<   2013年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2013年 02月 27日

横浜美術館「ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー 二人の写真家」

c0155474_23443683.jpg2月3日夜のNHKスペシャル 沢木耕太郎推理ドキュメント「運命の一枚~"戦場"写真 最大の謎に挑む~」は、なかなか興味深かった。

キャパの最高傑作の1枚とされる「崩れ落ちる兵士」について、撮影場所を訪れ、当時撮られた写真を見比べながら、戦場ではなく、訓練のときに撮られたものであったこと、さらに、アングルやその前のコマとの間隔、キャパが使っていたライカの画面比率などをもとにCGで再現しながら 撮影者はキャパではなく、当時のキャパの恋人でスペイン戦争の撮影中に26歳で死んでしまった恋人のゲルダ・タロー(そのころローライフレックスを使ってた)が撮影したものではないか、という説を提示し、だからこそキャパは自らすすんであんなにも危険な最前線に赴いたのだと結論づけていた。

そこでガゼン、恋人のタローがどんな写真家だったのか興味がわいて(運よくまたもASAのチケットをゲットしたこともあって)、横浜美術館で開催中の「ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー 二人の写真家」を見てきた。

二人の写真家による個展という体裁をとっている(あっ、でもカタログが別々というのはせこくないかー)。

パート1はゲルダ・タローの83点の写真からなる。1/1936年と2/1937年の2部構成。
タローは1934歳のときにパリでフリードマン青年と出会い、写真を教えてもらいながら、二人で「ロバート・キャパ」という架空の名前をつくり、売り込みをつづける(なので、当時、同じ撮影場所で撮ったキャパ作とされる写真はどちらの撮ったものか判然としないものもあるらしい)。しかし、次第に自分のペンネーム(タローは岡本太郎からとったんだって)で雑誌に発表するようになっていく。
ローライを使った作品で、正面やや斜め左の、下から空を大きく入れた構図の写真や女性兵士の写真が印象深かった。彼女たちはどんな思いで銃を取ったんだろう。

パート2のキャパの作品の展示は次の5部構成。

1 フリードマンからキャパへ
2 スペイン内戦
3 日中戦争 ~ 第二次世界大戦 I
4 第二次世界大戦 II
5 インドシナまで

日中戦争のオリジナルプリントの裏面の注意書きや押印、来日したときに主催者の意向とは全然別の、ホームや修学旅行中の生徒を撮った写真など、キャパの視点の光る写真が気に入ったなぁ。

写真展のついでに、横浜美術館コレクション展もざっと眺める。このときのテーマは、「光のさまざまな表現」として、いろいろな現代ガラス作品が紹介されていた。

たとえば、ホセ・シャーディエの「ツイン・タワー」1990
c0155474_23305215.jpg
パヴェル・フラヴァ「ほころびゆく花」1989は、あっ、桃太郎みたい、って思っちゃった。
c0155474_23312236.jpg


「シュルレアリズムの作品と光」のコーナーではダリがあった。「幻想的風景」は中央が光にあふれてて、左右に朝焼けと夕暮れの情景が並んでる作品。
c0155474_23325060.jpg

この日は宝塚歌劇 宙組の『ロバート・キャパ 魂の記録』という公演記録の鑑賞会もあったんだけど、宝塚とキャパの組み合わせが想像できなかったのでパスして、近くのキハチでお昼。

炙りサーモンのカルパッチョ、タコとほろ苦野菜のスパゲッティトリュフ香味オリーブアンチョビソース、イチゴのモンブランのコース。トリュフ香味は家庭ではちょっとマネできないけど、それ以外はたいしたことないかも~とこっそり思ったことでした。
c0155474_2335053.jpg
c0155474_23351812.jpg
c0155474_2335302.jpg
 

by sustena | 2013-02-27 23:38 | Art/Museum | Comments(6)
2013年 02月 25日

気になる壁

日曜日に横浜美術館に出かけた(その話はまたあとで)。

美術館の向かいでは2年ほど前から三菱地所によるMM21 地区34 街区商業施設開発計画の工事が行われていて、その仮囲いのフェンスがずーっとのびてる様子がちょっと異空間。白い壁に額縁がいくつか描いてあって、その中にアーティストの言葉が記されてる。横浜美術館とのコラボ企画なんだそうだ。
c0155474_2158612.jpg

c0155474_21583078.jpg

額縁よりも私は、描かれてる椅子が気になってしょうがない。
c0155474_21585795.jpg


by sustena | 2013-02-25 22:05 | まち散歩 | Comments(2)
2013年 02月 20日

空、ひろびろ

きょう、京急の川崎大師のさらに先のほうにある研究所に取材に行った。
空が広々してたなぁ!
c0155474_2239322.jpg

研究所の建物の隣にネコが。こんなにだだっぴろいところで何を食べてるんだろうか。研究所の人に何かもらってるのかしらん。なかなかお行儀がいいのだった。(立入禁止の菱形金網フェンス越しにぱちり 遠かったのでトリミングしました~ GRD3)
c0155474_22395439.jpg
c0155474_22401113.jpg


by sustena | 2013-02-20 22:45 | つれづれ | Comments(4)
2013年 02月 19日

確率で悩む

何年も前のことだが、宇宙物理学者の池内了さんの本に、「宝くじに当たる確率は隕石に当たる確率よりも小さい」とあって、以来、息子が宝くじの話をするたびに、買ったってムダだといい、池内さんの話をしていたのだが、今回のロシアに落ちた隕石の事故でニュースをはしごしていて、ハテ、池内先生のあの本は、ホントに人に当たる確率だったのか急に気になって原典にあたりたいんだけど、手元にない。

ググっても、いまいちエビデンスがあやしい数字が・・。
wired newsではこんな話も→http://www.wired.com/wiredscience/2013/02/asteroid-odds/
だれか教えて~
c0155474_1910351.jpg
c0155474_1981810.jpg


by sustena | 2013-02-19 19:08 | 小さな自然 | Comments(7)
2013年 02月 19日

山口 晃『ヘンな日本美術史』

c0155474_2336422.jpg画家の山口晃さんの『ヘンな日本美術史』(祥伝社 2012年11月10日)が滅法おもしろい!

「鳥獣戯画」をはじめとする日本の古い絵巻物や、雪舟、洛中洛外図、さらには日本美術史のトンデモ画家たち、そして西洋的写実を知ってしまった明治の日本人絵師たちの苦闘までをたどりながら、日本の画の特質を紹介した本なんだけど、美術評論家や研究者の記す日本美術史と大きく違うのは、画家ならではの視点で、ズバリ発言してること。

山口さんといえば、日本橋三越が新装オープンしたときの、いまの時代ならではの洛中洛外図・日本橋版といった趣の、時空を自在に飛び越えた絵を覚えている人も多いのではないかしらん。芸大の日本画出身と誤解されがちだけど、油画を出た人で、この本を読むと、山口さんの作風の秘密が見えてくるよう。

たとえば、「伊勢物語絵巻」のような調度品的要素の高い絵、暮らしと一緒にある絵の特徴は「毒にも薬にもならない感じ」である事、とぶちかましたあと、こんなふうに続く(えー、そっくりそのままではなくて、はしょってます)。

現代にはむしろ毒にも薬にもならないような顔をして、毒を吐くものが多いのは困りもの。たとえば、「素敵親子」が水辺でコーヒーを飮んでる絵とか、それとなく押しつけてくる「幸せ」のイメージが含んでいる毒の方がタチが悪い。それに比べると会田誠の絵などはちゃんと壜に毒と書かれているものです。下手をすると中は栄養剤かもしれない・・・なんて脱線しつつ、
「その喩えでいうと、『伊勢物語絵巻』は品質の高いミネラルウォーターが綺麗な壜に入っている、中身と壜が一致している幸せな状態です。・・・作る方も自信を持って、同じものを十年一日の如く作っている。そんな絵の在り方です。それを見ていると、逆に現代の人たちが新しい表現、自分だけの表現などと騒ぐのが、馬鹿らしく思えてきます。そんな事よりも、こちらの偉大なる十年一日ぶりと云うものの凄さを思い知らされるのです」

そして同じことをやり続けるのって簡単そうで実は非常に難しいのであーる・・・と力説する。

透視図法的「写生」、いわゆるデッサンの要素を知ってしまった近代以降の日本画家は、もはや天真爛漫に、幼児のような絵──塗りたい色しか塗らないし描きたいところしか描かない、主観に貫かれていてバランスがよい絵──はもはや描こうと思っても描けない。一度自転車に乗ってしまうと、「乗れない」ことができなくなってしまうのと同じように。

それが「伊勢物語絵巻」時代の絵師は、小さい子どものような絵の延長でいながらも、職人としての練度をあげていくことができた。こっちのほうが美しいからそう描くという純粋さでやってこれた、と嘆息する山口さん。

雪舟を取り上げた章では、「破墨山水図」や「秋冬山水図」「慧可断臂図」を見ながら、手本を貪欲に吸収しつつ、パイオニアとして前のめりにつんのめりながらいろいろなものに手をかけて掴んでしまうがゆえの雪舟の破綻や完成しきっていない部分を味わう。そして、模倣の揺らぎの中からこそオリジナリティが出るのだ、と断言する。

読みながら「お~!! だいたーん」と何度思ったことか。

だってたとえば「慧可断臂図」の絵をさして、この絵の「莫迦っぽさ」はどこからくるのだろう?なんて言うんだから。洞窟の岩肌のうねりと人物の平面的な感じが同じ画面に同居している。背景はハイビジョン放送の電波で送りながら人物の特徴は手旗信号で伝えようとしている絵・・フムフムたしかに。

洛中洛外図の「高津本」の下手さを語るくだりはこうである。

「ぱっと見で明らかにこれはだめだろうというビジュアルを持っています。斬新な構図と言えば聞こえはいいですが、これは明らかに『下手』です。まず建物の描き方からしておかしい。・・・・河の向きなども、通常は絵に奥行きを出したいと考えますから、気の利いた絵師なら真っ直ぐ縦に流さず、少し傾けるなどするはずです。右下の建物などは、軸が崩れていて、画面の外に落ちて行かんばかりです」でも、けなす一方ではない。「素人ならではの物怖じしない線と、こなれているけれども嫌味の無い表現が混ざって、これはこれで良い具合です」

そしてまた脱線し、普段絵を描かない人が「上手く描けないから」と自分の絵を恥じる一方、少し絵をかじっているくらいの「小上手い」絵を絶賛するが、こうした中途半端な「上手さ」というのは、プロから見ると一番どうしようもない。下手さを受け容れて好きに描いていた方がよほどマシ。日本の美術教育は、多くの人にトラウマとしてしか残らないものになっていると、どんどん怒りをエスカレートさせていくんである。

こんなふうに紹介しだすと、ぜーんぶ書き写ざなくてはならなくなってしまう。

えー、枝葉末節の部分ばかりをピックアップしてしまいましたが、カルチャースクールで「私見 にっぽんの古い絵」と題してレクチャーした内容をもとにしてるのですこぶる読みやすく、思わずうなずきながらイッキ読みしちゃいます。第四章の日本のヘンな絵などもびっくりするおもしろさです。

第1章 日本の古い絵─絵と絵師の幸せな関係
鳥獣戯画/白描画/一遍聖絵(絹本)/伊勢物語絵巻/伝源頼朝像

第2章 こけつまろびつの画聖誕生―雪舟の冒険
こけつまろびつ描いた雪舟/なぜ雪舟は邪道を選んだのか─「破墨山水図」/文化のオリジナリティはどこから生まれるか/ヘンなものを取り入れるのが好きな日本人/雪舟の生み出す恐るべき絵画空間─「秋冬山水図」/絵における「背骨」の太さ/莫迦っぽい絵─「慧可断臂図」/肖像画のダブルスタンダード─「益田兼堯像」との比較/人間本来の空間の捉え方/新しい空間の描き方─「天橋立図」/いい加減であるからこその自由さ/「天橋立図」は本當に下絵だったのか

第3章 絵の空間に入り込む―「洛中洛外図」
単なる地図ではない、不思議な絵/とっつきやすさの「舟木本」/王者の貫祿 永徳の凄さ─「上杉本」/上手さとは別の迫力─「高津本」/「洛中洛外図」はどこから見たものなのか/類型化から閉まれル新しさ/あるような無いような遠近感

第4章 日本のヘンな絵―デッサンなんかクソくらえ
松姫物語絵巻/彦根屏風/岩佐又兵衛/円山応挙と伊藤若冲/光明本尊と六道絵─信仰パワーの凄さ

第5章 やがてかなしき明治画壇―美術史なんかクソくらえ
「日本美術」の誕生/「一人オールジャパン」の巨人―河鍋暁斎/写実と浮世絵との両立─月岡芳年/西洋画の破壊者─田村清雄
c0155474_074687.jpg


by sustena | 2013-02-19 00:05 | 読んだ本のこと | Comments(0)
2013年 02月 16日

「日本の民家一九五五年 二川幸夫・建築写真の原点」展

c0155474_2364194.jpgASAで月に一度購読者向けに実施しているチケットの抽選で、二川幸夫さんの写真展の招待券をゲットしたのでパナソニック汐留ミュージアムに出かける。

同館の開館10周年プレ企画展覧会として企画された「日本の民家一九五五年 二川幸夫・建築写真の原点」展であります。

二川幸夫さんは、これに掲載されれば一流と評される建築誌「GA」を主宰してるひと。早稲田大学文学部在学中に、建築史の教授をしていた田辺泰から「田舎に帰るのだったら飛騨高山の日下部邸を見てきたら」と言われ、そこで民家と出会い、ぞっこんその美しさに惚れ込んで、以後民家を撮影するために主にベッサⅡをもって全国行脚(野宿しながら7年間、その後出版が決まってからは伊藤ていじとともに3年間!) 、その記録を1957-59年に美術出版社から『日本の民家』全10巻(文・伊藤ていじ)として世に送りだした。

今回はそれに収められた280点の写真から72点を選び出して、新たにプリントしたもの。会場構成は藤本壮介。『日本の民家』の編集に沿い、,日本で最も早く都市文化が形成された「京・山城」にはじまり、「大和・河内」「山陽路」「四国路」「西海路」と南下。続いて「陸羽・岩代」に移り、「武蔵・両毛」「信州・甲州」と移動し、最後は二川さんの民家への旅のスタート地点となった「高山・白川」へ。会場の導線が工夫されていて見やすかったなぁ。

二川幸夫さんは、自分は写真家ではないと、これまで展覧会はしてこなかったという。それを今回は、彼が撮影した当時──「民家がまだ美しかった国土で自然と人々の生活とともに生きていた1955年、という時代を限定してタイトルに付け加えるのであれば」ということを条件にOKが出たのだとか。

それにしても、二川さんの撮った民家の美しさときたら! 町家が押し合いへし合いぎっしり屋根を連ねている京都、旅籠屋や茶屋が街道沿いにめじろ押しに並ぶ本山宿の町並みなどの俯瞰した写真から、屋根やまるでモンドリアンのような格子組の美しい民家の正面の外観、そして大黒柱や梁が黒く光る内部・・。
堂々として、気品があって、つつましやかで、そして懐かしさに胸が締めつけられる感じがする。

木のサイズや人間自身の作り出すオーダーからなる構成比の秩序だった美しさ、素材にせよ、木組みや家のつくりなど、あちこちに自然と相対してきた生きる知恵が詰まっていて、見ていて飽きることがない。

山梨県塩山市の民家の大黒柱など、天然のクリの木の2つに分かれる股をそのままそのまま使い、なんと3階まで達していたよ。

会場の外のDVDの映像で、当時は民家が美しいなんて誰も信じない時代で、撮りたいといっても断られる。そこで毎朝4時に出かけて立っていると、3~4日も経つと、おなかがすいただろうから朝ごはんでも一緒にと招じ入れてくれ、そんなふうにしてやっと撮影できたことを二川さんが懐かしそうに語っていた。

おすすめです。2013年3月24日まで

写真は去年の正月に訪れた五箇山。ただ、行ってきたぞという証拠写真ですが・・。GRD3。
c0155474_10582568.jpg
c0155474_10583345.jpg
c0155474_17143753.jpg


by sustena | 2013-02-16 22:54 | Art/Museum | Comments(6)
2013年 02月 16日

卒業製作展

もう1カ月以上も前の話なのだけれど、息子の通う大学の卒業製作展があったので出かけた。
いくつもの校舎がドドッと展示会場になってるので、とても1~2時間で回れるものじゃない。

建築を中心に、息子のおすすめの会場を斜め見してきた。

衣服は人間の安全を守る最低限の家だってわけで服を展示している学生も。発想はいいと思うんだけど、表現がありきたりかな・・・。
c0155474_22375798.jpg

広島市民球場を図書館にしようという案。模型が上手だった。
c0155474_22383513.jpg

メシアン(だったかな)の音楽を建築にしてみましたという院生の作品。
c0155474_22392310.jpg

建築の卒業製作はプレゼンボードなどをしっかり読み込まないと、なかなか理解できないものも多くて、10作品ぐらい見ただけですぐにおなかがイッパイになってしまう。いっしょの会場にあった他の造形の作品などをみると、ホッとしたなぁ。
c0155474_22434942.jpg

c0155474_2244367.jpg

大木をくり抜いて、中に絵を描いた作品。よくもまぁこんな大きな木が!それに感動しました、ハイ。
c0155474_2245347.jpg


by sustena | 2013-02-16 22:45 | Art/Museum | Comments(0)
2013年 02月 16日

国立劇場小劇場「2月文楽公演 第2部」

c0155474_22292716.jpg先日久しぶりに、文楽に出かけた。

第2部の演し物は「小鍛冶」と「曲輪文章(文と章が一文字になっている) 吉田屋の段」「関取千両幟 猪名川内より相撲場の段」。2月は3部まであってどれに行くか迷ったのだが、曲輪文章は以前歌舞伎で仁左衛門と藤十郎が演じたのを見たことがあって(ちなみに、歌舞伎座の5月の杮落とし興行では仁左衛門と玉三郎という組み合わせ)、文楽とどう違うか興味があったこと、勘十郎と簑助が出ることなどから第2部に決めたのである。

最初の小鍛治は能の演目。刀匠として名高い三條小鍛冶宗近は、勅命により剣を打つよう命じられるが、自分と同じ技量をもった相鎚を打つ者がいないから無理~と言うんだけど聞き入れられない。困り果てて稲荷明神に祈りを捧げると老翁があらわれ、翁の言う通りに祭壇をつくって祈ると、稲荷明神が相槌を打ってくれ、めでたく銘剣が完成してめでたしめでたし。剣をとんてんかんてん打つと剣が赤くなるところなど芸コマ~。

曲輪文章は勘十郎の扇屋夕霧が美しいッ。吉田玉女の伊左衛門が寝たふりをしたり、炬燵をもってウロウロするのにあわせてのクドキの場面など息もぴったりであります。嶋大夫のねとつくようなしゃがれた声が最初は違和感があったんだけど、次第に廓の世界にどっぷり。

最後の関取千両幟は、なんといっても簑助がすばらしい。同じように遣っていて、どうしてあんなにも違うのか、人形に命がふきこまれて、目が吸いよせられてしまう。
もっとも、猪名川の女房おとわが、勝ちを譲ってやるつもりの夫の心を思いながら髪を整えてやる場面のバックの胡弓がうるさかったのはちょっとなー。
そのあとの、取り組み前の櫓太鼓の場面では、藤蔵、清志郎の三味線による曲弾きが楽しい。バチを三味線の上にのせたり放り投げたり、逆さにして弾いたり。ヤンヤの喝采。

この日は6列目のセンターだったので、曲弾きが見やすくてよかった~。2月は演目が多いせいということもあるのか、大夫が全体にいまいちだったような気がする。休演した源大夫のかわりの呂勢大夫はけっこう頑張ってたとは思うけど。住大夫が聴けないのはやっぱり寂しいのだった。
c0155474_2233515.jpg

近くの公園ではようやく梅が咲き始めた。
c0155474_22205361.jpg
c0155474_2221217.jpg

これってタコみたいじゃない?
c0155474_2222015.jpg


by sustena | 2013-02-16 22:22 | Theatre/Cinema | Comments(0)
2013年 02月 15日

「アウトロー」

c0155474_17162932.pngこのところやけに映画づいてるんだけど、トム・クルーズ主演・クリストファー・マッカリー監督・脚本の「アウトロー」(2012年アメリカ)は、予告編よりはるかによかったー。

イギリスの作家リー・チャイルド原作のハードボイルド小説「ジャック・リーチャー・シリーズ」を映画化したもので、一匹狼の元軍人ジャック・リーチャーが、独特の勘と持ち前の危機回避能力で、難事件を解決していく。

予告編では、法律なんて無視して悪を懲らしめる流れ者のトーンが強すぎる気がしてたんだけど、邦題からひっぱりすぎの感じ。原題は、ずばりJack Reacherで、こっちのほうが数段いい。

米ペンシルバニア州ピッツバーグの郊外で、真っ昼間5人が射殺された。放たれた銃弾は6発。逮捕された元米軍スナイパーのジェームズ・バーは、「ジャック・リーチャーを呼べ」という。いったいリーチャーは何者? どうやって彼に連絡をとったらいい?と捜査官と検事が話をしているところに本人が登場。こうしてリーチャーは、弁護士のヘレンとともに、真相に迫っていく。

リーチャー一人でぐいぐい勝手に解決に向かって突っ走る映画だったら、なんだかできすぎーと思ってしまうところに、相棒役のヘレンが厭味がなくて、できるひとだけど切れ者すぎずおっとりしてる雰囲気がマル。

注目すべきは、悪役で登場するヘルツオーク監督と、銃の販売店のロートルのオヤジに扮するロバート・デュバル。二人とも実にいい味!

最後のほうで、西部劇ファンなら思わずニヤリとするシーンが。
でも、リーチャーをつけ狙う二人組がバカ過ぎ。車の登録を洗ったらすぐにバレるスナイパーって・・・。

トム・クルーズ ジャック・リーチャー
ロザムンド・パイク ヘレン・ロディン
リチャード・ジェンキンス ロディン検事
ベルナー・ヘルツォーク ゼック
デビッド・オイェロウォ エマーソン刑事
ロバート・デュバル キャッシュ
ジョセフ・シコラ ジェームズ・バー
ジェイ・コートニー チャーリー
c0155474_20521025.jpg


by sustena | 2013-02-15 22:13 | Theatre/Cinema | Comments(0)
2013年 02月 15日

「レ・ミゼラブル」

c0155474_17154984.png 息子が超オススメだというので、先日水曜日、レディースデイ1000円だったのでトム・フーパー監督の「レ・ミゼラブル」(Les Miserables 2012年 イギリス 158分)を見てきた。

ミュージカル映画の日本での観客動員数の新記録を達成したらしい。たしかに撮影現場でピアノ伴奏に合わせて歌った臨場感あふれる歌声はすばらしい。私自身は、1985年に初演され、各国でロングランしてる原作のミュージカルは見てないんだけど、なかで出てくる曲はたしかによく耳にしてたし、そもそも、「ああ無情」は小学校のときにどっぷり読みふけったので、おお、地下水道はこんな感じだったのか、なんて、かつての想像の世界が目の前に登場してジーン・・・・。

ヒュー・ジャックマンやアン・ハサウェイがすてき♪ それ以上に、ヘレナ・ボナム=カーターが、このところ、かつての純情可憐少女でなくて、エグい役なのに興味しんしん。

息子は、学生たちの蜂起のシーンが好きだったとか。
お風呂でこのサントラをゆったり聴いていたいなぁ・・・・。

ヒュー・ジャックマン (Jean Valjean)
ラッセル・クロウ (Javert)
アン・ハサウェイ (Fantine)
アマンダ・サイフリッド (Cosette)
エディ・レッドメイン (Marius)
アーロン・トゥヴェイト (Enjolras)
サマンサ・バークス (Eponine)
ヘレナ・ボナム=カーター (Madame Thenardier)
サシャ・バロン・コーエン (Thenardier)
c0155474_20485336.jpg


by sustena | 2013-02-15 21:53 | Theatre/Cinema | Comments(0)