<   2013年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2013年 12月 31日

猿之助と菊五郎の「四の切」

きのうNHKのEテレ「古典芸能への招待」で京都南座顔見世興行で上演中の『元禄忠臣蔵 御浜御殿綱豊卿』と三代猿之助四十八撰の内『義経千本桜 川連法眼館の場』をやっていて、10月に歌舞伎座で見た、同じ「四の切」を思い出した。

歌舞伎座の10月公演は、義経千本桜の通しで、今年の第68回文化庁芸術祭賞演劇部門でも大賞を受賞した名優の揃い踏みが実に見事だった。私は仁左衛門のいがみの権田見たさに夜の部を見たのだが、仁左衛門がこの公演のあと、右肩腱板断裂の治療のために11月12月と休演することになっていたからもう仁左衛門の、一つ一つの動きやセリフをもう食い入るように見ていたのだ。(ちなみに、仁左衛門が休演のため、京都の「元禄忠臣蔵」の徳川綱豊卿は中村梅玉がやったのだが、いかにも真山青果の描く、綱豊らしい大きさと気品があってよかった)

おっと、今回は仁左衛門のことではなくて、菊五郎と猿之助の狐の違いの話なのだった。

猿之助の源九郎狐の達者さは誰しもが認めるところで、のけぞったり、くるくるまわったり、早変わりしてササッと義経と静御前の前に登場したりと、サーカスみたいなスピーディな器用さとともに、狐言葉をあやつり、しかも、獣なのに親を慕う心を見せなくてはならないのだけど、以前見たときによりもさらに、派手ながら情感がこもっていて感心しちゃうのだけれど、もう71の菊五郎はとてもとても、あんな動きはできないから、どんなふうに演じるのかなと興味しんしんだったのだ。

それが、もちろんスピード感はないし、宙乗りこそしなかったが、さほど端折らずにちゃんとこなしていたので驚愕。体力おそるべし。しかも、年の功といいましょうか。けれんで驚かないぶん、観客が縁起に集中するからもあるのか、子狐の親を思う情がじんわり広がっていって、味わい深かった。

そうそう静御前、京都は秀太郎で、これも気品と貫祿はさすが。その年齢でこそ表現できるものがあるのよねぇ。

それにしても、猿之助は新歌舞伎座にいつ登場するのかなぁ。
c0155474_0212746.jpg

備忘録がてら、10月歌舞伎公演の配役を記しておく。

四幕目 木の実
    小金吾討死
  
いがみの権太仁左衛門
若葉の内侍東 蔵
主馬小金吾梅 枝
猪熊大之進市 蔵
鮓屋弥左衛門歌 六
小せん秀太郎

五幕目 すし屋
  
いがみの権太仁左衛門
小せん秀太郎
弥助実は三位中将維盛時 蔵
お里孝太郎
お米竹三郎
鮓屋弥左衛門歌 六
若葉の内侍 東 蔵
梶原平三景時我 當

大 詰 川連法眼館
  
佐藤忠信/忠信実は源九郎狐菊五郎 (京都 猿之助)
静御前時 蔵(秀太郎)
駿河次郎團 蔵(愛之助)
亀井六郎権十郎(松緑)
飛鳥 秀 調(竹三郎)
川連法眼彦三郎(寿 猿)
源義経梅 玉(藤十郎)

元禄忠臣蔵の配役は
御浜御殿綱豊卿

徳川綱豊卿       梅 玉 
新井勘解由       我 當
中臈お喜世       孝太郎
小谷甚内       松之助
御祐筆江島       時 蔵
富森助右衛門       中 車

by sustena | 2013-12-31 00:21 | Theatre/Cinema | Comments(2)
2013年 12月 29日

ジェフリー・ディーヴァー「ポーカー・レッスン」

c0155474_16513217.jpgジェフリー・ディーヴァーの短編集『ポーカー・レッスン』(池田 真紀子・訳 文春文庫 原題:More Twisted《2006》2013年8月刊)を読む。

リンカーン・ライムシリーズでおなじみのジェフリー・ディーヴァーだが、短編も出しており、『クリスマス・プレゼント』に続く2作目。第一短編集のタイトルが『Twisted』で、こちらが『More Twisted』。いつも長編でも、これでもかというくらいドンデン返しを用意しているディーヴァーが、短編でも、その騙しの才を発揮して、ひねりまくり、二度も三度もエッ!と思わせる。

序文でディーヴァーは言う。

「短編小説の醍醐味はジェットコースターみたいな波瀾万丈なストーリー展開ではない。登場人物について時間をかけて学び、その人物を愛し、あるいは憎むことでもない。舞台となった土地の、入念な描写によって作り上げられた独特の雰囲気でもない」。「たとえるなら、狙撃手の放った銃弾だ。速くてショッキングなものだ」と。

彼はマジシャンが登場する長編を書いたときに、読者を油断させておいて思いがけないタイミングで驚かせるのに、同じテクニックを使ってることに気づいたという。それは、読者が左手に気を取られているころ、右手は襲いかかる準備を着々と進めていること。

16編もあるので当然、好みの違いはある。私は、「通勤列車」と「ウェストファーレンの指輪」「動機」「一事不再理」が好き。サイコっぽいのは少し苦手だったな。

章と節
通勤列車
ウェストファーレンの指輪
監視
生まれついての悪人
動機
恐怖
一事不再理
トンネル・ガール
ロカールの原理
冷めてこそ美味
コピーキャット
のぞき
ポーカー・レッスン
36.6度
遊びに行くには最高の街

「恐怖」について(この短編集では、16の物語にプラスして、収録小説のひとつの「恐怖」を題材に、恐怖という概念をどのように取り入れているのかをていねいに解説までしてる。)
c0155474_23281644.jpg

こんなふうに上手にキュウリを切りたい。

by sustena | 2013-12-29 16:52 | 読んだ本のこと | Comments(4)
2013年 12月 29日

冬の日の公園散歩

けさは今冬一番の寒さ。いつも散歩に出かける公園の池も半分ほどシャーベット状に凍ってる。

台所の換気扇とレンジ周りとお風呂は掃除したので、あとは床のワックスがけなのだが、息子の建築模型が場所ふさぎで、とてもリビングと隣のサンルームには手がつけられそうにない。ガラス窓も、暇になったら俺がやるからと力説するので、いつになるやらと思いつつも、今回はさぼることにする。なので、あとは賀状とおせちづくりだけ。

長玉をかまえた人が二人、じっと向こうの木にらんでた。なにがいるのか聞くと、モズだという。奥に隠れて出てこないので、待ってるらしい。一緒にしばし待ってみるが根気のない私がしびれを切らして歩きだすと、フッと飛んで行くものがある。あれか。
運のよいことに、比較的近くの枝に止まる。怖いイメージがあったけど、意外にやさしそうな顔をしてる。
c0155474_1550716.jpg

なんだかエヘンと威張ってびくともしない鳥がいた。ツグミである。
冬場は葉が落ちるので、比較的鳥が見つけやすい。
c0155474_1556115.jpg

コブシの枝には、このところこの位置が気に入ってるゴイサギがなんだか寒そうにしてた。
c0155474_1557822.jpg

日当たりのよい場所ではすでにロウバイのつぼみがふっくら。
c0155474_15574657.jpg

ヤツデの花もよくみるとけっこう華やか。
c0155474_1558461.jpg

ツバキとサザンカは区別がつきにくいものも多いけど、これはツバキのほうだろうなぁ。
c0155474_15592797.jpg


by sustena | 2013-12-29 15:59 | 小さな自然 | Comments(4)
2013年 12月 28日

新しいプリンタ

かれこれ13年ぐらい使ってるカラープリンターのインクがなくなってきたので、あれこれ工夫してもハガキ印刷が曲がってしまうプリンタだったし(これは最初からそうだった。初期不良だったのに、ワタシの使い方が悪いのかとずっとそのままにしていたのだ)、一色なくなっただけで、全部総取り替えになってしまうのがコスト高なので、まだ使えるのに買い換えることにはちょっとばかり抵抗があったのだが、年賀状の季節でもあるしと買い換えたのである。

やれ音がウルサイだの、インクで儲けるビジネスモデルで、必要もないのにしょっちゅうクリーニングしてるだの悪評もあったんだけど、モノクロがきれいに出るという販売店の勧めもあって、キヤノンのMG6530にした。無線の設定とかいくつか手こずったけれど、ようやく設定完了し、印刷してみたら、写真用紙にプリントすると、なんだかやけにマゼンタが強い。

試しにモノクロ写真をモノクロ印刷とカラー印刷両方試したら、まるで赤めのセピアである。とくにモノクロ印刷が赤みが強い。
これが元の写真。
c0155474_1814669.jpg

出力したのをスキャンしたのがこれ。
c0155474_1813727.jpg

紙が古いのかと別の紙でやっても同様である。そこで銀座のショールームに飛んでいって、同じデータで試してもらった。
上位機種のプロ用の出力機は別だけど、普及機のMG6530の場合、若干赤みがかる傾向はあるという。しかもモノクロ印刷を設定しても、黒のインクだけで刷るわけではなくプリンタで勝手に判断して色を調整するんだとのこと。とはいえ、同じ設定で印刷してもらったら、はるかにマシであった。

フツーのインクジェット用紙への印刷の場合それほど大きく色みがかわることはなく、写真用紙で写真印刷設定にしたときだけ、マゼンタが強いのである。なぜだー!

もうちょっと様子見して、あれこれ試してみようとは思っているけど、勇んで買ったのにちょっぴりショックなのだった。

by sustena | 2013-12-28 18:11 | つれづれ | Comments(6)
2013年 12月 24日

出張の思い出

今年も、関西を中心にあちこち出張に出かけて、いろいろな研究者の話を聞いたけれども、ついでに訪ねたそれぞれの地方で食べた味や風景で忘れがたいものも多い。
これは呼子のイカの活け造り。
c0155474_23212524.jpg

身がほんとうに透き通っていて、新鮮至極。
食べきれなかったぶんは天ぷらにしてくれたけど、もうとても入らないのだった。
c0155474_2322227.jpg

イカのシューマイはお店によっても味が違うようで、私は、イカのブツブツ感がしっかり残っているのが好き。
c0155474_23232389.jpg

c0155474_23235413.jpg


by sustena | 2013-12-24 23:23 | | Comments(4)
2013年 12月 24日

久々のカワセミ

近くの公園に散歩に出かけたら、久々にカワセミを見た。
コブシの枝にとまっていて、そのうちに、一羽加わり二羽に。
c0155474_0225644.jpg

おお!と感動してるうちに、またも一羽は池の中央のスイレンの柵へと飛んで行ってしまった。
c0155474_0224898.jpg

残る一羽を眺める。オスかメスかはどう見分けるのだったか・・・。
目のあたり、まるで白目のように見えておもしろい。
c0155474_0251160.jpg

見られなれているのか、堂々たるものである。

by sustena | 2013-12-24 00:25 | 小さな自然 | Comments(2)
2013年 12月 22日

国立劇場12月歌舞伎公演「知られざる忠臣蔵」

c0155474_23242452.jpg先日、国立劇場の12月歌舞伎公演に行ってきた。歌舞伎座の向こうをはって、忠臣蔵を取り上げている。といっても、おなじみの忠臣蔵ではなくて、「主税と右衛門七」「弥作の鎌腹」「忠臣蔵形容画合」の3本。

「主税と右衛門七(ちからとえもしち)」は、成澤昌茂・作、10代で討ち入りに加わった大石主税と矢頭右衛門七の討ち入り前夜の心の葛藤と友情を描いたもの。右衛門七は主税が滞在する日本橋の呉服屋の娘・お美津に慕われており、婿にと求められる。右衛門七もお美津に惚れているが、討ち入りに参加するため思いを秘めたままだ。そんな右衛門七を知る主税は、恋を知らずに若いいのちを散らせてしまう迷いを吐露し、普通の幸せがあるのではないかと語りかけながら酒を酌み交わす。そこへ大石がやってきて、二人を温かく見守りながら叱咤し、立ち去る。

右衛門七薬の中村歌昇がういういしく、内蔵助の歌六が深みがあってよかった。乳母役の京蔵が、酸いも甘いも心得た乳母ぶり。
 一幕三場
   第一場  大野屋呉服店の離れ座敷   
   第二場  大野屋母屋の一座敷
   第三場  元の離れ座敷

続いての「弥作の鎌腹」は忠臣蔵の外伝もので、秀山十種の内の一作。吉右衛門初役という。(今回はとくに「二代目!」の大向こうがピッタリ~)

吉右衛門演じる百姓弥作は、赤穂の義士・千崎弥五郎の実の兄。正直者で嘘がつけない。代官柴田七太夫のすすめで、浪人中の弟を隣村の代官の養子にやることを承諾し、弥五郎に伝えるが、討ち入りをする弥五郎は拒否する。納得しない弥作に弟は口外しない約束で討ち入りのことを告白するが、七太夫に断りに出かけた弥作は、執拗に責める七太夫にうっかり秘密をもらしてしまう。訴え出ると騒ぐ七太夫を鉄砲で撃ち、鎌で切腹するのだった。

吉右衛門が達者なことは言うまでもないが、芝雀の女房が味があったなぁ。
   第一場  百姓弥作住居の場   
   第二場  柴田七太夫邸の場
   第三場  元の弥作住居の場

そして最後は、河竹黙阿弥・作の「忠臣蔵形容画合(ちゅうしんぐらすがたのえあわせ)」。大序から7段目までを竹本連中・清元連中・長唄連中の伴奏にのって舞踊化した作品で、パロディーになっていたりしておもしろい。
たとえば、五段目の山崎街道の場は、歌六が定九郎と与市兵衛を早替わりする。早変わりとしてはさしてどうということもない趣向だけど、イノシシとの踊りがユーモラス。七段目の祇園一力茶屋の場では、錦之助の平右衛門と芝雀のおかる二人の人形振り。これが楽しかった!最後は吉右衛門の大星で、華やかにいい気持ちになって幕。
c0155474_2324821.png


ロビーでは切腹最中や赤穂の塩、主税のTシャツなんぞを売っていたよ。
c0155474_23252662.jpg


by sustena | 2013-12-22 23:26 | Theatre/Cinema | Comments(0)
2013年 12月 21日

「山口晃展 画業ほぼ総覧-お絵描きから現在まで」

先日知人に誘われて、多々良沼畔にある群馬県立館林美術館で開催中の「山口晃展 画業ほぼ総覧-お絵描きから現在まで」を見てきた。

今回の企画展も楽しみだったのだが、「自然と人間」をテーマにした同美術館の建築そのものも気持ちいい。

とくに近現代の彫刻のコレクション展示がすばらしかった!
フランソワ・ポンポンの「シロクマ」は大理石、合金・ブロンズの素材によって雰囲気が違う(関係ないけど、館林のぽんぽこタヌキを連想させるからと、同氏のコレクションをしたってウワサに聞いたけど、ホントかなー)。他にほろほろ鳥やヒグマ、牝豚、雉鳩。いずれも小品なんだけど、動物の存在感が際立ってる。イサムノグチのブロンズ板を組み合わせたリスはどの角度から見てもリスで楽しいし、ポテロの馬は、やっぱりポテロのようにふっくらしてるのだった。ウサギが象の上を跳びはねてるバリー・フラナガンの「仔象」には見とれちゃう。

ところでなぜ、館林で山口晃の展覧会が開催されたかというと、山口さんは幼い頃に群馬に引っ越し、高校卒業までを過ごしたからなんだって。今回も、子どもの頃のお絵描きや高校時代の卒業アルバムの表紙、文芸部の作品などが展示してあった。

大学に入って早くから日本の古典的な絵画と今が同居する境地を歩んできたんだなぁ。とくに1990年作(山口サンは1969年生まれ)の「洞穴の頼朝」や頼朝になった「自画像」じつに興味深いのだった。1993ねんの十字軍では、もう馬がオートバイになったり、首だけの木馬だったり。

軽妙洒脱な批評性のある落書き風のものも楽しいし、三浦しをんの「風が強く吹いている」とか、五木寛之の「親鸞」など書籍や小説の挿絵、CDジャケットやCM原画は今回初めて見たなぁ。

日本橋三越のリニュアルオープンのときの「百貨店圖」や、最近エルメスで発表した「Tokio山水」(2012)なども。

でもでも、洛中洛外図みたいに、すみずみまで観察して楽しめる大きな絵を50㎝ぐらい離れて見ると、もう私の視力ではハッキリみえなくて悲しい・・・・。
c0155474_1736421.jpg

c0155474_17361649.jpg

c0155474_17363915.jpg

c0155474_17365258.jpg


c0155474_1737378.jpg


by sustena | 2013-12-21 00:12 | Art/Museum | Comments(0)
2013年 12月 19日

スイセンじゃない

こんなところに咲いてると、新種かと思うぞ。
c0155474_21535116.jpg


by sustena | 2013-12-19 21:54 | 小さな自然 | Comments(4)
2013年 12月 19日

アオジだっ

もうほとんど3週間ぐらい前なんだけど、11月末に公園を歩いていたら、何やら池の近くの草を熱心に見つめているご夫婦がいる。何ですか?と聞くと「アオジ」という。

目を凝らす。最初は??だったけど、チョチョッと動くのでわかった。
c0155474_2150667.jpg

c0155474_21521761.jpg

熱心に草の間の虫か何かをつついているみたい。アオジって名前しか知らなくて、見たのは初めてだよー。

by sustena | 2013-12-19 21:51 | 小さな自然 | Comments(2)