.jpg


by sustena | 2014-09-21 16:25 | Theatre/Cinema | Comments(0)