いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 29日

世界報道写真展2013

先日、恵比寿の東京都写真美術館で開催中の「世界報道写真展2013」を息子とともに見てきた。

昨年1年間に撮影された写真を対象にしたコンテストで、今年は124の国と地域から5666人が応募、応募数はなんと10万3481点でにのぼり、54人が入賞したという。(一般ニュース・スポーツニュース・現代社会の問題・日常生活・観察肖像・演出肖像・スポーツフィーチャー・スポーツアクション・自然と9つの部門に分かれていて、それぞれ単写真、組写真の部がある。)

大賞に選ばれたのは、スウェーデンのポール・ハンセンの作品で、イスラエルのミサイル攻撃で殺された2歳と3歳の子どもの遺体を抱きかかえて歩く、パレスチナ・ガザ地区の男たちの行列を写したもの。一瞬、絵画のようだった。

今年はとくにシリア地区とパレスチナの写真が目立った。キャプションを読みながら1枚1枚眺めているだけでけっこう疲れて、余裕があったら別の階の米田知子さんの写真展を見ようと思ってたけど、到底ムリだった。(夫から全身に酸をかけけられた妻と娘の写真など、思わず目をそむけたくなるよう)。

印象に残った作品はいくつもあったけれど、「現代社会の問題」の部では、「認知症のルイジと最期まで生活をともにしたミレッラ」、「ベトナムの同性愛者たち」。
「自然」の部で、羽毛から無数の泡を放出することで遊泳速度を3倍に高める能力を持つコウテイペンギンの写真は迫力満点。「演出写真」では、「出稼ぎに出た両親と離れて暮らす中国の子どもたち」も心に沁みた。

写真でしか伝わらないものがある。この写真展を見るたびにいつも思う。

こんな写真展に足を運ばずとも、つねに世界のいまや日本のいろいろな問題をリアルに感じられるような写真や映像を、デジタルサイネージなどを使って映し出す場を新宿にでかい穴をほってつくりたいというのが息子の卒業制作なのだった。「どーだった?」と聞くと、大賞の写真などは15ふんぐらい見ていても飽きなかったーと。
c0155474_22591230.jpg


by sustena | 2013-07-29 22:22 | Art/Museum | Comments(6)
2013年 07月 28日

朝の公園散歩

朝、雨が降っていないときは、6時過ぎに散歩に出かける。藤の花が二度咲きしてるなぁとか、もう出会えないと思っていなアオゲラが穴の中で啼いていたりと、毎日ちょっとした変化がある。
ヒマワリは背が高くなるばかりで、なかなか咲かないと思っていたのだが、いったん咲き始めると次々に。どちらかというと東の方角を向いているみたいだけど・・。
c0155474_21484926.jpg

きのうの夜はけっこう降ったんだったなぁ。
c0155474_21513553.jpg

またまた羽化中のセミを発見。アブラゼミであります。
c0155474_21521250.jpg

下池を一周していたら、羽がまっすぐに。
c0155474_21524731.jpg

コブシの木のかげにいたゴイサギの目がかわいい。
c0155474_2153567.jpg

家の近くではサルビアが真っ赤。
c0155474_21533219.jpg


by sustena | 2013-07-28 21:54 | 小さな自然 | Comments(4)
2013年 07月 28日

段ボールの刀で殺陣を披露

きのうは近くの学校で、段ボールで家をつくって泊まる恒例の行事があった。
例年のごとく仲間たちと放送ブースをつくり、実況中継や、子供たちのリクエストなどを放送。
c0155474_21131133.jpg

子供たちはグループに分かれて思い思いの「村」をつくる。
c0155474_21184964.jpg

c0155474_2119174.jpg

村をつくりおわった子供たちは、紙でつくったボールで野球をやったり、巨大風船で遊んだり。
c0155474_168662.jpg

c0155474_16818100.jpg

c0155474_1682818.jpg

夜のお楽しみ会では、今年は「飛び出す紙芝居」と殺陣を実演。胴体真っ二つなどの趣向も組み込み、30分の練習だけで本番に臨んだんだけど、けっこうウケてました。
「胴体真っ二つ」の練習中。
c0155474_16215029.jpg

c0155474_1622958.jpg

いよいよ本番。大きな紙芝居は出し入れがタイヘン。
c0155474_1685088.jpg

紙芝居の中から顔があらわれ・・・
c0155474_1692361.jpg

このあと、紙芝居を飛び出し、正義の味方と悪者軍団の対決。
c0155474_16222712.jpg

c0155474_16224150.jpg
c0155474_16225332.jpg

軍団がやられて、最後は一騎討ち???
c0155474_21222460.jpg

いい加減にしなさい、で幕。
c0155474_21224318.jpg


by sustena | 2013-07-28 21:25 | つれづれ | Comments(2)
2013年 07月 25日

「盲導犬―澁澤龍彦「犬狼都市」より―」

c0155474_22375573.jpg先日、シアター・コクーンで、唐十郎/作 蜷川幸雄/演出の『盲導犬』を見た。アートシアター新宿文化で1973年に初演、櫻社のために唐十郎が書き下ろし、蜷川幸雄が初めて手がけた唐の戯曲で、なんとまぁ40年も前のホンがいまどのように蘇るのか興味があって、『下谷万年町物語』に続き、唐×蜷川の作品を見に出かけたわけである。

しかし・・・・。あのむせるような、むわっとした熱気に包まれたような芝居を、クーラーのきいたシアターコクーンのサイズでやるにはいささか無理があるのか、あるいは、役者の肌合いの違いか、るつぼのようなイメージを期待していったのに、なんだか妙にふわっとした不協和音が残った感じ。

無機質なコインロッカーが並ぶ舞台に、冒頭、5匹のホンモノのシェパードを連れた盲導犬学校の先生と研修生たちが登場する。そして盲導犬とはどんな存在なのかを語り始める。いきなり派手なーと、ここはいかにも蜷川ふう。

盲導犬が去ったあとに登場するのが、ファキイルという伝説の"不服従"の盲導犬を探している全盲の男。シンナーを吸って補導されかかったフーテン少年に、その犬を探しに行けと命じる。

最初に登場した古田新太は、まつろわぬ精神と底知れぬ図太さ、猥雑でエネルギーあふれる感じかよかった。が、後半に入ると、たびたび見せる古田の今ふうの軽さが次第に鼻についてきてしまったよ。フーテン少年の小出は、少年というにはちょっとふけてるけど、甘ったるいマスクじたいはそれほど悪くなかったのだが・・・、シンナーをやってるには血色良過ぎ? それと、セリフがちょびっと下手なのはつらいよー。

少年が去ったあと、コインロッカーを開けるために鍵穴に挟まった爪に火をつけようとする女・イチョウがあらわれる。彼女の夫は、イチョウの初恋の人・タダハルのラブレターをコインロッカーに封印したまま、バンコク(だったかなー)で現地の女・トハに撃たれて死んでしまったのだ。初恋のタダハルへの思いと、撃たれた夫への感情に引き裂かれながら、毎日コインロッカーにやってくるイチョウは、そこで盲導犬の研修生となって訓練中のタダハルに再会する。その一方、妄想の世界で夫と出会う。

このイチョウとトハを宮沢りえが演じる。いつもながら透明感があって美しいものの、今回は下卑たセリフが似合わなかったなぁ。ドロドロの妄執にかられたひとというより、乾いた神経症的に分裂しちゃうような方向で演じたほうが今ふうだったのではないかなぁ。(でも宮沢が盲導犬の胴輪をはめられたところはグッときました。)

盲導犬教師であり、イチョウの夫でもある木場勝巳のセリフは本当にうまくて、彼と宮沢りえの二人のセリフの世界は、唐の意味不明だけど、ひたすら謳いあげるセリフにウットリしちゃうけど、そこだけ別世界になってもねぇ・・・。

なんだか全体がちぐはぐな感じなのよー。うまく説明できないんだけど。音楽の選曲もちょっとズレてたような。

結局、不服従のたましいが今こそ必要な時代に再演する必然性が、ちーっとも伝わってこなかったのでした。

作:唐十郎 演出:蜷川幸雄

出演

影破里夫・・・・・・古田新太
フーテン少年・・・・・・小出恵介、
奥尻銀杏/トハ・・・・・・宮沢りえ
盲導犬学校の先生/男・・・・・・木場勝巳
研修生タダハル・・・・・・小久保寿人
研修生・・・・・・大鶴佐助・松田慎也・堀源起
婦人警官サカリノ・・・・・・大林素子
刑事・・・・・・金守珍
犬屋の主人・・・・・・妹尾正文三人の女/キャバレー風の女・・・・・・羽子田洋子・加藤弓美子・佐野あい
自警団・キャバレー風の男・・・・・・青戸則幸・澤魁士・手打隆盛・續木淳平・五味良介
天井からの声・・・・・・中島来星
盲導犬・・・・・・アスカ・イドゥナ・エルナ・ミート・ヨハン(湘南動物プロダクション)
犬屋の犬・・・・・・すずめ
美術:中越司
照明:勝柴次朗
作曲:田山雅充
音響:井上正弘
衣裳:小峰リリー
c0155474_2340416.jpg

渋谷駅前交差点のデジタルサイネージでは、デジタル花火大会をやってました。

by sustena | 2013-07-25 22:46 | Theatre/Cinema | Comments(10)
2013年 07月 25日

あなご屋銀座ひらい

先日の土用の丑の日に、三原橋小路近くのラーメン屋にタンメンを食べに行ったら、その奥のほうが何やら人だかりがしている。穴子の店であった。6月24日にオープンした「銀座ひらい」。運営するのは、日本橋にある穴子専門店「玉ゐ」だって。

で、きょう行ってきました。なんと、新店オープンのキャンペーン中で、全品半額。あれもこれも食べたくなるけど、お昼なので一番シンプルな「めそっこ箱めし」に。めそっことは、小ぶりな穴子やうなぎを指すそうで、それが2つ入った「ならび」を注文。ふっくら煮穴子とこんがり焼いた両方が乗っているタイプを選択し、お吸い物は肝吸いに変更してもらって、これで900円也。ゴマ(自分でする)と柚子の皮のすったの、ネギと山葵の4種類の薬味つき。

注文してから出てくるまでメチャ時間がかかったけど、予想以上においしかった! 肝吸いはけっこう大きくて、焼いた風味がすばらしい。

半額は今月いっぱいで終了(夜も♪)。お近くのひとはぜひ。

でも半額でないとすると、敷居が高いなぁ・・・・・
(1000円ランチが1日限定20食であるそうだけど)
c0155474_1383142.jpg


by sustena | 2013-07-25 13:08 | 食べ物 | Comments(8)
2013年 07月 20日

高尾山から大垂水峠へ

暑さがそれほど厳しくなさそうだったので、5時起きして今シーズン3度目の高尾山に。
今回は、沢沿いの6号路を通って、城山を抜けて相模湖に行こうと考えたのである。

6号路は、たんたんとした坂道で、途中に水行道場のある琵琶滝がある。近くで見たかったのに、鍵がかかってたので遠くからぱちり。あーらー、滝かなんだかわかんない・・・。
c0155474_2145366.jpg

途中タマアジサイ(たぶん)や、ヤマユリがいっぱい咲いていた。タマユリはまるでシャクヤクみたいなつぼみ。
c0155474_2162226.jpg

c0155474_2163851.jpg

c0155474_2165150.jpg

6号路の最後でちょっと階段がきつかったけど、それ以外はめちゃ快適。今回は高尾山頂には登らず、ぐるっと巻いて、城山方面に行く道へ。
先日、なにかなーと思ったオオバギボウシが、2週間も経つと花が咲いて重そうに下を向いている。
c0155474_21102146.jpg

もみじ台に出たところで、大垂水峠への看板が目についた。学習の道を通って相模湖方面へとあったので、こういうルートもあるのかと思い、ずんずん進んでいくと、国道20号に出た。えーっ!相模湖に行くには、国道を通っていくしかないのか。
昔 相模湖には抜けたことがあるからと、事前にちゃんと調べなかったことと、昭文社の「山と高原地図」を持ってこなかったのが敗因である。

途中のドライブインで相模湖までの距離を聞くと7キロという。まぁたいしたことないか・・・。ガードレールで仕切られた歩道などないところがかなりあって、たまにトラックが横をびゅんびゅん飛ばしていく。こわっ。

コンクリの道を歩くのはけっこうイヤで、もういい加減疲れたよーと思ったころに、そば屋を発見。「休屋」とある。おお、ぴったりの名前♪

ビールとそばがきと白エビのかきあげなどを頼み、紫蘇入りかわりソバをいただく。
せいろ580円となかなかリーズナブル。11時半ごろ入ったのにすでに満員で、田舎そばはもう売り切れていた。
c0155474_21182147.jpg

c0155474_21183297.jpg

疲れていたので、おはぎ130円也もパクリ。
c0155474_21191596.jpg

甲州街道の小原宿を横目に見て、相模湖駅へ。
途中で、久しぶりの工事看板をぱちり。
c0155474_2120912.jpg

本日は2万5000歩。

by sustena | 2013-07-20 21:19 | 小さな自然 | Comments(6)
2013年 07月 17日

歌舞伎クラシック「本朝廿四孝 十種香」

またまた東劇で歌舞伎クラシックを見る。今回は1983年(昭和58年) 1月に歌舞伎座で上演された「本朝廿四孝 十種香」。六世歌右衛門の当たり役とされる八重垣姫を見たかったのだ。
当時、歌右衛門は66歳。けっこうノドのあたりはスジスジで、手もほとんど肉がなくて、まるでガイコツみたいなんだけど、気品は天下一品。死んだはずの許婚の武田勝頼そっくりの男があらわれて、いちずに言い寄るところのかわいさと色気はけっこう不気味で、つややかでぞっとしたね。
映像だから老いのほうがクローズアップされてしまうのは仕方がなくて、おそらく舞台で見たらその存在感にボーゼンとしたかも。
そして七世梅幸の上品で気高いこと、七世芝翫の濡衣の心意気にもうっとり。それと、福助のシャープでイケメンの白須賀六郎に目が釘づけに。若いッ!

八重垣姫:中村歌右衛門(六世)
花造り簑作 実は 武田勝頼:尾上梅幸(七世)
白須賀六郎:中村福助(現 中村梅玉)
原小文次:實川延若(三世)
腰元濡衣:中村芝翫(七世)
長尾謙信:片岡仁左衛門(十三世)
c0155474_22444914.jpg


by sustena | 2013-07-17 19:40 | Theatre/Cinema | Comments(0)
2013年 07月 17日

東京都写真美術館「日本写真の1968」

先日、知人に「日本写真の1968」の招待券をもらったので、あと会期が残り2日というので、あわててみてきた。

世界のあちこちで、既成の権力や文化など、いろんな枠組みに異議申し立てが行われた1960年代後半。写真も例外ではなく、近代写真が構築した「写真」の独自性とそれを正当化する「写真史」への問いかけがなされたという。特に1968年は、『カメラ毎日』での「コンポラ写真」特集、『プロヴォーク』の創刊、社会に目を向けると学生運動や成田闘争などが激しさを増し、撮影者を限定しない、闘争の側から撮影した写真群が出版されるなど、大きなムーブメントの起きた時代だった。

この展覧会では、「1968年」を中心に、日本で「写真」という枠組みがどのように変容していったかを概観するもので、1968年に出来した、日本写真史に残る4つの出来事を核にして構成されている。

1)「写真100年―日本人による写真表現の歴史展」
同展は、日本の写真史を写真家自身によって体系づけた展覧会。主催は日本写真家協会。東松照明を中心に多木浩二、中平卓馬、内藤正敏、松本徳彦らが資料の収集と調査を行う。北海道開拓写真の再評価、桑原甲子雄や植田正治の再発見、アノニマス(無名性)の写真への注目など新しい歴史観で構成されたという

2)『プロヴォーク 思想のための挑発的資料』
中平卓馬や大道らのアレ・ブレ・ボケの表現

3)「コンポラ写真」
牛腸茂雄 シリーズ「日々」とか、日常への私的なまなざしを特徴とする写真群。ここからアラーキーへはすぐ

4)「写真の叛乱」
学生運動や成田闘争などで、学生や農民たちの側に立って撮影した写真群と、全日本学生写真連盟の学生やOBたちの集団撮影行動による写真群を紹介

写真の100年の中の驀進する列車の写真がおもしろかった。「写真の反乱」で無名性の写真を編集する視点についてが興味深かった。
c0155474_22113459.jpg


by sustena | 2013-07-17 12:48 | Art/Museum | Comments(6)
2013年 07月 16日

松緑のキリッとしまった顔にホレボレ「加賀見山再岩藤」

c0155474_22292376.jpg先日、歌舞伎座の七月花形歌舞伎の昼の部を見た。
演目は「加賀見山再岩藤」、別名、骨寄せの岩藤であります。これまで4、5、6と3か月間、大御所がそろっての杮落とし公演が続いていて、今月は松緑、染五郎、菊之助、愛之助をメインに、若手がイキのいいところを見せる花形歌舞伎。昼の部は松緑が岩藤と鳥井又助の二役。タイトルにも出てくる主役ですー。(ちなみに夜は、菊之助がお岩さんを演じる「東海道四谷怪談」)

ところで、「加賀見山再岩藤」は「鏡山旧錦絵」の後日談。前作で御家騒動で暗躍した局の岩藤は、悪事が露顕して殺されてしまうが、恨みイッパイで死んだだけに、野ざらしにされて骨だけになっても化けて出る。(この骨がヒューッと集まるシーンがあるので、「骨寄せの岩藤」って呼ばれるのね)。
さて、いつの時代にもお家乗っ取りを企むやつはいて、今回は、望月弾正が悪い奴なのであります。弾正は妻を妹だとウソをいって、お柳の方として多賀大領の側室にはべらせ、色仕掛けでたらしこむわけ。そのことを諫めた花房求女は、疎ましく思われただけでなく、家宝の香炉を奪われた咎で失脚。今は家来鳥井又助の家に厄介になっているんだけど、この鳥井又助も弾正に、お柳の方を殺せばまた求女を取り立ててやると言われてそれを信じ込み、謀略で提灯を取り替えられた正室の梅の方を殺してしまう。
その場に落とした刀の柄を手にした家老の安田帯刀(これはいいやつ)が、又助の家にやってきて、彼が主君の奥方を殺したことを告げると、大ショックで自害しちゃう。(まぁ最後には弾正一派の悪巧みが暴かれるんだけど、)ああ、しくじった・・と苦悶する律儀な家来と、かつての悪人の親玉的な局の霊、この二役を松緑がどれくらいがんばって演じるかがポイントだったのであります。

結論から言うと四幕目の鳥井又助内切腹の場、大いに泣いちゃったよー。

まずびっくりしたのが、松緑が去年見たときよりずいぶんと顔がキリッとしまって実にいい顔になっていたこと。動きがキビキビパキパキしすぎなのが気になるところはあるんだけど、目の不自由な弟の志賀市が弾く琴(このシーン、玉太郎エライッ)を聞きながら死ぬところは、めいっぱい感情移入しちゃったー。

もっとも、四幕以外はちょっと・・・。とくに、骨寄せのシーンは、ブラックライトで光った骨が少しずつ集まって、骸骨のカタチになっていくんだけど、ゴーストバスターズじゃなくて、なんだかの西洋の骨が踊るシーンみたいでちょっと興ざめ。そこから、一転、岩藤の亡霊が出て、だんまり、そして満開の桜を背景にした宙乗りとなるところも、いまいち段取が悪いというか、舞台転換がスムーズじゃなくてがっかり。(これは松緑が悪いんじゃないけどね)

菊之助は、お柳の方と、いい人のほうの二代目尾上の二役で、眉があるかないかで見分けるんだけど、変化に乏しくてあと一歩って感じ。悪人のお柳の方、最初の登場シーンで、もっといかにも主君を手玉に取る感じがあるといいのにって思ったよ。(後ろのひとなんて、発端のボートのシーンが終わったあと、お柳の方って、いい方?悪い方?って隣のひとに聞いてたくらいだしー)

染五郎は、安田帯刀のまっすぐな人の思い詰めた感じがマル。愛之助さんのミエはいつもカッコイイです。

発 端 多賀家下館奥庭浅妻舟の場
  序 幕 浅野川々端多賀家下館塀外の場
      浅野川々端の場
      浅野川堤の場
  二幕目 八丁畷三昧の場
      花の山の場
  三幕目 多賀家奥殿草履打の場
  四幕目 鳥井又助内切腹の場
  大 詰 多賀家下館奥庭の場
  
岩藤の霊/鳥井又助松 緑
二代目尾上/お柳の方菊之助
望月弾正愛之助
蟹江主税亀 寿
又助妹おつゆ梅 枝
花園姫右 近
奥女中関屋廣 松
又助弟志賀市玉太郎
松浪主計廣太郎
梅の方壱太郎
花房求女松 也
若党勝平松 江
蟹江一角権十郎
多賀大領/安田帯刀染五郎

新しい歌舞伎座の座席についてる字幕ガイド、たまにそれでお勉強してる人がいるけど、1000円もするので、フツーはつけない。
c0155474_22274644.jpg

芝居がはねて4丁目方面に歩いていると、遠くから「ツァラツストラはかく語りき」の音楽が聞こえてくる。なにかな、と思ったら、歩行者天国のはじっこで、マック赤坂が演説をしてたのだった。
c0155474_22285841.jpg


by sustena | 2013-07-16 22:29 | Theatre/Cinema | Comments(0)
2013年 07月 14日

早くもセミが

出張に出かける日の朝、近くの公園に散歩に出かけたら、脱皮しようとしてるニイニイゼミを発見。
先日からウロウロするムクドリが増えて、セミの穴が目立つようになっていたので、抜け殻が見つかるかなとチェックしてたのだった。
それにしても早いなぁ。大昔、ロッキード事件の見通しを聞かれた稲葉法相(うろ覚えモード。それとも東京地検検事正だったかしらん)が、「セミの啼くころ」と答えたけど、あのとき田中角栄が逮捕されたのは7月27日だった。
c0155474_221010100.jpg

睡蓮の花の向こうではアオサギが魚をねらってる。
c0155474_22103566.jpg


by sustena | 2013-07-14 22:10 | 小さな自然 | Comments(4)