<   2013年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 31日

『生命のサンドウィッチ理論』

c0155474_1254520.png人工生命や半生命から「生命とは何か」についてアプローチしている複雑系の科学者で東大大学院教授の池上高志さんの文章に、画家の植田工さんが2年がかりで絵をつけた科学絵本『生命のサンドウィッチ理論』(2012/10/20 講談社)をわくわくしながら読んだ。

冒頭、世の中は非線形なシステムでできているということから語り始める。非線形システムとは部分がわかっても、それが組み合わさった全体はよくわからないシステムのこと。そこに物質やエネルギーが流れてくると、予想もつかないパターンが出現する。たとえば熱いみそ汁の入ったお椀を上から見たときの蜂の巣のような六角形、川の流れのところどころにある石のうしろにできるカルマン渦列。そういったパターンを「散逸構造」と呼ぶ。

考えてみると生命も非線形システムだ。このシステムが音や光や触覚などの情報の洪水にさらされ、その結果、つくり出されるパターンが感覚とか知能、記憶、意識をつくっていく。ってことは、そもそも生命も一種の散逸構造なの???

意味や情報はソフトウエアで、からだはハードウェア。でも生命にあっては、ハードウェアとソフトウェアはもともとは同じ材料でできていた。ソフトウエアが自発的にパターンを生成してそれがまたハードウェアにフィードバックされる。つまり生命は非線形なシステムが自律的につくるパターンなのだ。生命を理解するには、ソフトウエアとハードウェアのパンに挟まれたサンドウッィチの具である自律的なパターンこそ大事。

ということで池上先生は、まるで生き物のように動く油滴や、PCの中で生命のように動くライフゲームに代表されるオートマトン、ビデオカメラとスクリーンを組み合わせて自分で心の時間をつくり出すMTM(Mind Time Machine)と名付けたシステムなどを考案し、それを観察して生命の謎に迫ろうと考えてる。

DNAや生命を構成している分子・原子から語るのとは違うアプローチで生命とは何かについて考えている池上先生の口癖は、「ラーメンの具全部入りで見えてくる世界がある」。

文章はバックグラウンドを知らないと、ときどきハテーと思うところもあるけど、なんたって絵がすばらしい。おすすめです。
c0155474_21462974.jpg


by sustena | 2013-01-31 21:47 | 読んだ本のこと | Comments(8)
2013年 01月 28日

アンリ カルティエ=ブレッソン『こころの眼』

c0155474_23491623.jpg銀座のシャネル・ネクサスホールで、アンリ カルティエ=ブレッソン『こころの眼』をやっている。初日に出かけたんだけど、その構図の見事さ、プリントのしっとりとした美しさにじーん・・・。

今回紹介されているのは、『決定的瞬間』をはじめブレッソンの選りすぐりの代表作54点。写真集で何度となく見たものが多いのだけれども、間近かでみると匂い立つような吸い込まれるような雰囲気なのだった。

「私にとってカメラは、スケッチブックであり、直観と自発性の操る道具であり、そして視覚的な意味において、質問を投げかけると同時に決定をくだす、瞬間の支配者である」
などの、ブレッソンの名文句もあちこちに掲げられ、これまで見たことがなかった写真集も置いてあって、じっくり観ることができて幸せ♪ 2月10日まで。
(入るとき、ちょっと勇気がいるけど、もうだいぶ慣れた)
c0155474_23485147.jpg


by sustena | 2013-01-28 23:51 | Art/Museum | Comments(8)
2013年 01月 28日

壽 初春大歌舞伎

c0155474_23515398.jpg1月は、吉右衛門と芝雀の二人を堪能した。当初夜の部だけのつもりでいたのだが、仮名手本忠臣蔵の七段目のおもしろさにびっくりして、いつもなんでこれが名作なのかサッパリわからないなーと思っていた傾城反魂香も見たくなって、得チケットが売り出されていたのでゲットして、なるほど、これが芸の力かと、歌舞伎の奥の深さにシミジミしたのだった。

昼の部でもうひとつ、これまたいままでぴんとこなかった車引で、三津五郎の姿のよさにほれぼれ。
夜の釣り女の三津五郎ももちろんいいんだけど、ちょっとあっけない松葉目ものだったなー。

以下は備忘録で、演目と役者をコピペ。

昼の部
一、 寿式三番叟(ことぶきしきさんばそう)
                  三番叟  梅 玉
                   千歳  魁 春
                  附千歳  進之介
                    翁  我 當

二、 菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)
   車引
                  梅王丸  三津五郎
                   桜丸  七之助
                  杉王丸  巳之助
                金棒引藤内  由次郎
                藤原時平公  彌十郎
                  松王丸  橋之助

三、 新古演劇十種の内 戻橋(もどりばし)
        扇折小百合実は愛宕山の鬼女  福 助
                郎党右源太  児太郎
                郎党左源太  国 生
                  渡辺綱  幸四郎

   四世中村雀右衛門一周忌追善狂言
四、 傾城反魂香(けいせいはんごんこう)
   土佐将監閑居の場
         浮世又平後に土佐又平光起  吉右衛門
                女房おとく  芝 雀
               狩野雅楽之助  友右衛門
               土佐修理之助  歌 昇
                 土佐将監  歌 六
                将監北の方  東 蔵

夜の部

一、 ひらかな盛衰記(ひらかなせいすいき)
   逆櫓
       船頭松右衛門実は樋口次郎兼光  幸四郎
                   お筆  福 助
                女房およし  高麗蔵
              船頭明神丸富蔵  松 江
              船頭灘若九郎作  廣太郎
                 畠山の臣  宗之助
                 畠山の臣  桂 三
                漁師権四郎  錦 吾
              船頭日吉丸又六  錦之助
               畠山庄司重忠  梅 玉

   四世中村雀右衛門一周忌追善狂言
二、 仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)
   七段目
   祇園一力茶屋の場
               大星由良之助  幸四郎
                   お軽  芝 雀
                 赤垣源蔵  友右衛門
               富森助右衛門  廣太郎
                 大星力弥  廣 松
                 鷺坂伴内  男女蔵
                矢間重太郎  秀 調
                 斧九太夫  家 橘
               寺岡平右衛門  吉右衛門

三、 釣女(つりおんな)
                 太郎冠者  又五郎
                  大名某  橋之助
                   上﨟  七之助
                   醜女  三津五郎
c0155474_23342578.jpg
c0155474_23345013.jpg

けさの雪はあっと言う間に溶けちゃった。

by sustena | 2013-01-28 23:35 | Theatre/Cinema | Comments(2)
2013年 01月 26日

蜷川幸雄[祈りと怪物]

c0155474_2357389.jpg先日、シアターコクーンで蜷川演出の「祈りと怪物」を観た。先月、同じコクーンで、ケラが演出した同じ作品である。

ケラの本を蜷川がどう料理するのか、演出家対決、俳優対決の興味で出かけたのだが、個人的にはケラ演出の方が好きだなー。

ストーリーは、ウィルヴィルという架空の町の権力者ドン・ガラスと彼の三人の娘、それとそれぞれの恋物語と、錬金術師と白痴の助手、過去を背負った流れ者、ドン・ガラスの母親の双子の姉妹の祖母を持つ足の悪い青年、革命を志す地下組織のメンバー、被差別民など、さまざまなドロドロの要素が絡み合う一大叙事詩であります。(一度観た芝居だけに、筋立てが頭に入っているので物語の構造がつかみやすい。)

冒頭から町の運命を予言するコロスが出てくるが、ケラのコロスは正統派のコロスだったのに対して、蜷川のコロスは羽織袴、和装の衣装でラップで物語る。(でも最後のほうの悲劇の場面は、さすがにラップというわけにはいかなかった)。それがちょっと違和感があった。(最後に、舞台の後ろをあける演出もね・・)

ケラの舞台装置がまちの全体像を広角で見るような俯瞰的なものだったのに対して、蜷川はズームで見る感じ。かわりに、どんな場面かを字幕で紹介する形(たぶん初めてみると文章を読むだけでは頭に入りにくいんじゃないかなー)

俳優の対比でいうと、ドン・ガラスは勝村が。トビーアスは森田が。パキオテは大倉孝二がダンゼンよかったなぁ。次女の中嶋朋子と緒川たまきとでは雰囲気がずいぶん違うんだけど、それぞれに味があった。ガラスの母のドンドンダーラとトビーアスの祖母を演じた三田和代と木野花もいい勝負。メメ役の伊藤蘭もいい味なんだけど、やはり大倉孝二とピタッとはまる犬山イヌ子の独特な世界観のほうが全体の魔術度があがってマル。

それにしても4時間を超える長さを、ちっとも長いと感じさせない密度はすごい。
森田剛 トビーアス
勝村政信 ドン・ガラス
原田美枝子 バララ(エイモス家の長女。ガラスと先妻の娘。)
染谷将太 ヤン(流れ者)
中嶋朋子 テン(ガラスの娘・次女)
三宅弘城 パキオテ(白痴)
宮本裕子 マチケ(ガラスの娘・三女)
野々すみ花 レティーシャ(ローケの娘)
大石継太 アリスト
渡辺真起子 エレミヤ(ガラスの妻)
村杉蝉之介 ペラーヨ
満島真之介 パブロ
冨岡弘 合唱隊長
新川將人 ローケ(仕立屋)
石井愃一 ヤルゲン(執事長)
橋本さとし ダンダブール(錬金術師)
三田和代  ジャムジャムジャーラ(ガラスの母親)、ドンドンダーラ(トビーアスの祖母)
伊藤蘭 メメ(メイド長)
古谷一行 グンナル(司祭)
c0155474_22525947.jpg


by sustena | 2013-01-26 22:53 | Theatre/Cinema | Comments(2)
2013年 01月 26日

夢みる美術館計画―ワタリウム美術館の仕事術

c0155474_2332201.jpgワタリウム美術館に出かけたら、昨年読んだ『夢みる美術館計画―ワタリウム美術館の仕事術』を改めて思い出した。

この本は、和多利志津子さん(去年なくなったのだった。ここが美術館になる前に、大竹新朗のリトグラフを買おうかどうしようか迷っていたときに、どーんと背中を教えてくれたひと。合掌)と和多利恵津子さん、和多利浩一さんの共著で、どんな思いで美術館を建て、どんな企画を実現させてきたかをまとめたもの。(日東書院本社 2012年9月刊)

和多利さんがこの美術館の設計をスイスの建築家、マリオ・ポッタに依頼するところから始まる。

建築作品は、建築家の思想と現実との闘争である、と執念を燃やすボッタ。「建築とは愛情である」と言い続けるボッタとの作業によって、建築に参加することのおもしろさを実感し、のちに建築をテーマにした展覧会を実現するときの糧となっていく(実際、その後に実現したメキシコのルイス・バラガン邸を美術館内に展開した企画展や、藤本壮介の展覧会などおもしろかった! そうそう、会場構成などは若手建築家の智恵をかりるんだって。)

キュレーターの巨匠、ハラルド・ゼーマンとの出会い。彼に依頼した「ライト・シード」展をはじめ、アートを社会の中に投じたヤン・フートと、青山の街を舞台にしたアート展「水の波紋95」を実践していく。フランスを代表するジャン=ユペール・マルタンに依頼した「レジスタンス」展など、ワタリウムでしかできなかった企画だろう。

何年にもわたる交渉、ひらめき、この人に頼みたい、この人のことをもっと知りたい、企画展を実現したいという情熱が、どのページからも伝わってくる。

文中のこんなフレーズがいまも印象に残ってる。

「展覧会とは何」ということがいつも私を襲ってくる課題です。空間の中に、何を表現したらいいのだろうか。作品を展示しながら、アーティストという人間の概念を表現するだけでいいのでしょうか。二十一世紀への何を夢みたらいいのでしょう。

地球上のすべての人が、自由に、自分らしく生きていけるよう、そのすべての行為がアートだと信じて、私たちはこれからも走り続けるつもりです。

01 美術空間を建設する
02 海外キュレーターに展覧会づくりを学ぶ
03 アーティストの魅力を引き出す
04 写真を展示する
05 建築展で目指すべきこと
06 屋外展でアートはさらに拡大する
07 思想を展示する
08 庭と日本文化の再発見
09 アートが子どもたちにできること
10 アーティストとの交流
c0155474_1212452.jpg

藤本壮介の武蔵野美術大学の図書館は、ワタリウムの展覧会でそのスケッチを目にして以来、ずっと見学したかったのだが、先日中に入ることができた。写真はNGだったんだけど、柱や壁がすべて本棚になっていて、すてきだった。

by sustena | 2013-01-26 12:04 | 読んだ本のこと | Comments(4)
2013年 01月 26日

坂口恭平「新政府展」

c0155474_11492017.jpgワタリウム美術館で坂口恭平の「新政府展」をやっていたので、息子と観に行く。

坂口恭平は早稲田の建築学科3年のときに隅田川の"鈴木さん"という路上生活者と出会い、その生き方や発想に衝撃を受けて以来、路上生活者をインタビューし、彼らの「家」を写真に撮りそれを卒論にまとめ、のちにリトルモアから『東京0円生活』として出版され大きな反響を呼ぶのだが、3.11で、国民を守れない政府なんて政府じゃないと、『独立国家のつくりかた』を著し、『新政府』の総理大臣に就任しさまざまな活動を行っている。また自分の携帯電話の番号をHP やメディアで公開。「いのちの電話」として死にたいとかかってくる電話に応対しているという。

今回の展覧会では、これまでに描いたドローイングや写真を公開するとともに、『新政府』の構想と活動を紹介している。

不動産だとお金がかかるなら、車輪をくっつけてどこにでも移動できる可動産にしちゃえばいいとつくった「モバイルハウス」、彼が起きながら見る夢のスケッチ、これまで読んだ本の空間を描いた江絵、自分の妄想の中の都市を二次元の世界に映し込んだ「Dig-Ital」シリーズでは、あちこちに、バベルの塔をさかさまにしたような建造物が上へ上へとのび、その空間をすべて埋めつくすように緻密な線を描き込んでいく筆力に驚愕してしまった。

ところで、展示を見ている最中に、突然本人があわらわてこんなチラシを配りながら、2時から落語をやるという。
c0155474_11442026.jpg

出かけてみるといま美術館裏で建築中の0円ハウスで、2000軒も広がる0円ハウスの風景と、いろんな大臣と一緒に視察中の恭平君が、突然目覚めながら見る夢の世界に入り込んで、地上から2・3kmの高さの虹にぶら下がって、どうやって降りたらいいか、下でみんなが騒いでいるうちに、いつの間かそれが虹の雲梯になり・・・という、妄想をぐるぐるまわってるような話をしてるのだった。ひょっとして鬱と躁の境目にいたんじゃないだろーか・・・。

なにはともあれ、実に魅力的なひとではありました。
c0155474_11485942.jpg
[

by sustena | 2013-01-26 11:50 | Art/Museum | Comments(0)
2013年 01月 24日

きゅるるきゅるる

先週土曜日に近くの公園に行ったらときの写真。
雪がまだ残っていて、気温が低いのだろう池に氷が張っていた。
c0155474_21592340.jpg

その氷の上に多数の雪球が。
ほんとに凍っているかどうか確かめるために医師を投げる人も多いんだけど、今回は雪だまが目についた。
石でもそうなんだけど、なげるときゅるきゅると鳥が啼くような声がするんだよー。
一人やるとみんなトライしてみたくなるんだよ、きっと。

この雪もじきに溶けてしまったなぁ。
c0155474_2212987.jpg
c0155474_2214215.jpg

ようやくロウバイが咲きはじめた。今年は去年より3週間ばかり遅い。
c0155474_222286.jpg


by sustena | 2013-01-24 22:02 | 小さな自然 | Comments(8)
2013年 01月 24日

玖村まゆみ『完盗オンサイト』

c0155474_17253022.jpg『凸凹サバンナ』がちょっと変わっていたので、玖村まゆみさんのデビュー作の『完盗オンサイト』(講談社 2011年8月刊)を読む。

初応募で第57回江戸川乱歩賞を受賞した作品(応募時のタイトルは『クライミングハイ』)だが、えーっ、このレベルで乱歩賞?ってちょっとビックリ。

『凸凹サバンナ』の末尾にある自著の紹介で、天才ロッククライマーが、報酬1億円で、皇居へ侵入し、徳川家光が愛でた樹齢550年の盆栽「三代将軍」を盗み出すお話としか知らなかったので、ミッションインポシブルみたいな話とコンゲームをを合わせたような話かと勝手に想像してたら、まるで違ってた。

主人公のフリークライマー水沢浹がやっかいになっている寺で預かっている子の斑鳩と、その子の人格が崩壊しつつある実父、水沢のバイト先の建設現場の元締めの國生地所のトップの兄弟と、水沢の元恋人などいくつかの話が絡み合って、いざ皇居侵入となるんだけど・・・。

こう書きたいんだって勢いだけで書いた話ってところ。破綻だらけだけど、人物はそれなりに魅力的だったかな。話者が変わる構成はよくあるんだけど、水沢から寺の住職に移るところが違和感があったよー。審査会でも票が大きく分かれたらしい。受賞が抵当だったかどうかは、このあとの活躍次第ってところかしらん。
c0155474_21524037.jpg


by sustena | 2013-01-24 21:53 | 読んだ本のこと | Comments(0)
2013年 01月 23日

万城目学+門井慶喜『ぼくらの近代建築デラックス!』

c0155474_22511356.jpg『鴨川ホルモー』『プリンセス・トヨトミ』の万城目学さんと、『キッドナッパーズ』の門井慶喜さんの二人が、5大都市(大阪・京都・神戸・横浜・東京)のオススメ近代建築をめぐって紹介する『ぼくらの近代建築デラックス!』(文藝春秋 2012年11月30日刊)を読む。

万城目さんは1976年、大阪府生まれで京都大学法学部卒業。門井さんは1971年、群馬県生まれで同志社大学文学部卒業。二人ともそれほど近代建築に詳しいとは思えないが・・・。
実際、あとがきの対談を読むと万城目さんは大阪市の中央公会堂ぐらいしか知らないレベルだったそうな。でも、門井さんはなかなかの博覧強記で勉強熱心。たぶん近代建築を見たりその関係の本を読むのがお好きなんだろう。建物の意匠についてはともかく、建築家のこと、どんな経緯で建てられたか、といった方面の蘊蓄をタップリ聞かせてくれる。そこに、万城目さんが突っ込んで、ミーハーチックだけどにぎやかしい対談となっている。オールカラーで、建物の中や前での2ショットも臨場感があって楽しい。


たとえば大阪では、旧シェ・ワダ、大阪市中央公会堂、難波橋、高麗橋野村ビルディング、新井ビル、堂島薬師堂、大阪府庁本館、大阪城天守閣、旧第四師団司令部庁舎、芝川ビル、大阪農林会館、綿業会館と行った具合。交互にオススメ建築を紹介しあいながらそこの現場でおしゃべりする体裁。
(このあとの京都から訪問する建築は10個になる)。ラインナップに天守閣が入ってくるところがちょっとフツーのガイド本とは違っている。だってこれも昭和6年に建てられ、中が鉄筋コンクリートのビルだから、分類として正しいんだって。

京都では京都大学の近くの進々堂からスタート。門井さんが学生時代は百万遍に下宿していて、古書店をあれこれ回ってこに到着するころにはおカネがなくなってしまうい入ることができなかったなんて想い出話が披露される。24万円もする全種毛雨を買って、2カ月間食パンとマーガリンと塩だけで暮らしたこともある、なんて話が欄外に補足されていて、イッタイこれは建築ガイドなのかーなんてゆるーい雰囲気。

そうそ、以前、京都で泊まったときに散歩して何だろう?思っていた建物が九条山浄水場ポンプ室であることがわかった。蹴上から阪をのぼったところから見える宮廷建築風建物で、設計は片山東熊。琵琶湖の第二疏水が明治45年にできたとき、御所まで水を引いて紫宸殿に万一のことがあったときに備えようとしたんだけど、紫宸殿は周囲の建物に比べて高くて、その藁葺き屋根に水を届かせるには琵琶湖疏水の水圧では足りないことがわかって、山の高い場所にため池を造ってポンプで水をくみ上げて一気に地中管でバーッと落とそうと考えてつくっただって。でもって、疏水に向かって玄関ポーチがついているのは、大正天皇の即位のときに琵琶湖側から舟で疏水を通って京都にやってくるという計画があったから。(結局実現しなかったんだけど)。

こんなふうに、軽いノリの話にフムフムケラケラと読み進むうち、ときどき、そうだったのか!って話が出てくる。横浜のドックヤードガーデンは、犬の散歩コースかと思ってたなんて万城目さんがいうそばから、クレーンがなかった当時、船の甲板から二本のロープを降ろし、ロープに板を渡して足場にして作業していたのだが、そのとき40フィートの高さから落っこちたのが若き吉川英治だった、とかね。

大阪や神戸など知らない建物も多いので、ぜひいつか行ってみたいなーと思ったことでした。
2010年から2012年まで、とびとびで『オール讀物』に掲載したものを書籍化。
c0155474_2318159.jpg


by sustena | 2013-01-23 23:16 | 読んだ本のこと | Comments(2)
2013年 01月 22日

SALE

いくら売り切れ御免だといって、マネキンの衣装ははがさないでほしい。
c0155474_2055389.jpg


by sustena | 2013-01-22 20:55 | まち散歩 | Comments(8)